Googleアドセンスのクリック率を上げる方法!6つの具体的な施策を解説

Googleアドセンスのクリック率を上げる方法!6つの具体的な施策を解説

「Googleアドセンスのクリック率が低い」「Googleアドセンスのクリック率を上げる方法が知りたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

Googleアドセンスの収益を大きくするために、広告のクリック率を上げるのは必須ですが、その方法についてほとんどの人が正確に理解していないのが現状です。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部が、Googleアドセンスのクリック率を上げる方法について以下のことを解説します。

  • Googleアドセンスのクリック率を上げる方法
  • Googleアドセンスの設置に役立つプラグイン
  • クリック率も大事だけどクリック単価も大事

このページを読めば、Googleアドセンスのクリック率を上げる方法についての理解がかなり深まり、より効果的にGoogleアドセンスで収益を発生させることができます

内容を簡単にまとめると・・・

  • クリック率を上げる前に現状のデータとその理由を把握する
  • 広告の掲載率・サイズ・数・種類などを最適化することでクリック率を改善できる
  • ワードプレスのプラグインを利用するとアドセンスの管理が簡単になる
  • アドセンスのクリック率をあげるなら、smartASPを活用するのがおすすめ
  • smartASPはサイトを分析し、アドセンス広告のクリック率が低い記事を自動で抽出してくれる
  • 抽出された記事を修正していけば自然とサイト全体のクリック率も上昇していく
  • smartASPは全ての機能が無料なので、まだ使ったことがない人は一度使ってみるべき
smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

Googleアドセンスのクリック率を上げる方法

Googleアドセンスのクリック率を上げる方法

さっそくですが、Googleアドセンスのクリック率を上げる方法について、具体的に解説していきます。

Googleアドセンスのクリック率が低い、改善をしているけど一向にクリック率が上がらないという方は、サイトの現状と、それに合った適切な対策を打てていない可能性が高いです。

まずは、現在のGoogleアドセンスのクリック率と、クリック率が低い原因を把握し、以下で紹介する対策を講じるようにしましょう。

クリック率を上げる前に把握すべきこと

Googleアドセンスのクリック率を上げたいのであれば、上でもいったように現状のクリック率と、クリック率が低い原因を把握する必要があります

現状を的確に把握することで、的確な対策が打てるようになるので、的外れな対策を打って、時間を無駄にしなくて済みます。

以下では、現状のクリック率を確認する方法と、クリック率が低い場合にありがちな原因を、ご紹介します。

現状のクリック率を確認

まずは、あなたのサイトやブログにおける、現状のアドセンスのクリック率を把握しておきましょう。

クリック率を正確に把握することで、クリック率が低い原因が明確になり、適切な対策を講じることができます

アドセンスのクリック率を確認する手順は、以下の通りです。

  • [Googleアドセンス]の[ホーム]にアクセスする
  • [ホーム]→[レポート]と進み、[カスタム]をクリックする
  • [カスタム]の中に[ページCTR]という項目があるのでチェックボックスにチェックを入れる

Googleアドセンスのクリック率は、雑記ブログで「約2%」程度、特化ブログで「約3%」程度が平均なので、これらの数値を下回る場合は、対策が必要でしょう。

逆に平均の数値を上回っている場合は、クリック率を上げるよりも、アクセス自体を増やすなどの対策が必要となります。

クリック率に関する対策が必要なのかどうかを知るためにも、現状のクリック率は一度確認しておきましょう。

クリック率がなぜ低いのか

クリック率を確認し、平均値を下回っていた場合は、なぜクリック率が低いのか、原因を明確にしましょう。

クリック率が低い原因を特定できれば、あとは、そのポイントに対して改善策を打ち、PDCAを回すことでクリック率を上げることが可能です。

クリック率が低い原因としては、以下のような広告の設置方法をしている場合が考えられます。

  • 広告を設置してある箇所が悪い
  • 広告のサイズが大きすぎる
  • 設置している広告の数が多すぎる

これらの原因に心当たりのある方は、まずは、そのポイントを改善することが優先です。

以下では、これらの原因を解消する、具体的な対策をご紹介していくので、それらを参考にしてあなたのサイトを改善していきましょう。

掲載位置を最適化する

アドセンスのクリック率が低い場合、掲載位置を最適化することで、クリック率が改善することが多いです。

なぜなら、広告自体が見られることが少ない、または全く見られていない位置に広告を掲載していても、当然クリックされることがないからです。

具体的な掲載位置としては、ほとんどの場合、「記事中」に配置された広告のクリック率が、高くなる傾向にあります。

記事中に比べて記事下などに配置した広告は、記事を最後まで読む人の確率が低いので、自然とクリック率は低くなります。

記事下などに広告を配置していてクリック率が低い場合、なるべく記事中に広告を貼るのがおすすめです。

広告サイズを最適化する

広告をサイズを変更するのも、アドセンスのクリック率を上げる対策として有効な場合があります。

なぜなら、広告サイズが大きすぎると、ユーザーの利便性を下げてしまうので、ユーザーがサイトから離脱してしまう可能性があるからです。

広告サイズが大きく悪目立ちしていたり、サイトのデザインを損ねていたりしている場合は、広告サイズを小さくしてみるといいでしょう。

ユーザーの目に留まってほしいからと広告を大きくするよりも、小さい広告を適切に配置して、ユーザーが自然に感じるようにした方が、結果としてクリック率は上がります。

広告の数を最適化する

掲載している広告の数が多すぎる場合には、思い切って広告の数を減らしてしまうのも1つの手です。

広告が大きすぎる場合と同様に、広告の数が多すぎると、ユーザーの利便性を下げてしまうので、ユーザーがページから離脱してしまう可能性が高くなります

具体的な広告の数としては、5,000文字で4箇所、10,000文字で5箇所程度で十分です。

広告を増やしてユーザーの目に多く留まったとしても、クリックされなければ意味がないので、ユーザーの利便性を下げない適切な数だけ設置するようにしましょう。

スマホ用に対策する

ブログやサイトのページは、PCで作成している方がほとんどだと思いますが、ユーザーはPCでアクセスするとは限りません

むしろ、スマホユーザーの方が多くなっている現在においては、スマホに最適化した広告の配置をするという対策が、重要です。

ありがちな配置方法のミスとしては、サイドバーのみに広告を配置したが、スマホ表示になるとサイドバーが記事下に潜ってしまい、ユーザーに全く見られないということです。

ページを作成した後に、スマホでどう表示されるのかを必ず確認し、スマホユーザーに適した広告の配置を心がけましょう。

関連コンテンツを設置する

Googleアドセンスのクリック率を上げたいのであれば、関連コンテンツを設置することをおすすめします。

なぜなら、関連コンテンツは、関連記事と一緒に自然な形で表示されるため、ブログやサイトのデザイン性を下げることなく、違和感がないからです。

結果として、ユーザーの利便性を下げることがなく、離脱率にも影響しないため、自然なクリックを期待することができます。

関連コンテンツはモバイル専用の広告であり、フッターの下に表示されるため、表示回数自体は少ないですが、設置しておくことでクリック率の改善に貢献するでしょう。

記事を増やし質を上げる

サイトのコンテンツを増やし、サイト自体の質を上げることが、アドセンスのクリック率を上げることに繋がります。

なぜなら、実は上で紹介した関連コンテンツは、「最低限のトラフィック量とページ数」という条件を満たさなければ使用することが出来ないからです。

また、ある程度のPV数が無ければ、正確なデータを取ることができないという点でも、コンテンツを増やし質を上げることは重要といえます。

記事を増やし質を上げることは、サイトやブログ上の基本中の基本なので、ないがしろにせず地道にサイトの評価を積み上げていきましょう。

しかし、サイトの質を上げたいけど方法が分からない、などと思っている人はいますよね。

そんな方にお勧めなのがsmartASPです。

例えば、サイトの質を上げるためにリライトなんてことを行いますよね。

しかし、リライトの選定などの作業は手間が多くおっくうになってしまいがちです。

そんな時に、smartASPのリライトサポート機能が使えるのです。

smartASPはGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを分析し、客観的なデータからリライトすべき記事を抽出してくれます。

さらに、全ての機能が完全無料なので、まだ登録していないという方は登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

Googleアドセンスの設置に役立つプラグイン

サイトやブログを、WordPressを利用して運営している場合、プラグインを使用するとGoogleアドセンスのクリック率改善に役立ちます。

例えば、以下のようなプラグインを利用すると、アドセンス広告の配置を簡単に変えられるため便利です。

  • WP QUADS
  • Quick AdSense

これらのプラグインでは、関連コンテンツとサイドバーウィジェット以外は、一括でアドセンスの掲載位置を変更することができます

WordPressを使っている方は、プラグインも賢く利用して、アドセンスのクリック率改善に役立てましょう。

Quick AdSense

WP QUADSは、ショートコードを利用するだけで、記事内に自動的にアドセンス広告を設置することができるプラグインです。

HTMLやCSSのコードを弄る必要がないので、ブログやサイト運営初心者でも、手軽に導入することができます。

WP QUADS

WP QUADSは、Quick AdSenseの上位互換となる、ワードプレスのプラグインです。

Quick AdSenseよりも、より操作が易しく設計されているので、Googleアドセンスをこれから始める、という方にはこちらがおすすめです。

クリック率も大事だけどクリック単価も大事

クリック率を上げることはもちろん大事なのですが、クリック単価のことも忘れてはいけません。

なぜなら、最終的な目標は、クリック率を上げること自体ではなく、Googleアドセンスの収益を上げることだからです。

例えば、Googleアドセンスでは「スマートプライシング」という機能を導入していて、誤クリックによるクリックを狙ったサイトの単価が下がるようになっています。

クリック率を上げようとするあまり、クリック単価をおろそかにしては、結果としてアドセンス収益が下がることになってしまうので、意味がありません。

クリック率を改善する場合は、同時にクリック単価を上げる対策も考えるようにしましょう。

まとめ:Googleアドセンスのクリック率を上げる方法

まとめ:Googleアドセンスのクリック率を上げる方法

このページでは、Googleアドセンスのクリック率を上げる方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。
このページの要点は以下になります。

  • クリック率を上げる前に現状のデータとその理由を把握する
  • 広告の掲載率・サイズ・数・種類などを最適化することでクリック率を改善できる
  • ワードプレスのプラグインを利用するとアドセンスの管理が簡単になる

アドセンス広告の収益を上げる上で、クリック率を意識し、改善を図っていくことはかなり重要です。

アドセンス広告のクリック率が低い原因と、その解決方法について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

コメントを残す