ブログ記事のネタを探す方法【2019年最新】キーワードがカギ

毎日更新しようと思ったが、ブログ記事のネタが思い浮かばずに挫折してしまった・・・という方は多いのではないでしょうか?

そういう方は、ブログ記事のネタの探し方を知りたいですよね。

ブログ記事のネタを探す上で、多くの方は「自分の頭で考えないといけない」と思っているのではないでしょうか。

しかし、それは大きな勘違いで、ブログ記事を探すうえで必要なことは「キーワード選定」です。

このページでは、複数のサイトを運営し、SEOについて多くの仮設検証を行ってきた筆者が以下のことを解説していきます。

  • ブログのネタはキーワードから探す
  • ブログ記事のネタの選び方
  • 長期間アクセスを得られるキーワードがおすすめ
  • ブログ記事のネタはカニバラないように注意

このページを読めば、ブログ記事のネタの選び方が分かり、ネタ切れに悩まされることなく毎日更新できるようになるでしょう。

ブログ記事のネタはキーワードから探す

ブログ記事のネタはキーワードから探そう

先程も述べたように、ブログ記事のネタ探しにおいて最も重要なのはキーワード選定です。

キーワードベースで考える必要がある理由は、ユーザーはサイトを閲覧するさいにキーワードを検索エンジンに入力して検索するからです。すると、Googleは検索されたキーワードに関連したページを上位に表示しユーザーは上位表示されたサイトにアクセスします。

したがって、キーワードベースでブログ記事のネタを考えないと、Google検索で上位に表示されることが難しく、書いた記事も閲覧されないからです。

次の項目では関連キーワード取得ツールの活用方法について解説していきます。

ブログ記事のネタの選び方

ブログ記事のネタを選ぶ方法

ここでは以下のことについて解説していきます。

  • キーワードを調べる
  • キーワードボリュームで調べる
  • 質問サービスの活用法
  • 長期間アクセスを得られるキーワードがおすすめ
  • ブログ記事のネタはカニバラないように注意

キーワードを調べる

関連キーワード取得ツールを使うことで需要のあるキーワードを調べることができます。

ここでは関連キーワード取得ツールを活用したブログ記事のネタの探し方について解説します。

ブログ記事のネタを探す際のキーワード選定で役立つのが関連キーワード取得ツールと呼ばれるものです。

関連キーワード取得ツールにはいくつか種類があり、キーワードプランナー、ubersuggest、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)、キーワードツールなど様々なツールが存在します。

この関連キーワード取得ツールの検索ボックスに「ランチ」というキーワードを入力し検索すると。「ランチ」というキーワードに関連したキーワードが「個室」「インスタ映え」というふうに出てきます。

関連キーワードによって、ユーザーが「ランチ」を調べる際に重要視する情報が把握でき、どのようなキーワードで検索されているかが分かります。

この関連キーワード取得ツールで自分が書きたいテーマに対応したキーワードを取得したら、次はキーワードボリュームを調べましょう。

キーワードボリュームで調べる

キーワードボリューム(検索数)も関連キーワード取得ツールを使って調べることが出来ます。

キーワードボリュームとは検索エンジンで検索されているキーワードの検索数のことで、このキーワードボリュームから分かることは検索数と競合率です。

この2つを理解することで選ぶべきブログ記事のネタが分かります。それぞれ順を追って説明していきます。

無料版のキーワードプランナーでは1万~10万といったふうにアバウトな数値しか出ず、具体的なボリュームを調べることが出来ません。そこで、ubersuggestで具体的なキーワードボリュームを調べるのがおすすめです。

キーワードボリューム(月間検索数)・・・キーワードボリュームは、1か月に何回検索されたかを示す指標です。このキーワードボリュームによって、キーワードの需要が分かります。

Ubersugggestではボリュームだけでなくサジェストキーワード、関連キーワード、月間検索ボリューム、SEO難易度、有料難易度、クリック単価を調べることが出来ます。

競合率・・・競合率とは広告を出している広告主がどの程度いるか表した数値です。キーワードプランナーで確認することが出来ます。

一見キーワードボリュームの数が少ないと需要が下がり競合率が低下するように思えますが、「渋谷 美容室」のようにお金になりそうなキーワードであれば競合率は高くなります

この競合率の高さで大体のキーワード難易度を予測することができます。このようにキーワードボリュームだけでは一概に難易度が低いと判断することは難しいのでよく分析することが重要です。

SEO難易度・・・検索結果の上位に表示させる難易度で100に近いほど難易度は高い

有料難易度・・・広告に上位表示させる難易度でこちらも100に近いほど難易度が高くなります

クリック単価・・・1クリックあたりの値段を指しています。この単価が高ければ高いほど競争率は高くなります。

月間検索ボリューム・・・1年間の検索数の推移をみることが出来ます。この推移を見ることでそのキーワードのトレンドを分析することが出来ます。

トレンドアフィリエイトをやろうとしている人は、キーワードが上がり始めて記事を作成しても1ページ目に表示されるまで時間がかかるので注意が必要です。

キーワードボリュームが明らかに増えているならリライトすべき記事の優先度を決める時に役立ちます。

ボリュームの推移をこまめにチェックし、サイトの質を向上させていきましょう。

サジェストキーワード・・・サジェストキーワードでは検索候補の一覧を見ることができます。このサジェストキーワードからユーザーが求めている詳細な情報を知ることができます。

関連キーワード・・・関連キーワードの一覧を見ることができ、サジェストキーワード同様トレンド数とクリック単価などの情報を見れます。

また、Ubersuggestでは、フェイスブックとピンタレストでシェアされた数も分かるのが特徴で、どのようなキーワードがSNSで拡散されやすいのか分かります。

このように機能を色々紹介してきましたがubersuggestでは需要のあるキーワードだけでなくSEO難易度や月間検索ボリュームまで分かるので、キーワード選定にかなり役立ちます。

初心者の方におすすめするキーワードボリュームの目安は100~1000です。

100以下だとボリュームが少なすぎてアクセス数も収益化にもつながりにくく、1000以上だと競合率が激しいのでこれもまたアクセス数と収益化につながりにくくなってしまうからです。

ubersuggestで100~1000以下のキーワードを抽出する方法はキーワードが表示されている一覧の右上にある「フィルター」をONにするとキーワード数を降順と昇順に並べ替えることが出来ます。

質問サービスも活用しよう

Yahoo!知恵袋と教えてgooという質問サービスもブログ記事のネタを探す上で役立ちます。

質問サービスではユーザーの悩みが明確に分かるのでユーザーの悩みを解決する記事を書くうえでは必要不可欠です。

例えば「転職」というキーワードでお悩み解決系の記事を書きたいとします。

そこで、Yahoo!知恵袋や教えてgooで「転職」と転職の関連キーワードをリサーチすると質問内容がたくさん出てくるので、内容を見ていきます。

「転職」以外でも「仕事」「人間関係」といった転職に関系した話題がたくさんあるので、転職だけではなく、「仕事」や「人間関係」といった、転職の記事を書けそうなキーワードを見つけることができるのです。

長期間アクセスを得られるキーワードがおすすめ

キーワードには最短でアクセス数が得られるキーワードと時間はかかるが長期間アクセスを得られるキーワードの2種類あります。

前者のキーワードを取り入れて、アドセンス広告やアフィリエイトで稼ぐ手法をトレンドアフィリエイトと呼びます。

ここでは、トレンドアフィリエイトと普通にキーワードを選んだ場合を対比して、長期間アクセスを得られるキーワードがおすすめな理由を解説していきます。

トレンドアフィリエイトの記事

この手法は確かに多くのアクセス数を獲得出来ますが、作業量が多い、消費期限が早いというデメリットがあります。

常にアンテナをはって情報を得るのは勿論ですが、情報を得て世間で話題になっている間に記事を書かなければなりません。

なぜなら、一時的に世間で話題になったことは、時が過ぎると世間の関心が薄れるため、検索する人も少なくなってしまうからです。

また、著作権の問題からアドセンスの停止になることもありますが規約に違反していなければアカウント停止にはなりません。

長期間アクセスが見込めるキーワードの記事

最短でアクセス数を得ることは難しいですが、長期的にアクセスを得ることが出来るため固定ファンがつきやすく、良質なコンテンツを作りやすいというメリットがあります。

長期的なアクセスを得られるので、トレンドアフィリエイトに比べると、常に記事を書き続ける必要は少なくなります。

そのため、リライトなどでブログの質を高めることに集中でき、Googleに良質な記事として認識されやすくなるのです。

このことから、長期的なアクセスを得られ「資産」になるようなネタ(キーワード)で記事を書くことをおすすめします。。

ブログ記事のネタはカニバラないように注意

ここまでキーワード選定の重要さについて述べてきましたが、キーワードがカニバラないようにすることも重要です。

カニバリゼーションとは「共食い」という意味で、検索意図が同じキーワードを2つ書いてしまって、似たような記事が2つ出来てしまうことをカニバリゼーションと言います。

例をあげると、「アフィリエイト Amazon」と「Amazonアソシエイト」という検索意図が同じ2つのキーワードで記事を書いてしまったときにカニバリが起きます。

このカニバリは検索結果に影響します。

Googleは検索されたキーワードに対して関連性の高いページを表示しますが、サイト内で検索意図が重複しているページがあると、Googleがどのページが関連性が強いのか判断しにくくなってしまいます。

そのため、どのページを検索結果として表示していいか判断できなくなり、評価が分散するので検索結果の上位に表示されにくくなってしまいます。

このことからカニバリゼーション対策は非常に重要と言えます。

では、どうすれば似た記事が出来てしまうカニバリゼーションを解消することが出来るのでしょうか?

それは1つの検索意図に対して1記事を徹底することです。

「アフィリエイト Amazon」というキーワードで記事を書いたら、「Amazonアソシエイト」「アマゾンアフィリエイト」というように、同じ検索意図で記事を量産しないように気をつけましょう。

こういったブログ記事のネタのカニバリゼーションをおこさないためには、キーワードの検索意図をよく理解し、事前に検索結果を比較するのがコツです。

ブログの始め方は?おすすめのブログサービスは?

ブログを始める前に記事のネタの探し方を調べているという人もいるでしょう。そういった方のために、ブログの始め方も簡単に解説します。

ブログの始め方は意外に難しくなく、以下の手順で簡単に始められます。

  1. 始めるブログサービスを決める(ブログサービスについては、おすすめの無料・有料ブログサービス22選をご覧ください)
  2. 独自ドメインとレンタルサーバーを契約する(無料ブログの場合は不要)
  3. レンタルサーバーにワードプレスをインストールして完了

もっと詳しく知りたいという方は、初心者でもわかるブログの始め方をご覧ください。

まとめ:ブログ記事のネタの探し方

まとめ:ブログ記事のネタの探し方

ブログ記事のネタの探し方について解説しましたがいかがだったでしょうか。

このページのポイントは以下です。

  • 関連キーワード取得ツールを使ったキーワード選定
  • キーワードプランナーである程度のキーワードボリュームを出し、ubersuggestで具体的なボリュームを調べる
  • 質問サービスを活用すればユーザーの悩みが分かるのでお悩み解決の記事のネタになる
  • トレンドアフィリエイトよりも長期間アクセス数を得られるキーワードがおすすめ
  • キーワードの意味をよく理解し、カニバリが起きないようにキーワードを追加してバリエーション豊かにする

ブログ記事のネタはキーワードベースで見つけましょう。

キーワードからユーザーの情報を読み取るだけでなく関連キーワード取得ツールで得られる数値から需要を分析し、長期間アクセスを得られるキーワード記事を書くことが大切です。

キーワード選定について、まだよく分からないという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

コメントを残す