ブログのテーマの決め方|考慮するべき要素とオススメのテーマを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログのテーマの決め方は?考慮すべきこととおすすめのテーマ

「ブログを始めたいけど書くテーマが決まらない」「ブログのテーマの良い決め方を教えて欲しい」

そう思っているブロガーの方も多いと思います。

ブログのテーマ決めは、ブログを運営し始めるために必須で、避けては通れません。

しかし、1人で何のヒントもなくブログのテーマを決めることは難しいものです。

そこで今回は、数々のテーマでブログを長年運営している筆者が、以下のことを解説します。

  • そもそもブログのテーマは決めるべきか
  • ブログのテーマの決め方
  • ブログのテーマの例

この記事を読めば、自分がブログのテーマを決めるべきかどうかが分かります。

そして、決める場合には最適なテーマを決めることができ、これからのブログ運営へうまく繋げることができるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • ブログのテーマは絞ったほうが稼ぎやすい
  • ブログのテーマを決めるときは、市場規模の大きさ、競合の強さなどを加味すべき
  • おすすめなのは、自分が本業にしている分野など、書きやすいテーマ
  • 報酬単価や商材をみながらブログのテーマは決めるべきだが、普通にやると手間がかかりすぎるので、大手ASPの案件を一気に検索できるsmartASPを使うのがおすすめ
  • 特に、副業でブログをやるため、節約できる時間はできるだけ節約したいという方はsmartASPを使うべき

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

ブログのテーマを決めた方が良い?

ブログのテーマは決めた方が良いのか

まず、そもそもブログのテーマを決めた方が良いのか、決めなくても良いのかという問題があります。

それは、ブログを特化ブログとして運営するか、雑記ブログとして運営するかによって決まります。

特化ブログとは、記事として書くテーマを1つあるいはごく少数に絞り、そのテーマを掘り下げて記事を書くブログのことを言います。

一方、雑記ブログとは、その名の通り「なんでも記事として書くことができる」ブログです。

この2種類のブログの形態にはそれぞれ異なるメリット・デメリットがあり、どちらの形態も一定数のユーザーが取り入れています。

それでは、特化ブログと雑記ブログのどちらにするべきかを以下で挙げた指標をもとに紹介していきます。

  • SEO面
  • 稼ぎやすさ面
  • 書きやすさ面

SEO面

まず、SEO面から特化ブログと雑記ブログを評価していきます。

結論から言うと、SEO面では特化ブログの方が強いです。

その理由は3つあります。

ブログの専門性が上がる

1つ目は、特化ブログの方がブログの専門性が上がるからです。

特化ブログの場合、固定のテーマに関する記事が集まるので、ブログがそのテーマの専門サイトのような形になります。

そして、その専門性は、サイトの専門性を重要視しているGoogleから高評価を受けることにつながるため、SEO対策になるのです。

つまり、ブログのドメインの評価が偏るので、その特定のテーマで順位がつきやすくなります。

内部リンクを充実させることができる

2つめは、特化ブログの方が記事同士の関連性が高くなり、内部リンクを貼りやすくなるからです。

ある特定のテーマに特化したブログを書くことで、そのブログ内の記事同士はテーマを通じて関連しあうようになります。

そして、記事内で「もっと詳しく知りたい方はこちら」というように内部リンクを張り巡らせることが可能になるのです。

しかも、内部リンクは関連性の高い記事から受け取ることに意味があります。

これは、幅広いテーマについて扱う雑記ブログではできません。

ですから、特化ブログにして内部リンクを充実させることで¥クローラビリティが上がったり、ユーザーの回遊率が高くなったりし、SEOで強くなるのです。

ユーザビリティが上がる

3つめは、特化ブログの方が基本的にユーザービリティが高くなるからです。

ブログの記事へたどり着くユーザーの大半は、自分が知りたいキーワードを検索してその結果画面からブログ記事に飛びます。

そして、そのようなユーザーは大概、そのテーマについて興味がある人が多く、特化ブログの場合、そのテーマに関する他の知りたい情報を見つけることが可能になります。

尚且つ、特化ブログの場合には内部リンクが充実させることができるので気になる記事に飛びやすくなります。

これらによって、サイトの利便性や回遊率が高くなり、ユーザビリティも高まります。

このようにユーザビリティが高いことは、ユーザーを最優先に考えているGoogleからの評価が高まることにつながるので、特化ブログにすることはSEO対策になるのです。

稼ぎやすさの面

次に、稼ぎやすさの面から特化ブログと雑記ブログを比較をします。

ブログで稼ぎたいと考えている方も多いと思うので、どちらの方が稼ぎやすいかは重要です。

稼ぎやすさの面においても、SEO面から考えた場合と同様、特化ブログの方が優れています。

特化ブログの方が稼ぎやすい理由は2つあります。

SEO面で強い

先程も述べましたが、特化ブログの方がSEO面で強いです。

SEO面で強いことによって、ブログの記事が検索結果の上位に表示されやすくなり、自然とアクセス数やブログの読者も増えます。

つまり、PV数が増えるのです

そして、そのPV数の多さは収益につながるため、稼ぎやすくなると言えます。

ペルソナを作成しやすい

2つめは、特化ブログにはテーマに興味がある一定数のターゲットが存在するからです。

特化ブログの場合、テーマに興味があるユーザーを囲って彼らに有益な情報を提供してテーマに関係する商品やサービスに導くことが可能になります。

これは、広く浅い記事を出す雑記ブログにはできず、狭く深い特化ブログならではの強みと言えます

書きやすさの面

最後に、テーマについての記事が書きやすいかについて考えていきます。

これは、上記の2つと違って一概には言えず、人によって異なるでしょう。

具体的に以下で特記ブログと雑記ブログそれぞれの書きやすさ面でのメリットを紹介していきます。

<特化ブログ>

  • テーマについての記事を書けば良い
  • 記事を横展開しやすい
  • 書くことがテーマ内で決まるので日常生活でネタ探しの必要があまりない
  • ペルソナが作成しやすい
  • テーマについての知識がどの記事にも活かすことができる

<雑記ブログ>

  • テーマに記事が絞られないため自由に書くことができる
  • 日常を記事にすることができる

以上が特化ブログと雑記ブログのそれぞれの書きやすさ面でのメリットです。

「なんでも書いていいのなら無限に記事を書ける!」という人は、制限のない雑記ブログの方が書きやすいでしょう。

しかし、特化ブログを選んだとしても、そのテーマを深掘りして横展開をすることができるのであれば、特化ブログでも十分書きやすいです。

以上で特化ブログと雑記ブログを比較してきました。

SEO面や稼ぎやすさを考えると、適切なテーマ選びをできるのであれば特化ブログのほうが良いでしょう。

実際、特化型ブログを運営するブロガーの数は年々増え続けています。

また、特化ブログでも雑記ブログでもない、テーマを3つくらいに絞ったブログの形態を選択する人も増えています。

この方が挫折しにくいですし、特化ブログと雑記ブログの両方のメリットを兼ね備えており、ゆくゆくは伸びたテーマに絞ることも可能です。

特化ブログでも、雑記ブログでもその中間のブログ形態でも、自分にあったブログの運営方法を選びましょう。

いずれにせよ、ブログのテーマの選び方は知っておいた方が良いです。

もし雑記ブログを選択しても、テーマが1つではないだけで結局4,5個になる場合がほとんどなので、テーマの決め方は参考になるでしょう。

ブログの始め方は?おすすめのブログサービスは?

ブログを始める前にテーマを調べているという人もいるでしょう。そういった方のために、ブログの始め方も簡単に解説します。

ブログの始め方は意外に難しくなく、以下の手順で簡単に始められます。

  1. 始めるブログサービスを決める(ブログサービスについては、おすすめの無料・有料ブログサービス22選をご覧ください)
  2. 独自ドメインとレンタルサーバーを契約する(無料ブログの場合は不要)
  3. レンタルサーバーにワードプレスをインストールして完了

もっと詳しく知りたいという方は、初心者でもわかるブログの始め方をご覧ください。

ブログのテーマの決め方

ブログのテーマの決め方は?

ブログのテーマの決め方を紹介していきます。

ブログのテーマを決める際に考えるべき要素

まず、ブログのテーマを選ぶ上で、以下の要素を考慮に入れましょう。

どの要素も読者の数や収益に大きく影響する大切な要素です。

1つ1つ見ていきましょう。

市場規模の大きさ

市場規模とは、その業界・テーマの中でどれくらいのお金が動いているのかを表す言葉です。

市場規模が小さいということは、そのテーマに興味があるユーザーが少ないこと・収益率が悪いことを意味します。

ですから、市場規模が小さいテーマを狙っても、アクセス数が少なかったり、利益をあげにくかったりということが当然起こります。

ですから、アクセス数や収益を確保するためにも、市場規模を確認しておくことは非常に大事です。

具体的には、以下の要素を考えましょう。

  • 検索ボリュームの規模
  • CVまでの近さ
  • 関連キーワードの数

競合の強さ

「市場規模が大きいからそのテーマがいい!それににしよう!」

とは安易に決めることができません。

市場規模が大きく旨味のあるテーマには当然多くの競合がひしめいています。

狙っているキーワードについてあまりにも多くの競合が記事を書いているとなかなか検索上位をとることができず、収益を上げることも難しいです。

ですから、市場規模からテーマの目星を決めた後には必ず、「競合の多さ」や「競合の強さ」を調べるようにしましょう。

具体的には、実際にキーワードを検索してみて上位に表示されている記事を実際に見てみたり、上位記事のドメインパワーをahrefsやMozでチェックしたりするようにしましょう。

報酬単価

ブログで稼ぐ場合、基本的には広告収入が大きな収入源となります。

そして、その報酬の額に大きく影響するのが報酬単価です。

報酬単価が高いとその分高収入を狙うチャンスが生まれ、低いとどんなに頑張っても収益は伸び悩みます。

ですから、テーマに関する商材の報酬単価を知っておくことは重要です。

具体的には、提携しているASPでテーマに関係のある案件を検索しましょう。

その時、それぞれのASPで調べるのでなく、提携している全てのASPの案件を一覧で調べることができる「smartASP」を登録すると便利です。

\3分で登録/

商材の多様性

ブログで扱うテーマに関する商材の数や種類、そして案件を提供しているASPの数も非常に重要です。

商材の数が多く、種類が豊富であれば、それだけ紹介できる商品の選択肢が増えますし、ASPの数が多ければASP同士の競争によって報酬単価も高くなっていきます。

ですから、報酬単価だけでなく商材の数や種類、案件を提供しているASPの数も確認しましょう。

この場合にも、ASPを1つずつ調べていては時間と手間がかかりすぎてしまいますので、「smartASP」を用いてASPを横串検索して効率的に調べましょう。

\3分で登録/

テーマに興味がある読者のWebリテラシー

ブログで取り扱うテーマに興味があるユーザーのWebリテラシーが高いのか低いのかを知ることも重要です。

例えば、読者のWebリテラシーが高い場合には、広告慣れをしている場合が多いため、広告の出し方を工夫しないと収益化をすることが難しくなります。

また、経験上、男性の会社員よりも、専業主婦をターゲットにした方が収益を上げやすいことが多いです。

なぜなら、主婦は普段から生活に必要なものをネットで買っていて、ネットで商品を購入することに慣れているからです。

加えて、考えたら当たり前ではありますが、真剣に悩んでいる人や購買欲求が高い人を囲うことができるテーマを選ぶことは、収益性を高くするための大事なポイントです。

個人ブログが参入しやすいかどうか

テーマによっては、個人ブログが参入しづらいテーマも存在します。

例えば、YMYLという領域がそれに当たります。

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の略で、「将来の資産、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指して使用されている用語です。

具体的には、病気・医療・医薬品・健康・サプリメントなどがこの領域に含まれます。

このYMYL領域は人々の幸福や健康、安全を左右し得るということで、この領域の情報には高い専門性・信頼性・権威性が必要です。

ですから、専門家などが書いている記事などは上位に掲載されやすく、反対に、権威性や信頼性の低い素人が運営する個人ブログは順位がつきにくいです。

ですが、この領域は収益化しやすい領域であることも事実なので、参入をするチャンスがあるかどうか、実際に検索をしてみて上位に個人ブログやアフィリエイトサイトがあるかどうかを見て判断しましょう。

自分が興味あるテーマかどうか

最後に、そのテーマに対して自分の興味と関心があるのかどうかも重要です。

どんなに良いテーマを見つけたと思っても、自分がそのテーマに興味や関心がなかったらブログ運営は長くは続きません。

興味がないテーマについて知ろうとすることはストレスになりますし、書くモチベーションも題材も尽きてきていってしまいます。

一方、自分の興味があるテーマに決めれば、楽しくブログを運営することができますし、記事の質も高くなります。

つまり、好きなテーマを選ぶことはブログを運営していく上で大きなメリットとなるのです。

ですから、テーマを選ぶ際には自分の興味・関心があるのかどうかをしっかり考慮に入れましょう。

ブログのオススメのテーマ

ブログのテーマを決めるために重要な要素は紹介しましたが、具体的にオススメのテーマを知りたいという方もいると思います。

ですから、ここではブログのオススメのテーマを紹介します。

この中から1つ(特化ブログ)、あるいは2,3個(特化ブログと雑記ブログのハイブリッド)テーマを選んでブログを運営していくのも良いでしょう。

自分の本業に関するテーマ

自分が本業にしていることに関するテーマはブログのテーマとして最適です。

ブログを読む読者側からすると、何かに打ち込んだ人が書いた専門性のあるブログの方が、知らなかったことを知ることができたり、興味深かったりするため、面白みが増すことがあります。

そういう意味では、ブログで本業で一生懸命取り組んでいることについて記事にすることは、読者を惹きつける魅力となります。

それに、毎日打ち込んでいる本業について記事で書くとなると、日々の行動や日々得てきた知識をアウトプットするだけなので、非常に書きやすいです。

例えば、本業でプログラミングをやっている人であれば、プログラミングの始め方ややり方などをブログの記事の題材とすることができます。

また、日々の本業をブログに書くとなると、本業について記事で言語化したり本業を行う中でネタを探したりする必要が出てくるので、一層本業が捗るという相乗効果も生まれやすいです。

先程の本業でプログラミングをしている人の例ですと、読者にわかりやすく役立つプログラミングの情報や知識を提供しようとします。

そしてそのために、プログラミングをより一層深く学び、有効な技術を身につけようとするようになるため、本業のプログラミングにも良い効果が現れるのです。

自分が好きなことに関するテーマ

自分が好きなことをブログのテーマにすることも良い選択です。

ブログを運営していく中で1番大切なのは継続して記事を出していくことです。

その点、自分の好きなことを記事にするのであれば、好きなことの延長で記事を書くだけなので楽しくストレスフリーにブログ運営をすることができます。

また、好きなことをテーマにすると、記事の内容について他の特にテーマのことが好きではない人より詳しくなって深く詳細な記事になりますし、熱がこもった質の高い記事になります。

これらに加えて、好きなことにお金や時間を費やすことを考える際、浪費や消費と捉えられていた行動が、「ブログの記事のネタにもなる」と考えられるようになり、「投資」に変わるのです。

これによって、好きなことをより追求することができるようにもなります。

ブログの運営が続きやすいこと、記事質が高くなること、そして「消費」や「浪費」が「投資」に変わることから、ブログのテーマを自分が好きなことにすることは適した選択だと言えるでしょう。

自分が失敗・挫折したことに関連するテーマ

自分が失敗・挫折した経験をもとにテーマを決めることも良い決め方です。

自分と同じような失敗・挫折をしたことがある、あるいはしそうな人は世の中に多いでしょう。

自身の経験に基づいた記事はそういう人たちの役に立ちます。

しかも、自分の実体験に基づいて記事を書くことになるので、記事が非常に書きやすいです。

ですから、自分が失敗・挫折した経験があって、それに関するテーマが記事を横展開できそうであればそのテーマについて書くことも有効な手段だと言えます。

コンプレックスや悩みを扱ったテーマ

ブログで非常に稼ぎやすいテーマは、「人間のコンプレックスや悩み」を扱ったテーマです。

例えば、太っている・ハゲている・カッコ良くなりたい・可愛くなりたい・モテない・結婚できない・お金がない・体毛が濃い・体臭が臭い・子育てに苦労する・・などコンプレックスや悩みは無限に存在します。

このように無数にあるコンプレックスや悩みは、抱えている本人達は真剣なので、お金を使ってくれやすいのです。

また、友人などに相談しにくいセンシティブな内容が多いので、匿名性が高いネットの中で解決策を探す人が多いのです。

さらに、これらの内容に関する広告収入は報酬単価が高いので、SEO対策をしっかりすることで高額を稼ぐことを目指すことができます。

しかし、これらの領域は旨味が大きい分競合が多いので、成功することは容易ではありません。

ですから、自分が戦える領域なのかを十分に吟味する必要があります。

以下がテーマの具体例です。

医療・健康
美容、酵素、サプリ、ダイエット、脱毛など

夢、希望、願望
転職、求人、バイト、資格、英会話、スクールなど

人間関係・恋愛
恋愛、出会い、結婚、離婚、婚活、友人関係など

金銭
クレジットカード、投資、資産運用、借金、不動産、仮想通貨、FXなど

ぜひ上の具体例を参考にしてみてください。

その他のテーマの例

他にも、ブログのテーマになり得るものは多く存在しているので、以下で簡単に紹介をします。

  • 育児・子育て
  • 漫画・アニメ
  • 映画・ドラマ
  • ゲーム
  • 季節関係
  • ライフハック
  • 地域特化

これ以外にもブログのテーマになる題材は多く存在し、意外と日常の中の気付きから生まれることもあります。

ですから、日々テーマになりそうなことは探すようにしつつ、「ブログのテーマになりそう!」と思ったことはメモするなどして忘れないようにしましょう。

ブログのテーマに関するSNS発信をしよう

ブログ運営とSNSを別物と捉えている人も多いですが、それでは損です。

ブログ運営とSNSとを別々にしている場合、ブログの読者を増やす手段は、SEO対策をして検索流入を増やすことがメインとなります。

しかし、SNSをブログの運営と繋げることによってSNSからブログへの読者の流入が加わります。

SNSを繋げた方が良い理由は他にもあり、そのメリットを以下で紹介します。

  • ブログのコメント欄上の交流には限度がある
  • 読者のリアルな感想や疑問を聞くことができるようになる
  • SNSでの交流により、読者との距離が近くなり、親近感が生まれる
  • SNS経由で記事が拡散されやすくなる
  • SNS経由でユーザーが流入してくることで順位がつくのが早くなる

これらを踏まえ、ブログと一緒にSNSも始めてブログに関する情報を発信していきましょう。

まとめ:ブログのテーマの決め方やおすすめのもの

まとめ:ブログのテーマの決め方は?

ブログのテーマは、ブログを始める際に決めるべき大事な要素です。

そして、ブログで扱うテーマは、ある程度絞ったほうがSEOで強く、また、稼ぎやすいです。

実際にブログのテーマを決める際、考えるべき要素は記事で記したように数多くあり、どれもブログを上手に運営していく上で重要です。

ですから、それらの要素を参考にしつつ、本記事で紹介したオススメのテーマ、あるいは自分で見つけたテーマの中から適切なものを選んで、それに関するブログを運営していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す