直帰率と離脱率の違いとは?確認方法と改善方法を解説

直帰率と離脱率の違いとは?確認方法と改善方法を解説

GoogleAnalyticsには多数の分析項目が用意されていますが、その中に直帰率離脱率という項目があります。

これらは、サイトの状況を把握するためにも重要な指標ともされています。

ですが、この2つの分析項目は少しわかりづらく、中にはそれぞれがどのような役割を示すのか、また、それぞれの違いについてきちんと理解できていない方いるでしょう。

今回はそういった方に向けて、直帰率と離脱率の違いについて解説していきます。

  • 直帰率とは?
  • 離脱率とは?
  • それぞれの違い
  • 確認方法
  • 直帰率・離脱率の改善方法

この記事を通して直帰率と離脱率の違いを理解できるだけでなく、改善方法についても触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

内容を簡単にまとめると・・・

  • 直帰率とは特定のページから始まった全てのセッションのうちユーザーが1ページのみ閲覧してサイトを離れた割合
  • 離脱率とは全てのページビューのうちそのページで閲覧をやめた割合
  • 離脱率のなかに直帰率も含まれる
  • これらの数値を改善するにはSEO対策は必須
  • そこでおすすめしたいのが無料ツールのsmartASP
  • Googleアナリティクスやサーチコンソールを分析し、リライトすべき記事を抽出してくれたりと、大変便利
  • 他にもSEO対策には欠かせない機能があるので、今すぐ登録しましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

直帰率とは

直帰率とは

まずは、直帰率について解説していきます。

直帰率とは、サイトを訪れた訪問者(セッション)のうち直帰=すぐ他のサイトへ行ってしまった人(セッション)の割合を示したものです。

この数値が高いほど、自分のサイト内にあるコンテンツを1ページ見ただけで、見るのをやめてしまった人が多いと捉えることができます。

例えば、サイト内にAページとBページがある時に、AページからBページへ移ることなく他のサイトへ行ってしまったり、ネットを見ることをやめてしまったユーザーがいたとします。

そのような1ページだけを閲覧したユーザーの割合を、計算して導き出したものが直帰率です。

計算方法

直帰率を求める際には、以下の計算式で求めることができます。

 

直帰率=1ページしか見なかったユーザー(セッション)の数÷全ユーザー(セッション)の数×100

 

例えば、AページとBページの2ページが用意されたサイトで、100人のユーザーがAページに訪れたとします。

そのうち38人はAページを閲覧後Bページへ移動し、残り62人のユーザーはBページへ移行せずサイトを離れました。

この場合の直帰率は、Bページへ移行することのなかった62人のユーザーをページへ訪れた100人で割る形になるので、62÷100×100=62。

つまり、直帰率は62%になります。

また、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPという無料のツールがおすすめです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能だからです。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

離脱率とは

離脱率とは

続いて離脱率です。

離脱率は、ページビュー数のうちサイトを離れたユーザーの割合を示したものです。

そのため、離脱率の高いページがあれば、そのページよりも先をユーザーが見ることが少ないと捉えれるため、場合によっては内容の改善を施していく必要も出てくるでしょう。

離脱率を改善するにはSEO対策も大切です。

しかし、SEO対策に対して簡単な印象を持っている方は少ないのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、無料ツールのsmartASPです。

smartASPを使えば、あなたのウェブサイトは今までよりもより効率的にSEO対策を行うことが可能になります。

そしてより効果的にSEO対策を行うことができるのです。

無料なので今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

直帰率と離脱率の違い

直帰率と離脱率の違い

これだけを見ると、直帰率と離脱率は変わりがないように思えますが、それぞれ違った役割を担っています。

直帰率は、当該ページ1ページだけを見てすぐにサイトを離れてしまったユーザーの割合を示したものでした。

それに対して離脱率は、1つのページだけの滞在だったのか、他のページを見ていたのか関係なく、ページごとのサイトから離れてしまったユーザーの割合を示しているのです。

ですので、直帰率も離脱率のなかに含まれるもので、その中でも1つのページだけを見ただけですぐにサイトを離れたユーザーの割合に絞ったものを直帰率として表しているという形になります。

これらの数値にはSEOも関係してきます。

しかし、なかなかSEO対策はしにくいなと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがsmartASPです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料の便利ツールです。

smartASPを使えば、あなたのサイトは以前より更に魅力的なものになるでしょう。

なぜなら、自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できるからです。

無料なので今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

直帰率と離脱率の確認方法

直帰率と離脱率の確認方法

それでは、これら直帰率と離脱率は、それぞれどのように確認することができるのでしょうか?

直帰率に関してはアナリティクスでも確認しやすいですが、特に離脱率は人によって見たことがが無い方もいるでしょう。

ここからは、詳しい見方についてを一緒に抑えていきます。

直帰率の場合

直帰率を確認する方法はいくつか存在しています。

  • analyticsの「ホーム」
  • 「オーディエンス」→「概要」→「ユーザーサマリー」の一部として表示
  • 「行動」→「概要」
  • 「行動」→「サイトコンテンツ」→「全てのページ」

該当のページを開くと直帰率が表示されていますので、その値を参考にサイト改善を行なっていきましょう。

離脱率の場合

続いて離脱率の確認方法です。

  • 「行動」→「サイトコンテンツ」→「全てのページ」
  • 「行動」→「サイトコンテンツ」→「離脱ページ」
  • 「ホーム」→「ユーザーが訪れているページは?」→「ページレポート」

この方法で各ページごとの離脱率を確認できますので、こちらもそれぞれコンテンツ改良に生かしてみてください。

直帰率・離脱率を改善するには

直帰率・離脱率を改善するには

では、直帰率と離脱率に理解したところで、これらの指標を用いて具体的な改善を行っていくならば何を意識すれば良いのでしょうか?

  • ページの読み込み速度
  • ユーザービリティを考えていない
  • 間違えてリンクから飛んでいる

以上のことを中心に、改善方法についてを紹介していきます。

ページの読み込み速度

皆さんもネット上のサイトを閲覧している際に、サイトの表示が遅いことから閲覧をやめてしまった経験がないでしょうか?

このサイト気になる!と思ってリンクを押してみたものの、いつまでもカーソルがくるくる回ったままで、なかなかサイト内のコンテンツ・記事が表示され無いことが時折あるかと思います。

読み込みが遅いサイトを開いてしまった場合、相当見たい内容が掲載されているサイトでない限り、多くの方が戻るボタンを押したり、ブラウザを閉じてしまったりするかと思います。

このように、サイトの読み込みが遅いと多くのユーザーは離脱してしまうのです。

こういった状況に自分のサイトがなっているようでは、どれだけ良いコンテンツを投入していたとしても、多くの人に認知してもらうことは難しいでしょう。

やはり最近は、高速回線でのネット閲覧が当たり前となっていますので、サイトの速度計測等を行いながらぜひ改良をしていきましょう

この場合、ページネーションでページを区切ることもユーザビリティに効果的です。

ページネーションについて詳しく知りたい方は、「ページネーションとは?」の記事をご覧ください。

ユーザビリティを考えていない

ユーザービリティとは、サイトへ訪れるユーザーの使いやすさなどを表した言葉です。

このユーザビリティを意識したサイトほど、当然使いやすいサイトであるため、ユーザーからの評価は上がり

「またこのサイトに来たい」
「他にどんな内容のものがあるんだろう?」

と継続して閲覧をしてもらえる可能性が上がります。

具体的にユーザービリティを向上させる方法は以下の通り。

  • 記事の内容
  • サイトの導線
  • わかりやすい配置
  • ページの読み込み速度

もちろん記事の内容が専門的であったり、もう一度読みたいと思ってもらえるような面白い内容であれば問題ないでしょう。

また、サイト内で他のページを閲覧しやすいように、メニューの配置を工夫することや、関連記事の掲載を通してコンテンツを継続してみてもらいやすいよう、わかりやすいサイト設計にすることも大切です。

また、先にもあげたページの読み込み速度も、ユーザービリティにおいて共通します。

読み込み速度が遅いことも、ユーザーの満足度を下げることにつながりますので、ぜひ改善を図っていきましょう。

間違えてリンクから飛んでいる

サイト内へ関連記事への導入をたくさん行えば良いかというと、そういうわけではありません。

大切なのは“わかりやすいかどうか”であって、関連記事の挿入やアピールしたいページを導入すれば良いというものではないのです。

サイトによってはリンクの挿入が多すぎて、ごちゃごちゃしてしまっていることがあります。

そういったサイトの場合、間違えてリンクをクリックしてしまうことにつながり、ユーザーとしてはすぐに戻るボタンを押して元のページへ戻ることになるでしょう。

このような行動を起こされてしまえば、Googleの評価も落ちる一方ですので、サイトのレイアウトに関しても注意するようにしていきましょう。

まとめ:直帰率と離脱率の違いとは

まとめ:直帰率と離脱率の違いとは

今回は直帰率と離脱率の違いについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

改めて今回の内容をまとめると

  • 直帰率は1ページだけ見てサイトを離れたユーザーの割合
  • 離脱率は直帰率も含めて該当ページから離脱した人の割合
  • どちらもGoogleAnalyticsで確認可能
  • ページの読み込み速度
  • ユーザービリティ
  • リンクの貼り方を改善

直帰率・離脱率共に数値が高ければ高いほど、Googleの検索エンジンからの評価が悪くなるともいわれています。

出来るだけ低くした方が良い指標でありますので、実際の数値を眺めながら少しでも低いものとなるよう改善を図っていきましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA