ブログの文章構成作成の5つの手順と大切なこと

ブログの文章構成作成の5つの手順と大切なこと

「ブログの文章構成はどうすれば良いの?」とブログの文章を作成するときの具体的な手順が気になりますよね。

ブログやサイトなどWebサイトを運営するならば魅力的な文章も大切ですが、文章自体の構成が読者の評価を大きく左右することも忘れてはいけません。

とはいえ、実際にベストな文章構成を考えよう!と意気込んでみても、なかなか形にならないこともあります。

今回はブログの文章構成にお困りな方に向けて、実際にサイト運営し多くの記事を執筆している著者が、ブログの構成作成方法をを5つの手順に沿って詳しく解説します。

具体的には

  • キーワードやペルソナ選定
  • タイトルや見出しの考案
  • リード文で読者を引きつける
  • 構成の型を意識して考えていく
  • もちろん文章にも気をつける

ざっとこのような内容で、解説していきます。

本記事を通して、検索ユーザーの求める情報にできる限り近づけた良質な記事構成を行う方法がわかりますので、ぜひ活用してみてください。

内容を簡単にまとめると・・・

  • ブログ構成をつくる手順は狙うキーワードで検索→検索ニーズの調査記事→見出しを考える→タイトルを決めるという流れ
  • ブログ構成をつくる上で一番大切なのは、上位10記事のリサーチ
  • 検索意図を捉えてそれに応えるコンテンツのボリュームを大きくすることが大切
  • 記事構成以外にもブログでSEO対策をしたいと考えている人はsmartASPを使うのがおすすめ
  • smartASPは、サイトを自動で分析し修正すべき記事を抽出してくれ、SEO対策の中でも非常に重要である内部リンクを可視化してくれる
  • 特に内部リンク可視化ツールで競合サイトの内部リンクも可視化できるので、どのくらい内部リンクを当てれば自分のサイトが勝てるのかという目安を立てやすい
  • さらにsmartASPは全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は今のうちに登録しておくべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ブログの文章構成5つの手順

ブログの文章構成5つの手順

冒頭でもお伝えした通り綺麗な文章を書けるのも重要ではありますが、記事の構成は一番重要であるといっても過言ではありません。

適切な文章構成ができていなけば最後まで読んでもらえず、途中離脱されてしまう可能性も非常に高いです。

そのため、大まかに以下の5つの手順を元に文章の構成を考えていきましょう。

  • キーワードを検索
  • 検索ニーズを考える
  • タイトルを考える
  • 各見出しを考える
  • 記事冒頭のリード文を考える

キーワードを検索

記事を書いていくならばまずは、キーワード選定を行なっていく必要があります。このキーワードがきちんと定まっていなければ、読者に読まれるどころか上位表示もままなりません。

SEO対策を施すことができず、検索エンジンでも意とする形でヒットしなくなります。

ですので、自分で何か書きたいと思ったテーマがある場合でも、テーマに沿った最適なキーワードを選定して記事の構成を考えていく必要があります。

キーワードを選定するには次にお伝えするような、キーワード検索ツールを活用しましょう。

キーワード検索ツールを活用

ネット上には無料から有料のものまで、キーワードを選定するためのツールがたくさん存在しています。

用意されている機能もそれぞれ違ってきますが、サービスによっては「痒い所に手が届く」と言えるほど高機能なツールもあったりします。

以下ご紹介するのは代表的なキーワード検索ツールです。

  • Ubersuggest
  • 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

どちらのツールも無料で利用することができ、トップレベルのブロガーや企業においても導入されるほど定番なツールと言えます。

これらの検索ツールでは、気になっているジャンルのキーワードを打ち込むと、そのキーワードに関連したよく検索されるキーワードが表示が表示されるような仕組みです。

仮に「シャンプー」に関して記事を書きたいと思った場合、検索欄にシャンプーと入力して検索を行うと、「シャンプー おすすめ」「シャンプー 激安」「シャンプー メンズ」といった形で、関連するキーワードが表示されます。

このキーワードを参考にして記事の構成を考えていくといったやり方です。

それら通常の検索機能に加えUbersuggestでは、キーワードの月間検索ボリュームやキーワードに関連するGoogle広告のクリック単価、競合との難易度などを数値で表示してくれます。

また、詳細表示を行うことでトップ10に表示されているサイトの被リンク数や、SNSでのシェア数も表示可能です。

こういった詳細データーを元に、今の自分のサイトのレベルで競合と戦っていけるかどうかも検討することができます。

多くの情報をベースにして、より確度の高い戦略をキーワード選定の時点から考えていきましょう。

検索ニーズを考える

キーワード選定が完了したら、検索ニーズについても考えなくてはなりません。

検索ニーズとは、自分が記事にしようと思っているキーワードに対して、検索するユーザーが求めている情報のことをいいます。

先ほど例に挙げたシャンプーに関する記事を書くとして、キーワードを「シャンプー メンズ」といった具合で男性向けの記事に決めた場合、想定される検索ニーズは以下のものになります。

  • メンズシャンプーで何かオススメなものはないかな?
  • 自分に合いそうなメンズシャンプーがないかな?
  • 最近話題のメンズシャンプーはどんなものだろう?

簡単に予想してみましたが、このような感じでキーワードを調べるユーザーの求める内容が想像できます。

キーワード選定が完了したら、このような記事のニーズを探ってより的確な記事に近づける作業をしていきます。

そうしたニーズを予想する際に、もっと確度が高まる方法もここからはご紹介しましょう。

ペルソナを設定する

ペルソナとは、その記事を見てくれる読者を想定した架空のモデルのようなものです。実際にそういった人がいるかのように設定して、読み手の雰囲気を掴むための参考にします。

  • 年齢
  • 性別
  • 既婚or未婚
  • 収入
  • 居住地域
  • 趣味、嗜好

このように私たちの生活に関わる項目を鮮明にイメージしていきます。こうすることによって、より具体的な記事の執筆が可能であり、記事を構成時するだけでなく執筆の段階においてもよりわかりやすい執筆を行なっていきやすくなります。

設定キーワードの上位10サイトをリサーチ

ペルソナ選定と並行して、実際に検索して表示される上位サイトを参考にすることも行うとニーズ予測の精度が高まります。

設定したキーワードをGoogleの検索エンジンを使って実際に検索。そこで表示される上位サイト10件ほどをざっと流し読み程度にリサーチする形です。

Googleはユーザーの検索ニーズをきちんと捉えているサイトを上位表示するようなアルゴリズムを利用しています。ですので、上位10記事の内容を見ていくことで必然的に検索ニーズを把握していくことができるのです。

特に各見出しや、冒頭に用意されたリード文を読み込んでみると良いです。

各サイトのそれらの箇所を見比べながらおおよそのニーズを把握すると、自分で想像するだけでなく、より現実的なニーズの把握が可能となります。

ペルソナ選定と一緒に掛け合わせながら、より完璧に近い読者ニーズを探り当てていきましょう。

読者のニーズには記事を公開したのちにも答えていかなければなりません。

それにはリライトと言う作業が必要不可欠です。

どの記事を修正すれば良いのか迷うこともあるでしょう。

しかし、そんな悩みを一発で解消してくれるのがsmartASPというブログツールです。

ASPの売り上げ管理は、いちいち各ASPにログインしなくてもsmartASP一つで管理できますし、GoogleアナリティクスとGoogleコンソールを分析して自動で修正すべき記事を抽出してくれます。

他にも便利な機能が多数存在しているのですが、全て無料で使えるので、とりあえず自分に合っているか試してみるのがおすすめです。

以下のボタンからsmartASPに登録したら、ブログで稼ぐ方法を読み進めていきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

タイトルを考える

読み手の方が求める内容がある程度予測できたら、次は適切なタイトル付けを行なっていきます。タイトルを決める際のポイントとしては以下の2つ。

  • SEOを意識する
  • タイトル内に具体的な内容を含める

このタイトルに関しても重要な要素となってきますので、適切なタイトル選定が行えるよう、ポイントを抑えていきましょう。

SEOを意識したタイトルを考える

多くの人に記事を読んでもらうためにはSEO対策を施して、検索順位で上位表示させていく必要があります。特にこのタイトルに関してはSEO対策を行う上でも大切にしたい箇所です。

具体的なポイントとしては、キーワード選定を行なった際に決めたキーワードを入れ込むことが絶対条件となります。

「シャンプー メンズ」をキーワードとた場合のタイトル例としては

  • メンズにおすすめ!今流行りのシャンプー5選
  • シャンプーにお困りの方必見!メンズシャンプー3つのデメリット
  • 薄毛男子の僕がお勧めするメンズシャンプーはこれです

こういった風に、必ずキーワードをタイトルへ盛り込むことを意識しましょう。

こうすることで、「メンズ シャンプー」と検索した人の検索欄に自分の記事が上位表示される可能性が高まります。

タイトル内に具体的な内容を含める

SEOを意識しつつ、タイトル内に具体性を持たせた表現を盛り込めるとさらに良いです。

先ほどあげた例をもう一度見て見ましょう

  • メンズにおすすめ!今流行りのシャンプー5選
  • シャンプーにお困りの方必見!メンズ用シャンプー3つのデメリット
  • 薄毛男子の僕がお勧めするメンズ用シャンプーはこれ

数字を使ったり、自分の状況を根拠にタイトルをつけるとより具体性が増すため、読者の方も参考にしやすくなります。

タイトルから内容は大体わかるけど…。といった状況よりかは、5つに絞ってることをきちんと伝えた方が、内容をタイトルの時点から距離つかみやすくなります。

また、例では薄毛男子と書いてありますが、こういった自分の経験や状況も利用できるとより信頼度が増します。

テレビ番組で事件の概要を専門家として説明している元警察官の方や、医師の先生がなんかを想像してもらうとよりわかりやすいでしょう。

「元警察官」「〇〇大学付属病院外科医」とかって表記されていた方が私たちも安心して情報を聞いていられます。

タイトル作成時の注意点としては「見なきゃ損!」といった、ユーザーを煽るような釣りタイトルをつけないことです。

実際そのようなタイトルの記事はクリック率が低い傾向にあり、ユーザーの流入もそれだけ見込めないということになります。

誇張した表現や煽るような表現はやめ、シンプルに具体性を持たせたタイトルになるよう作成していきましょう。

SEO的視点と具体性を掛け合わせることで、クリックされる可能性も高まっていきます。

SEO対策は自分一人でするには難しいですよね。

そこで簡単に本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPというツールがおすすめです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

各見出しを考える

タイトルが決まったら、それぞれの見出しを考えていきます。

見出しはh2やh3を使った見出しのことで、記事の流れを見出しによって作り出すようなイメージです。見出し作成に関して意識したいポイントは以下の3つ。

  • 1つの見出しで1つの内容
  • 見出しを読んだだけで内容が理解できる
  • SEOを意識した見出し作り

1つの見出しで1つの内容

基本的には各見出しに対して1つの内容に関して記述していくイメージで、見出しの作成を行なっていきましょう。

複数のことを一気に記述されていると、内容の整理や順序がつかなくなる可能性があります。

見出しは適切な箇所に配置できると文書としての流れを作ることができますので、それぞれの見出しの中に記述することはできる限り1つの内容であるよう心がけましょう。

また、それぞれの見出しの役割としては

  • h1:タイトル(タイトル以外使用しないよう注意)
  • h2:大まかなくくり
  • h3:h2の内容を項目ごとに詳しく記述
  • h4:必要な時のみ、h3の内容をさらに詳しく項目分けして記述

このようなイメージです。

ですので、h2で大まかな内容を伝え、h3で項目分けを行うことで、さらに詳しい内容へと落とし込んでいくような形となります。

h1に関してはタイトルのみでのしようとなりますので、記事内の見出しの一つとして使用することがないよう注意しましょう。

見出しを読んだだけで内容が理解できる

それぞれの見出しの役割を理解するとわかりますが、各見出しをうまく使い分けることができれば、見出しを追っていくだけでもある程度記事の内容や要点を掴んでいくことができます

そうした見出しの付け方ができるようになれば非常に理想的であるといえます。

特に、1つの見出しに対して1つの内容であることが望ましいとお伝えしましたが、それがきちんと活用できていることはここでも大切です。

1つの内容だけが記述されているので、各見出しを追っていくだけで必然的に内容を把握できる構成を作り出すことが可能となります。

SEOを意識した見出し作り

またわかりやすい見出しを作ることに加え、先に設定した記事のキーワードを見出しの中にもできるだけ入れ込めるとベストです。

特にh2の見出しに関しては、キーワードが入っている状態がSEO対策としても良いとされています。

ですので、h3は難しいにしてもh2には可能な限り、設定したキーワードを見出しの中に取り込むことを意識しながら作成してみてください。

これらのポイントをきちんと掴むことができると、記事全体の流れがグッと良いものになるだけでなくSEO面でも大きくプラスとなりますので、ぜひ取り入れながら見出し作成を進めていきましょう。

また、メディアを伸ばす力や、実戦で使えるSEO知識をつけたいなら減らせる作業時間は減らして、浮いた時間を他のサイトの分析などに使うのが合理的です。

そこで、売り上げ管理やサイト分析を効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

完全無料で、万が一使わなくなっても損することがないので、1度使ってみるべきでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

記事冒頭のリード文を考える

リード文とは基本的に、記事の一番最初の部分から最初のh2見出しまでに書かれている文章のことを指します。

皆さんも他の方の記事を読まれているとわかるかと思いますが、この部分が面白くなかったり自分の求めているものに近いと思えなければ、その先を見ることをやめてしまう方がほとんどではないでしょうか。

検索ユーザーの方が一番最初に目にする入口部分でもあるため、しっかりと読み手の心を掴むことができなければ、そこから先を読んてもらうことができ無くなってしまいます。

そういった状況にならないためにも、ここでは魅力的なリード文を作成するためのポイントも合わせてお伝えしていきましょう。

ある程度形さえつかめば、他の記事へ応用させていくことも可能です。

記事の冒頭は一番重要

先ほどもお伝えしましたが、記事の冒頭部分は非常に重要な部分でもあります。

検索ユーザーが「これ気になる!」と自分の作成したタイトルに惹かれてせっかくサイトへやってきても、リード文がうまくはまらない内容だと離脱されてしまう可能性は大きいです。

「タイトルが良かっただけに…」といったギャップからも、大きな離脱率を招いてしまう可能性は否めません。

ですので、読者が求める情報に沿った魅力的なリード文を作成する必要があります。

特に盛り込んだ方が良い内容としては、記事の中で書かれている具体的な内容が挙げられるでしょう。

具体的な本質部分となる答えを先に提示してしまうのもありです。そうすることによって、ユーザーはどういった内容の記事なのかを把握しやすいため、記事に関してさらなる興味を示してもらえます。

記事の内容をきちんと伝えることで、この記事を読むことで得られるメリットを魅力として伝えることができるということです。

読者の共感を得るリード文

続いてテクニック的なお話として、冒頭から共感を得る方法を考えなくてはなりません。

記事の最初でユーザーの共感を得る=この著者は気持ちをわかってくれているんだ!とある種の信頼関係を構築できることにつながります。

自分の気持ちを理解してもらえているということは「自分の疑問を解決してくれる可能性が高い!」と考えてもらえるため、冒頭から読んでもらいやすい雰囲気づくりをできるといったイメージです。

具体的には疑問文を活用することで、ユーザーの気持ちに寄り添うことが1つのやり方です。例として出している「シャンプー メンズ」のキーワードで、最近人気のシャンプーを探している男性ユーザーをターゲットに簡単なリード文を考えるなら

ドラッグストアやスーパーの生活用品コーナーを覗いてみれば、非常にたくさんのシャンプーが用意されています。

香りが良いものもあれば、薄毛対策用のもの、ダメージを補修する成分が含まれたものなど種類は様々です。

そんな状況から『香りが良いものならなんでもいい!』『無難なものならどれでもいい!』と探すのがめんどくさくなっていませんか?

この記事ではそういった方に向けて、最近人気のシャンプーをランキング形式でご紹介します!

こういった形もできるかと思います。

大切なのは、手順の最初の方でご紹介した検索ニーズを意識しながら疑問文を入れ込んで見ることです。

そうすることで、より読者の身に寄り添ったリード文から記事執筆へつなげていくことができます。

ブログ文章構成を作成する上で大切なこと

ブログ文章構成を作成する上で大切なこと

文章構成の手順に関して大きく5つの手順でご紹介してきました。

ここからは、実際にブログの文章構成を行なっていく上で抑えておきたい大切なポイントを3つご紹介しています。

  • 最初は型を意識する
  • 読者目線を常に意識する
  • 見出しや内容だけでなく文章にも意識

はじめのうちは出来るだけ型を意識する

ブログを開設した当初や、まだあまり記事執筆になれていない頃は、無理をせず記事の型を意識して執筆や構成を行なっていきましょう。

記事には大まかな型が存在します。

それは見出しの配置や記事の流れだけでなく、先ほどのリード文にしてもそうですし、記事の一番最後の部分になるまとめに関しても言えることです。

それぞれに最適な形があり実際にそれに従って記事を執筆してみると、読み進めやすい記事となる可能性が高くなります。

記事全体の流れは

  • 記事最初のリード文
  • h2による1つ目の大見出し
  • h3見出しでさらに詳しく記述
  • h2による2つ目の大見出し
  • h3見出しででさらに詳しく記述
  • (必要ならh2見出し3つ目、4つ目…)
  • 一番最後の見出しにまとめ

大きくこのような形で記事の構成を考えていくことが一般的です。

実際にわかりやすく、読み進めていきやすいといった利点が挙げられます。

ですので、慣れるまではこの形を大きく崩すことなく構成を作っていきましょう

また、記事に慣れてからもほぼのこ形通りに執筆をしていくと良いことがわかりますので、基本的にこの形を意識しておけば問題ありません。

読者目線を常に意識すること

一番ベースとなる部分はやはり読者視点で記事構成を考えることにあります。

求められるものが何かを理解しないままに書き続けても、閲覧数やシェアといった見に見えた結果が現れないことと同時に、自分の成長に関しても得れるものがなくなってしまいます。

記事を作成するとなればそれだけ意識すべきポイントとも言えますので、とにかく読者目線で求められるものが何かを常に意識しながら構成を行なっていきましょう。

そのためにも、キーワード選定で適切なキーワードを選択し、入念なリサーチによって読者ニーズをきっちりと捉える必要があります。

記事執筆は時間がかかってしまいますが、しっかりとポイントを抑えればそれだけ結果として現れる可能性が大いに高まります。

読者ニーズを掴む段階から怠らず、適切な記事執筆が行えるようじっくりと時間をかけて行いましょう。

見出しや内容だけでなく文章にも気をつける

記事に関しては構成だけでなく文章に関しても、しっかりとしたものを作成することが重要です。

引き込まれるようなプロの文章をすぐすぐ書くことは困難ですが、比較的簡単に文章のレベルを上げれる方法があります。

それは、文の終わり方に意識して書いていくことです。同じ文末の形にならないように書いていくことで、不自然で読みにくい文章となることを避けることができます。

例えば

「記事に関しては構成だけでなく文章に関しても、しっかりとしたものを作成することはもちろんです。

引き込まれるようなプロの文章をすぐすぐ書くことは困難です。ですが、比較的簡単に文章のレベルを上げれる方法があるんです。

それは、文の終わり方に意識して書いていくことです。

同じ文末の形にならないように書いていくことで、不自然で読みにくい文章となることを避けることができるのです。」

みなさん読んでみて何か違和感を感じませんか?

もうお分かりだとは思いますが、全ての文末が「です。」で終わっています。このような文章は、すごく単調で不自然な文章であるように感じてしまいます。この文末を意識してみるだけで、驚くほど文章のリズムは良くなります。

また、文章それぞれの段落や改行に関しても意識すると、読みやすさが変わってきます。

  • ニュースサイトや少し硬めの真面目な内容=改行をあまり行わない
  • ブログスタイル、軽い感じの記事=数行ずつや場合によっては数十字で改行を行う

おおよそのイメージですが、改行を多く取り入れるかどうかでも記事全体の雰囲気は左右されます

ですので、構成作成やサイト立ち上げの時点から、改行に関しても意識して設計を進めてけると、もう一段レベルの高い記事・サイトへ導いていけるでしょう。

まとめ:ブログの文章構成の手順は?

まとめ:ブログの文章構成の手順は?

ブログの文章構成作成手順や大切なポイントについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

今回の内容をまとめると

  • キーワードを検索
  • 検索ニーズを考える
  • タイトルを考える
  • 各見出しを考える
  • 記事冒頭のリード文を考える
  • 最初は型を意識する
  • 読者目線を常に意識する
  • 見出しや内容だけでなく文章にも意識

何よりも検索ニーズをきちんと理解して、読者目線での文章構成から執筆までを行うのが一番大切と言えます。

少し時間をかけてでも、実際の記事執筆を行う前の下準備から丁寧に行なっていくことで、より上位表示される良質な記事作成を目指していきましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す