CMSとは?導入すべき?メリット・デメリットを解説

CMSとは?導入すべき?メリット・デメリットを解説

「CMSって何?」や「CMSは導入した方がいいの?」と疑問を抱いている方は多いと思います。

また、あなたはウェブサイトを新しく作ることを億劫に感じたり、既存のウェブサイトの運用が煩雑になり過ぎて苦労していないでしょうか?

実は、従来のHTMLサイトの作成や更新の煩わしさを解消することができるシステムがあります。

それが「CMS」です。

このページでは日本最大のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がCMSについて以下のことを解説します。

  • CMSとは何なのか?
  • CMSのメリットやデメリット
  • CMSを使用すべきウェブサイト
  • 使用すべき有名なCMSツール

これらを学ぶことで、初心者でもウェブサイトを効率的に製作・運営することができるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • CMSとは、ウェブコンテンツを作成するためのシステム
  • CMSを使えば初心者でも簡単にウェブサイト作成ができる
  • ウェブサイトを作成したら、次にすべきことはSEO対策
  • SEO対策は無料ツールのsmartASPで決まり
  • smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料の便利ツール
  • smartASPを使えば、あなたのサイトは以前より更に魅力的なものになるでしょう
  • なぜなら、自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるから
  • SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクも可視化できる
  • 無料なので今すぐ登録しましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

CMSとは?

CMSとは?

CMSとは「Contents Management System」の略で、ウェブコンテンツを作成するためのシステムです。

CMSを利用することで、従来のHTMLソースタイプのウェブサイト構築に必要とされていた、「HTML」や「CSS」といったプログラミング知識がなくてもサイト構築が可能となります。

初心者には参入障壁が高かったウェブサイト運営が、CMS内でテキスト入力や画像のドラッグ&ドロップといった感覚的な操作で実現できます。

CMSは新しいウェブサイト作成にも使えますし、既存のHTMLサイトをCMSに切り替えることでパフォーマンスの向上が図れます。

CMSのメリット

CMSのメリット

CMS最大のメリットは、複雑なプログラミングの知識を必要とせず、初心者でもウェブコンテンツの作成・更新が簡単にできるという点です。

CMSはインターネット環境があればブラウザ上で利用可能なので、IDを個別に割り当ててログイン権限を与えることで、複数人で同時にウェブサイトの更新が可能です。

また、技術的なメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • テンプレートで共通管理されるのでソースに統一感が出る
  • URLを変更してもリンク切れしない
  • テンプレートの変更のみでデザインリニューアルできる

ウェブサイトに関わるメンバーが変わったとしても、編集できる範囲を限定することでサイトの統一性は確保できるのです。

また、CMSでウェブサイトを作成した後に大切になってくるのはSEO対策です。

SEO対策について詳しく知りたい方は「SEO対策とは?」の記事をご覧ください。

また、「SEO対策ってなんだか難しそう」と思っている方にはオススメの無料ツールがあります。

それはsmartASPです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能だからです。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

