SEOとコンテンツマーケティングの違いや具体的な方法を解説

SEOとコンテンツマーケティングの違いや具体的な方法を解説

「コンテンツマーケティングとは?」や「SEOと何が違うの?」などと思っている方は多いと思います。

実は、SEO対策のみ頑張ってもサイトの収益が増加するわけではないのです。

今回は、筆者の経験を踏まえて以下の内容を解説していきます。

  • SEOとコンテンツマーケティングの違いは?
  • コンテンツSEOのやり方は?
  • SEOマーケティングでおすすめの会社は?

この記事をご覧いただければ、SEOとコンテンツマーケティングの違いを理解し、より高い収益を生み出すことができるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • SEOは人を自分のサイトに集めるのに必要
  • コンテンツマーケティングとは集めたユーザーを報酬まで導く仕掛け
  • コンテンツSEOとはサイト内に誘導したユーザーを魅力的な情報を仕掛けて、顧客として囲い込み、育成していく手法
  • コンテンツSEOで伸び悩んでいるならSEOコンサルを受けるべき
  • SEOコンサルでおすすめなのはAdfoxのきつねさんに依頼すること

SEOのきつねに依頼する

\相談だけでも/

 

SEOとコンテンツマーケティングの違いは?

SEOとコンテンツマーケティングの違いは?

SEOの上位表示における更新競争は日々激化する一方です。

その上、Googleアルゴリズムの激しい変化に合わせた記事の修正は、とても重要で、上位表示を勝ち取ることで安定した集客を獲得することができるのです。

SEOの上位表示を獲得できれば、収益もあがるのでしょうか?

筆者もSEO対策を行い始めて5年が経ちましたが、始めの頃はSEOの上位表示ばかりを意識していました。

上位表示を維持することに成功し、売上アップを期待していましたが、なかなか思うような収益アップにつながらなかったのです。

原因は、集客ばかりに力を入れていたため、コンバージョンへ誘導する仕掛けが欠落していたのです。

いわゆるコンテンツマーケティングと言われる記事が確立されていなかったため、収益につながっていなかったことに気づき、サイトの再構築に着手したのが2年前。

SEO記事とコンテンツマーケティング記事をうまく使い分けることで、今では月額30万円を安定して稼ぐことができています。

SEOとコンテンツマーケティングは、同じものではありません。

SEOはネット上で存在をアピールするための手段の一つで、お店に来てもらうための看板を立てて誘導する役目をします。

コンテンツマーケティングは、サイトをお店と考えて、ユーザーに商品を買ってもらうような仕掛けを施して購入をしてもらい、

「またこのサイトに来たい!」

と思ってもらうような、ファンを増やすことを目的としたサイトづくりのことを言います。

では、SEOとコンテンツマーケティングの違いとは何なのでしょうか?

