SEO内部対策

ドメインパワーとは?高めるための方法やSEO対策における注意点

ドメインパワーとは?高めるための方法やSEO対策の注意点

「ドメインパワーとは何?」「ドメインパワーを高めるにはどうしたらいいの?」
このように疑問に思っている方も多いと思います。

ドメインパワーはGoogle検索で上位に表示されるために意識すべき指標の1つです。

しかし、そのドメインパワーの概要や、ドメインパワーを高めるコツを理解できているようで理解できていない人が多いのが現状です。

そこで今回は、数々のメディアを運営し、検索結果の上位に表示させてきた筆者が以下のことを解説します。

  • ドメインパワーとは
  • ドメインパワーとSEOの関係
  • ドメインパワーを高める方法と注意点

このページをご覧いただければ、ドメインパワーについて理解でき、さらに、ドメインパワーを意識したSEO対策をすることで自身のサイトやブログを有名にしていくことができるでしょう。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは?

まずは、「ドメインパワーってそもそも何?」という基礎的な疑問から解消していきたいと思います。

ドメインパワーとは、簡潔にいうと、「サイトの信頼性」のことを言います。

自分のサイトが他のサイトから参照や引用をされる時に被リンクを受けることが多いですが、その被リンクの数が増えていくことでGoogleが自分のサイトを信頼できるサイトだと評価していきます。

したがって、被リンクを受けるのに伴ってドメインパワーも上がっていくのです。

つまり、ドメインパワーが高いということは、Googleがそのサイトやブログを信頼に値すると評価しているということになり、それによってGoogle検索の結果表示において有利になります。

ここまででドメインパワーがSEO上大切であることを理解できた方もいると思いますが、以下でさらに詳しくドメインパワーが強いことのメリットを紹介していきます。

ドメインパワーが強いメリット

Googleの評価に直結する大切な要素であるドメインパワーが強いことのメリットを紹介していきます。

検索上位に表示されやすくなる

先ほども述べましたが、ドメインパワーが強いということは、Googleがそのサイトやブログを信頼に値すると評価しているということを意味します。

そして、Googleが検索結果の上位にどのような記事を載せるのか決める時、信頼していないサイトではなく信頼しているサイトやブログを選ぶのは言うまでもありません。

ですから、ドメインパワーが強いことで、検索結果の上位に表示されやすくなるのです。

Googleなどの検索エンジンにインデックスされやすくなる

世界中のインターネットの中では「クローラー」と呼ばれるGoogleの検索ロボットが巡回しており、最適に検索結果を表示するためにサイトや記事を内容をもとにインデックス(登録)していきます。

サイトやブログは、頻繁にクローラーに巡回されることによってGoogleに内容を正しく判断してもらうことが出来、記事な内容と合った検索ワードの検索結果にきちんと表示されるようになります。
そして、結果として検索流入が増えていきます。

しかし、クローラーは平等にサイトを巡っているわけではなく、検索で上位に表示される、ユーザーが見る確率の高いサイトを優先して巡回する傾向にあります。

そのため、ドメインパワーが強く検索結果の上位に表示されやすくなっているサイトの新しい記事は、インデックスされやすくなります。

狙っていないキーワードでも強くなる

先述の通り、サイトのドメインパワーが強いと検索結果の上位に表示されやすくなります。

また、狙っているキーワードでも狙っていないキーワードでも同様に検索で強くなり、サイトへの検索流入が増加し、PVが増えたり収益が増えるといった効果もあるのです。

ドメインパワーとSEOの関係

ドメインパワーとSEOの関係は?

ドメインパワーのメリットの解説を読んでドメインパワーを強くすることは強力なSEO対策になるということを理解できた方も多いと思います。

繰り返しにはなりますが、以下がドメインパワーが高いことでSEOでも強くなれる理由になります。

  • 検索結果の上位に表示されやすくなる
  • Google検索エンジンにインデックスされやすくなる
  • 狙っていないキーワードでも強くなれる
  • 検索流入が増える

もちろん、Google検索エンジンのアルゴリズムは非常に複雑で、ドメインパワーを上げるだけでSEO対策が完璧になるわけではありません。

しかし、SEO対策のためにドメインパワーを高めることは、非常に有効な手段と言えます。

ドメインパワーをチェックする方法

ドメインパワーをチェックする方法は?

「ドメインパワーがSEO上重要な指標だということはわかったけど、どうやって確認すればいいの?」
ここでは、この疑問を解決していきます。

実は、ドメインパワーをチェックするためのツールには多くの種類があり、それぞれに独自の特徴があります。

具体的には、それぞれ以下のような違いがあります。

  • 無料か有料か
  • 会員登録が必要か不要か
  • ドメインパワーチェック以外の機能があるかないか
  • 複数のサイトのドメインパワーの一括検索・比較が可能か不可能か

ドメインパワーチェックツールの種類は多くあること、それらのツールにはそれぞれ独自の特徴があることを踏まえた上で、自分に合ったツールを使ってSEO対策をしていくことが重要になります。

詳しくは、「ドメインパワーのチェック方法」をご覧ください。
チェックツールの特徴から使い方まで、徹底的に紹介しています。

ドメインパワーを高める方法

ドメインパワーはどうやって高めるの?

「ドメインパワーの重要性はわかったけど、どうやって強くするの?」
このようにドメインパワーを高める方法を知りたい人のために、どうやったらドメインパワーが強くなるのかを以下で紹介します。

1つずつ確認してみてください。

被リンクを獲得する

被リンク数は、ドメインパワーを高めるためにもSEOのためにも重要です。

他のサイトからリンクを獲得するということは、自分のサイトが良いサイトだと思われているということを意味します。

また、関連するサイトから受け取る被リンクによってドメインの評価が偏り、専門性も高まるためその分野で強力になっていきます。

それによってGoogleからの評価、ドメインパワーが高まるため、検索順位も上がっていきます。

ただし、被リンクの数をやみくもに増やすことが良いわけではなく、リンク元のドメインパワーやジャンルも大切になってきます。

具体的には、リンク元が信憑性の低いサイトであったらあまり意味がなく、また、サイト内容が全く異なるサイトであっても意味がないということです。

同じ、あるいは似たようなジャンルの、かつ信頼性が高いサイトからリンクを受け取ることが大切になってきます。

ではどうすれば被リンクを獲得できるのか、以下で被リンクを受け取るための施策を2つ紹介します。

相互リンク

被リンクとは、2つの異なるサイトが相互にリンクし合うことを意味します。

相互リンクをすることによってお互いに被リンクを獲得することができます。

関連性の強いサイト同士で被リンクを渡し合うことで良質な被リンクを獲得でき、ドメインパワーを強める効果を期待できるのです。

しかし、かつて「被リンク募集サイト」や「自動相互リンクサイト」という悪質な相互リンクが現れ、Google側も手動対策を始めるなどと、規制も強くなっています。

悪質な被リンクを用いると、アカウント削除などGoogleからペナルティを受ける可能性もあります。

また、よくあるミスとしては、関連性の無いサイトばかりから被リンクを集めてしまうことです。関連性の無いサイトからの被リンクを多く受けてしまうと、Googleがどういったジャンルで評価すべきサイトなのか、わからなくなってしまいます。

ですから、相互リンクを用いて被リンク数をあげたい場合には、「過剰なリンク交換」や「関連性の無いサイトとの相互リンク」は避けるようにしましょう。

mybest方式

mybest方式とは、2017年後半からじわじわ話題になったサイト、「mybest」の被リンク獲得の方法を手本にした、被リンク施策です。

そもそもmybestとは、専門家やプロで構成されたクリエイターによる商品の紹介記事が大量に載っているサイトです。

例えば、「イヤホン オススメ」や「結婚内祝い」などの記事で大量に商品を紹介してそのキーワードで上位を取り、購買を促しています。

そして、このmybestでは特徴的な方法で被リンクを獲得をしています。

それは、「紹介した商品の記事に対して、その商品の公式サイトが広報も兼ねてリンクをするように促す」という施策です。

つまり、「比較サイトmybestで弊社の商品が紹介されました!」などと公式サイトで紹介してもらうということです。

この施策、非常によく出来ています。mybestは被リンクをもらえ、公式は広報を兼ねて商品を宣伝できるという双方に利益があるため、了承されやすいのです。

このようにして、mybestは公式側とwin-winな関係を築くことで良質な被リンクを獲得して、ドメインパワーを高めてきたのです。

まとめると、「mybest方式」とは、例えば商品紹介の記事を書いて、その商品の公式サイトに広報も兼ねてリンクをしてもらい、良質な公式からの被リンクを獲得するという戦略です。

ただし、読んでも購買意欲が上がらないような質が悪い記事ばかりを出していても公式としては魅力的に感じないため、被リンクをもらえる可能性が低いことは注意しておかなければなりません。

また、筆者の経験上、企業の広報担当はトップページやサイト全体の雰囲気、知名度などを考慮してリンクを了承するか決めています。そのため、mybest方式で被リンクをもらおうと思った場合、サイトのデザインを整えたり、TOPページをポータルサイトのようにするなどは最低限しておいた方が良いでしょう。

また、モラル的な問題としてその分野にある程度精通したライターが執筆して、広報として十分な質の記事に仕上げる必要があると言えます。

サイトやブログの運営歴を長くする

サイトの運営歴が長いほど、ドメインパワーが高くなる傾向があります。

ただし、サイトをただずっと持っていればいいというわけではなく、定期的な更新をされながら長く運用されてきたサイトのドメインパワーが強くなります。

また、サイトの運営歴が長くなっていくと被リンクの数もその分蓄積されていって増えていくので、その分ドメインの評価は高くなっていきます。

決まったジャンルに特化させドメインの評価を偏らせる

次に、記事のジャンルを絞ってそのジャンルに特化し、ドメインの評価を偏らせる方法です。

多くのこと幅広く扱うサイトよりも何かのジャンルに特化した記事の方が、Googleがサイトの主旨を認識しやすくなり、専門性も高まるため、SEO的に有利に働くというわけです。

特に最近、Googleは専門性の高いサイト・ブログを検索結果の上位に優先的に表示する傾向にあります。

例えば、このWebサイトではWebやSEOに関する記事をたくさん出していますが、ここでいきなり他ジャンルからの流入を増やそうと恋愛の記事を出しても、順位はつきにくいのです。
一方で、WebやSEO関連の記事に特化している分、WebやSEO関連の検索には強くなっています。

シェアされる質のいい記事を書く

記事がシェアされやすいということもドメインパワーを高めるために有効です。

記事がシェアされるということは単純に被リンク数も増えることになりますし、記事を見る人も増えるため、それに伴ってさらにシェアされて広がっていく可能性も高まっていきます。

経験上、シェアされるような質のいい記事は、Googleの評価が高いため、上位表示にも繋がる可能性が高いです。

記事を定期的に出して記事数を増やす

「記事を定期的に上げること」と「記事数を増やすこと」も重要です。

サイト設立の年数が長くても定期的に更新されていないと、それぞれのページがGoogleのアルゴリズムの変化についていけていない可能性が高くなるため、アクセスが少なくなります。

いくら質が高い記事を出していても、定期的な更新がなく、記事数も少ない場合ではサイト全体として上位表示できるキーワード自体が少なくなります。そのため、アクセスも増加しにくいのです。

一方、質の高い記事が多ければ、単純に被リンクの総数も増えますし、ユーザーからのアクセスも増えます。

ユーザーからのアクセスが増えることで、相互リンクやmybest方式による被リンク獲得の施策も施しやすくなります。それに加えて、ユーザーからの自発的な被リンクも自然と増えていくため、ドメインパワーも上昇しやすくなります。

以上から、サイトの更新頻度を高くし、多くの記事をあげることも重要であると言えます。

ドメインパワーを高める際に気をつけること

ドメインパワーを高める際には注意!

ドメインパワーを高めようとするあまり、焦ってペナルティを受けてしまうことには気をつけなくてはいけません。

具体的には、以下のようなミスには気をつけましょう。

  • 運営歴が長い中古のドメインを購入して利用する
  • 被リンクを掲示板サイトなどから集める
  • 質が低いコンテンツを闇雲に更新しまくる

中古ドメインは最初から被リンクもあるし、ドメインパワーも高いので魅力的に感じるかもしれませんが、注意が必要です。
しっかりと選定をしないと、すでにペナルティを受けているドメインを買ってしまう可能性があります。

また、被リンクを掲示板から集めてくるのも良くありません。
焦らず着実に地盤を固めて、質の良い被リンクを受け取るようにしましょう。

記事数と更新頻度だけを意識して「コピペ記事」や「自動生成された記事」などの低質なコンテンツをひたすら更新することも危険です。

低質なコンテンツはインデックスされないことがありますし、低質すぎるとそれだけでペナルティを受ける可能性があるので注意しましょう。

まとめ:ドメインパワーとは?

まとめ:ドメインパワーとSEOの関係は?

ドメインパワーはサイトやブログの信頼性を表すもので、検索結果で上位表示されるために意識すべき指標の1つです。

ドメインパワーを高めることが検索上位表示されるための万全な施策にはなりませんが、SEOに大きな影響力を持っており、ドメインパワーを意識したSEO対策は有効な手段と言えます。

ですから、自分に合ったドメインパワーチェックツールを利用し、他の指標とのバランスを取りながら自サイトの記事を見直したり投稿したりしつつサイトを運営していくことが大切です。

ブログの書き方!初心者でも迷わず記事を書くコツを紹介!

ブログの書き方!迷わず記事を書くコツは?

ブログを始めてはみたものの、なんだかうまく書けないというのは、ブログを始めれば誰もが通る道です。
「ブログの書き方を知りたい!」「ブログのアクセスが増加する書き方って?」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

実は、難しいと思われがちなブログの書き方でも、根本の部分はシンプルなのです。
このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWEBナビの編集部が、ブログの書き方について以下のことを解説します。

  • ブログの書き方の前に最低限知っておきたいこと
  • ブログの書き方のコツ!基礎テクニックを紹介!
  • ブログの書き方を理解したらとにかく一本書ききる

このページを読めば、ブログの書き方について理解が深まり、迷わずにブログが書けるようになります。

ブログの書き方の前に最低限知っておきたいこと

ブログの書き方の前に知っておこう!

ブログの書き方を説明する前に、ブログを書く上で最低限知っておくべきことをお伝えします。
ブログを書く目的をはっきりさせて置かないと、せっかくのブログの書き方も、ただの知識で終わってしまうからです。

ブログの書き方は、あくまで目的を成し遂げるためのツールなので、まずはブログを書く上で基本的な前提知識を知っておきましょう。

ブログ100記事書け!は本当に正しい?

ブログを始める上で、人気のブロガーさんが「とりあえず100記事書け!」「100記事がスタートラインだ」とよく言っています。
確かに、ブログを100記事書くというのは1つの目安としてはいいかもしれませんが、100記事書くだけでは、やはりブログは上達しません。

大切なのは、ブログの書き方を学んだ上で、100記事書くということです。

「ブログを100記事書け!」ということと同時に、「考えながら書け」「毎回見直して改善しろ」というのもよく言われます。
ただ、ブログを始めたばかりの初心者からすれば、「考えて書け」と言われても、何をどう考えればいいのか分からない、というのが本音ではないでしょうか?

ブログについて何も分からない初心者であれば、闇雲に記事を書き続けるのは不安だと思いますし、ちゃんと上達しているのか確かめる術がありません。
地図を持たずに森の中を突き進めば、道に迷ってしまい、森の中で自分がどこにいるのか分からなくなってしまいますよね。

まずは、しっかり努力を積み上げられるように、ブログの書き方を学び、ある程度の見当を付けて、ブログを書く練習をしていきましょう。

また、ブログを100記事ひたすら書き続けるよりも、最初にブログの書き方を頭に入れておいた方が、上達が早いです。

もちろん、ひたすらブログを書き続ければ、どこかで正しい書き方に気付くとは思いますが、このやり方は圧倒的に効率が悪いといえます。
例えば、美味しい卵焼きを作るのも、毎回調味料を加減するより、一度レシピを見て練習した方が美味しく作れるようになるのは早いですよね。

ブログを書くのが上手くなりたいなら、ブログの書き方を学んだ上で気を付けて100記事書いた方が、書き方の基礎は確実に身につきます。

ブログを100記事書くのは、もちろん良いことなので、その前に最低限の知識を頭に入れておき、途中で挫折しないように着々と上達していけるようにしましょう。

ブログで大切なアクセスを増やす方法

ブログが上手くいかないというブログ初心者で、「ブログへのアクセスが思うように増えない」という悩みを持っている方は、多いのではないでしょうか?

たくさんの人に自分のブログを読んでほしいというのは、ブログを書いている人であれば、誰もが持っている共通の目的です。
ブログへのアクセスを増やすことで、自分の思いを多くの人に伝えることができますし、Googleアドセンスやアフィリエイトの収益にも繋がります。

ブログ運営に欠かせないアクセスを増やすのには、主に以下の手段があります。

  • 検索流入を増やす
  • SNSで拡散する
  • 広告で集客する

もちろん、どの方法もアクセスを増やすのには有効ですが、最も基本的で効果があるのは、検索流入を増やすことです。
世の中のほとんどのブログのアクセスは、検索流入の割合が最も大きく、ブログ全体のアクセスの7~9割を占めています。

また、ブログのアクセス増加を狙うのであれば、検索からの流入を増やすことが、最も効果的な方法だといえます。
検索からの流入を増やすということは、つまり、検索結果で上位表示を取るということと同義です。

アクセスを集めるために、SNSでの拡散を狙う場合、拡散されるかどうかは不確定な要素が多く、確実にアクセスを増やすことができるとはいえないでしょう。
一方、検索結果で上位表示を獲得し、アクセスを集めることは、ある程度確立された方法があります。

また、一度上位表示を取ってしまえば、一定期間はアクセスを安定して集めることができるので、記事を増やすことでブログへのアクセスを積み重ねることが可能です。

では、どうやったら、ブログの記事を検索で上位表示することができるのでしょうか?

ブログ記事を検索で上位表示する方法は、Googleが明言しており、「ユーザーにとって利便性の高いコンテンツを提供すること」です。
また、ユーザーにとって利便性の高いWEBページは、Googleの検索エンジンにとって評価しやすいページでもあります。

ブログの書き方を工夫し、ユーザーが読みやすい記事を作ることが、遠回りなように見えて、結果的に多くのアクセスを集めることに繋がるのです。

ブログの書き方のコツ!基礎テクニックを紹介!

ブログの書き方のコツは?

ここでは、ブログを書く上で知っておきたい、基礎的なブログの書き方を紹介していきます。
基礎的とはいえ、ここで紹介するテクニックが、最も根本的で、本質的なブログの書き方になります。

これらの基礎を守れていないと、ブログでアクセスを集めることは、非常に難しいです。
ここで紹介するブログの書き方をしっかり身に付けて、あなたのブログに活かしてください。

テンプレートに沿って執筆する

ブログ記事を書こうとするけど、全く筆が進まない……という方も多いのではないでしょうか?
そういった方は、ブログ記事のテンプレートに沿って書くことで、全く文字が書けないという状態を防ぐことができます。

ブログ記事のテンプレートは、以下の3パートで構成されています。

①導入部分
②本文
・見出し1
・見出し2
・見出し3
③まとめ部分
・見出しまとめ

導入部分

導入部分は、ページに訪れたユーザーが最初に読む部分になるので、とても重要です。
ここでユーザーの気持ちを掴めないと、ユーザーはページから離脱してしまい、先を読み進めることはありません。

導入部分でユーザーの気持ちをがっちり掴むには、ユーザーに「役に立ちそうな記事だ!」と思ってもらうことが大切です。
そのためには、以下の情報を含めるように、導入部分を書きます。

・ユーザーが共感できる文
・ユーザーの興味を引く内容
・記事のメインの内容
・記事を読むメリット

①ユーザーが共感できる文
ユーザーが共感できる文を入れることで、ユーザーに今抱えている悩みを、今一度思い起こさせます。
そうすることで、ユーザーはその悩みを解決したいという気持ちになり、先を読み進めてくれるのです。

例)
ブログを始めてはみたものの、なんだかうまく書けないというのは、ブログを始めれば誰もが通る道です。
「ブログの書き方を知りたい!」、「ブログのアクセスが増加する書き方って?」と疑問を持っている方も、多いのではないでしょうか?

ユーザーの悩みを的確に捉えられれば、ユーザーは自分のための記事だと感じて、記事を閉じることはないでしょう。
導入の導入部分では、ユーザーの悩みをダイレクトに指摘することが大切です。

②ユーザーの興味を引く内容
ユーザーの興味を引く内容を入れることで、ユーザーの気持ちをさらにがっちりと掴むことができます。
ここでユーザーの疑問を掻き立てておくと、その答えを知らずにはいられなくなり、記事からの離脱を防ぐことができます。

例)
実は、難しいと思われがちなブログの書き方でも、根本の部分はシンプルなのです。

この1文は、ユーザーの「本当に難しくないの?」「シンプルってどういうこと?」という興味を引く内容になっています。
あなたが記事を書く際にリサーチして意外だったことや、多くの人が勘違いしていそうなことを書きましょう。

③記事のメインの内容
記事の全体像を示すことは、ユーザーが記事を読み進めるかどうかを決める上で、非常に大切な要素です。
ここで、ユーザーの求めている情報が書いてありそうだと示すことができれば、ユーザーは間違いなく読み進めてくれます。

例)
このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWEBナビの編集部が、ブログの書き方について以下のことを解説します。
・ブログの書き方の前に最低限知っておきたいこと
・ブログの書き方のコツ!基礎テクニックを紹介!
・ブログの書き方を理解したらとにかく一本書ききる

また、記事の全体像を頭に入れた上で本文に入ることによって、ユーザーは内容をより理解しやすくなります。
結果的にユーザーの利便性を高めることになるので、検索上位を狙う上でも大切な要素だといえるでしょう。

④記事を読むメリット
記事を読むメリットを示すことで、ユーザーを本文に、自然に誘導することができます。
ユーザーの悩みを喚起→ユーザーの悩みを解決の流れを踏むことで、ユーザーはこの記事に読む価値を見出すのです。

例)
このページを読めば、ブログの書き方について理解が深まり、迷わずにブログが書けるようになります。

初心者がこのパートでやってしまいがちなのは、結論を先延ばしにすることで、先を読ませようとすることですが、やめた方が無難です。
ユーザーの利便性を考えて、読む価値がある記事なのかどうか、しっかり明確に示してあげましょう。

本文

本文は、「見出し+記事で伝えたい内容」の繰り返しで構成されるのが一般的です。
伝えたいことごとに見出しを作ってまとめると、ユーザーがパッと見て本文の内容を理解しやすくなります。

例)
見出し①ブログの書き方の前に最低限知っておきたいこと
伝えたい内容
見出し②ブログの書き方のコツ!基礎テクニックを紹介!
伝えたい内容
見出し③ブログの書き方を理解したらとにかく一本書ききる
伝えたい内容

このように内容ごとに見出しにまとめることで、この記事で伝えたいことが一目でわかり、ユーザーが読みやすくなります。

また、見出しの中の本文は、結論→理由→具体例→結論で構成しましょう。
これは、PREPという話を論理的に伝えるための構成で、ユーザーに納得感を持って内容を理解してもらうことができます。

例)
(結論)
記事を読むメリットを示すことで、ユーザーを本文に、自然に誘導することができます。
(理由)
ユーザーの悩みを喚起→ユーザーの悩みを解決の流れを踏むことで、ユーザーはこの記事に読む価値を見出すのです。
(具体例)
このページを読めば、ブログの書き方について理解が深まり、迷わずにブログが書けるようになります。

(結論)
初心者がこのパートでやってしまいがちなのは、結論を先延ばしにすることで、先を読ませようとすることですが、やめた方が無難です。

ユーザーの疑問を解決し有益な記事だと感じてもらうために、結論の理由と、その理由を支える具体例をユーザーに提供してあげましょう。

まとめ部分

まとめ部分の主な役割は、ユーザーに本文の内容を思い出してもらうことと、ユーザーを次の行動に導くことです。
ブログを書く目的は人それぞれですが、多くの方はブログを通して、収益を得たいと思っていると思います。

収益を発生させたいのであれば、あなたの記事が有益であることを再確認してもらい、商品購入したり、別の記事を読んだりという次の行動に繋げなければなりません。

まとめ部分に記載する内容は、以下の通りです。

  • 記事の内容を箇条書きで端的にまとめる
  • ユーザーの悩みが解決できることを伝え行動に繋げる

①記事の内容を箇条書きで端的にまとめる
まずは、ユーザーに記事が有益であることを再確認してもらうために、記事の内容を箇条書きで端的にまとめます。
なぜなら、箇条書きで記事の要点を示すことで、ユーザーがそれぞれの内容を喚起しやすくなるからです。

例)
このページの要点は以下になります。

  • ブログを書くのを上達させるには、ひたすら書き続けるのではなく、ブログの書き方を学んだ上で数を重ねるのが効果的
  • ブログの書き方テンプレートを使うと、書き方に迷わず書けるようになる
  • 穴場のキーワードを狙って記事を書き、記事内に適切にキーワードを含めることで、アクセス増加が見込める
  • ユーザーの利便性を考えて記事を書くことが、結果的に記事の質を高めることに繋がる
  • ユーザー目線に立って、記事のレイアウトや、文章の読みやすさに気を配ることで、ユーザーの離脱を防ぐことができる

この箇条書きで、要点を確認したときにユーザーが「これってどういう内容だっけ?」と思えば、再度記事を見返すので、ユーザーが利便性を感じやすくなります。
まとめ部分では、記事の要点を端的にまとめて、箇条書きでユーザーに記事の内容の再確認を促しましょう。

②ユーザーの悩みが解決できることを伝え行動に繋げる
ユーザーの悩みが、その記事の内容で解決できることを伝えることで、ユーザーを次の行動に誘導します。
具体的には、別の記事を読んでもらう、商品を購入してもらうなどの行動です。

例)
この記事の内容を実践した後は、次の記事を読むと、さらに理解が深まります。
→記事のURLを設置

もし、ユーザーが、あなたの記事を読んで「役に立った」「読みやすい」と思えば、次の記事も読んでみたくなるはずです。
もちろん、ユーザーを次の行動に促すためには、記事そのものの質が高いことが前提なので、まとめの書き方を覚えると同時に、記事の利便性も高めていきましょう。

キーワード選定を適切に行う

あなたは、ブログ記事を書くときに、あなたの好きなことについて、好きなように書いていたりしませんか?

もちろんそれも全否定はしませんが、その書き方で、確実にアクセス増加を狙うことは、非常に難しいです。
なぜなら、アクセス増加を狙うのであれば、記事を検索結果に上位表示させる必要があるからです。

例えば、誰も検索しないようなキーワードを使って記事を書くと、もちろん検索する人がいないのでアクセスは集まりません。
逆に、誰もが知っているキーワードで記事を書いく場合は、他の人も同じように記事を書いているので、しっかり戦略を立てて上位表示を狙っていかなければなりません。

初心者の方におすすめなのは、ある程度検索する人が多くいて、かつ、あまり記事を書く人がいない、穴場のキーワードを狙うことです。
穴場のキーワードを使って記事を書くことで、効率よく上位表示を狙い、アクセスを集めることができます。

例えば、Googleキーワードプランナーを使うと、以下のような検索ボリュームがそれなりに大きく、競合の少ないキーワードが見つけられます。

例)「ブログ」
(キーワード)ブログ 作り方 本 (検索ボリューム)10~100 (競合性)高
(キーワード)ブログ 無料 (検索ボリューム)1000~1万 (競合性)低

キーワード選定にはいろいろやり方がありますが、初心者の方はこの一番簡単なやり方がおすすめです。
思いつくままにブログを書くのではなく、検索ボリュームと競合性を考慮してキーワードを選んで、しっかり増加に繋げましょう。

記事にキーワードを含める

上で説明したようなキーワードを選び、そのキーワードを記事に含めることで、検索で上位表示を狙うことができます。
ここでは、記事内へのキーワードの含め方を、「タイトル」「見出し」「本文」に分けて、詳しく解説します。

タイトルにキーワードを含める

タイトルは、ユーザーや検索エンジンが、その記事の内容を判断するための、一番最初の材料です。
そこにキーワードが含まれていなければ、ユーザーや検索エンジンが、キーワードに関係ある記事と認識しにくくなります。

例)「ブログ 書き方」
OK→ブログの書き方!初心者でも迷わず記事を書くコツを紹介!
NG→ブログはどう書いたらいいのか紹介!

そのため、SEO的に「ブログ 書き方」という狙ったキーワードを入れた方が、そのキーワードで検索順位が上がりやすいのです。

また、ユーザーはタイトルの最初の2、3語をパッとみながらどの記事を読むか決めるので、ユーザーが検索してきたキーワードを最初の方に入れることは重要です。

ユーザーは、自分に関連性のある記事だと感じてくれて、クリックされやすくなるので、結果的に上位表示を狙うにも良い影響があります。

見出しにキーワードを含める

ブログ記事の内容を端的に表している、見出しにもキーワードを含めましょう。
特に、大見出し(h2タグといいます)には、なるべくキーワードを含めるようにしてください。

例)「ブログ 書き方」

  • ブログの書き方の前に最低限知っておきたいこと
  • ブログの書き方のコツ!基礎テクニックを紹介!
  • ブログの書き方を理解したらとにかく一本書ききる

ただし、中見出し(h3タグといいます)には、不自然になるようなら、無理にキーワードを含める必要はありません。

中見出しにも全てキーワードを含めてしまうと、ユーザーが不自然に感じ、信頼を失ってしまう可能性があるからです。
また、スパムに近い書き方であるため、Googleの評価が低くなる可能性もあり、検索順位が落ちる傾向にあります。

本文内にキーワードを含める

本文内にもキーワードを含めることが重要ですが、こちらはキーワードの数や位置を、特に気にする必要はありません。
なぜなら、キーワードについての記事を書いているのであれば、自然に一定数キーワードが記事内に含まれるはずだからです。

無理にキーワードを多く含めると、スパム記事扱いされて検索順位が落ちることすらあるので、逆効果です。

見直しの段階で、キーワードが多すぎて不自然な文章になっていないか、キーワードを入れるべきところで抜けていないかを確認する程度でいいでしょう。

読者を想定して書く

ブログ記事を書くときは、具体的な読者を想定して、その人に語りかけるつもりで書くと、効果的です。
なぜなら、不特定の人に向けた記事は、メッセージがぼやけて、結果的に誰にも響かない内容になってしまうからです。

具体的には、年齢や性別、何に興味がある人なのか、どんな悩みを持っている人なのかを明確にして記事を書きましょう。

例えば、この記事は、「ブログを書き始めたばかりで、ブログが上手くいっていないという悩みを抱えている人」に向けて書いています。

これが、「ブログを書いている人」という範囲の広い人たちをターゲットを想定して書くと、記事の内容がブログの書き方では収まりません。
結果として、「ブログ 書き方」で検索して来た人にとっては内容が薄い上に、不要な情報の多い、利便性の低い記事となってしまいます。

キーワードを設定したら、そのキーワードで調べて来る人は、どんな人たちなのか、具体的に想定して記事を書き始めましょう。

もし、上手く想像できないという場合は、過去の自分や、身近な友人を思い浮かべて書くのがターゲットを絞るコツです。
あなたが、友人や過去の自分から相談されたらどう答えるのかを考え、その人に語りかけるように記事を書きましょう。

記事の内容に一貫性を持たせる

上の「読者を想定して書く」とも関連しますが、記事の内容に一貫性を持たせることが大事です。
1つの記事に、キーワードに関する内容だけでなく、様々な情報が入っていると、ユーザーも検索エンジンも、その記事が何について書いてあるのか分かりにくくなってしまいます。

例えば「ブログ 書き方」で検索してくる人は、ブログの書き方が知りたいのであって、ブログの作り方に関する情報は求めていません。

「ブログ 書き方」という検索キーワードを狙って記事を書くのであれば、ブログの書き方についての情報に特化し、他の情報は削りましょう。

アクセスを集める上で大切なのは、ユーザーにとって利便性の高いコンテンツを提供することです。
対象のキーワードで検索してきたユーザーが満足してくれるような記事を書くには、テーマを1つに絞り、そのテーマを深掘りした方が利便性が高まります。

寿司を食べに来た客は、美味しい極上の寿司が食べたいのであって、ラーメンやハンバーグが食べたいわけではないのです。

ユーザーの目線に立ってあなたの記事を見直し、本当に欲しい内容が含まれているか、不要な内容はないか考えましょう。

パッと見て分かりやすいレイアウトにする

パッと見て分かりやすいレイアウトにすることで、ユーザーがあなたのブログから離脱する可能性を、下げることができます。
なぜなら、ユーザーはブログにアクセスしたときに、パッと見て読見進めたいかどうかを判断するからです。

もし、同じ内容の書かれている記事で、一方はだらだらと文章が続けて書いてあって、一方はこまめに段落分けされていたら、間違いなく後者の方が読みたいと思いますよね。

以下では、ユーザーが読みやすいと感じる、記事のレイアウトについて説明していきます。

1段落は4行以内に収める

1段落を4行以内に収めるのが、ユーザーが見やすいレイアウトにする1つのコツです。
段落とは、空行を入れるまでの文章のひとまとまりのブロックのことを指します。

もし、開いた記事が空行の全くない文章の連続だったら、記事を開いた瞬間に読む気をなくして、ブラウザバックしてしまうはずです。

悪い例)
あなたは、ブログ記事を書くときに、あなたの好きなことについて、好きなように書いていたりしませんか?
もちろんそれも全否定はしませんが、その書き方で、確実にアクセス増加を狙うことは、非常に難しいです。
なぜなら、アクセス増加を狙うのであれば、記事を検索結果に上位表示させる必要があるからです。
例えば、誰も検索しないようなキーワードを使って記事を書くと、もちろん検索する人がいないのでアクセスは集まりません。
逆に、誰もが知っているキーワードで記事を書いても、皆が同じように記事を書いているので、検索結果で上位表示することは非常に難しいわけです。

一方、4行以内で改行した場合は、パッと見ても分かりやすく、読んでみようかなという気持ちになります。

良い例)
あなたは、ブログ記事を書くときに、あなたの好きなことについて、好きなように書いていたりしませんか?

もちろんそれも全否定はしませんが、その書き方で、確実にアクセス増加を狙うことは、非常に難しいです。
なぜなら、アクセス増加を狙うのであれば、記事を検索結果に上位表示させる必要があるからです。

例えば、誰も検索しないようなキーワードを使って記事を書くと、もちろん検索する人がいないのでアクセスは集まりません。
逆に、誰もが知っているキーワードで記事を書いても、皆が同じように記事を書いているので、検索結果で上位表示することは非常に難しいわけです。

学校の教科書等では、前者のように段落が詰まっていても、その教科書を読むしかないので、それでも問題がありません。

しかし、ブログ記事は、あなたが書いたもの以外にも、ネット上に無限にあるので、無理して読みにくい記事を読む必要はないわけです。
いくら有益な記事であっても、読み難ければすぐにページを閉じ、他の人が書いた記事を探しに行ってしまいます。

ユーザーに「読みたい!」と思わせられるように、1段落は4行以内にすると覚えておきましょう。

漢字を連続させない

漢字を連続させないというのも、ユーザーの負担を減らすためには、大事な工夫です。
漢字が連続していると、硬い印象の文になってしまうので、読み進めるのに疲れてしまいます。

悪い例)
しかし、ブログ記事は、貴方が書いた物以外にも、ネット上に無限にあるので、無理して読み難い記事を読む必要は無い訳です。

このように漢字を多用して書くと、文字が詰まってしまい、目が疲れてきます。
一方、次の例のように、適度にひらがなを使って書くと、やさしい印象を受けるので、読むときの抵抗がかなり軽減されます。

良い例)
しかし、ブログ記事は、あなたが書いたもの以外にも、ネット上に無限にあるので、無理して読みにくい記事を読む必要はないわけです。

難しい漢字は開いて書くようにし、ひらがなやカタカナを適度におり交ぜて、ユーザーにとって負担の少ない文章を心がけましょう。

小見出しを付ける

文がだらだらと続いてしまうときは、小見出しを付けて区切ることで、読みやすさがググっと上がります。
なぜなら、小見出しを付けると、パッと見て、その部分で何について話をしているのかが、分かりやすくなるからです。

例えば、ブログ記事の本文を読む前に、記事全体をざっと見る人なんかは、気になる小見出しがあると、そこで手を止めるかもしれません。

また、内容を細かく分割することで、一つ一つの小見出しの内容をサクサクと読むことができます。
4コマ漫画が読みやすいのと同じで、話が短いと、ユーザーにとってストレスが軽減されるのです。

1つの見出しの内容が長くなってしまいそうなときは、どこかで分割できないか考えてみましょう。

読みやすい文章を心がける

ユーザーが読んでいて、違和感を感じないような読みやすい文章を書くことも大切です。
読んでいて言葉遣いがどこか引っかかったり、リズムが悪かったりすると、ユーザーはストレスを感じてしまいます。

だらだらと1文がずっと続いていたり、同じことが何回も繰り返し書かれていたりすると、ユーザーは途中で読むのをやめてしまうでしょう。

そういったことを防ぐために、ここでは、ユーザーが読んでいてストレスを感じない、読みやすい文章を書くコツを紹介します。

同じ語尾を続けない

同じ語尾を続けて使うと、文章のリズムが悪くなり、読みにくくなってしまいます。

悪い例)
1段落を4行以内に収めるのが、ユーザーが見やすいレイアウトにする1つのコツです。
段落とは、空行を入れるまでの文章のひとまとまりのブロックのことです。
もし、開いた記事が空行の全くない文章の連続だったら、記事を開いた瞬間に読む気をなくして、ブラウザバックしてしまうはずです。

上の例では、語尾に「です」が連続しているため、単調で読みにくく感じるのではないでしょうか。
一方、以下のように少し語尾を変えるだけでも、読みやすさはかなり軽減されます。

良い例)
1段落を4行以内に収めるのが、ユーザーが見やすいレイアウトにする1つのコツです。
段落とは、空行を入れるまでの文章のひとまとまりのブロックのことを指します。
もし、開いた記事が空行の全くない文章の連続だったら、記事を開いた瞬間に読む気をなくして、ブラウザバックしてしまうはずです。

2文目の語尾を「です」から「ます」に変えたことで、「です」の連続が解消され、文章にリズム感が出ました。
このように、絶対というルールではないですが、避けられる場合は同じ語尾の連続は、避けるようにしましょう。

冗長な文章は避ける

冗長な文章を避けることも、ユーザーの読みやすさを考える上では、重要な工夫です。
長くて何が言いたいのか分からない文章は、ユーザーにとってストレスでしかありません。

悪い例)
ユーザーが読んでいて、違和感を感じないような読みやすい文章を書くことも大切で、読んでいて言葉遣いがどこか引っかかったり、リズムが悪かったりすると、ユーザーはストレスを感じてしまうので、だらだらと1文をずっと続けたり、同じことを何回も繰り返し書くのはやめましょう。

このように、結論と理由がぼやけてしまい、結果的に筆者が何を言いたいのか、よくわかりません。
一方で、以下のように修正すると、読みやすさはかなり変わってきます。

良い例)
ユーザーが読んでいて、違和感を感じないような読みやすい文章を書くことも大切です。
読んでいて言葉遣いがどこか引っかかったり、リズムが悪かったりすると、ユーザーはストレスを感じてしまいます。
だらだらと1文をずっと続けたり、同じことを何回も繰り返し書くのはやめましょう。

このように、短文に分けて書くことで、筆者の言いたいことが、スッと頭に入るようになります。
回りくどい言い回しは避けて、なるべく短くテンポの良い文章を書くように心がけましょう。

重複した文章を削る

あなたは、ブログ記事の文字数を増やそうとして、重複した文章を書いてはいませんか?
もし、重複して無駄な文章を書いているのであれば、文字数を減らしてでも削りましょう。

なぜなら、本質的には大事なのは文字数ではなく、コンテンツの情報量だからです。
同じ表現を重ねて、文字数を増やして量増ししたところで、情報量自体は増えません。

また、重複した文章を書くことは、無駄なだけでなく、ユーザーにストレスさえ感じさせてしまいます。

悪い例)
ユーザーが読んでいて、違和感を感じないような読みやすい文章を書くことも大切です。
ユーザーが読んでいて、違和感を感じる文章は、読んでいてどこか引っかかります。
読んでいて言葉遣いがどこか引っかかったり、リズムが悪かったりすると、ユーザーはストレスを感じてしまいます。

上の例は、同じことを繰り返し言っているだけで、情報量の少ない薄っぺらい文章です。
この場合、下のように削って書き直しても、ほとんど同じことをユーザーに伝えることができます。

良い例)
ユーザーが読んでいて、違和感を感じないような読みやすい文章を書くことも大切です。
読んでいて言葉遣いがどこか引っかかったり、リズムが悪かったりすると、ユーザーはストレスを感じてしまいます。

このように文を削っても、情報量が減ることはなく、すっきりした読みやすい文章になります。
情報量が同じなのであれば、ユーザーは絶対に読む量が少ない方を好むので、無駄な言い回しは積極的に削りましょう。

読点を適切に打つ

読点(、)を適切に打つことで、ユーザーが文章を読みやすくなります。
記事を書いている本人は、どこに読点が打たれていても、わりとスラスラと読めてしまうため、注意が必要です。

例えば、以下の例では1文が途切れることなく続いているので、読みにくく感じます。

悪い例)
キーワードを設定したらそのキーワードで調べて来る人はどんな人たちなのか具体的に想定して記事を書き始めましょう。

このように、特にひらがなが連続する部分では、どこに単語の切れ目があるのか判別しにくくなっています。
一方、次の例では、読点(、)を適度に入れることで、読みやすさがアップしています。

良い例)
キーワードを設定したら、そのキーワードで調べて来る人は、どんな人たちなのか、具体的に想定して記事を書き始めましょう。

基本的には、文を読んだときに、息継ぎをする場所で読点(、)を入れると、ユーザーが自然に読みやすい文になります。
本文を書き終えて、見直しをする段階で、声に出して読んでみると、読点の位置の違和感に気付きやすいでしょう。

ブログの始め方は?おすすめのブログサービスは?

まだブログを始めていない方の中には、ブログの書き方もわかったし早速始めてみたいという人もいると思います。

ブログの始め方は意外に難しくなく、以下の手順で簡単に始められます。

  1. 始めるブログサービスを決める(ブログサービスについては、おすすめの無料・有料ブログサービス22選をご覧ください)
  2. 独自ドメインとレンタルサーバーを契約する(無料ブログの場合は不要)
  3. レンタルサーバーにワードプレスをインストールして完了

もっと詳しく知りたいという方は、初心者でもわかるブログの始め方をご覧ください。

ブログの書き方を理解したらとにかく一本書ききる

ブログの書き方を理解できたら?

ブログの書き方を一通り理解したら、とにかく一本書ききってしまうのが大切です。

上では、ブログの書き方のコツを一気に紹介しましたが、「こんなに多くのことを一度で実践するのは無理……」と思っている方も多いのではないでしょうか?
また、一度に全てのことをこなそうとするあまり、一文一文確認しながら書くので、全く筆が進まないという人もいるかもしれません。

ただ、ブログはとりあえず一本書ききってしまい、全て書きあがってから見直して、修正するのがおすすめです。

ブログを挫折してしまう理由に、ブログを書くのが億劫だからというのがあります。
そして、億劫になってしまうのは、記事を仕上げるのに時間がかかってしまうという理由がほとんどです。

なので、まずは、時間をかけずにブログ記事を一本書ききるというのが、なによりも大切です。
時間をかけずにブログを仕上げるためには、以下の書き方が効果的です。

①タイトルを決める
選定したキーワードを基に、タイトルを決めましょう。
この時点では、ざっくりしたタイトルでいいので、悩まず書いてしまうことが大切です。

②見出しを作る
キーワードとタイトルに合わせて、見出しを作っていきます。
見出しタグなどの装飾は入れず、とにかく記事の構成を組み立てることだけを意識しましょう。

③本文を書く
見出しごとに、あまり考えずにとにかく文字を入れていきます。
見やすいレイアウトにすることや、読みやすい文章にすることは、この時点では考えずに、ひたすらに書いていきましょう。

④本文を見直す
ブログを書ききったら、ここで初めて、ブログ本文を見直す作業に入ります。
見やすいレイアウトや、読みやすい文章を意識して、ユーザーの目線になって修正をしていきましょう。

⑤タイトルを見直す
本文が完成したら、タイトルを見直します。
本文との整合性を考えつつ、キーワードは外さないようにして、ざっくり決めたタイトルを練り直しましょう。

⑥装飾を付ける
ここまででブログを書ききったことになるので、後はブログを公開するために装飾を付けていきます。
太字やマーカーなどの文字装飾、見出しに見出しタグを付けるなどして、記事を仕上げましょう。

⑦プレビューで確認する
最後に、執筆画面ではなく、必ずプレビュー画面で確認してから、記事を公開しましょう。
改行のズレや、文字装飾ができているかどうかなど、執筆画面では気付かなかないこともあるので、ユーザーが見るのと同じ状態で確認し、ミスがあれば修正しましょう。

ブログを書いていると、どうしても最初から見た目を整えたくなってしまう気持ちも分かります。
ただ、ブログは1本2本と書き続けることが大事なので、まずは何が何でも書ききる、ということを意識しましょう。

装飾やレイアウトなどを気にしなければ、PCではなく、スマホのメモ帳などでも文字を書くことはできます。
何らかの方法で本文さえ書ききってしまえば、見直しや修正、文字の装飾などは、意外と勢いで出来てしまうものです。

何よりも、ブログを1本書ききれたという達成感が、ブログを書き続けることのモチベーションになります。
ブログを書くのを上達したいのであれば、とにかく書くのが億劫にならない書き方で、ブログを継続できるようにしましょう。

まとめ:ブログの書き方!初心者でも迷わず記事を書くコツを紹介!

まとめ:ブログの書き方のコツ

今回は、ブログの書き方について解説しましたが、いかがだったでしょうか。
このページの要点は以下になります。

  • ブログを書くのを上達させるには、ひたすら書き続けるのではなく、ブログの書き方を学んだ上で数を重ねるのが効果的
  • ブログの書き方テンプレートを使うと、書き方に迷わず書けるようになる
  • 穴場のキーワードを狙って記事を書き、記事内に適切にキーワードを含めることで、アクセス増加が見込める
  • ユーザーの利便性を考えて記事を書くことが、結果的に記事の質を高めることに繋がる
  • ユーザー目線に立って、記事のレイアウトや、文章の読みやすさに気を配ることで、ユーザーの離脱を防ぐことができる

ブログのアクセスを伸ばしたり、質を高めたりする上で、基礎的なブログの書き方を知っておくことはかなり重要です。
この記事でご紹介したブログの書き方が、ブログ上達の土台になり、これらの知識がないと上達は難しくなります。
ブログの書き方について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。