CMSのデメリット

CMSのデメリット

CMSは感覚的な操作が可能でサイト構築は容易になりますが、さまざまな機能があるため、操作に「慣れ」が必要になります。

特にサイト管理者は機能の熟知が求められます。

また、CMSにはデザイン面で大きな制約があります。

全てのページはテンプレートで一元管理されるため、構造が大きく異なる複数のデザイン運用ができないのです。

セキュリティ面においても、CMSはインターネット環境があれば誰でもアクセス可能なため、不正アクセスやサイバー攻撃のリスクがあります。

そのため、自己防衛をするのはもちろんのこと、セキュリティ対策を継続的に行っているCMSを選択することが重要です。

また、CMSでウェブサイトを作成した後に大切になってくるのはSEO対策です。

SEO対策について更に専門的に知りたい方はsmartASPの開発者であるSEOのきつねさんのnoteをご覧ください。

また、SEO対策は日々刻々と変化しています。

そこで、Twitterの運用をし多く情報を集めることが重要です。

ウェブサイト運営者のための、様々な情報を呟いているのでSEOのきつねさんのTwitterも是非フォローしてください。

CMSに向いているウェブサイト

CMSに向いているウェブサイト

CMSの便利さはわかりましたが、闇雲に導入すればいいわけではありません。

ここでは、CMSの導入に適するウェブサイトについて紹介します。

ウェブサイト全体に統一性がない

HTMLソースなどの従来のウェブサイト構築の際に起こる問題の一つが、デザインやタグに統一性が無くなることです。

CMSの場合はテンプレートが固定されるため、ページの構造を統一化させることができます。

また、記事作成の際にも、画像挿入時にサイズの指定も可能でき、文字装飾のタグも同じものを使用できます。

更新頻度が高い

更新頻度が多くページ数が多いサイトは、従来のHTMLソースなどの場合、更新ファイルを再アップロードするなどの手間が掛かります。

CMSの場合は、システム上で該当ページの加筆・修正をするのみなので、更新に掛かる作業時間を大幅に削減できます。

また、更新する作業者が変わる場合も、標準化されたシステム上で完結するCMSは教育コストを低く抑えることができます。

ウェブサイトの更新者がたくさんいる

CMSのメリットにもあったように、更新者にログイン権限を与えることで、同時に複数人がログインしてウェブサイトの更新作業を行うことができます。

また、CMSを導入した後Googleアナリティクス を導入したのに使い方がいまいち分からない、という方も多いと思います。

そんな方にオススメなのがsamrtASPです。

分析ツールの代表格である「Google Analytics」や「Google Search Console」と連携しているので、サイトの分析から掲載順位の監視、管理、確認までの多くの機能を簡単に利用することが可能です。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

\今なら完全無料!/

Google Search Consoleについて詳しく知りたい方は「Google Search Consoleとは?」をご覧ください。

有名なCMSツール

有名なCMSツール

CMSには様々な種類があります。

汎用的なものだけでなく、目的に合わせた機能を標準搭載したCMSツールもあるので、自分にとって最適なCMSツールを選択しましょう。

WordPress

最も利用者が多い代表的かつ汎用的なCMSツールが「WordPress」です。

無料で利用可能な上に、利用者が多いことによる情報量の多さ、また豊富なプラグインによる拡張性の高さが特徴です。

従来は複雑なコード入力が必要だった機能がプラグインを入れるだけで導入できるため、技術ハードルがかなり低くなっています。

また、汎用性が高く利用者が多いため、新しいプラグインやテンプレートが次々に開発・共有されるだけでなく、トラブルシューティングも豊富にあります。

WordPressでのブログの始め方について詳しく知りたい方は、「ブログを始めるならWordPressがオススメ」の記事をご覧ください。

BlueMonkey

日本の「Mtama株式会社」が製作・運用しているCMSツールです。

利用者のターゲットを中小企業に絞ることで、初心者でも導入・使用が簡単なCMSを実現しています。

「WordPress」との大きな違いは、BlueMonkey専用のネットワーク上で作業をするという点です。

サーバーの準備をする必要がなく、セキュリティの脆弱性対策などのアップデートを運営側で行ってくれます。

BlueMonkeyは、フリーブロックで感覚的で簡単にページ設計ができ、法人向けの機能も充実しているので、企業のコーポレートサイト作成に特におすすめのCMSツールです。

グーペ

商業利用に特化したCMSツールで、飲食や美容・エステはもちろん教室や宿などの店舗運営者に特におすすめです。

「WordPress」で初心者が導入するのは困難な「予約機能」「クーポン発行」「メールマガジン」などの機能が標準搭載されています。

また、メールマガジンはウェブサイトと別個に管理・運用することが普通ですが、グーペはホームページ管理画面で発行することができます。

グーペの利用には「月額1,000円」が必要ですが、他のCMSツールでの機能導入や、メールマガジンの運用費用を考えるとむしろ割安な価格となっています。

まとめ:CMSとは

まとめ:CMSとは

CMSについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

このページの要点は以下になります。

  • CMSはプログラミング知識がない初心者でも容易に利用可能
  • CMSは複数人で管理するようなウェブサイトに特に有用
  • CMSは更新頻度が高い大規模ウェブサイトに向いている
  • 利用目的に合わせたさまざまなCMSツールから選択可能

ウェブサイトは構築だけでなく継続的な更新も必要となります。CMSを利用することで技術面や人的コストのメリットを享受できます。

ウェブサイトの構築・運営の効率化のために、CMSの導入を検討してみましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す