ブログ記事のリライト方法を解説!効果はどのくらいあるの?

ブログ記事のリライト方法を解説!効果はあるの?

ブログを運営する上で、ブログ記事のリライトが大切だというのは、誰もが聞いたことがあるかと思います。

ただ、「ブログのリライトは効果あるの?やるべきなの?」「やるとしたらどうやってやるの?」そう思っている方も多いのではないでしょうか?

本格的にブログを運営する上で欠かせないブログ記事のリライトですが、その方法についてほとんどの人が勘違いしていることがあります。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がブログ記事のリライトについて以下のことを解説します。

  • ブログ記事のリライトは効果があるの?
  • ブログ記事をリライトする方法!具体的な手順を解説

このページを読めば、ブログ記事のリライトについての理解がかなり深まり、より良いSEO施策が打てるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • 最大限ブログを伸ばしたいなら、リライトは必須
  • リライトには、記事の順位を上げるリライトとアフィリエイトリンク
  • リライトした後の数値管理が1番大切
  • リライトをする際におすすめなのが、自動でリライトすべき記事を抽出してくれるsmartASPというツール
  • smartASPは、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを使い、客観的なデータに基づいて修正すべき記事を出してくれる
  • 全ての機能が無料のため使わなくても損はないので、登録するだけ登録しておくべき

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

関連:ブログで稼ぐ方法

参考:ブログの収益化について

 ブログ記事のリライトは効果があるの?

ブログ記事のリライトの効果は?

そもそも、「リライトって何なの?」という方もいらっしゃるかもしれませんので、まずはリライトについて説明します。
リライトとは、記事などの文書を書き直し、新たな内容に書き換えることをいいます。

より具体的にいえば、リライトには、検索順位を上げるためのリライトと、アフィリエイトリンクのクリック率を上げるためのリライトがあります。

「リライトはブログ運営において大切」というのは聞いたことのある方が多いと思いますが、実際にリライトをするとどういった効果があるのか、分かっていない人が多いのではないでしょうか?

なんとなく良い文章に書き直している、気になる記事を片っ端からリライトする、ということがブログ初心者には多いです。

なので、まずは、ブログ記事をリライトすることによって得られる効果と、逆に失敗してしまうケースをご紹介します。

何を狙ってブログ記事をリライトするのか、頭に入れた上で、具体的な施策を打っていくようにしましょう。

リライトする効果

ブログ記事を適切にリライトすると、「記事の検索順位が上がる」という効果が得られます。

なぜなら、ブログ記事がリライトされると、Googleの検索エンジンにその記事が再評価され、検索結果に反映されることになるからです。

基本的には、ブログ記事をリライトすることによって、記事はより良くなるはずなので、ユーザーの利便性が向上したり、 SEO効果が高まったりします。

さらにいえば、複数記事をリライトし、Googleから良い評価を得ることによって、サイト全体のパフォーマンス向上にもつながります。

しかし、記事やサイトのパフォーマンスを上げるためには、闇雲に記事をリライトしても、思ったような効果を得ることはできません。

リライトすることによって効果が得られる記事をしっかり見極め、適切な方法でリライトすることが大切です。

そうすれば、リライトの効果を最大限発揮することができます。

あくまでも、リライトは、 SEO効果を高めるために行うのであって、結果として検索順位が上がるようなリライトを心がける必要があるのです。

リライトが失敗する場合【注意】

リライトが失敗すると、逆に「記事の検索順位が下がる」ということになりかねません。

記事をリライトすると、そのページがGoogleの検索エンジンに再評価されます。

しかし、リライトによって記事の質が悪くなってしまうと、かえって低い評価を受けてしまうことになるのです。

ブログ初心者にありがちなリライトのパターンとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 言い回しが気になるからリライトする
  • ブログにある全ての記事をリライトする

もちろん、書いた当初から比べれば、今のあなたの方が執筆の腕も上がっているので、全ての記事をリライトしたくなる気持ちはわかります。

ただし、結論からいうと、全ての記事をリライトする必要は、全くありません

初心者の人が全ての記事を一気にリライトしようとすると、1記事1記事のリライトの質が低下し、検索順位が変わらなかったり、最悪の場合キーワードとの関連性が薄れて順位が落ちることもあります。

なので、ブログ記事をリライトする際には、手当たり次第に気になった記事をやっていくのではなく、改善する記事を絞って正しい方法でリライトすることを心がけましょう。

リライトすべき記事を自分一人で絞れる自信がないという人は、smartASPのリライトサポート機能を使いましょう。

smartASPはGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを分析し、客観的なデータからリライトすべき記事を抽出してくれます。

さらに、全ての機能が完全無料なので、まだ登録していないという方は登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

 ブログ記事をリライトする方法!具体的な手順を解説

ブログ記事をリライトする方法は?

ここからは、ブログ記事をリライトする方法を、具体的な手順に沿ってご紹介します。

上でも説明したように、ブログ記事をリライトすると、その記事の検索順位をあげることができます。
ただ、一方で、闇雲にリライトをすると、逆に検索順位を落としてしまう可能性もあります。

つまり、ブログ記事はただ単にリライトすればいいというわけではなく、検索順位を上げるための施策を実施して、リライトしなければいけないのです。

とはいえ、「具体的にどのようにリライトすればいいのか、よくわからない」という方も多いと思います。

そういった方は、まずは、以下の基本的なリライトの手順に沿って、ブログ記事をリライトしてみてください。

ブログ記事をリライトする前に

ここでは、実際にブログ記事のリライトに入る前に、意識しておくべきことを2つ説明しておきます。

ブログ記事のリライトは、目標を定めなければ、ただ文章を書き直しただけの自己満足で終わってしまいがちです。
また、リライトはやろうと思えばどこまででもやれてしまうので、リライトが永遠に終わらないということにもなりかねません。

ブログ記事をリライトする際は、リライトする目的を考え、どこまでリライトするか決めることが重要です。

あなたも、ブログ記事をリライトする際は、以下の2点だけは押さえてから、リライトに入るようにしましょう。

リライトの目的を考える

多くの有名ブロガーやアフィリエイターが「リライトは超重要」だと言っていますし、ブログ運営においてリライトが大切なのは、まぎれもない事実です。

では、そういったことを耳にしてリライトを始めようとしているあなたは、ブログ記事をリライトする目的を考えているでしょうか?

  • より良い記事にする
  • 自分の納得のいく記事にする
  • ユーザーが読みやすい文章にする

こういった曖昧は目的では、リライトをしても、最大限の効果を期待することはできません。

ブログのリライトをする目的とは、ブログで収益アップを狙っている方であれば、例外なく以下のことであるといっていいでしょう。

  • 記事にユーザーを流入させる
  • ユーザーのニーズを満たす
  • ユーザーを行動させる

アクセスを増やし、多くの人にあなたの記事を読んで満足してもらい、そのうち何人かに商品を買ってもらうことで、初めて収益アップが期待できます。

なんとなくリライトしただけでは、それこそなんとなくの結果に終わってしまいます。
まずは、ブログ記事をリライトする目的を明確化し、リライトの道筋を立てることが大切です。

どこまでリライトするか決める

ブログ記事のリライトは、より良くしようと思えばどこまででも出来てしまうので、終わりがありません。

ただ、リライトももちろん大事なのですが、新しい記事を書くことも同様に大切なことです。
リライトに集中するあまり、新しい記事が書けなくなってしまっては、本末転倒です。

なので、ブログ記事のリライトをする際は、ブログ全体でどこまでリライトするのかを決めてから、作業に取り掛かりましょう。
具体的には、リライトに入る前に、以下のことをチェックしておきましょう。

  • リライトの目的を考える
  • リライトする記事としない記事を分ける
  • 時間を区切ってリライトを行う

リライトの目的については、上でお話しした通りです。

リライトする記事としない記事を分けることも同様に大切で、詳しくは以下で説明しますが、大前提として全ての記事をリライトする必要はありません。
あくまで、リライトをすることによって、効率的に SEO効果が上がる記事を優先して行う必要があります。

また、リライトを行う時間を決めてしまうと、無駄なリライトをすることなく、効率よく作業ができるでしょう。
例えば、今日はこの記事とこの記事だけリライトするなど、ラインを引いておくことが大切です。

一生リライトし続けることにならないように、リライトする基準を設けて、効率よくブログ記事のSEO効果を高めましょう。

ブログ記事をリライトする手順

ここからは、ブログ記事をリライトするための、具体的な手順を紹介していきます。

ブログ記事のリライトは、手当たり次第にするのではなく、しっかりと戦略を立てて行わなければいけません。

手当たり次第にリライトをすれば、なんとなく読みやすくなった程度の変化で実際のSEO効果が得られないということになりかねません。

逆に、下手に記事をいじることで、検索順位の下落を招いてしまう可能性すらあります。

ここで紹介するリライトの方法を参考にして、効率よく、効果的なブログ記事のリライトを行うようにしてください。

リライトする記事を選定する

まずは、リライトすればSEO効果が高まるであろう、リライトするべき記事を選定します。
リライトするべき記事の基準は以下の通りです。

  • 検索結果で11位〜30位くらいの記事
  • ブログ内で収益に結びつくような記事
  • 自分の得意なジャンルの記事

リライトを1から始める場合は、まず、これらの条件に当てはまる記事をピックアップしていきます。

収益に結びつく記事の重要度が高く、得意なジャンルの記事がリライトしやすいのは、理解しやすいかと思います。

では、なぜ検索順位11〜30位くらいの記事を優先してリライトするのでしょうか?

検索順位11〜30位というのは、検索結果画面で2ページ目から3ページ目にある記事を指します。
これらの記事は、検索エンジンからある一定の評価は受けているけれども、1ページ目の記事よりは劣るという記事です。

なので、これらの記事は、適切な形でリライトすることで、効率よく上位表示=10位以内を狙える可能性が高いのです。

リライトする記事を選定する際は、ブログ内で特に重要度が高く、効率よく検索結果で上位表示が狙え、かつあなたがリライトしやすい記事を選ぶようにしましょう。

競合上位のサイトを参考にする

検索結果で上位表示されている、競合サイト=ライバルサイトを参考にして、記事をリライトしましょう。
これは、リライトに限った話ではなく、記事を執筆する際には、とても有効な施策です。

なぜなら、検索結果で上位表示されている記事は、Googleの検索エンジンに高く評価されているページだからです。

コンテンツの質が高かったり、網羅性があったり、ユーザーの利便性が高かったりします。

もし、競合上位のサイトにあって、あなたの記事にない内容があれば、加筆修正しておきましょう。

具体的には、足りない見出しがないか、商品のスペックなどで書いていないものがないか、などです。

ただし、コピーアンドペーストするのは絶対にやめましょう。

Googleからあなたの記事がコピーコンテンツとみなされて、低評価を受けてしまいます。

また、競合サイトがいくら信頼できるサイトであっても、一次情報を確認しておくことが大切です。

一次情報を確認することで、新たな発見があり、記事の内容が、より高品質になるかもしれません。

サジェスト・関連キーワードを考慮する

サジェストワードや関連キーワードを考慮することで、ユーザーのニーズに合致した記事をリライトすることができます。

・サジェストワード
Googleの検索窓にキーワードを打ったときに出てくる、予測変換のこと

・関連キーワード
Googleの検索結果表示画面の最下部に表示される、検索キーワードに関連するキーワードのこと

このように、サジェストワードと関連キーワードは、ユーザーが知りたいことを、先回りして教えてくれるGoogleの検索エンジンの機能であるといえます。
これらのキーワードを考慮して、記事の内容に含むことで、より網羅性のある記事にリライトすることができます。

例えば、「SEO対策」というキーワードのサジェストワードと関連キーワードは以下のようになります。

例)「SEO対策」
サジェストワード
SEO対策 とは
SEO対策 基本
SEO対策 費用
SEO対策 やり方

関連キーワード
seo対策 やり方
seo対策 google
seo対策 無料
seo対策 費用
seo対策 ツール
seo対策 本
seo対策 2019
seo対策 wordpress

もし、あなたが「SEO対策」というキーワードを狙っていて、上記のキーワードがコンテンツとして含まれていなければ盛り込んでみるといいでしょう。

ただし、記事タイトルとの整合性や検索意図とあっているかどうが大切なので、記事の内容が不自然になってしまう盛り込み方はNGです。

あくまで、検索してきたユーザーのニーズに応えられる記事内容になるよう、適切な形でコンテンツを充実させるようにしましょう。

記事タイトルを変更する

記事タイトルを変更するのは、一番コスパの良いリライト方法になります。
記事タイトルの変更で意識すべき点は、以下の通りです。

  • キーワードを含める
  • ロングテールキーワードを狙う
  • ユーザーがメリットを感じるタイトルを付ける
  • 文字数は30字前後に収める

このいずれかのポイントに改善の余地がある場合、まずは記事タイトルから変更することをおすすめします。

特にキーワードがタイトルに含まれていない場合は、必ず、タイトルに含むようにしましょう。
なぜなら、キーワードは、ユーザーやGoogleのクローラーが、記事の内容を判断する一番最初の材料になるからです。
検索キーワードが入っていないタイトルの記事を、ユーザーは自分のための記事と感じてくれないので、当然、クリックすることもありません。

また、狙うロングテールキーワードは、メインキーワードと同じ検索意図であるべきです。

なぜなら、ロングテールキーワードを狙った記事の質を高めることで、最終的に検索ボリュームの大きいメインキーワードでの順位上昇も望めるからです。

記事内容を刷新するよりも、タイトルを変更する方が、手間も少なく費用対効果が高いです。

まずは、タイトルを見直して、改善の余地がないか、確認してみましょう。

見出しをリライト・削除する

タイトルの次に見直すべき点は、記事の見出しです。

タイトルの場合もそうですが、見出しを変更することで、ユーザーの検索意図と記事内容が一致していると、検索エンジンに評価してもらうことができます。

例えば、上でも説明したように、関連キーワード・サジェストワードの内容を見出しにする、競合ページの見出しを参考にするなどして、ユーザーニーズを満たしたコンテンツを作りましょう。

また、ユーザーがページに訪れたときにまず確認するのは、記事の見出しです。

記事の見出しを見たときに、ユーザーの求める内容が含まれていそうだと判断すれば、ユーザーのページからの離脱を防ぐことができます。
ページの離脱率を下げられれば、SEO的にも高評価なので、検索順位の上昇に寄与するでしょう。

タイトルの次には見出しを確認し、ユーザーのニーズにあった、見出しにリライトしましょう。

最新の情報に更新する

ブログ記事のリライトで見落としがちなのが、コンテンツの内容を最新の情報に更新することです。

よく見落としてしまう更新情報としては、以下のようなものがあります。

  • 値段が変更されていない
  • 商品の最新版について言及されていない
  • 古いお知らせがそのままになっている

これらの情報は見落としやすいですが、ユーザーにとっては非常に重要な情報です。
特に、コンバージョン(商品を売ること)を狙っているページでは、成約の決め手にもなり得ます。

アクセスが集まっているページほど、多くの人が読んでいるということになるので、情報が古いままなのはもったいないです。

競合ページや、関連キーワード、サジェストワードを意識するのは当然大事ですが、公式ページなどの一次情報にもあたり、最新の情報に目を向けるようにしましょう。

更新日を記入する

リライトをする際は、必ず更新日を記入するようにしましょう。

なぜなら、基本的にユーザーは、検索するキーワードに対して、最新の情報を求めているからです。
同じ内容の記事が並んでいたら、ユーザーは更新日が新しい記事を選ぶでしょう。

また、記事内の本文に記述してもいいですが、検索結果に表示される日付を変更するのがベストです。
検索結果に表示される日付を変えることで、記事の新鮮さをアピールすることができるので、ページのクリック率が上がります。

具体的には、ワードプレスを使用してブログを書いている場合、[該当の記事]→「投稿の編集」→[公開メニュー]から、公開日時を変更することができます。
また、既存のブログサービスを利用している場合は、デフォルトの設定で検索結果によって表示される日時が変更される使用になっている場合もあるので、確認してみてください。

CTRリライト

ここでいうCTRとは、記事内に設置しているアフィリエイトリンクのCTRのことです。

どれだけブログにアクセスを集めても、アフィリエイト広告をユーザーに踏んでもらわなければ、ブログでの収益は見込めません。

アフィリエイトリンクのCTRを改善する具体的な方法には、以下のようなものがあります。

  • セールスライティングの本を読んでボタンまでの導線を確認する
  • 他のサイトの施策を真似してみる

まずは、これらの方法を試してみて、結果がよくなければ改善を繰り返し、最終的なブログの収益アップに繋げましょう。

CTRリライトと、検索順位アップのためのリライトをすべき記事を自分で見極める自信がないという方は、smartASPというツールを使いましょう。

あなたのサイトを自動で分析し、CTRリライトをすべき記事と検索順位アップのためのリライトをすべき記事を抽出してくれます。

smartASPの公式サイトはこちら

\全ての機能が無料/

ここでは、ブログ記事をリライトした後にやるべきことを、ご紹介しておきます。

ブログ記事をリライトして、記事自体の質が向上しても、ブログ全体のSEO効果を高められなければ、ブログ全体としてのパフォーマンスの向上は見込めません。
また、ブログ記事のリライトに効果があったかどうかを、チェックしておくことも、今後リライトを行っていく上での指標になります。

ブログ記事のリライトは、リライトするだけで終わることなく、ここで紹介するリライトに付随する施策も行っていきましょう。

内部リンクを整理する

リライトが終わったら、内部リンクの整理は必ず行っておきましょう。

なぜなら、リライトをすることによって、コンテンツの内容が変わり、元々貼っていた内部リンクとの関連性が薄くなっている場合があるからです。
また、逆に、記事公開当時にはなかった記事が、リライト時には増えていたりもするので、内部リンクを増やすことができることもあります。

コンテンツの内容を充実させるだけでなく、関連リンクも整理しすることで、ユーザーにより適切な情報を与えることができます。
ユーザーの利便性を高めることで、ユーザーのあなたのブログ内での滞在時間が長くなり、結果的にはSEO的な効果が向上することになるでしょう。

ブログ記事のリライトを行ったら、それに付随する内部リンクの整備も忘れないようにしてください。

リライトの効果を測定する

リライトする前にリライトの目的を定めたように、リライト後も、その目的をどの程度達成できたかを計測する必要があります。

ブログ記事をリライトすることによって、「ページのクリック率」と「検索順位」の上昇を狙っているはずなので、まずはそちらをチェックしておきましょう。
リライトの効果を測定するためのツールには、以下のようなものがあります。

  • smartASP
  • GRC
  • Googleサーチコンソール
  • Googleアナリティクス

これらのチェックツールを利用して、リライト後のクリック率、及び検索順位を、時間を起きながらチェックすることが大切です。

また、アフィリエイトリンクのCTRについても、アナリティクスのアウトバウンドクリックで計測できるので、一緒に確認しておきましょう。

クリック率や検索順位、アフィリエイトリンクのCTR以外にも、「滞在時間」や「離脱率」は、ブログのパフォーマンスを図る上で大切な指標となります。
ブログ記事のリライトは、やりっぱなしで終わるのではなく、しっかり効果を測定した上で、何が問題だったのかを考察するサイクルを回すようにしましょう。

smartASPを使うと、サーチコンソールで計測した順位を以下のようにまとめてくれます。

サーチコンソールで順位を管理

初心者には、見方が難しいサーチコンソールですので、順位を確認するだけでしたらsmartASPを使うことをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

まとめ:ブログ記事をリライトする方法と効果について

まとめ:ブログ記事をリライトする方法と効果は?

このページでは、ブログ記事をリライトする効果と方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。
このページの要点は以下になります。

  • ブログ記事を適切にリライトすれば検索順位が上昇する
  • ブログ記事をリライトする前に目標を定めることが大切
  • ブログ記事をリライトする際にはユーザーのニーズを把握し適切にコンテンツに含む
  • ブログ記事をリライトしただけで終わらず内部リンクの整備や、効果測定を忘れずに行う

ブログを運営する上で、記事を適切にリライトし、サイト全体の評価を高めていくことはかなり重要です。

ブログ記事をリライトする効果と方法について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

関連:初心者でもわかるブログの始め方

参考:おすすめの無料・有料ブログサービス22選

コメントを残す