これからSEOとコンテンツマーケティングの違いについて、具体的に解説をしていきますので、しっかりと役割を見極めるようにしましょう。

SEOはWebマーケティングの一種

SEOは「検索エンジンの最適化」を意味し、Googleの検索結果でサイトがヒットするように工夫することで集客力を上げることです。

まずはネット上で、サイトの存在をアピールするために、集客する玄関を多く確保することが必要になります。

SEO対策によって、記事を上位表示することでサイトへのアクセス件数を安定させることが最大のポイントになります。

SEO対策のポイントは、大きく分けて5つあります。

①キーワードの選定
関連キーワードのサジェストなど活用して、1記事に対して1つのキーワードを選定する

②ページコンテンツの作成
キーワードを元にコンテンツを作成し、ページ内容を充実させる。

③記事内部のメンテナンス
検索エンジン対策としてHTMLソースコードを整えて、Googleに記事内容をわかりやすくする。

④URLを正規化
URLを統一し、記事に関連した文字を使用する。

⑤ユーザビリティーを高める
検索してきたユーザーをより満足させるために、ページ内の構成を見やすくわかりやすくすることで、直帰率を改善し熟読してもらえる記事にする

このように、SEOでの取り組みは、ユーザーに商品を売るというものではなく、ユーザーにサイトを訪れてもらうことを第一に考えたWebマーケティングの一種なのです。

SEO対策について詳しく知りたい方は「SEO対策とは?」の記事をご覧ください。

SEOで集客しコンテンツマーケティングで契約率を高める

SEOで集客に成功し、サイトを訪れたユーザーをただ読んで満足させるだけで終わってしまっては、大きな収益には繋がりません。

せっかくSEOで触れた記事内容に興味を持ってサイトに訪れたユーザーには、記事に内部リンクを設置し、より購買意欲を高める記事に誘導します。

ここでユーザーが商品を購入したり、加入をすることで報酬が生まれます。

集客したユーザーを報酬にまで結びつける仕掛けを、コンテンツマーケティングといいます。

SEOで呼び込むユーザーは、ただ単にウィンドショッピングとして訪れるユーザーです。

そこで、

「今ネットで品薄になっている話題の〇〇が売れているワケは!?」

「ここにお得な情報がありますよ!先着〇〇様限定です!」

といった、通販番組の販売士の売り文句ような役割をサイトに組み込むことで、契約率を高めることができるのです。

これが、コンテンツマーケティングの手法の一つです。

ユーザーの購買意欲を高めるコンテンツを組み込んで、コンバージョンにつながるページへ誘導することで収益を生みます。

SEO対策を万全にしても、売り上げが今一つ伸び悩んでいる方は、コンテンツマーケティングを見直してみましょう。

SEO対策とコンテンツマーケティングを上手く連携させることで、ユーザーをサイトのファンに育て、継続的な収益アップを図ることができるようになるのです。

また、CVRを改善するための「CVRの改善方法は?」の記事も参考にしてみてください。

SEOやコンテンツマーケティングはマーケティングオートメーションの一部

SEOやコンテンツマーケティングは、ネット上で新しいユーザーを開拓するためのマーケティング活動なのですが、どのように効果があるかを把握することが困難でした。

ところが、海外のMAベンダーによって一連のWEBマーケティングを可視化・自動化するツールがもたらされたことで、効率よく購買意欲の高いユーザーを絞り込むことができるようになりました。

これを、マーケティングオートメーションといい、SEOやコンテンツマーケティングを含めた新しい概念としてネット上で普及し始めています。

今までは、顧客の動向を可視化できるので、自分のサイトの内部リンクが効果的に働いているかどうかを分析したり、サイトの強みや弱みを簡単に分析することができるだけでした。

しかし、マーケティングオートメーションの登場によって分析するだけではなく、それを自動で活用することができるようになったのです。

このように、ツールを利用することでコンテンツマーケティングは効果的に行う事ができます。

また、SEO対策でもツールを利用する事で、作業の効率化を図る事ができます。

おすすめなのは、無料ツールのsmartASPです。

smartASPを用いれば、内部リンクを可視化する事ができたり、またリライトすべき記事の選定作業を自動で行ってくれるのでもう自力で選定する必要がなくなります。

その事により、今まで分析できていなかった、新たな発見がきっと見つかると思います。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コンテンツSEOのやり方は?

コンテンツSEOのやり方は?

コンテンツSEOとは、SEO対策の1つですが、コンテンツマーケティングとは少し異なります。

  • コンテンツマーケティング・・・ユーザーの購買意欲を高めて、ファンを増やす戦略
  • コンテンツSEO・・・文章の中身・内容で情報発信し、サイトの露出を増やしていく戦略

つまり、コンテンツマーケティングは、サイト内に誘導したユーザーを魅力的な情報を仕掛けて、顧客として囲い込み、育成していく手法です。

それに対して、コンテンツSEOはネット上に、キーワードごとにサイトの有力情報を直接アピールし、多方面でサイトの露出を増やすことで、Googleからの評価を高め、信ぴょう性の高い情報が集まっているサイトであるとユーザーに認知してもらうことが狙いです。

コンテンツSEOは、サイトの内容が濃くなればなるほど、外部リンクなどの協力を必要としないため、サイトのドメインパワーを高めることができるのが大きな強みです。

また、コンテンツSEOを作成すれば、一つの資産として永続的に保有することができ、安定した収益を生み続けるので、ノウハウさえあれば誰でもチャレンジすることができます。

独学でのマスターはなかなか難しいものがありますが、初心者でもわかりやすく解説されているおすすめのnoteがあります。

 

このnoteを一通り読めば、スムーズにコンテンツSEOをする事ができる足掛かりになる事でしょう。

これは、このサイトの運営者であるSEOのきつねが執筆しました。

このnoteの他にも、執筆していますので是非ご覧ください。

これからSEOを始めようと考えている方も、熟練した知識を持った方にも、スキルに合わせて参考になるnoteが揃っています。

また、コンテンツSEOのみならず、SEO対策も重要です。

SEO対策は効率化を行う事で競合と差をつける事ができます。

世の中には様々なツールがありますが、おすすめはsmartASPです。

初心者のツールデビューにも、長年多種多様なツールを使ってきた方にもおすすめする事ができます。

なぜなら、内部リンクを可視化する事ができ、さらにはリライトすべき記事の選別作業も行ってくれるからです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

SEOマーケティングでおすすめの会社はAdfox

SEOマーケティングでおすすめの会社はAdfox

SEOをはじめたころは、中々結果に結びつかず、

「本当にこのままSEOを進めていって良いのだろうか?」

と悩んだり、諦めてしまったりすることが多いのが現実です。

そんなときは、自分自身の知識だけに頼らず、SEOコンサルを受けて、今後の進め方をレクチャーしてもらうと良いでしょう

SEOマーケティングは日々変化しており、独学でのスキルよりも、プロのSEOコンサルの意見を取り入れたほうが、より近道になることが多いのです。

筆者自身も始めの頃は独学で進めていましたが、早い段階で頭打ちをしてしまい、SEOをやめようかと考えたこともありました。

けれど、せっかく今まで積み上げてきたSEOコンテンツを捨てるのはもったいないと考えて、ネットであちこち調べた結果、TwitterでSEOのコンサルをしているAdfoxのことを知りました。

はじめは、コンサルティングと言えば、マンツーマンで会って直接指導を受けるものと考えていましたが、

Twitterで気軽に相談できることもあり、聞きにくいことも、いつでもどんどん相談できるのでとても便利で役に立ちました。

きつねさんのアドバイスは的確で、SEOにおける知識が豊富なので、どんな些細な疑問にも親身になって答えてくれるので、SEOにおける悩みや方向性をしっかりと正しい方向へ導いてくれます。

独学でのSEOマーケティングは、誰もが成功するわけではありません。

日々激しい競争が起こっているネットで勝ち残るには、豊富な知識を所有している方が圧倒的に有利です。

SEOマーケティングとはなにか?という基礎的なものから一度Adfoxのきつねさんに相談しながら、自分のスキルの見直しをするのも良いでしょう。

もしかすると、ずっと悩んでいたSEOにおける壁を、相談することであっさりと乗り越えることができるかもしれません。

ちょっとしたきっかけがあなたのサイトを劇的に変える可能性が、Adfoxにはありますので、ぜひ一度、TwitterのAdfoxをチェックしてみて下さい。

SEOのきつねに依頼する

\相談だけでも/

 

まとめ:SEOとコンテンツマーケティングの違い

まとめ:SEOとコンテンツマーケティングの違い

SEOとコンテンツマーケティングについて解説をしましたが、違いをおわかりいただけましたでしょうか?

なんとなくは理解していても、実際にSEOで収益化を図るときには、混同して考えては誤った方向へ進んでしまう恐れもあります。

しっかりとしたスキルを身につけるには、独学よりもSEOコンサルを利用して、自分に足りない情報やスキルを加えることで、より収益性の高いサイトを作成・運営することができるようになります。

手軽なTwitterでの『Adfox』で相談をしたり、『ウェブリーチ』のサイトでSEOにおける収益化のノウハウを身につけてみませんか?

その上で、出てくるSEO運営上の問題や悩みをコンサルしてもらって、安定した収益をぜひ勝ち取って下さい。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA