SEOツール

「SEO 高屋」とは?便利な使い方や機能一覧をご紹介

SEO高屋とは?便利な使い方や機能一覧

「SEO 高屋の使い方は?」「そもそも何に役立つの?」と「SEO 高屋」というツールについて気になりますよね。

SEO 高屋」は非常に便利なツールで、使いこなせれば、1段階上のSEO対策をするためのヒントを得ることができます。

このページでは、実際に「SEO 高屋」を活用しながらSEO対策をし、難関キーワードも攻略できている筆者が以下のことを解説します。

  • 「SEO 高屋」とは?
  • 「SEO 高屋」の使い方
  • 「SEO 高屋」の機能

このページを読めば、「SEO 高屋」の使い方や機能が理解でき、自分のサイトを伸ばすヒントを得ることができるでしょう。

また、「SEO 高屋」と一緒に使うと効果的なのが、smartASPというツールです。

smartASPは、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを自動で分析し、自動で修正すべきページを割り出してくれます。

そのため、smartASPで修正すべきページを割り出し、「SEO  高屋」を活用して問題点を見つけるのが非常に効率が良いのです。

さらに、smartASPだけでアフィリエイトやGoogleアドセンスの売り上げを一括で管理できるので、サイト運用自体の効率も上がります。

smartASPは無料で、使わなくなったとしても何も損をしないので、「SEO 高屋」を使う前にアカウント登録しておきましょう。

smartASPのアカウント登録が済んだら、「SEO 高屋」の解説を読んでいきましょう。

「SEO 高屋」とは?

SEO高屋とは?

SEO 高屋」とは一言で言うと、SEO診断ツールの一つです。

SEO対策をする際に、内部要因や被リンク、関連キーワードの分析は必須ですが、自分でこれらの情報を得るのは時間やコストの面から効率的ではありません。

そこで、「SEO 高屋」を使えば効率よく情報を得て、分析することができるのです。

SEO診断ツールには様々なものがありますが、その中でも「SEO 高屋」は利用が簡単という特徴があります。

入力する情報はWebページのURLのみで、会員登録も不要です。さらに無料で使用することが出来ます。

使用法はシンプルですが、診断項目もSEO対策に重要なものが網羅されています。

その診断結果を分析することで、Webページを上位表示させるためのSEO対策に役立てることができるでしょう。

SEO 高屋の使い方

SEO高屋の機能には何があるの?

基本的な使い方

まずはSEO 高屋公式サイトにアクセスします。

次に診断したいWebページのURLを「診断ページURL」 の入力欄に入力し、「SEO診断チェック」ボタンをクリックしてください。

すると、診断結果が表示されます。

診断に掛かる時間は、問題なくインターネットが利用できる環境であれば、2~3秒です。

ここで得られた診断結果と、競合サイトの診断結果を見比べて、どの部分を改善すれば上位表示に繋げられるかを考えると良いでしょう。

以上が、「SEO 高屋」の基本的な使い方です。

便利な使い方

お気に入り登録のアイコンをドラッグしてブックマークツールバーに追加し、調査したいページを開いた状態でクリックすると別タブで調査をすることができます。

こうすることで毎回URLを入力する手間を省くことが出来ます。

この使用は他の診断ツールにはあまり見られないもので、「SEO 高屋」の特徴の一つとも言えます。

記事の作成等に追われ、診断結果の分析は後回しになりがちです。

定期的に自サイトの分析をし、上位表示のために何が必要が、正しい方向を見極めるために定期的に診断することをおすすめします。

SEO 高屋の機能を解説

SEO高屋の診断項目をご紹介します。

診断項目一覧と、重要な診断項目について解説します。

診断項目一覧

・タイトル
・ディスクリプション
・キーワード
・h1
・最終更新日時
・ドメイン取得年月日
・ブラックリスト
・ファイルサイズ
・IPアドレス
・ページ読込時間
・ページランク
・アレクサ・トラフィックランク
・インデックス数
・各検索エンジン検索順位
・関連検索
・キーワードごとの出現率
・被リンク
・発リンク
・関連キーワード

title、読込時間などの内部要因

「SEO 高屋」では、URLを入力するだけで、タイトル、ページの読み込み時間を確認することができます。

内部要因はSEOを意識する上で、とても重要な要素です。

タイトルは検索で狙うキーワードを網羅しつつ、読者がクリックしたくなる構成にするべきです。

さらに、重要なキーワードほど、タイトルの前半に持ってくるとSEOに効果的になります。

また、読込時間も重要な要素の一つです。

ページの表示に時間がかかりすぎると内容が良くても読者はページを去ってしまいます。

そのため、ページの読み込み速度が速いほどSEO的に有利と言われているのです。

ぜひご自身のサイトの読み込み時間に問題がないか、「SEO 高屋」を使って確認してみてください。

サーバーの性能はもちろんのこと、ページで使用する画像は圧縮するなど、なるべく読込時間を短くするように心がけましょう。

被リンク、発リンク

「SEO 高屋」で確認できる被リンクとは、他のWebページから自ページへのリンクのことです。

被リンクの数と質は上位表示に大きく関わってきます。

数も重要ですが、特に質が重要で、関連性が強かったり、ドメインパワーの強いサイトからの被リンクは検索エンジンの評価を高めます。

自ページに関連のないリンクは不要なリンクと判断され、逆に評価を落とすことになりますので注意しましょう。

また、「SEO 高屋」を使えば、自分の意図していない、悪質なリンクを貼り付けられていた場合も検知することができます。

評価を落としそうな悪質なリンクが貼られていた場合、Googleサーチコンソールでリンクを否認しましょう。

検索順位

「SEO 高屋」では、いくつかの検索ワードを自動で検出し、検索順位を表示してくれます。

対応検索エンジンはGoogleとYahoo!です。

検索順位は実際に検索することでも確認できますが、このように自動で表示されると便利ですね。

キーワード出現率

「SEO 高屋」を使えば、診断したページに登場する単語で、どの単語が多く使われているかランキング形式で確認することができます。

狙っている検索ワードがどれだけ見出しや本文中で使われているかを確認するときに便利です。

検索エンジンは本文中の単語もすべて拾ってページを評価するため、キーワードの出現率も重要な指標になります。

Googleサジェスト

「SEO 高屋」は、診断したページで使われているキーワードを3つ自動で選び、それぞれについてGoogleサジェストが提案する関連キーワードを表示してくれます。

関連キーワードを見て競合のチェックや、診断したページから派生する記事案の作成に役立てることが出来ます。

文字数カウンター

「SEO 高屋」では文字数のカウントは自動ではできないので、本文をここにコピペすることで、文字数を確認することができます。

SEO対策には文字数も重要な要素です。

目安としては、狙ったキーワードで検索上位にある文字数プラス1000〜2000文字を目安にすると良いでしょう。

まとめ:SEO 高屋を使いこなそう

まとめ:SEO高屋とは?使い方や機能について

SEO高屋の使い方や機能について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

「SEO 高屋」を使えば非常に簡単にSEO診断できることと、注目すべき項目がお分かりいただけたと思います。

サイトの売上を伸ばすには、サイトの上位表示は必須です。

smartASPGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソール分析機能を使えば、上位表示できる確率が高まります。

簡単に利用できる「SEO 高屋」とsmartASPを利用し、本格的なSEO対策をしていきましょう。

SEOツール「ナマズ」でGoogle順位変動を把握する方法を解説

SEOツール「ナマズ」の使い方や活用方法

「SEOツール”ナマズ”の使い方がしりたい」「そもそもSEOツールのナマズって何に使うの?」という方向けの記事です。

SEOツール”ナマズ”を使えば、自分のサイトのGoogle検索順位が落ちた時に、自分のサイトだけが落ちたのか、検索順位の変動で落ちたのかある程度予測でます。そのため、適切なSEO対策を取る事ができるのです。

このページでは、複数のサイトを運営し、ナマズを活用しながらSEO対策を行ってきた筆者が以下のことを解説します。

  • SEOツール”ナマズ”でGoogle順位変動を把握する方法について
  • そもそもSEOツール”ナマズ”とは何か
  • SEOツール「ナマズ」のGoogle順位変動で何が分かるのか
  • ナマズを活用したSEO対策

このページを読めば、SEOツール”ナマズ”でGoogle順位変動を把握する方法についての理解がかなり深まり、より良いSEO施策が打てるようになるでしょう。

SEOツール「ナマズ」とは?

SEOツール「ナマズ」とは?

SEOツール”ナマズ“とは、インターネット上にあるサイト全ての順位変動を調べる事ができるとても優れた機能を持っています。

運営会社は株式会社ディーボとなっており、SEO関連に関する様々な情報やツールを開発している会社です。

SEOツール”ナマズ”の名前の由来は、日本古来からナマズが地震を知らせてくれる生き物として知られていることから、インターネット上で起こっている地震のようなGoogle順位変動を知らせてくれると言うことから”ナマズ”という名前がつけられました。

サービス自体は無料で誰でも使用できるようになっており、Web上で使用できる簡易ツールとなっているので、自身のパソコンにダウンロードする必要性もなくとても扱いやすのが特徴ですね。

また、主な機能としてはブラウザ上で直近2週間から1年間のGoogle検索順位の変動履歴を、確認する事が可能となっています。

SEOツール”ナマズ”を使えば、全体の順位変動を把握でき、Googleのアルゴリズムがどういう風に変化しているのか大体のイメージを把握することができます。

Googleのアルゴリズムにあわせ、今ある記事をリライトして行くことが重要となりますが、おすすめなのが、SEOツール”ナマズ”とsmartASPというツールを組み合わせて使うことです。

smartASPは、サーチコンソール分析ができ、自分のサイトの順位が無料ですぐにわかるので、Google全体の順位変動が自分のサイトにどのくらい影響を与えているのかが簡単にわかります。

また、Googleアナリティクスとサーチコンソールの数値を分析して、自動でリライトすべき記事を割り出してくれるので、より良いSEO対策をサポートしてくれます。

他にも、ASPの売り上げを一括で管理できたり、ASPの案件を横断検索できるなど非常に役立つツールです。

全ての機能が無料で使えるので、登録していない方は損と思っていいほどおすすめのツールです。ぜひSEOツール”ナマズ”と一緒に使ってみてください。

SEOツール「ナマズ」の使い方

ちなみに、SEOツール”ナマズ”でGoogle検索順位の変動として表示される結果自体は、1時間おきに更新されるようにもなっているので常に最新の順位変動を把握する事が出来ます。

パソコンでのGoogle検索順位の変動はもとより、スマホでの変動もタブを切り替えるだけで簡単に確認できるようになっているので、とても使いやすいSEOツールですね。

SEOツール「ナマズ」でGoogle順位変動を把握する方法

SEOツール「ナマズ」でGoogle順位変動を把握しよう

SEOツール”ナマズ“でGoogle順位変動を把握する方法に関して、ここではそれぞれ詳しく分かりやすく解説して行きます。

実際の利用方法はとても簡単なので、SEO初心者の方も安心して利用する事ができるでしょう。

Google検索順位の変動をしっかりと把握することで、自身のサイトのSEO対策を効果的に行う事ができる他、ライバルサイトの状況も分析データから確認できるのでとても便利なSEOツールの一つですね。

そんな”ナマズ”の使い方や機能面に関しても以下に詳しく解説していますので、是非とも参考にしてみてくださいね。

パソコンでGoogle順位変動を確認する方法

パソコンでGoogle順位変動をSEOツール”ナマズ”を活用して確認する方法は、至ってシンプルでナマズの公式サイトにアクセスするだけです。

公式サイトにアクセスすると最初にナマズのイラストと、パソコンで検索した時の検索順位の変動数値が表示されます。

SEOツール「ナマズ」の見方

デフォルトとしては、直近1ヶ月間を対象期間とした設定となっており、グラフでもその変動の様子が一目で分かるようになっています。

また、ナマズでは”色”で検索順位の変動が分かるようになっており、基準としては以下のようになっていますので参考にしてみてください。

  • 黄色:安定(6.7位未満)
  • オレンジ色:不安定(6.7位以上10.0位未満)
  • 赤色:大変動(10.0位以上)

その他調べたいGoogle検索順位の期間は、

  • 2週間
  • 1ヶ月間(デフォルト)
  • 6ヶ月間
  • 1年間

と選べるようになっており、パソコンの場合は右側に小さな検索窓のような期間を選択できるところがあるので、そちらをクリックしたら選べるようになっています。

SEOツール「ナマズ」の期間

好みの知りたい期間を選択すると、自動で変動順位の数値とグラフが切り替わります。また、モバイル版のGoogle検索順位の変動に関しても知りたい方は、「Mobile」のタブをクリックするだけで簡単に確認することも可能です。

その他、ナマズの公式サイト中央にある黄色の「キーワード別変動幅はこちら」と書かれているボックスをクリックすると、ジャンル別の変動数値を確認することもできます。

SEOツール「ナマズ」のジャンル別変動幅

Google順位変動に関連するSEO関連ニュースの確認方法

SEOツール”ナマズ”では、Google順位変動に関するSEO関連のニュースを読む事が出来ます。

SEO関連のニュースを確認する方法としては、最初に変動数値の下に表示される期間別グラフのどれか一つで良いので、クリックしてみてください。

すると、日付別にその時に公開された話題のSEO関連ニュース記事が沢山表示されると思います。

SEOツール「ナマズ」の関連ニュース

その中から一つ選んでクリックしてみると、記事のタイトルが大きく表示されるのでまたそれをクリックする事で記事の内容を読む事が出来ます。

どの記事もSEOに関する記事なので、とても参考になると思うのでご自身が気になった記事を読んでみてくださいね。

Google順位変動に関する情報をメールで受け取る方法

SEOツール”ナマズ”では公式サイトでメールを登録すると、わざわざサイトを開かなくてもGoogle検索順位の変動を確認する事が可能です。

メール設定の方法としては、公式サイトの”トップページ”の項目の右横にある「変動アラート配信申し込み」をクリックしてもらい、あなたの氏名と連絡用のメールアドレスを入力するだけです。

SEOツール「ナマズ」の変動アラート申し込み

SEOツール「ナマズ」のメール申し込み

登録が完了したらあなたの連絡用メールアドレスに「Google変動アラート申し込みありがとうございます」という件名でメールが届きます。

この時にGoogleメールアドレスだと、迷惑メールフォルダに届いている可能性があるので注意しましょう。

登録完了メールが確認できたら、その後は定期的にGoogle検索順位の変動をメールで知らせてくれるので大変便利です。

Google順位変動に関する情報をSNSで受け取る方法

SEOツール”ナマズ”にはFacebookアカウントとTwitterアカウントの2つがあります。

公式ナマズFacebookアカウントでは主にSEOに関する役立つ情報を発信しており、フォローしておくとSEO関連の最新の情報が読めたりするので大変おすすめです。

また、公式ナマズTwitterアカウントではGoogle検索順位の変動を定期的に知らせてくれる他、大きな変動があった場合にも直ぐに知らせてくれるようになっています。

わざわざメールアドレスを登録するのが面倒だと言う方や、公式サイト開いて毎回確認するのが面倒だと感じている方は、是非ともSEOツール”ナマズ”公式Twitterアカウントをフォローしておくことをおすすめしますね。

その他、FacebookとTwitter両方ともフォローしておくと、SEO関連の情報も知れてGoogle検索順位の変動も知れるので大変便利です。

SEOツール「ナマズ」のGoogle順位変動で何が分かるの?

SEOツール「ナマズ」のGoogle順位変動でわかること

SEOツール”ナマズ“の機能面やその具体的な使い方に関してここまで解説してきましたが、実際にその分析データを見て何が分かるのかSEO初心者方には分かりにくいですよね?

実際にナマズの分析データから分かるのは、

  • Google順位変動が全体的な変動なのか自身のサイトだけなのか
  • Google検索順位が安定してから適切なSEO対策を始められる

の2つになります。

これだけだとSEO初心者の方には分かりにくいと思いますので、以下からそれぞれ詳しく解説して行きますね。

Google順位変動が全体的な変動なのか自身のサイトだけなのか

あなたのサイトのGoogle検索順位の変動とSEOツール”ナマズ”のGoogle検索順位の変動が一致した場合、それは「あなたのサイトには足りない部分がありますよ!」というGoogle側からのメッセージになります。

近年では、ドメインエイジ(ドメインの年齢)や被リンク数の重要性が低下し、サイトコンテンツの中身がかなり重要視されている傾向にあります。

その為、あなたのサイトのページのGoogle検索順位が大きく落ちた場合、何かしらあなたのサイトのコンテンツに問題があることになるので、それを把握することで改善するきっかけにもなります。

自身のサイトのGoogle検索順位が落ちた際には、上位の記事と自分の記事の差分はどこか考え抜き、すぐに施策を打つことが大切です。

smartASPを使えば、自分のサイトの順位が無料でわかります。そのため、smartASPとSEOツール”ナマズ”を一緒に使えば、Googleの変動が自分のサイトにどのくらい影響を及ぼしているのか、瞬時に把握することができます。

無料で使えるので、登録しておいて損はないでしょう。

原因がどこにあるのか気づかないまま無闇に質の悪いコンテンツを増やしても意味がないので、SEOツール”ナマズ”の分析データとsmartASPの分析データを比較しながら分析してみて下さいね。

一方、あなたのサイトだけ大きくGoogle検索順位が落ちている場合は、以下のようなことが原因として考えられます。

  • サイトに悪質なリンクが付いている
  • Googleの運営から手動で対応されている

しかし経験上、1日だけGoogle検索順位が落ちてまた検索順位が戻るといったことはよくあるので、検索順位が落ちたとしても慌てて対策を施さずにじっくり待ちましょう。

流石に1週間待ってもGoogle検索順位が戻らなかった場合、リライトや被リンク施策をうつなどのSEO対策を施してみて下さい。

Google検索順位が安定してから適切なSEO対策を始められる

Googleアルゴリズムのコアアップデートが 短期間で何回も行われている最中で、自身のサイトのSEO対策を頑張って行なっても消耗するだけです。

そのため、そんな時は、まずはGoogle検索順位の変動が落ち着いてから行うことが大事になります。

Google検索順位が落ち着いてきたかどうかの確認は、SEOツール”ナマズ”の分析データを見ると一目で分かるので確認した後に本格的に自身のサイトのSEO対策に取り組むようにしましょう。

また、Google検索順位の変動に関しては、ナマズで長期間の変動データを確認しているとその傾向が見えて来たりするので、落ち着いてきたなと思える期間を狙ってSEO対策を行うのがおすすめです。

出来るだけ無駄のないSEO対策を行うためにも、是非ともSEOツール”ナマズ”でGoogle検索順位の変動を確認しながら行なってみて下さいね。

ナマズを活用したSEO対策

ナマズでどうやってSEO対策をするの?

SEOツール”ナマズ”を活用したSEO対策としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 評価基準が変わったことで新たなSEO対策が打てる
  • 自身のサイトが原因であれば、直ぐに改善策が打てる

Google検索順位が新しいGoogleアルゴリズムの影響により大きく変わった場合は、新たなSEO対策が必要になります。

上位サイトを今一度確認してあなたの記事に何が足りない部分があったらリライトしたり、内部リンクの見直しをしたりすることも必要になってくるでしょう。

その他、ライバルサイトがどのようなSEO対策を行なっているのか、再度SEOツールで細かく分析して自身のサイトと比較したりすることも大事ですね。

またナマズを活用することで前述したように、Google検索順位が大きく落ちてしまった原因がGoogleアルゴリズムによる全体に与える影響からなのか、自身のサイトだけに問題があるのか判断して対策を行うことができます。

突然の大変動!2019年のGoogle順位変動に関して

Googleアルゴリズムのアップデートに関しては、細かい修正は定期的に行われているようですが、大きなコアアップデートがあった場合はかなりGoogle検索順位に影響を与えてしまいます。

2019年では3月と6月にGoogleアルゴリズムのコアアップデートが実施され、大きく順位変動の影響を受けた方もTwitterを見ていると多数いらっしゃいました。

このようなGoogleアルゴリズムのコアアップデートによる全体的なGoogle検索順位の変動に関しても、SEOツール”ナマズ”ではハッキリと数値で把握できるようになっている為、自身のサイトだけに起こっていることなのか直ぐに判断することが出来ます。

実際に筆者も2019年3月のコアアップデートでサイトがGoogle検索順位圏外に飛ばされてしまいましたが、その後SEO対策を再度行い本来のGoogle検索順位に戻すことが出来ました。

万が一、自身のサイトがGoogleアルゴリズムのコアアップデートで検索順位を大きく落とした場合には、実際の上位サイトを参考にしながら自身の記事を再度見直し改善していく必要があります。

Google検索順位の変動状況に関してはSEOツール”ナマズ”を確認するだけで済みますが、その後のSEO対策に関してはかなり地道な作業になるので根気が必要となります。

また、日頃から質の高い記事をサイト内に揃えているとGoogleアルゴリズムのコアアップデートがあったとしても、それ程Google検索順位を落とすこともありません。

中には逆にコアアップデートでGoogle検索順位を上げるサイトもあるので、やはり日頃から質の高い記事を作ることがGoogle検索順位を上げるためには欠かせませんね。

SEOツール「ナマズ」から分かる医療ジャンルのGoogle検索順位の変動

昨年、2018年12月6日と7日にGoogleアルゴリズムの医療健康ジャンルに大きな順位変動がありました。

その時にナマズに表示された変動数値は以下の通りです。

  • 2018年12月6日:15.8位
  • 2018年12月7日:17.4位

この順位変動のインパクトの大きさは、検索結果の1ページ目にあった記事の多くが短期間で2ページ目以降に一気に落ちるというイメージです。

このようなGoogle検索順位の変動が毎回あるとかなり検索結果で上位を取るのは難しい上に、今後もGoogleはこのような医療健康ジャンルのアップデートを継続的に行なっていくと明言しています。

この結果からGoogle検索順位で上位表示をするには、とてもジャンル選びが重要である事が伺える他、中にはGoogle検索順位の変動が少ないジャンルもあるので、SEO初心者の方はそういったジャンルが狙い目かもしれませんね。

また、SEOツール”ナマズ”では、前述した通りジャンル別のGoogle検索順位の変動も分析データが確認できるようになっているので、それらの数値を比較して取り組みやすいジャンルを選定する事をおすすめします。

まとめ:SEOツール「ナマズ」でGoogle順位変動を把握しよう

まとめ:SEOツール「ナマズ」でGoogle順位変動を把握する

SEOツール”ナマズ”でGoogle順位変動を把握する方法や、その分析データを活かしたSEO対策等について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • SEOツール”ナマズ”では、簡単に全サイトのGoogle検索順位の変動を把握する事ができる
  • SEOツール”ナマズ”では、Google検索順位をメールやSNSで簡単に確認することができる
  • SEOツール”ナマズ”とsmartASPを一緒に使うことで、SEO対策を強化できる

最近はGoogleアルゴリズムのコアアップデートが短期間で行われているので、無駄のないSEO対策を行うためにもしっかりとGoogle検索順位の変動をSEOツール”ナマズ”を使って把握しておきたいものですね。

SEOツール”ナマズ”でGoogle順位変動を把握する方法について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

SEO検索順位チェックツールおすすめ13選!機能や料金を徹底比較

おすすめのSEO検索順位チェックツール13選

「SEO検索順位チェックツールでおすすめのツールが知りたい」「無料で使えるSEO検索順位ツールを教えて欲しい」と言ったことを考えていませんか。

本格的にSEO対策をする上で欠かせないSEO検索順位チェックツールですが、実際に作った記事の中でもどの記事が評価されているのか、どの記事に問題があるのか把握することは、メディアを運営するためにとても重要な事です。

このページでは、長期に渡りメディア運営を行なっている筆者が以下のことを解説します。

  • 無料で使えるおすすめのSEO検索順位チェックツール
  • 有料のSEO検索順位チェックツールで本格的に取り組みたい方におすすめのツール
  • SEO検索順位の仕組みや、SEO検索順位を上げるための具体的な方法

このページを読めば、ご自身に合ったおすすめのSEO検索順位チェックツールが見つかり、ご自身のサイトを大きく改善させることができるでしょう。

無料で使えるおすすめのSEO検索順位チェックツール

そもそもSEO検索順位チェックツールとは、特定のキーワードであなたのコンテンツが検索した時にどの位置に存在しているのかを知ることができるツールのことをさします。

SEO対策を行う上ではとても欠かせないこの作業をツールを活用して簡単に把握できるわけですが、より高性能なSEO検索順位ツールになってくると有料になってしまう場合もあります。

しかしながら、無料で利用できるとても優れたSEO検索順位チェックツールもあるので、ここではそんな無料で使えるSEO検索順チェックツールを8つに絞って以下から詳しく解説して行きますね。

  1. SEOチェキ!
  2. 検索順位チェッカー
  3. SEPROSCOPE
  4. SEO TOOLS
  5. ファンキーランキング
  6. SEOピッシュ
  7. GRC
  8. ドッチモ

また、SEO検索順位チェックツールを初めて利用される方は、それぞれのツールにはしっかりと操作手順が解説してあるので、それらを参考にしながら利用してみてください。

①SEOチェキ!

一番初めにご紹介するのは、無料で使えるSEO検索順位チェックツールの一つ「SEOチェキ!」ですね。

SEOチェキ!の開発者は”ロプロス“さんと言う方で、SEOチェキ!以外にも様々なツールやサイトを運営されている方です。

ツールの機能としては、

  • サイトSEOチェック
  • 検索順位チェック
  • キーワード出現頻度
  • 発リンク
  • Whois情報

などが無料で利用できるようになっており、様々な自身のサイトに関するデータを取得することが可能となっています。

ただ制限としては”サイトSEOチェック”と”検索順位チェック”だけは、利用回数が1IPアドレスあたり200回/日までと決まっているので注意が必要ですね。

その他の機能に関しては無制限で利用できるようになっているので、出来るだけお金をかけたくない方にはとてもおすすめのSEO検索順位チェックツールです。

また、SEOチェキ!の使い方はとてもシンプルで、初めて利用される方でも簡単に使える点も特徴の一つでしょう。

②検索順位チェッカー

Google、yahoo!、Bingの3つの検索エンジンのSEO検索順位を、瞬時に割り出してくれる無料ツール「検索順位チェッカー」。

こちらも勿論無料で利用できるSEO検索順位チェックツールの一つで、サイトのURLと知りたいキーワードを最大で同時に5つ指定できるようになっています。

比較的簡単に調べることが可能となっており、使い方自体もとてもシンプルで分かりやすいのも特徴の一つですね。

また、パソコンでの検索順位だけではなくスマホでの検索順位も表示されるようになっており、利用制限等もないので何度でも使用することができます。

ただ調査する検索順位は100位までとなっているので、その点は抑えておきましょう。

その他の特徴としては、調べたデータはCSV形式でダウンロードすることが出来る上に、一度調べたURLとキーワード(最大で5つ)は保存することも可能です。

2回目に利用する際には同じブラウザだと、前回利用したURLとキーワードが自動入力表示される機能も備わっています。

③SERPOSCOPE

無料で使えて無制限にサイトやキーワードを登録することができる、SEO検索順位チェックツール「SERPOSCOPE」。

SERPOSCOPEはWindowsまたはMacでも利用できる無料のツールとなっており、パソコンとモバイル両方のデータを一度に調べることができる他、キーワードをグループ分けしてその順位変動をグラフや表で確認することも出来るようになっています。

勿論、キーワード毎の順位変動も調べることも可能で、調べるキーワードに関してはフィルタリングすることも出来ます。

ここで言うフィルタリングとは、一定の基準を設けて特定のキーワードの情報を得られるように、無駄なキーワードを選択し除去することを指します。

多岐にわたる機能を備えていながら、それらを無料で使い放題なのでこれ程有難いSEO検索順位チェックツールは他にはないと思いますね。

また、SERPOSCOPEの一番の強みはサイトやキーワードを無制限に登録することが出来るので、サイトを初めてまだまもない人や、サイト運営にそれ程リソースが避けない人にとてもおすすめのツールです。

④SEO TOOLS

3つのキーワードを同時に調べることができる、SEO検索順位チェックツール「SEO TOOLS」。

SEO TOOLSの特徴としては検索順位は勿論のこと、

  • 被リンク(自身のサイトが得ているリンク数のこと)
  • インデックス数(Googleに認識されたページ数のこと)
  • キーワード率(自身のサイトが持っている重要キーワードの割合)
  • 強調タグ(HTMLの中でも特に重要なh1、h2、h3などのこと)

を同時に調べることができることにあります。その他、サイトのSEOおける内・外対策をしっかりと比較して、分かりやすく点数で表示される点も特徴の一つですね。

また、リサーチ後の”コメント”欄にはその後のSEO対策におけるアドバイスに関しても表示されるので、是非とも参考にしてみて下さい。

⑤ファンキーランキング

とてもシンプルな使いやすいサイトデザインとなっている、SEO検索順位チェックツール「ファンキーランキング」。

同時に調べることができるキーワードは5つで、それぞれ1位から100位までの検索順位を調べることが出来るようになっています。

ただ調べられるのはパソコンでの順位のみで、モバイルの順位は表示されません。

サービスサイト自体がとても簡易的でSEOにあまり詳しくない初心者の方でも、気軽に利用出来るSEO検索順位チェックツールの一つですね。

⑥SEOピッシュ

簡易型のSEO検索順位チェックツールの中では、珍しく1位から300位まで結果が分かるツール「SEOピッシュ」。

検索の際には条件指定(サイトのカテゴリーや都道府県など)も行うことが出来るようになっており、その他過去3ヶ月分の履歴を保存することも出来る様になっていますね。

また、サービスサイトにはツールの利用以外にも、SEO対策の方法やSEOツールに関しての補足なども詳しく明記されているので、初心者の方はとても参考になると思います。

⑦GRC

無料で利用出来るプランもあれば、本格的に利用したい傾けの有料プランも用意されている、SEO検索順位チェックツール「GRC」。

GRCの特徴としては、キーワード指定は20個まで設定することが出来る他、無料プランでも最大で3つのサイトを登録できるようになっています。

他にはない上位サイトを追跡する機能もあるので、逐次ライバルサイトがどのような順位変動を行なっているのかチェックすることも可能です。

また、WindowsだけではなくMacでも使えるので大変便利ですね。

詳しい使い方やSEOへの役立て方は、GRCの使い方をご覧ください。

⑧ドッチモ

誠に残念ながら今はサービス自体が終了している、SEO検索順位チェックツール「ドッチモ」。今のところサービスの再開は未定となっています。

サービスを行なっていた時の特徴としては、パソコンとモバイルの検索結果を同時にチェックすることが出来る他、最大同時検索キーワードは3つと少ないですが、サイトの操作性がとても高いSEO検索順位チェックツールでした。

また、見た目もかなり可愛いサイトデザインとなっているので、利用していると愛着が湧いてくるようなツールの一つでしたね。

その他の特徴としては、調べたいキーワードを入力した際にサジェストの表示も自動で行われるので大変便利でした。ただ、調べたキーワードの競合チェックに関しては出来ないようになっていましたね。

有料のSEO検索順位チェックツールで本格的に取り組みたい方向け

ここでは有料のSEO検索順位チェックツールで本格的に取り組みたい方向けに、5つに絞って有料ツールをまとめてみました。

  1. BULL
  2. Gyro-n SEO
  3. RankGuru SEO
  4. RankTracker
  5. Ahrefs

無料ツールとは違いそれぞれ優れた機能が利用できるようになるので、本格的にサイト運営を行なっている方や、今以上に収益のアップやアクセス数のアップを狙いたい方には大変おすすめのツールです。

以下から一つずつ見て行きましょう。

①BULL

SEO検索順位チェックを全自動で全て行なってくれるツール「BULL」。

BULLはSEO検索順位チェックツールの中でも珍しい”クラウド型”のツールで、利用する際にはインストールを行わなくてもWeb上で利用することが可能です。

そして全自動なのでわざわざパソコンを立ち上げなくても、毎日自動でSEO検索順位チェックを行なってくれます。

また、出来るだけ毎日検索順位チェックを行いたい方も、ブラウザを立ち上げるだけでスマホからでもいつでもSEO検索順位チェックを行うことができます。

Googleアリゴリズムの変動による順位変動に関しても、全てグラフで分かりやすく把握することが可能であり、順位変動に対する個人の施策等をメモする機能も完備。

取得したデータは全てCSV、エクセル形式で出力することも可能となっているので、個人でデータをまとめておくことも出来ますね。

気になる方はまずは2週間無料で使用できるようになっているので、是非とも試しに使ってみて下さい。

<価格>

月額利用料金:1,100円〜

②Gyro-n SEO

より効率的にSEO管理を行いたい方向けの、とても高性能なSEO検索順位チェックツール「Gyro-n SEO」。

登録から最初の3ヶ月間は無料で利用できるようになっているので、そこで気に入らなければ直ぐに登録解除することも可能です。

使える機能としては、”SEO検索順位チェック”はもちろんのことその他にも

  • ローカルSEOリサーチ
  • 検索結果プレビュー機能
  • 競合比較分析
  • ページ分析
  • テキスト分析
  • 流入パフォーマンス分析 など

が利用できるようになっています。

一般的なSEOツールよりも”Gyro-n SEO”ではより細かいデータの取得が可能となっている他、ライバルサイトも徹底的にリサーチすることが出来るので、本気でSEO対策に取り組んでいる方には大変おすすめのツールの一つです。

<価格>

月額利用料金:500円〜

③RankGuru SEO

Macの方でも気軽に利用できる、買い切り型のSEO検索順位チェックツール「RankGuru SEO」。

特徴としてはツール自体がシンプルで使いやすく、買い切りなので他のツールと比較してもかなりコストパフォーマンスが高いツールになります。

機能的にはサイトやキーワードの登録は無制限となっている他、CSV形式でのデータの出力も可能となっていますね。

ただデメリットを強いて挙げるなら、”RankGuru SEO”はオンラインの時にしか利用できないのでオフライン状態では使えないことです。

また、筆者自身実際に使ってみたのですが、計測中、Googleに順位チェックをブロックされるたびに、”ロボットではありません”のチェックボックスに手動でチェックを入れなければ順位チェックが進まなかったので、個人的にはおすすめできません。

<価格>

買い切り料金:840円

④RankTracker

SEO検索順位チェックを自動で行なってくれるツール「RankTracker」。

有名ブロガーなども多数利用しているこちらのツールは、自動検索してくれる間隔を指定することも可能となっており、Googleやyahoo!といった大手の検索エンジンだけではなく、世界中にある600以上の検索エンジンで調べることもできます。

また、キーワードのランキングをチェックするレポートデザインなども、自由にカスタマイズすることが出来るようになっており、CSVやエクセル形式でのデータ出力も利用できます。

その他ソフト自体が関連キーワードの提案や分析も行なってくれるので、SEO的に狙い目なキーワードなども直ぐに分かるようになっていますね。

利用契約は半年間となっていますが、かなり機能的には充実しているので無料ツールよりも詳しいデータを取得したい方には大変おすすめのツールです。

<価格>

月額利用料金:2,500円〜

⑤Ahrefs

世界で60万人が導入しているSEO検索順位チェックツール「Ahrefs」。

Ahrefsは世界水準のSEOツールとして有名なツールの一つで、日本語版のサービス紹介ページもネット上に公開されています。

Ahrefsの機能の一つとして”Rank Tracker”というSEO検索順位チェックツールが含まれており、キーワードはプランにもよりますが一番上の利用プランで最大1万キーワードを一度に登録する事が可能となっています。

その他、エリアの指定やなども自由にできるようになっていますね。

キーワード毎に検索ボリュームやトラフィック、キーワードの難易度などが一目で把握できる仕様になっている他、機能としてはフィルタリング、競合他社サイトの追跡、経過レポートの確認等も出来るようにもなっています。

<価格>

月額利用料金:99ドル〜(約10,500円〜)

SEO検索順位チェックツールの種類

SEO検索順位チェックツールは、3つの種類に分けられます。

  • 簡易型(web上で簡単に使えるもの)
  • クラウド型(インターネットを介して、パソコンの負担を抑えてくれるもの)
  • インストール型 (パソコンに直接インストールして使えるもの)

それぞれに特徴があり使い勝手も変わってくるので、初めて利用される方は各特徴を抑えて自身に合ったツールが選べるように把握しておきましょう。

以下からそれぞれの特徴に関して、詳しく解説して行きますね。

簡易型

簡易型のSEO検索順位チェックツールとは、Web上にあるサービスをサイトURLとキーワードを入力して、簡単に利用できるツールをさします。

比較的簡単に利用できるのでSEOツールに関してあまり詳しくない初心者の方でも、気軽に利用できるタイプですね。

それほど詳しい分析データを取得することはできない場合が多いですが、簡易型は無料で利用できるツールが多いのでサイトの運営を初めたばかりでそれ程お金を掛けれない人に大変おすすめです。

クラウド型

クラウド型はその名の通りクラウドでデータ管理してネットを介して利用するため、パソコンに直にインストールする”インストール型”と比較するとかなり効率的にSEO管理することが可能となります。

クラウド型のツールの多くが有料の場合が多いですが、簡易型よりもより詳しい分析データを取得できるのでより本格的にSEO対策を行なっている人にはおすすめのタイプですね。

その他、”自動検索順位チェック機能”を兼ね備えているツールが多いのも特徴の一つです。

インストール型

パソコンに直接インストールして利用するタイプの”インストール型”は、買い切りの場合が多くコストパフォーマンスはかなり高いのが特徴です。

ただ注意して欲しいのがパソコンの容量をかなり消費する場合があるので、インストールする際にはご自身のパソコンの空き容量を確認してから行うことが大事になります。

SEO検索順位の仕組み

SEO検索順位がどのように格付けされているのかご存知でしょうか?

簡単にSEO検索順位の仕組みを解説すると、

  1. クローラーにサイトコンテンツを認識(インデックス)してもらう
  2. Googleアルゴリズムで検索順位が決められる

といったことになります。

世界中の多くの人たちから利用されている検索エンジン”Google”では、ユーザーがキーワードを入力しクリックするだけで知りたい情報が上から順にランキング形式で表示されるようになっています。

あなたのサイトにあるコンテンツを特定の検索キーワードで上位に持ってくるには、その仕組みをしっかりと理解していないといくら優れたSEOツールを活用しても有効なSEO対策を取ることができません。

SEO検索順位の仕組みを理解し、SEO対策を行うことで初めてあなたのサイトの検索順位が上がるので、SEO検索順位の仕組みに関しての理解はとても重要になります。

Googleクローラーに関して理解する

検索順位を決めるために特に重要なのが、”クローラー”です。

クローラーとは、Googleが独自開発したロボットで世界中のサイトやコンテンツを認識(インデックス)して回っています。

クローラーに認識されることによって初めてGoogleの検索結果にサイトが表示されるようになり、その後Google独自のアルゴリズムで検索順位が決定されているわけですね。

Googleアルゴリズムは不定期で調整が行われるので、予測することは不可能ですが最初にクローラーに認識されないことには意味がありません。

まずは自身のサイトにクローラーが来てもらえるようにGoogleサーチコンソールでインデックスをリクエストしましょう。

SEOで検索順位を上げる方法

SEO検索順位を上げる具体的な方法としては、以下のような項目が挙げられます。

  • サイトのテーマとなるキーワードを決める
  • 決めたキーワードを元にユーザーファーストの記事を作る
  • サイトの内部対策を行いGoogleクローラーの認識を促す
  • 被リンクの取得を狙ってSNSでも発信する(外部対策)
  • キーワード別にページのリライトを行いサイトの質を上げる
  • 質の高いコンテンツを継続的に量産していく

“SEO対策”と聞くとかなり難しいように感じる方も多いと思いますが、基本的なことをしっかりと抑えてコンテンツを作成すると検索順位は上がるようになっているので安心してください。

ライバルサイトが大手企業サイトだったり、キーワードによっては激戦区だったりする場合もありますが、初心者でも戦える場所はかなりネット上には多いので是非とも前向きに取り組んでみてくださいね。

まとめ:おすすめのSEO検索順位チェックツールを活用しよう!

おすすめのSEO検索順位チェックツールについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • 無料で使えるおすすめのSEO検索順位チェックツールの紹介
  • 有料SEO検索順位チェックツールで、本格的にSEO対策したい方向けのツールの紹介
  • SEO検索順位チェックツールの種類について
  • SEO検索順位の仕組みについて
  • SEO検索順位を上げる方法について

SEO対策を行う上でSEO検索順位チェックツールの利用は、欠かせないといっても過言ではありません。

SEO検索順位チェックツールについて、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

SEOチェキの見方や使い方!機能を全て解説します

SEOチェキの見方や使い方を解説

「SEOチェキの使い方が知りたい」「SEOチェキを使ってみたけど、見方がよくわからない」

無料で使えるSEOツールとして「SEOチェキ」を使ってみたけど、こういった悩みを抱えている方もおられるかと思います。

そこで今回は、実際にSEOチェキを活用しながらブログを運営を行っている著者が「SEOチェキ」の使い方、機能などを全て解説いたします。

具体的には

  • SEOチェキの見方
  • SEOチェキの使い方

これらを詳しく解説していきます。

この記事を読めばSEOチェキの使い方をしっかりとマスターでき、自分のサイトのSEO対策に活用していきましょう。

 SEOチェキの見方

冒頭でもお話しした通り、SEOチェキをいざ開いてみても、実際どう見たらいいのか、いまいちよくわからない方もいらっしゃるかと思います。

SEOチェキには以下の5つの機能が用意されており、

  • サイトSEOチェック
  • 検索順位チェック
  • キーワード出現頻度
  • 発リンク
  • Whois情報

この中でも基本となるのが「サイトSEOチェック」です。

このサイトSEOチェックには「基本チェック項目」と「追加チェック項目」の2つが準備されており、その2つをうまく使いながら自分のサイトを分析していく形になります。

基本チェック項目

はじめに、一番ベースとなるのが「基本チェック項目」です。
実際に確認できる項目は以下の通り。

  • title・meta description・meta keywords・h1タグ
  • 発リンク数(内部リンク・外部リンク)
  • 最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間
  • Alexaランキング
  • Google・Yahoo!のインデックス数
  • 利用ホスト
  • ドメインの登録年月日
  • 各ディレクトリの登録状況
  • Facebookの「いいね!」の数
  • ソーシャルブックマーク登録数

それぞれの内容に関しては後ほど詳しく解説していきますが、ここにある情報が、SEO対策を行なっていく上での大まかなヒントとなります。

 追加チェック項目

基本チェック項目でも十分必要な情報を得ることができますが、追加チェック項目も合わせて使っていくことで、さらなるSEO対策を施していくことが可能となります。

追加チェック項目で確認できるのは以下の通りです。

  • 検索順位キーワード
  • 出現頻度
  • 発リンク一覧
  • Whois情報
  • HTTPヘッダ情報

こちらの機能をうまく組み合わせながら、自分のサイトにSEO対策を施していくような形です。

こういった風に、SEOチェキにどういった機能や項目があるのかを確認してもらったところで、ここからは、SEOチェキのそれぞれの項目の詳しい内容や、使い方を解説していきます。

SEOチェキの使い方

先ほども挙げた通り、SEOチェキには5つの機能が用意されており、それらを組み合わせて自分のサイトを分析することになります。

もう一度確認しておくと5つの機能は以下の通り

  • サイトSEOチェック
  •  検索順位チェック
  • キーワード出現頻度チェック
  • 発リンク
  • Whois情報

それぞれ詳しく解説していきます。

サイトSEOチェック

この機能がSEOチェキの中でも一番大切な機能です。自分のサイトの状況がどういったものかを確認できる項目がしっかりと備わっています。

「URL」と書かれた横に用意された四角い検索ボックスに、分析したいサイトのURLを入力して「チェック!」をクリックすると分析を開始することができます。

SEOチェキのサイトチェックの使い方

そして、実際に分析が完了して表示されるのが以下の画面です。

SEOチェキを使った時の結果画面

この分析結果の画面には、先ほど紹介した以下の「基本チェック項目」が表示されます。

  • title・meta description・meta keywords・h1タグ
  • 発リンク数(内部リンク・外部リンク)
  • 最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間
  • Alexaランキング
  • Google・Yahoo!のインデックス数
  • 利用ホスト
  • ドメインの登録年月日
  • 各ディレクトリの登録状況
  • Facebookの「いいね!」の数
  • ソーシャルブックマーク登録数

ここからは、それぞれの項目の詳しい解説をしていきます。どの情報が大切かどうかも解説していきますので、参考にしてみてください。

title・meta description・meta keywords・h1タグ

ここはサイトの基本情報が表示されている場所で、どういったサイトなのかを把握することができます。サイト名やサイトの紹介等が表示されている形です。

SEOチェキでは、競合サイトのURLを打ち込むと、titleタグやmeta discriptionタグを抽出してくれるため、どういったキーワードを狙っているかも大まかにリサーチすることができます。SEOチェキのこういった機能を活用し自分の運営サイトだけでなく他のサイトからもリサーチを行うことで、競合サイトとどう差別化していくか、解決策を見出しやすくなります。

発リンク数(内部リンク・外部リンク)

SEO対策を行っていく上で、発リンクがあるかどうかは重要な指標となってきます。SEOチェキではそのリンクに関しても確認することができます。

まずはじめに内部リンク。この内部リンクは、サイト内で自分のサイトのリンクがどれだけ表示されているかを表したものです。みなさんんもよく、ネットの記事で目にかかることがあると思いますが、サイトの途中で同じサイト内の別の記事を紹介してあったりする箇所を目にしたことがありませんか?こういったものが、内部リンクといわれるものになります。

内部リンクをきちんと張られている方が、SEO的にも良いとされているため、出来るだけ内部リンクを自然な形で張り巡らせれた方が良いです。執筆している記事と関連性が高い過去の記事があれば、その記事のリンクを記事内に貼るのがベスト。また、同じカテゴリー内でリンクを張り巡らせることもできたら尚良いです。

うまくリンクを張り巡らせることができれば、サイトに訪れてくれたユーザーの方がサイト内を見て回ることができます。それにより、サイト滞在時間も増え、PV数も上がり、検索エンジンの評価も上がっていきます。まだ内部リンクの数が少ない方は関連性の高い記事どうしを結びつけるリンクを貼りましょう。

もう一方の外部リンクは自分のサイトではなく他のサイトのリンクを、自分のサイトに貼ることを指します。記事内でAmazonのリンクを貼ったりとか、このサイトはオススメだよ!と他サイトのリンクを貼ったるすることがこれに当たります。

上位記事に公的機関のサイトがある場合、公的機関のデータを根拠に記事を書き、発リンクすればGoogleの評価が上がる可能性があります。

なぜなら、信頼できる公的機関のサイトに発リンクすることで、信頼できる根拠を元に記事を書いているとGoogleから評価されるかもしれないからです。

また、SEO対策の中でも最重要なのが被リンクです。他のサイトで、自分のサイトのリンクが表示されている状態を指します。「このサイトを参考にしてみてください」「こういったサイトで僕は勉強しました」といった感じで、自分のサイトが他の方のサイトで紹介される形が一般的です。

現在のSEOチェキでは被リンクの数を確認することはできませんが、被リンクは多いほうが良いです。

こういった場合、紹介されているサイトはしっかりとしたコンテンツを提供しているサイトだと検索エンジンが判断するため、SEOとしても非常に強い効果を発揮します。

ですので、被リンクが多ければ多いほど、自分のサイトは拡散されているとわかると同時に、検索エンジンにおけるサイトの評価が上がっている可能性も高いと判断できます。

被リンクを増やすためには、良いコンテンツを発信していくのが基本です。

また、サイトを複数運営してリンクを貼り合う相互リンクは良くないと、多くのSEOサイトで言われていますが、実際には効果があります。

良質なメディアからの被リンクはSEO的にもメリットが大きいことに加えて、関連性のあるサイトに紹介されることで、サイトで紹介しているジャンルに関しての専門性が高いことが評価されます。

評価されると、そのジャンルの検索ワードで順位が上がることも早くなります。そのため、サイトを立ち上げ当初は、相互リンク施策をうまく使えると、早い段階で検索順位を上げていくことができます。

最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間

最終更新日時は、別ページからサーバーの詳しい情報をもとに確認できますが、特に注目する機能ではありません。大切なのは読み込み時間の項目です。

SEOチェキでは読み込み時間も表示してくれます。自分のサイトを表示するまでにかかる時間がどれぐらいかを知ることができる項目です。サイトの読み込みにかかる時間も、SEO対策の一つとして注目しておきたいポイントで、読み込み時間が長ければ長いほど、SEOの評価は下がります。

みなさんも他のサイトを閲覧しているとき、読み込みが長いサイトにイライラした経験はありませんか?

最近のGoogleのアルゴリズムは、そういったユーザーの視点を大変重視していますので、読み込み時間が長い場合、検索順位に大幅な影響を及ぼす可能性もあります。せっかく良質なコンテンツを発信しているサイトだったとしても、それだけで評価を下げてしまいますので、読み込み時間に関しても意識しながらサイト運営を行っていきましょう。

読み込み時間が長くなってしまう原因としては、WordPressであれば、プラグインが多すぎることや、記事内の画像サイズが大きい点、また、無駄なアニメーション機能などによって重くなっていることなどが考えられます。

プラグインは非常に便利な機能を簡単に実装してくれますが、その分サイト読み込み時間に影響を与えやすい要素の一つです。SEOチェキを利用して、読み込み時間が長いと感じたらまず、いらないプラグインは極力削除していきましょう。また、記事内の画像もできるだけ容量が小さいものが望ましいです。ネット上にはオンラインで、しかも無料で画像を圧縮してくれるサービスが提供されていたり、専用の圧縮ソフトなどもあったりします。こういったものを駆使すれば、簡単に画像を圧縮して容量を抑えることができますので、うまく活用して読み込みにかかる時間を改善していきましょう。

Alexaランキング

こちらではWEBサイトの世界ランクを確認することができます。特にSEOに関する情報を知れる訳ではないので、自分のサイトがどれくらいの認知度があるのかを知る指標ぐらいの認識でOKです。

Google・Yahoo!のインデックス数

このSEOチェキが気になっている方なら、「インデックス」と聞くとピンッ!とくる方も多いと思います。Googleの検索エンジンにサイト上の記事がインデックスされているか=認知されているか、登録されているかを知ることができます。

SEOチェキでサイトのURLを入れてチェックした際に、公開している記事の数よりインデックス数が少ない場合、その差分の記事がGoogleに認識されていない可能性があります。また、0となっていたり、極端に少ない場合は、不具合の場合があるので、「site:」を使ってインデックス数を確認する方法もあります。

「site:https://○○.com」のような形で、site:の後に自分のサイトのURLを付け足して検索すれば、正確なインデックス数を把握することができます。

自分が投入してきたコンテンツの数よりも明らかに数が少ない場合は、きちんとインデックスができていないと受け取れますので、何か問題が発生している証拠です。

その場合まずはじめにやるべきことは、グーグルサーチコンソールから、インデックスのリクエストを行うことです。Googleサーチコンソールより、インデックスのリクエストを送信してください。

また、サイトマップに問題がある場合は、修正を行って再送信する必要があります。特にWordPressのプラグインを使ってサイトマップを送信している際には、設定がうまくいっておらず、インデックスがきちんと送信できていないということも考えられますので、注意してください。

SEOチェキでは、Yahoo!側は表示がされません。その理由は、Yahoo!の検索エンジンもgoogleと同じ検索エンジンを使用しているためです。ですので、Google側でインデックスができていたらそれだけで問題ありませんので、安心してください。

利用ホスト

どういったサーバーの会社を利用しているかがわかります。自分のサイトでは特にこれといった効果はないですが、他の人のサイトを分析する際には、「こういったサーバーを使っているのか!」と調査として使ってもいいかも知れませんね。

ドメインの登録年月日

こちらでは、使用中のドメインが登録された日付を確認することができます。他のサイトのURLを入力して検索をかけると、そのドメインがいつから使われているのか「ドメインエイジ」を把握することができます。基本的にドメインエイジが長ければSEOとしては有利と言われています。

各ディレクトリの登録状況

外部のディレクトリに登録されているかどうかを確認できます。今まではディレクトリ登録の登録をしておけば、大手サイトからの流入が見込めるため、SEO的に有利とされていましたが、現在はほとんどのディレクトリがサービスを終了していたり、リンクがnofollowとなっているため、SEOの効果がありません。

Facebookの「いいね!」の数

Facebookのいいね!数が確認できます。GoogleはSNSなどのソーシャルシグナルを重要視する傾向があります。いいね!やシェアされた記事は、それだけ読者の人の心に刺さっているわけですので、ソーシャルシグナルが高ければ高いほど、SEOで有利になる可能性があることには納得できるかと思います。

また、アメリカのSEO解説サイトでは、このソーシャルシグナルがかなり重要視されてきているのも現状です。質の高いコンテンツを発信しながら、ソーシャルシグナルを少しでも高めていけるよう積み重ねていきましょう。

ソーシャルブックマーク登録数

主にはてなブックマークが主となりますが、どれだけブックマークされたかを確認できます。SNS等で拡散されば、もちろんSEO的には有利になりますし、はてなブックマークは拡散力が非常に高いので、多くの方に自分のサイトを見てもらえるための大切なツールでもあります。

良質な記事を書き、時間がたってくるとSNSでの拡散やブックマークされる機会も出てくると思いますので、ここの数値も参考にしながら、質の良い記事を提供することを行なっていきましょう。

続いて次の機能「検索順位チェック」について解説していきます。

検索順位チェック

SEOチェキでは、自分の書いた記事の検索順位がどれくらいのものかを簡単に検索することができます。キーワードは1度で3つまで指定することができ、検索したいキーワードを入力後検索をかけると、指定したキーワードの順位がGoogleとYahoo!それぞれ表示される形です。

実際のチェックの仕方としては、まず検索順位チェックのタブを開いて以下のような画面にします。

SEOチェキの検索順位の使い方

一番上のURLの枠に分析したいサイトのURLを入力。続いて、ワード1〜3の枠に調べたいキーワードを入力してチェック!ボタンをクリックします。

SEOチェキの検索順位の見方

すると検索したいキーワードが、GoogleとYahoo!それぞれでどういった順位になっているのかを表示してくれます。

SEOチェキで確認できるこの検索順位は、SEO対策を行っていく上では欠かすことのできない情報です。検索順位がどれくらいのものかを理解できていないと、自分が行ったSEO対策がきちんと結果として反映されているのかどうかを見極めることができません。

そうなってしまうと、リライトすべき記事がどの記事なのかを正確に把握することが困難になります。基本的にサイトを運営するとなれば、検索順位がよくない記事のリライトを行って、記事の順位を底上げしていくような形になりますので、順位把握ができていないと、サイトの評価を上げるのにも時間がかかってしまいます。

特定のキーワードで記事を入れたら、SEoチェキを利用して定期的に順位をチェックして、ExcelやNumbersといった表計算ソフトなどに控えておくことをオススメします。そうすることで、自分が行ったSEO対策がきちんと結果として反映しているかどうか、過去の推移から比較ができますので、自己検証することが可能です。

1度SEOの感覚をつかみ結果として成功体験を積み重ねれば、その後のサイト運営で応用を施してさらなる順位アップを狙っていけます。しっかりとデータを取りながら検証を繰り返してみましょう。

キーワード出現頻度

自分のサイト内でどういったキーワードが使われていて、全体の比率として割合がどんなものかを表示してくれます。出現頻度の多いキーワード上位30個の記事内における出現回数と、全体比率が表示される形です。

こちらもまずはキーワード出現頻度のタブを開いて、以下のような画面を確認してください。

SEOチェキのキーワード出現率の使い方

URLの部分に分析したいサイトのURLを入力してチェック!を押すと、検索結果が表示されます。

SEOチェキのキーワード出現頻度の見方

サイト内でキーワードとして使用されている言葉の数がどれくらいかを「総単語数」でも表示してくれ、その下に出現頻度の高い順に30個キーワードが表示されます。

これによって、自分ではキーワードを意識して記事を書いていたと思っていても、案外そのキーワードがサイトの中で少ないことがわかったりして、キーワード戦略を改善するための一つの指標として機能してくれます。

先に紹介したキーワード順位を上げるためにも、適切なキーワード数が必要となりますし、記事内でどれだけ使われているかによってもSEOの効果が変わってきます。Googleの検索エンジン発達によって、キーワード出現率の重要性が年々低くなってきてはいるものの、現在もまだ重要な項目の一つです。

ですので、記事執筆をされる際には、こちらのキーワード頻度に関しても注意しながら記事執筆を行っていきましょう。

一つ注意点としては「これ」とか「より」などキーワード以外の言葉が表示されることもあるので、その点は注意しながら、サイト内でのキーワード比率をうまく高めていきましょう。

発リンク一覧

SEOチェキでは、外部リンク・内部リンク合わせて実際にどんなリンクが貼られているかを確認できます。

発リンクタブをクリックして、下記のページを表示。

SEOチェキの発リンクの使い方

先ほどと同様にURLを入力してチェック!ボタンをクリックし、分析を開始します。

検索が完了すると、自分のサイト内で貼られている「内部リンク」と自分のサイト内に貼られている他のサイトのリンク「外部リンク」の両方が表示されます。

SEOチェキの発リンクの見方

SEOチェキでは、外部リンクは差別化のために太字で表示されており、nofollowは緑色で表示されています。

内部リンクは同じサイト内のリンクを貼っているもので、先にもお話しした通り、記事内で関連性のある自分のサイトの記事のリンクを貼ることや、トップメニューやサブメニューにある他のコンテンツへのリンクなどが該当します。

外部リンクは、自分のサイト内に貼られた他のサイトのリンクのことで、「このサイトのこの記事がおすすめ!」と紹介すれば、それは外部リンクに該当します。

これら二つのリンクを合わせて発リンクと呼び、関連性の高い記事どうしを繋げて、ユーザーの導線をしっかり作ったり、専門性を高めることがSEO対策としても高い効果をもたらします。

Whois情報

IPアドレスやドメイン名の登録者情報などを確認できます。サイト運営する際には特に必要な機能ではありませんが、簡単にご紹介します。

こちらも同様に、Whois情報のタブを開いてURL欄に分析したいサイトのURLを入力し、チェック!をクリックします。

すると、ドメインやサーバーに関する非常に詳しい情報が表示されます。

通常のサイト運営を行う上では時に必要とする機会がないかと思いますが、こんな機能もあるのだと知っておくと後々何かに役立つかもしれません。

まとめ:SEOチェキの使い方と見方

SEOチェキの使い方や見方に関してまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

本記事の内容をもう一度まとめると

  • SEOチェキには5つの機能がある
  • その中のサイトSEOチェックである程度の情報を入手できる
  • 基本チェック項目でサイトの分析をする
  • その他の機能を組み合わせて更にサイトの分析を深める

無料で使え分析できる情報も非常に多いのが魅力のSEOチェキですが、SEO対策を行っていく上ではかなり重宝するツールになると思います。

サイトを上位表示させ少しでも多くの流入を得るためには、SEOは欠かすことのできない大切なテクニックです。今一度自分のサイトを分析しながら、万全のSEO対策を施していきましょう。

ヒートマップツールとは?無料・有料のおすすめツールを比較

ヒートマップとは?無料・有料ツールをご紹介

ヒートマップツールはサイト運営に役立つとは聞いたことがあっても、「ヒートマップってそもそも何?」「ヒートマップツールの比較が見たい」と、どういう場面で使うのか、どんなヒートマップツールがあるのか気になりますよね。

本格的にサイト運営をする上で役に立つヒートマップツールですが、その使い方についてほとんどの人が勘違いしていることがあります。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWEBナビの編集部が、ヒートマップツールについて以下のことを解説します。

  • ヒートマップツールとは?
  • 無料・有料のおすすめヒートマップツールを比較
  • ヒートマップツールの選び方のポイント
  • ヒートマップツールの活用方法
  • ヒートマップツールと併用して使うべきツール

このページを読めば、ヒートマップツールについての理解がかなり深まり、より良いサイト運営ができるようになります。

ヒートマップツールとは?

ヒートマップツールとは、WEBサイト内でユーザーがどのような行動をしたのかを、色の濃淡を利用して視覚的にわかるように示してくれる便利ツールです。

そもそもヒートマップとは、WEBサイト運営だけに使われるツールというわけではなく、多元的な情報を色で示す手法です。例えば、野球でピッチャーが投げたコースを示すものや、サッカーで選手がピッチの中をどう動いたか示すものなども、ヒートマップを利用した事例だといえます。

ヒートマップツール活用のメリット

WEBサイト運営に使われるヒートマップツールでは、以下の情報を収集することができます。

  • ユーザーのマウスの動き
  • ユーザーがクリックした箇所
  • ユーザーのエリア滞在時間
  • ユーザーがどこまでスクロールしたか
  • ユーザーがページから離脱した場所

このように、ヒートマップツールのメリットは、アクセス解析ツールを使って分析するのが難しいような細かい情報を、視覚的に分かりやすく把握できるということです。

特にページ内でのユーザーの離脱部分が特定できるということは、WEBサイトの離脱率改善に大きく役立ちます。

また、ユーザーに見られている部分と、見られていない部分が把握できるので、ページに対するユーザーの利便性向上にも大きく貢献するでしょう。

ヒートマップツール活用のデメリット

ヒートマップツールのデメリットは、ページ内の細かなユーザー行動はよく分かるが、WEBサイト全体のユーザー行動は把握できないということです。

上で説明したように、ヒートマップツールは、ページ内でのユーザーの動きを把握することに特化したツールで、WEBサイト全体を包括した情報を得ることには向いていません。

ただ、このデメリットは、他のツールを併用することによって改善できます。ヒートマップツールと併用すべきツールに関しては、後ほど詳しく解説するので、参考にしてください。

無料のおすすめヒートマップツールを比較

ここでは、以下の無料のおすすめヒートマップツールを、比較していきます。

  • User Heat
  • Ptengine
  • SiTest
  • MIERUCA
  • brick

User Heat

User Heatは、30万PVまで解析することができるのが魅力の、無料ヒートマップツールです。

マウス、クリック、熟読エリア、終了エリア、離脱エリアといった基本的な機能が利用できます。ユーザー登録をして、ページにタグを埋め込むだけで利用できる手軽さも魅力の1つです。

User Heat

Ptengine

Ptengineは、15万以上の利用者を誇り、幅広く利用されている、無料ヒートマップツールです。

リアルタイムで解析できる他、PCやスマートフォン、タブレットなどのあらゆるデバイスに対応しています。イベントトラッキング機能は、HTMLを編集せずに利用できるので、初心者にも優しい仕様です。

Ptengine 

SiTest

SiTestは、豊富な機能が利用できるのが特徴の、無料ヒートマップツールです。

スクロール解析や、リンク指標、マウスグラフィ、タップ解析などの機能が利用できる他、スプリット機能解析、フォーム改善機能も搭載しています。30,000PVまで計測可能です。

SiTest

MIERUCA

MIERUCAは、無料ツールであるにもかかわらず、500社もの企業で導入されている、ヒートマップツールです。

スクロール解析や、クリックヒートマップ、アテンションヒートマップといった、充実した機能が利用できます。初心者でもUX/UIを改善できる、マルチデバイスに最適化されたヒートマップツールです。

MIERUCA

brick

brickは、Googleアナリティクスと連携することで、WEBサイトを分析できる、無料ヒートマップツールです。

基本的なヒートマップ機能として、スクロールやクリック、マウス分析が利用可能です。基本無料で利用可能ですが、無料版は利用期限が限られているので注意してください。

brick

有料のおすすめヒートマップツールを比較

ここでは、以下の無料のおすすめヒートマップツールを、比較していきます。

  • Clicktale
  • VWO
  • Appsee
  • USERDIVE
  • Mouseflow
  • MockingFish
  • UXCam
  • Visual Website Optimizer
  • heatmap
  • gemiusHeatmap
  • BOOSTEC

Clicktale

Clicktaleは、ユーザーのマウスの動きを録画できるのが特徴の、有料ヒートマップツールです。

基本のヒートマップ機能に加えて、ユーザーの動きを追体験できるので、ユーザーの目線であなたのWEBサイトを改善することができます。

ただし、明確な料金プランの記載がされていないので、クリックテール社への問い合わせが必要です。

Clicktale

Visual Website Optimizer

Visual Website Optimizerは、ABテストを利用できるのが特徴の、有料ヒートマップツールです。

基本のヒートマップ機能に加えて、ABテストを併用することで、WEBページをよりユーザーのに最適化した形で構築することができます。

無料版の提供はなく、有料のエンタープライズ版のみ利用可能となっています。

VWOとも呼ばれ、WEBサイトのコンバージョン改善を主眼に置いた、有料ヒートマップツールです。

ヒートマップ機能の他に、ABテストや、目標設定、ユーザー動向をレコーディング機能が利用できます。

30日間の無料トライアル期間が設定されていて、ヒートマップ機能も使用できるので、まずはこちらから利用してみるのがいいでしょう。

Visual Website Optimizer

Appsee

Appseeは、iOSやAndroidのアプリを分析できるのが特徴の、有料ヒートマップツールです。

プレミアムプランとエンタープライズプランの2種類が用意されています。月額95,000円から利用可能で、プランにより解析できるアプリの数やセッション数、ビデオ記録数が異なります。

プレミアムプランは、最長2週間の無料お試し期間が設けられているので、こちらから利用してみるといいでしょう。

Appsee

USERDIVE

USERDIVEは、300社以上の企業に導入されている、有料ヒートマップツールです。

日本国内でも、大手企業が多く導入しているツールで、実績は申し分ありません。

アクセス解析やサイト内解析を利用でき、ユーザーの利便性を高めることができます。

USERDIVE

Mouseflow

Mouseflowは、4つのプランが用意されているのが特徴の、有料ヒートマップツールです。

プロプランでは、500,000PVまで計測でき、サイト数も10個まで扱うことができます。また、ヒートマップだけでなく、セッションリプレイズやシナリオ分析の機能も利用可能です。

無料プランも用意されていますが、こちらは500PVまで、1サイトのみの計測となっています。

Mouseflow

MockingFish

MockingFishは、解析できるPV数に上限がないのが特徴の、有料ヒートマップツールです。

ヒートマップの他に、ABテスト、多変量テスト、スプリットテスト機能も利用できます。

無料版では、PV数が50,000PVまでと制限はあるものの、利用できる機能には違いがないので、まずは無料版から試してみるのがいいでしょう。

MockingFish

UXCam

UXCamは、豊富な機能が搭載されているのが特徴の、有料ヒートマップツールです。

1番上のプランであるVOLUMEプランでは、最適化コンサルティングや専用アカウントマネージャ、カスタムブランド、APIアクセスの機能が利用可能で、その上セッション数に上限がありません。

一方で、LANCHプランでは50,000セッション、SCALEプランでは100,000セッションの上限が定められています。

データ保持期間が1ヶ月と短いものの、無償版が用意されているので、そちらで使用感を試してみてもいいでしょう。

UXCam

heatmap

heatmapは、リアルタイム分析ができるのが特徴の、有料ヒートマップツールです。

ユーザーの行動をリアルタイムで把握できるので、改善サイクルを早めることができます。プレミアムプラン、エンタープライズプランでは、コンバージョントラッキングや、テンプレート解析、技術サポートを、ページ数やユーザー数に制限なく利用可能です。

無償版では、ページ数やユーザー数、データ保持期間の制限はありますが、オンサイトクリックヒートマップや、リアルタイム統計などの基本的な機能が利用できます。

heatmap

gemiusHeatmap

gemiusHeatmapは、ユーザーエンゲージメント増加を主目的とした、有料ヒートマップツールです。

ヒートマップの基本的な機能を、一通り揃えており、それらを分析することで、コンバージョンなどのユーザーエンゲージメントを高めます。

無料版、有料版ともに詳しい記載がないので、問い合わせが必要です。

gemiusHeatmap

BOOSTEC

BOOSTECは、分析から改善までできるのが魅力の、有料ヒートマップツールですが、2018年7月をもって、サービスを終了しました。

ヒートマップツールの選び方のポイント

上で比較したように、ヒートマップツールと一言で言っても、ツールによって特徴がかなり異なります。

これだけの種類があって、特徴も違ってくると、初めてヒートマップツールを使うという方は、特に選ぶのに困ってしまいますよね。

そこで、ここでは、ヒートマップツールの選び方のポイントを、全部で3つご紹介します。

これらのポイントを参考にして、あなたやあなたのWEBサイトの現状に合った、ヒートマップツールを選んでください。

収集できるデータで選ぶ

ヒートマップツールは、ツールごとに収集できるデータが異なります。また、集められる情報は同じでも、どの情報に特化しているかはツールによって特徴があるので、そこにも気を配るといいでしょう。

ヒートマップツールで収集できるのは、以下のようなデータです。

  • ユーザーがクリックした箇所
  • ユーザーのマウスの動き
  • ユーザーがどこまでスクロールしたか
  • ユーザーがよく読んでいる場所

これらの機能があることを知った上で、あなたのWEBサイトの改善したいポイントに合ったツールを選ぶことが大切です。

例えば、あなたのWEBサイトの離脱率を改善したいのであれば、ユーザーがどこまでスクロールし、どこで離脱したかが分かる「スクロールヒートマップ」機能を搭載したツールを選ぶべきです。

まずは、あなたのWEBサイトの現状を把握し、何が改善点なのかを理解するところから始めるといいでしょう。

データ量やデータ保持期間で選ぶ

分析できるデータの量や、データの保持期間もツールごとに違います。

WEBサイト運営においては、継続して検証と改善を繰り返すことが大切です。それなりのデータ量と保持期間がないと、効果的にWEBサイトを改善するのは難しいといえます。

基本的には、データの保持期間は、有料なのか、無料のツールなのかによっても変わりますし、料金プランによっても変わることが多いです。

あなたがどれだけのデータを取って分析したいのか、どれだけの期間分のデータが欲しいのか、事前に決めた上でツールを比較するといいでしょう。

価格で選ぶ

上で説明したように、価格によって機能が異なるので、価格を確認してツールを選ぶことは非常に大切です。

もちろん、有料ツールで料金プランが高価格な方が、機能的には優れている可能性が高いです。

ただ、あなたのWEBサイトの現状を考慮してツールを選ばないと、資金繰りが難しくなります。また、無料だからといって適当にツールを選んでしまっても、使いにくくて使い続けられないということにもなりかねません。

価格と機能面を天秤にかけた上で、あなたの現状に合ったツールを選ぶことが大切です。

ヒートマップツールの活用方法

ここでは、上で紹介したようなヒートマップツールを使った、WEBサイト改善のための活用方法をご紹介します。

ヒートマップツールの見方

ヒートマップツールをWEBサイトの改善に役立てるためには、まずは、ヒートマップツールの見方を押さえておかなければなりません。

ヒートマップツールでは、ユーザーのページ上での動きを、色で視覚的に把握することができます。ここでは、ヒートマップツールにおいて、主要な機能の見方を簡単に紹介します。

①マウス

ユーザーのマウスの操作が、軌道として表されます。マウスの動きに何らかの傾向性があれば、商品やサービスのコンバージョンの改善に役立つでしょう。

②クリック

ユーザーがページ内でクリックした箇所を、色で表しています。クリックした回数が多い箇所ほど、濃い色で示されるのが一般的です。

③熟読エリア

ユーザーがよく読んでいる箇所を、色の濃淡で示しています。あなたが特に読んでほしい箇所が見られていない場合、改善策を講じる必要があるります。

④離脱エリア

ユーザーが離脱している箇所と、その比率を色の濃淡で表しています。ユーザーがページの上部で離脱している場合、ユーザーの検索意図にあったコンテンツを用意できていない可能性が高いでしょう。

ヒートマップツールでサイト改善

ヒートマップツールで改善できるサイトの問題点には、以下のようなものが挙げられます。

①ユーザーの大半が前半で離脱している

ユーザーの大半が前半で離脱している場合、ページの文章構成の改善が必要です。

ユーザーがページの前半で離脱するということは、ページの前半は読み飛ばされているということになります。これは、完読率を上げようとして、ユーザーの求めているコンテンツを後半に置いているページにありがちな現象です。

検索意図に沿っている文は前半に持ってくるように、文章構成を見直しましょう。

②クリックしてほしい部分がクリックされていない

WEBサイトを運営している方であれば、自社の商品やサービスの成約に繋げたい、広告を踏んでほしいと思っているのではないでしょうか?

つまり、WEBサイトのページの主目的は、商品購入のリンクや、キラーページへの内部リンクをクリックしてもらうことになります。

もし、それらのリンクが全くクリックされていないのであれば、どれだけページにアクセスを集めても意味がありません。

目立つ色やデザインにする、リンクの位置を工夫するなどの改善を試みましょう。また、ユーザーを成約に繋げるための訴求ポイントの見直しや、ボタンに誘導する文面も工夫しましょう。

③リンクになっていない箇所がクリックされている

クリックされてほしい箇所がクリックされていないのと逆に、リンクになっていない場所がクリックされていることがあります。

ユーザーの意図としては、その箇所に関するより多くの情報が知りたい、ということが考えられるでしょう。例えば、画像をクリックされている場合、もう少し拡大された画像が見たいのかもしれません。

具体的な改善策としては、関連するページへのリンクを設置する、写真を拡大できるようにしたり、説明を入れたりするなどの方法があります。

こういった細かな不便さが、ユーザーの離脱に繋がるので、妥協せずに改善していきましょう。

ヒートマップツールと併用して使うべきツール

ここでは、ヒートマップツールのデメリットといえる、WEBサイト全体の分析を補うためのツールをご紹介します。

ヒートマップツールと併用して使って、効果的に問題点を改善していきましょう。

Googleアナリティクス

ヒートマップツールと併用して使うべきなのが、Googleアナリティクスというツールです。

Googleアナリティクスは、WEBサイト運営をするなら絶対に導入しておくべき、必須ツールといえます。Googleアナリティクスでは、WEBサイト全体のアクセスを解析することが可能です。

ヒートマップツールはWEBサイトのページ単体を詳細に分析することができますが、サイト全体において、そのページの良し悪しを相対的に判断することはできません。

そこで、Googleアナリティクスを使って、まずは改善すべきページをピックアップする→そのページをヒートマップツールで詳しく分析する、という流れで改善をしていくのがいいでしょう。

具体的な改善すべきページとは、直帰率の高いページや、滞在時間が短いページです。これらの問題のあるページは、そもそもページの質に問題のあるページなので、ページ内でユーザーがどういった動きをしているかが、改善の役に立ちます。ヒートマップツールを使って、ユーザーがどこで離脱しているのか、どこをクリックしているのかを特定しましょう。

このように改善すべきページを、Googleアナリティクスで的確に選定することで、効率よくサイト全体の利便性を向上することができます。

まとめ:ヒートマップツールとは?無料・有料のおすすめツールを比較

おすすめのヒートマップツールの比較や、ヒートマップツールの活用方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

  • ヒートマップツールでは、ページ内でのユーザー行動を詳細に把握できるが、WEBサイト全体の情報は把握できない。
  • ヒートマップツールを比較すると、それぞれ特徴が大きく異なっているので、収集できるデータ・データ量や保持期間・価格を参考にして選ぶ。
  • ヒートマップツールで、ページを詳細に分析するとともに、Googleアナリティクスを併用することで、WEBサイト全体を改善できる。

WEBサイトを運営するにあたり、個別のページを改善するとともに、WEBサイト全体を確認し、効率よく問題のあるページを改善していくことがかなり重要です。

ヒートマップツールについて、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

ドメインパワーをチェック!計測できる無料・有料ツールをご紹介 

ドメインパワーをチェックできるツールをご紹介

「おすすめのドメインパワーチェックツールが知りたい」「どんなドメインパワーチェックツールがあるの?」と思っている方も多いと思います。

ドメインパワーチェックツールをうまく活用すれば今まで気付かなかったサイト内の欠点の洗い出し、競合サイトの調査などを行うことが可能です。

しかし、無数にあるドメインパワーチェックツールを全て試すのはとても時間を消費してしまいますよね。

そこでこのページでは、ドメインパワーチェックツールを使いながら複数のサイトを運営してきた筆者が以下のことについて紹介していきます。

  • 無料・有料のドメインパワーチェックツールには何があるのか?また、その特徴は?
  • そもそもドメインパワーとは何なのか?

このページを読めば、自分のサイトに適したドメインパワーチェックツールを見つけることができ、データ分析の時間短縮や競合サイトよりも優れた施策を打てるようになるでしょう。

それぞれのドメインパワーチェックツールについて詳しく紹介していきます。

無料ドメインパワーチェックツール

※ドメインパワーとは何かわからない、そこから知りたいという方は、ドメインパワーとは?をまずは読んでみてください。

「ドメインパワーをチェックしたいけど、出来れば無料のツールを使いたい。」「無料ツールに何があるのか分からないし、それぞれの違いや特徴も分からない。」
こういったことを思っているブログやWebサイトの運営者も多いでしょう。

そこでここでは、無料で手軽にドメインパワーをチェックすることが出来るツールについて、それぞれの特徴から使い方まで徹底的に紹介します。

Moz無料版

多くのサイトで紹介され、ブログやWebサイトの運営者の多くが使っているドメインパワーチェックツールが「Moz」です。
無料版も有料版もあるMozですが、無料版でもドメインパワーのチェックからページランクイング、被リンク数などSEO対策をする上で必要なことの大部分を調べることができます。

Moz無料版の無料登録の方法から使い方まで、以下でわかりやすく解説していきます。(Moz有料版はページ中盤にて紹介しています。)

1.Open Site Explorer(オープンサイトエクスプローラー)にアクセス後「Log in」ボタンを押して下さい。

ドメインパワーチェックMoz無料Log in

2.すると、メールアドレスとパスワードを入力する画面が出てきます。
既にMozに登録している方はそのまま情報を入力してログインし、まだ登録をしていない方は画面内の「Create an account」を押し、メールアドレス、表示名、パスワードを入力して登録してからログインしましょう。

ドメインパワーチェックMoz無料会員登録

3.ログイン後、「Enter a URL」の部分に検索をしたいサイトのドメインURLを挿入し、「root domain」にしたまま虫眼鏡のボタンを押し、検索をかけます。

ドメインパワーチェックMoz無料検索

4.検索結果が以下のように出てきます。調べたいドメインパワーは「Domain Authority」の部分を見れば分かります。
ドメインオーソリティの指標は「1~100」の数値範囲でWebページを評価します。1が最低評価で100が最高評価となります。
(ドメインパワーだけでなくページランクも調べたい場合には、「root domain」ではなく、「exact page」に変更して調べたいサイトのURLで検索をかけましょう。ページランクの場合も、検索結果は1~100の数値範囲で評価されます。)

ドメインパワーチェックoMoz無料結果画面

数値の目安としては、
10以下 弱い
10~20 そこそこ強い
20〜30 個人ブログだと強い、企業サイトだと普通
30〜40 個人ブログだとトップクラスに強い、企業サイトだと結構強い
40〜50 個人ブログだとほとんどいない、企業サイトの中でもかなり強い
50〜60 個人、企業関係なくトップクラスに強い
60以上 本当に1握りのサイトしか到達できない
というイメージです。参考にしてみてください。

但し、Mozの無料アカウントの場合、上記の解析は月に10URLまでという制限があります。自社のドメインパワーに加えてライバルのサイトのドメインをいくつか調べたいのであれば、無料アカウントでも十分であると言えます。頻繁にドメインパワーを調べるわけではないのであれば、Mozの無料ツールを登録しておいて損はないでしょう。

 

上に挙げたMozを利用しているブログやWebサイトの運営者は多いですが、他にもドメインパワーをチェックするための無料ツールは多く存在しています。

以下ではそれらの無料チェックツールを紹介していきます。
自分が気に入るチェックツールを探してみてください。

GoogleChromeの拡張機能「MozBar」

MozBarはMozが提供しているGoogleの拡張機能です。
特徴としては、自分のサイト、競合サイト、共にワンクリックでPage AuthorityやDomain Authorityなどのスコアを確認することが出来ます。

以下で使い方を具体的に紹介します。

1.まず、Googleのブラウザ「Chrome」を開き、「MozBar」の公式サイトにアクセスします。

2.画面上部中央の「Download MozBar Free」をクリックします。

ドメインパワーチェックMozBarHP

3.次に、「Chromeに追加」をクリックします。

ドメインパワーチェックMozBar追加

4.Chromeの検索画面で拡張機能のMozBarのアイコンをクリックして青色になったのを確認し、何か調べたいキーワードを検索してみます。
(Mozのログインの画面が下の方に出てきた人はログインを済ませましょう。)

ドメインパワーチェックMozBar設定On

5.検索結果の画面のそれぞれのサイトの下にMozの解析Barが表示されます。
(シークレットモードでは拡張機能の設定を変更する必要があります。)

ドメインパワーチェックMozBar検索結果

PAがページランク、DAがドメインパワーを表しています。
この数値はMozの数値と同様で、「1~100」の数値範囲でWebページを評価します。1が最低評価で100が最高評価となります。

数値の目安としては、先述のMozと同様で、
10以下 弱い
10~20 そこそこ強い
20〜30 個人ブログだと強い、企業サイトだと普通
30〜40 個人ブログだとトップクラスに強い、企業サイトだと結構強い
40〜50 個人ブログだとほとんどいない、企業サイトの中でもかなり強い
50〜60 個人、企業関係なくトップクラスに強い
60以上 本当に1握りのサイトしか到達できない
というイメージです。参考にしてみてください。

このMozBarは、わざわざ調べたいサイトのURLをコピペして専用サイトで検索をする必要を省き、手軽にドメインパワーとページランクを調べることを可能にする機能です。
使わないときには拡張機能のMozの所をワンクリックすることで表示させないようにすることもできる機能も、非常に使いやすいです。

THEHOTH

このツールは、Mozへリクエストを投げてドメインパワーをチェックするツールです。
メールアドレスの入力は必要になるのですが、Mozのように面倒なユーザー登録をする必要はありません。
使い方も機能もシンプルで使いやすいです。

また、Mozの無料版では出来ない複数ドメイン一括検索もできます。

以下では使い方を詳しく紹介していきます。

1.まず、「THEHOTH」にアクセスして、「Enter your email」にメールアドレスを入力します。

ドメインパワー測定THEHOTH登録

2.そこから基本情報を登録してログインします。

ドメインパワー測定THEHOTH基本情報

3.Toolsで「Domain Authority Checker」を選択し、「Enter one URL per line」の部分に自分が調べたいドメインを入力します。
その後、「View Moz Metrics」ボタンをクリックして検索をします。

ドメインパワーチェックTHEHOTH使い方

4.検索結果は以下のように表示されます。

ドメインパワーチェックTHEHOTH検索結果

調べたいドメインパワーは「Moz DA」の部分を見れば分かります。
また、「Moz PA」の部分は、そのページのランクいわゆる「ページランク」が反映されています。

ドメインパワーもページランクも共に「1~100」の数値範囲でWebページを評価します。1が最低評価で100が最高評価となります。

数値の目安としては、先述のMozやMozBarと同様なので、そちらを参考にしてください。

また、他にも以下のような機能もあるので興味があるものがあれば是非利用してみて下さい。

Backlink Checker
Domain Authority Checker
Search Competition
Organic Traffic Stats
Keyword Extraction
Rankings Checker
Keyword Gap Analysis
Keyword Research
Keyword Volume Checker
Blog Topic Generator

Keyword Density

Content Readability

Word Count
Conversion Rate Calculator

Domain Age Checker

SSL Certificate Checker

Local SEO Business Listing Audit


 

UberSuggest(ウーバーサジェスト)

ドメインパワーをチェックするツールとしてMozの無料版に代わって台頭しつつあると最近言われているのがこの「UberSuggest」です。
UberSuggestはドメインパワー以外にもSEO対策のために有効な多くの情報を一気に調べることが出来、かつ日本語にも対応していて、無料とは思えない程の仕上がりになっています。

以下でドメインパワーの調べ方からドメインパワー以外の有益な情報を調べる方法・機能まで詳しく紹介します。

1.まず、「UberSuggest」にアクセスをします。

2.下の赤く囲んである部分に調べたいドメインのURLを貼り付け、右にある「検索」ボタンを押して調べます。

ドメインパワーチェックUberSuggest検索

3.検索結果は以下のように表示されます。

ドメインパワーチェックUberSuggest結果画面

調べたいドメインパワーは「ドメインスコア」の部分を見れば分かります。
ドメインパワーは「1~100」の数値範囲でWebページを評価します。1が最低評価で100が最高評価となります。

数値の目安は、多少の誤差はありますが、大体は「Moz」の目安と同じと考えて良いでしょう。(あくまでも参考としてですが)

次に、ドメインパワーをチェックするツール以外で、UberSuggestが提供しているツールを紹介します。
利用できる機能、見ることが出来る指標には以下のようなものが存在しています。

  • 検索ボリューム
  • SEO難易度
  • クリック単価(CPC)
  • 流入見込み
  • SNSシェア

以上のように、「UberSuggest」では作成済みのサイトの現状を知ることにも、新しく出すページのキーワード選定にも有効な情報を無料で提供しています。
この充実した機能のが故に、ドメインパワーをチェックすることだけでなく、検索ボリュームやサジェストキーワード、SEO解析を確認することを目的にこのツールを用いることも選択肢の1つだと言えます。

パワーランクチェックツールβ版

このチェックツールは2019年3月にアクセスジャパンが「アクセスSEO対策ツールズ」の第一弾としてリリースしたもので、ドメインのSEO強度を調査できる無料SEOツールです。
検索方法は非常にシンプルで、使いやすい無料ツールになっています。
以下で使い方を紹介します。

1.まず、「パワーランクチェックツール β版」にアクセスをします。

2.ドメインを入力するところに調べたいサイトのドメインを貼り、「チェック」ボタンを押して調べます。

ドメインパワーチェックベータ版

3.検索結果は以下のように表示されます。

ドメインパワーチェックベータ版結果画面

パワーランクは「1~100」の数値範囲でWebページを評価します。1が最低評価で100が最高評価となります。

このパワーランクチェックツールβ版は無料でかつ、登録をする必要もないため、誰でも簡単に利用することができます。

また、アクセスジャパンでは「パワーランク比較ツール」や「パワーランク相場」も提供しており、比較したいドメインを2つ選択して検索にかけて比較したり、キーワード毎に検索上位の各ドメインのパワーランクの相場を見たりすることも可能です。

このツールは比較的新しいツールで、提供会社もが「今後もユーザーの役に立つツールを提供していく」と発表していので、現時点では内容がより充実している「Moz」のツールに代わる有用なツールになる可能性も十分にあるでしょう。

Small SEO Toolsの「Domain Authority Checker」

このツールは、Small SEO Toolsという2010年に創業したSEOに特化したサービスを提供しているイギリスの会社のサイトです。

先述の「Moz」は会員登録しないと使うことが出来なくなっていますが、この「Domain Authority Checker」は、Mozが独自にドメイン、サイトを評価した点数「Domain Authority」や「Page Authority」、「Mozランク」を会員登録する必要なく調べてくれます。

しかも検索方法は非常にサンプルで、非常に使いやすい無料ツールになっています。

以下で使い方を詳しく紹介します。

1.まず、Small SEO ToolsのDomain Authority Checkerにアクセスします。

2.下の赤く囲んである部分に調べたいドメインのURLを貼り付け、下にある「Check Authority」ボタンを押して調べます。

ドメインパワーチェックSmallSEO

3.検索結果は以下のように表示されます。

ドメインパワーチェックSmallSEO結果画面

調べたいドメインパワーは「Domain Authority」の部分を見れば分かります。
また、「Page Authority」の部分は、そのページのランクいわゆる「ページランク」が反映されています。

ドメインパワーもページランクも共に「1~100」の数値範囲でWebページを評価します。1が最低評価で100が最高評価となります。

数値の目安としては、先述のMozと同様なので、参考にしてみてください。

Small SEO Toolsが提供しているツールには、Mozが独自に出している指標を会員登録せずに簡単に無料に調べることが出来る「Domain Authority Checker」に加えて、他にも「盗作チェッカー」や「文法チェッカー」、「画像の逆サーチ」や「インターネットの速度検査」などの有効なツールを提供しています。

サイトを運営していく上で有効なツールなので、とりあえず一度だけでも試しに利用してみても良いかもしれません。

 

有料ドメインパワーチェックツール

前項では無料のドメインパワーチェックツールを紹介しましたが、勿論有料のものもあります。
「サイト運用のために頻繁に自分のサイトも競合サイトもドメインパワーをチェックしたい」「機能が充実した精度の高い分析ツールを使いたい」
こういったことを思っているブログやWebサイトの運営者に是非読んで頂きたいです。

ドメインパワーをチェックすることが出来る有料ツールのそれぞれの特徴を徹底的に紹介します。

Moz有料版

無料版でも十分機能が充実している「Moz」ですが、有料版になるとさらに便利な機能が追加されます。
具体的には、有料版では以下の機能を使うことが出来ます。

  • Moz無料版の機能を無制限で利用
  • スパム解析
  • キーワードに対する自然検索でのクリック率の推定
  • ページ最適化の助言
  • キーワードトラッキング
  • 10,000のリンクを取得し、CSVで出力レポート作成
  • リンクソーシャル共有データ

レポートの作成やスパム解析は他のツールにはあまりなく、サイト運営をするにあたって便利な機能です。

以下が料金システムになります。

ドメインパワーチェックMoz有料版料金表

「自分が気にいるのかわからないのに最初からこんな金額払いたくない。」
そんな方のために、なんとお試しで1ヶ月間は無料で使用できます。

ahrefs

次に紹介するahrefsは弊社でも利用しているドメインパワーチェックツールです。
有料版ツールの中でかなり人気なのがこのツールです。

以下で実際にどのようにして確認するのかを紹介していきます。

1.まず、ahrefsにアクセスをし、有料アカウントを登録します。

ドメインパワー測定ahrefs登録

2.登録したアカウント情報を入力し、「Sign in」をクリックしてログインします。

ドメインパワー測定ahrefs

3.ログイン後に表示されるダッシュボードで、サイトのURLやドメインを入力し、虫眼鏡ボタンを押して検索をかけます。
※サイトエクスプローラーからでもチェックすることが可能です。

ドメインパワー測定ahrefs検索

4.結果は以下のように表示されます。

ドメインパワー測定ahrefs結果画面

「DR」に数値が表示され、以下のように簡単にDR(Domain Rating)のスコアでドメインパワーを確認することができます。
※URはURL Ratingで各ページの評価を確認することができます。

ahrefsのDRの指標はMozと同様に「1~100」の数値範囲でWebページを評価します。
100が最高評価で、1が最低評価でとなります。
数値の目安は、Mozなどと同様のイメージです。

また、ahrefsは最近の画期的なアップデートにより、オールインワンSEOツールとして生まれ変わっています。

以下でahrefsの他の機能を紹介します。

  • 被リンク
  • Referring domains
  • オーガニックキーワード
  • オーガニックトラフィック
  • 有料キーワード
  • サイト構造
  • フレッシュインデックス
  • ライブインデックス
  • コンテンツ比較
  • アンカーテキスト
  • CSVでエクスポート
  • サーチボリューム
  • アラート機能

上記に挙げたもの以外にも多くの機能が存在していて、ahrefsを使っていればSEOツールは他にはいらないでしょう。

ahrefsは4つの料金プランが存在していて、上位プランになるほど利用可能なユーザー数や調査可能項目・データ量が増えます。

以下が料金プランです。

ドメインパワーチェックahrefs料金表

Majestic

Majesticは、Mozやahrefsなどに並び、有名なSEO対策ツールで、被リンク解析に特に長けたツールです。
英国のMajestic社が開発したツールですが、利用に必要な多くの部分は日本語対応しているので、使いやすいツールです。

ドメインレベルを知るには、Majesticが独自に搭載しているトラストフローとサイテーションフローを併用することによって知ることが出来ます。

また、このツールもドメインパワーチェック以外にも多くの指標を知ることが出来ます。

以下でMajesticを用いて知ることが出来る指標を具体的に紹介します。

  • 競合Webサイトとの比較分析
  • 被リンクチェック
  • 一括被リンク解析
  • 被リンクトラッキング
  • リンクプロフィール
  • ドメイン比較
  • Chromeアドオン
  • アンカーテキスト
  • 中古ドメイン選定

上に挙げた以外の機能は次の料金体制の部分を見れば、それぞれのプランごとの機能がわかります。

以下が料金体制です。

ドメインパワー測定Majestic料金体制

1番人気なのは真ん中のPROです。見たら分かるように多くの機能が付いていて、しかも日本語も対応しているので、かなり使いやすく便利なツールになっています。

 

有料版であげた3つのツールはどれも人気のツールで、どれも機能が非常に充実しています。
どれを使っても十分にドメインパワーをチェックすることはもちろんのこと、進んだSEO対策もできると言えるでしょう。

この記事を見て自分に合うお気に入りのツールを是非見つけてみてください

ドメインパワーとは?

「そもそもドメインパワーって何?」そう思う人もいるでしょう。

ドメインパワーは、簡潔に言うと、「サイトの信頼性」のことを言います。

このドメインパワーが高いということはGoogleがそのサイトを信頼に値すると評価しているということです。

このことからも分かるように、ドメインパワーが高いと多くのメリットがあります。

簡単にではなく、詳しくドメインパワーを知りたいという方は、ドメインパワーとは?高めるための方法やSEO対策の注意点をご覧ください。

ドメインパワーが強いメリット

Googleの評価に直結する要素であるドメインパワーが高いことによるメリットを紹介して行きます。

検索上位に表示されやすくなる

先述の通り、ドメインパワーが高いということは、Googleがそのサイトを信頼に値すると評価しているということです。

そして、Googleが検索の上位に信頼していないサイトを表示させるわけがなく、上位には信頼しているサイトを表示させます。

つまり、ドメインパワーが強いと、検索上位に表示されやすくなっていくのです。

Googleなどの検索エンジンにインデックスされやすくなる

世界中のインターネットの中では「クローラー」と呼ばれるGoogleの検索ロボットが巡回しており、最適に検索結果を表示するためにサイトや記事を内容をもとにインデックス(登録)していきます。

頻繁にクローラーに巡回されることによって記事やサイトの内容を正しく判断してもらうことが出来、検索した時にきちんと正しく表示されるようになります。
そして、検索流入などの結果にも現れます。

しかし、クローラーは平等にサイトを巡っているわけではなく、検索で上位にくるユーザーが見る確率の高いサイトを優先して巡回する傾向にあります。

なので、ドメインパワーが強いことによって検索エンジンにインデックスされやすくなるため、例えば記事を早く載せることが重要なトレンドの記事の場合などに大きなメリットとなります。

狙っていないキーワードでも強くなる

先程説明した通り、サイトのドメインパワーが強いと検索の検索上位に表示されやすくなります。

それは、狙っているキーワードでも狙っていないキーワードでも同様に検索で強くなります。

なので、ドメインパワーが大きくなれば狙っていないキーワードでも検索で強くなります。

結果として検索流入が増える

先述の通り、ドメインパワーが強いと狙ったキーワードでも狙っていないキーワードでも検索順位が上がります。

検索順位が上がれば自然とサイトや記事を訪問する人の数が増え、検索流入につながることは容易に想像がつきます。

そして、検索流入が増えればさらにドメインの強さも大きくなり、検索流入もさらに増えていくというサイクルが出来上がります。

まとめ:ドメインパワーの計測方法は?無料チェックツールも紹介

検索上位に表示され、検索流入を増やすために必要となる要素の1つであるドメインパワーを計測するツールは数多く存在しています。

無料版にも機能が充実しているものも多く、「新しいツールと昔からあるツール」、「会員登録が必要なものと必要がないもの」、「ドメインパワー計測に特化したツールと他の機能もあるツール」、「Mozを経由するツールと経由しないツール」など、それぞれの特徴があります。
試しに使う分には無料なので、試しながら自分に合ったお気に入りのツールを探してみても良いかもしれません。

有料版は、Moz、ahrefsとMajesticがあり、どれも人気が高いツールとなっています。
どれも多くの機能を備えており、被るところも違うところもあるので詳細をこの記事や公式サイトで確認しながら自分に合うツールを探してみてください。
期間限定で試しに使えるキャンペーンを行なっているツールもあるので、それを利用してみるのも良いでしょう。