ブログの見出しが重要な理由とは?正しい見出し作成の方法を解説

ブログの見出しが重要な理由とは?正しい見出し作成の方法を解説

「ブログの見出しはどうやって作れば良いの?」「そもそも見出しって具体的に何?」と疑問をお持ちの方も多いでしょう。

実はブログの記事の見出しには、正しい使い方や決まった配置順序のようなものがあり、そのルールに沿って執筆するのが一般的となっています。

そこで今回は、多数のWebサイトの記事を執筆している著者が、Webサイトの記事における見出しについて詳しく解説していきます。

  • 見出しとはどういったものか
  • 見出しはなぜ必要か
  • 見出し作成のコツ
  • 見出しの正しい作成方法

この記事を読むことで、そもそもの見出しの話から実際の作成方法までをしっかりと網羅できますので、ぜひ自分のサイトへ反映させてみてください。

内容を簡単にまとめると・・・

・ブログの見出しは6種類あり、正しく使うことが重要
・ブログの見出しはシンプルが一番
・正しく見出しを作成することがSEOに有利
・SEO対策といえは無料ツールsmartASPがおすすめ
smartASPは次世代のメディア運営に必要不可欠なツール
・初心者にももちろんおすすめ

smartASP

 

ブログの見出しとは?

ブログの見出しとは

見出し作成方法に入って行く前に、まずは見出しについて理解することから進めていきましょう。

Webサイトで使われる見出しは、専用のタグを使用しながら階層分けをするような形で記事をまとめていきます。

その見出しには種類があって、大きく役割が違うといったものもあるのです。

見出しの種類は6種類

Webサイトで使用できる見出しの数は以下の6種類

見出しの種類

・h1
・h2
・h3
・h4
・h5
・h6

この6種類の見出しを使い分けることで、記事の内容をより分かりやすいものとしていったり、SEO対策を施していったりできるようになります。

そしてそれぞれの見出しには役割があって、特にh1とh2の使い方はSEO対策を行うにしても非常に重要なポイントです。

役割

・h1 → 記事タイトル
・h2 → 大見出し
・h3 → 小見出し
・h4 → 小見出し
・h5 → 小見出し
・h6 → 小見出し

このような形でそれぞれが独立した役割を持っています。

h4~h5は同じ小見出しとなっていますが全く同じではなく、見た目や配置の順番にも違いがあります

基本的に見出しは記事はじめからh2,h3の順番に使用し、その順番を逆に使用することはありません

また、記事タイトルのための見出しでもあるh1タグを文章内で使用することもありません

これにはきちんとした理由があり、このルールを守れずに執筆を行なっていくと、サイトへの悪影響を及ぼす可能性が非常に高いのです。

この見出しの順番やそれぞれの役割についてはこのあと詳しく解説します。

見出しはタグを指定して使用する

見出しは上記で紹介しているこれらの「タグ」を指定して使用していきます。

このh1やh2のタグは、Webページで文章を記述するために必要な言語であるHTMLで使われるタグです

見出しを利用する際の表現に関しても、このHTMLでのタグの表記をそのまま使われるのが一般的です。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

見出しが必要な理由とは?

見出しが必要な理由とは?

見出しがどのようなものかがざっと理解していただけたと思います。

では、なぜ見出しがWebページで必要とされるのでしょうか。

記事としての見た目や分かりやすさといった点では頷ける方も多いと思いますが、見出しが重要とされる理由には他にも大きなものが存在しています。

具体的には

見出しが重要な理由

・記事の内容が一目でわかる
・文章を分かりやすく伝える
・Googleの検索エンジンへ重要なキーワードを伝える
・ブログを読み進めるための目印となる
・目次作成が可能になる

特に検索エンジンとの関わり、すなわちSEOに関しても深い関わりがありますので、ポイントをしっかりと抑えていきましょう。

記事の内容が一目でわかる

一番は、見出しを利用することによって記事の内容を一目で理解できる点が挙げられます。

基本的にWebサイトに挙げられている記事は、見出しを流し読みしていくだけでも内容を把握できるような構造になることがほとんどです。

正しい見出しの順番や作成の手順をきちんと理解すれば、誰でも的確で分かりやすい見出しを設定できるようになります。

特にスマートフォンでWebサイトを閲覧する人が増えた昨今、記事の内容全てを読む人が少なくなっています。

そのため、見出しに書かれている内容だけで文章をある程度理解する人が多くなってきました。

実際スマートフォンを利用すれば多くの情報を素早く入手できるため、記事の内容が自分に合わないと思えば簡単にページから離脱されます

そういったことからも、素早く情報を知れる的確な見出しは、非常に重要視される部分でもあるのです。

文章をわかりやすく伝えるため

Webページは見出しごとに内容を区切って、細かく記述することがほとんどです。

そのため、きちんとした区切りで見出し設定が行われれば、内容が複雑化しにくくなるため、ユーザーは書かれている内容をより落とし込みやすくなります

また先にお伝えした「見出しを見ていくだけで内容をある程度把握できる」ということも相まって、ユーザーは書いてある内容をさらに理解しやすくなります。

見出しは基本的に、文章の内容を大まかに要約されていることがほとんど。

このことから見出しが目に入ると、ある程度書かれている内容がユーザーの頭に浮かびます。

その様な状態で文章を読み進めることで、より内容に理解度が深まるといったイメージです

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Google検索エンジンへ重要なキーワードを伝える

見出しが記事の内容を構成する意味で、非常に重要であることと合わせて、Googleの検索エンジンに対して重要なキーワードを明示可能であることも大きなポイントです。

これはすなわち、SEO対策に繋がるということ。

Googleの検索エンジンではそれぞれのタグを重要視しており、特にh1とh2に関しては検索順位選定のための大きな選考材料であるといわれています。

厳密にはGoogleの検索エンジンのシステムが、どういった形で検索順位を選定してるのか把握することができませんが、h1タグとh2タグの重要度は非常に高いものです。

h3タグやh4タグを使用することも多々ありますが、基本的にはh1とh2が大きな影響を及ぼしていることを頭に留めておきましょう。

また、タグには使用する際の注意点があり

注意点

・h1タグは記事中に表示させず、記事タイトルだけの使用
・上の階層のタグよりも先に、下の階層のタグを使用しない

h1タグは、利用することで記事の一番大切な内容やキーワードをGoogleの検索エンジンに伝えるといった役割も果たしています。

そういったこともあり、記事内で使用することはおすすめしません。

このh1タグを巡っては過去に、Googleのジョンミューラー氏がツイッター上にて「何度使っても構わない」といった趣旨のことを発言されています。

そういった状況であるもの、現在検索順位で上位を締める記事はh1タグの記事内使用が行われておりません。

実際に記事内で使用したとしても、警告文が表示されたりすることはありませんが、あまりおすすめできる方法でないといえます。

記事を上位表示させたいなら文章中での使用は避け、h1をタイトルの1つだけにすることをオススメします。

また、タグを使用する際にはその順番も重要となってきます。

基本的にはh2→h3→h4といった形で、数の小さいタグから降りていくように記述した方が自然でわかりやすいので、そのことも頭に入れておきながら執筆を行なっていきましょう。

ブログを読み進めるための目印となる

この記事でも実際に多くの見出しタグを使用して記事を構成しておりますが、この見出しがなければおそらくもっと読みづらい記事になっています。

自分がどこまでの内容を読んで、まだ読んでいないことはどこか目で分かる部分もありますし、内容をうまく理解できず読み返したい場合でも、簡単に記事を振り返ることができます。

内容面での分かりやすさだけでなく視覚的にも、記事全体の印象を大きくまとめる役割持っていると言えます。

目次の作成が可能となる

見出しを参考にすれば、目次を作成することができます。

目次作成に関しては2種類あります。

目次作成方法の種類

・導入しているWordPressのテンプレートやブログサービスが自動的に挿入してくれる場合
・自分で見出しを考案して、自分で記事内へ挿入する場合

基本的に多くのWordPressテンプレートやブログサービスでは、見出しから自動的に目次を抽出してくれるシステムが導入されていたりします。

このシステムは、ユーザーが指定したh2タグやh3タグの見出しを綺麗に階層分けして、自動的に記事の目次として表示を行なってくれるものです。

目次の形などは、この記事の冒頭に挿入された目次を参考にしていただいても分かりやすいかもしれません。

こういった自動挿入システムとは別に、自力で目次作成することも可能です。

基本的には自力で目次作成をする際にも、記事中に入れた見出しの順番を参考にして書けば良いので、

・見出し2

・見出し3

・見出し3

・見出し2

・見出し3

・見出し3

こういった構成で目次を作成すれば、自然な目次を作成することができます。

自動挿入が行われない方は、こちらも参考にしてみてください。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ブログの見出しを作成するコツ

ブログの見出しを作成するコツ

続いては、実際に見出し作成を行なっていく上でのコツを紹介していきます。

先にもお伝えした通り、ポイントを押さえることで誰でも的確な見出しを作成することができます。

見出し作成のポイント

・SEOを意識した見出し作成
・検索キーワードを入れる
・関連キーワードを入れる
・文章にしない
・シンプルな言葉を使う
・数字などを使い具体性をもたらす

ポイントはSEOを意識しながらも、シンプルで分かりやすい見出しにすることです。

ブログの始め方については「【初心者向け】ブログの始め方・作り方は?稼ぐために大切なことも解説」の記事をご覧ください。」

SEOを意識した見出し作成

SEOとは検索エンジン最適化を意味しており、ユーザーが調べたキーワードに対して検索順位で上位表示をするためのテクニックのことを指します。

例えば「車 購入」についてのサイトを運営しているのならば、車 購入というキーワードを検索した人の検索結果に自分のサイトを表示させたいですよね。

この検索結果での表示順位を少しでも高いものとするために、SEO対策が行われます

検索順位はもちろん1位に近くなればなるほど、多くの検索ユーザーを取り込むことができますので、サイト運営を行うならSEO対策は必須のテクニックといえます。

このSEO対策の1つとして重要となるのが、見出しに狙っているキーワードを入れ込むことです。

これは記事タイトル含めていえることで、h1で指定するタイトルやh2・h3で指定する各見出しには、設定したキーワードを入れることがSEO対策として重要視されています。

キーワードにも2種類あり、以下説明するキーワード2種類をうまいく使い分けながら見出しへ挿入できると、SEOとしての効果が期待できます。

キーワードの種類

・検索キーワードを入れる
・関連キーワードを入れる

検索キーワードを入れる

まずは検索キーワードです。

この検索キーワードとは執筆しようと思っている記事で一番狙いたいキーワードになります。

先に挙げた「車 購入」の例の場合、その車購入がまさに検索キーワードであり、このキーワードを記事内の見出しに入れることを意識しなければなりません。

見出しの例

・車を購入する時に必要な書類
・車を購入する時の注意点
・車を購入するために知っておきたい知識

こういった感じで、ブログの見出し内に検索キーワードを入れ込みましょう。

特にh2見出しにこの検索キーワードを必ず入れるようにしてください。

h3見出しでも可能であれば入れても良いですが、h2は見出しは非常に重要視される見出しですので、検索キーワードを入れることをしっかりと意識して執筆しましょう。

関連キーワードを入れる

関連キーワードは検索キーワードに関連したキーワードのことを指します。

こちらはGoogleの検索窓で実際に打ち込んでみると出てきたります。

「車 購入」をGoogleの検索欄に打ち込んでみると

  • 車 購入 リース
  • 車 購入 新車
  • 車 購入 費用
  • 車 購入 書類
  • 車 購入 中古

といった関連キーワードが並びます。

これらの関連キーワードを見出しの中に組み込むことで、SEO対策としてさらなる効果が期待できるとされています。

こちらの関連キーワードに関しては、h2見出しで検索キーワードと絡めながら入れるのも良いですが、一般的にはh3見出しに入れ込むことが多いです。

やはりh2見出しは重要視される見出しであるので、本当に軸としたいキーワードをh2見出しで強調させ、h3見出しでそのキーワードを後押しするように詳しく内容を掘り下げるといった形が自然な構造となります。

実際その方がより記事を詳しく表現できるといった側面があるためです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

文章にしない

記事作成に慣れていない頃は、見出しの部分を長ったらしく書いてしまい、まるで文章かのようになってしまうことがあります。

見出しは基本的に文章を要約する役割であったり、書かれていることが何かを簡単に伝えるといった役割を担っていますので、文章のようになってしまわないように注意しましょう。

シンプルな言葉を使う

文章にしないことと合わせて、できるだけシンプルな言葉を使うことを意識すると、より的確な見出し作成を行うことができます

先にもお話ししている通り、Webページの見出しは見るだけで、記事の内容を簡単に把握できるといった力を持っています。

これを最大限に活用した方が良いでしょう。

ですので、検索キーワードや関連キーワードを入れることを意識しながら、無駄な言葉を省き、わかりやすい見出し作成を行なっていきましょう

シンプルな言葉を意識していくと、自然と文章っぽいような見出しでなくなっていくこともあります。

数字などを使い具体性をもたらす

より的確な見出し作成のコツとして、数字を用いて具体性をもたらせるのも一つの手です。

統計や正式発表されている正しいデータを基にした数字の使用だけでなく、「車を購入するために気をつけておきたいポイント5つ」といったような数字の使用もかなり効果的です。

そうすることで、ブログに書かれている内容をより具体的に理解しやすくなります。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

正しいブログの見出し作成方法

正しいブログの見出し作成方法

ここからは実際に見出し作成を行なっていく上での、より具体的な部分に話を移していきます。

大きく以下の4つに分けて解説します。

  • 見出しの順番を知る
  • 見出し作成の良い例・悪い例
  • 見出し作成の注意点
  • 見出しのデザインを変更する方法

ここまでお伝えしてきた内容をより実践的に解説している部分もありますので、さらに理解を深めていきましょう。

また、ブログで収益化を図りたい方には「ブログで収益化を図る方法|自分に合った利益を上げる方法を探そう」の記事がおすすめです。

見出しの順番を知る

SEOとしての順番も大切ですが、記事全体としての内容を構築するといった意味でも、見出しの順番は大切です。

基本的な形としては、設定したキーワードに対する一番大きなニーズから順番に見出しを構成していきましょう。

検索するユーザー目線に立って、どんな内容が書かれていたら嬉しいのかを考えると作成しやすいかと思います。

よくある見出し構成の形

・記事の最初に近いほど、前提知識や意味など基本となることを詳しく記述
・その基本部分を含めて、具体的な方法やより深い内容を伝える
・後半部分で注意点といったポイントを伝えさらに深める

キーワードによっては、特にアフィリエイトサイトをはじめとしたサイトにおいて、この順番を無視した構成で記事が作られていることが多々あります。

販売したい商品やサービスだけを前面に押し出し過ぎているサイトが良い例です。

そのような構成ではユーザーの離脱率も上がり、商品購入の契約へたどり着かないことがほとんどでしょう。

せっかく訴求するなら、きちんとした形で以って商品をセールスしたほうが、より効果的な結果を得られるといえるでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

見出し作成の良い例・悪い例

ここまでの内容を基に、実際の正しい見出し例と悪い見出し例をご紹介します。

正しい見出し例

こちらでも「車 購入」を例に見出しを作成します。

h2: 車を購入する前にやるべきこと

h3:予算を決める
h3:ボディータイプを決める

h4:SUV
h4:クーペ
h4:セダン
h4:…

h3:メーカーを決める
h3:中古か新車かを決める

h2:車を実際に購入する時の流れ

h3:まずはディーラーに相談して車を決める

h4:ディーラーのおすすめ

h3:必要な書類を用意する

h4:住民票
h4:車庫証明
h4:…

h3:契約を行う
h3:納車

h2;車を購入際の注意点

h3:事故歴のある中古車に注意
h3:新品購入時のメーカーオプションに注意
h3:安すぎる中古車は故障率が高い

h2:まとめ:車を購入する方法や注意点まとめ

正しい見出しの条件は以下の通りです。

正しい見出しの条件

・タグの順番を間違えていない
・キーワードを適切に入れ込んでいる
・ユーザーが求める内容に出来るだけ沿った見出しの順番
・文章になっていない

などなど、ここまでお伝えしてきた内容を意識することがポイントです。

h2見出しに関しては大見出しといった扱いであるため、h3の次にh2見出しがくるといった流れであっても、問題ありません。

間違った見出し例

続いて間違った見出し作成の例を、引き続き「車 購入」をテーマにご紹介します。

h1: 車を購入する前にやるべきこと

h2:予算を決める

h3:ボディータイプを決める

h2:SUV
h2:クーペ
h2:セダン
h2:

h3:メーカーを決める
h3:中古か新車かを決める

h1:車を実際に購入する時の流れ

それぞれ赤く色を塗っている部分に注目してみてください。

まずはh1タグが文章内で使われていることが一つの問題点です。

これは先にもお話しした通り、Googleの検索エンジンに対して一番重要な内容を正確に伝えることができなくなってしまいます

続いて、タグの順番がおかしくなっていることです。

タグは基本的に数が小さいものから使用していくので、この記事の見出し構成の場合だと、順番がめちゃくちゃになっていることがみて取れると思います。

改めて、正しい表記の仕方を記述すると、

h2: 車を購入する前にやるべきこと

h3:予算を決める
h3:ボディータイプを決める

h4:SUV
h4:クーペ
h4:セダン
h4:…

h3:メーカーを決める
h3:中古か新車かを決める

h1:車を実際に購入する時の流れ

それぞれの見出しによる階層が逆転していないことを、理解していただけると思います。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

見出し作成の注意点

具体的な見出し作成方法や正しい例も参考にしながら、見出しを作成する際の注意点もお伝えします。

見出しの順番を間違えない

なんどもお伝えしている通り、見出しの順番は絶対に間違えないようにしましょう。

文章の記事内容として順番を前後してしまうならまだ問題はありませんが、タグの順番を間違えてしまうとSEO的に大きな不利を背負ってしまいます。

  • タグは基本的にh2→h3→h4といったよう小さい数から使用する
  • h1タグを文章中には使用しないようにする

このルールに沿って執筆を行えればSEO的にも良いことに加え、きちんと階層分けができるので、自然と分かりやすい記事の構成を作っていくことも可能となります。

デザインや雰囲気で見出しを使用しない

こちらはタグの順番にもかなり関係してくるのですが、サイトをはじめたばかりの頃はどうしても豊富な見出しにテンションが上がってしまったり、単純に見出しとしての役割を理解してないことから、デザインだけで見出しを使ってしまうことが多々あります

「このh2のデザインすごく好き!」

といった感情だけで判断して見出しを使用してしまうと、先ほどからお伝えしているタグの順番がバラバラになってしまいます。

最後に詳しく解説しますが、見出しのデザインはCSSというプログラミングコードを書き加えることで変更できますので、デザインでの判断はせず正しい使い方を守るようにしてください。

長くても30文字程度

見出しの長さの目安は30文字以内での作成がベスです。

長すぎてしまうと見出しのデザインが崩れてしまったり、先にもお伝えした“文章のような見出し”となってしまうため、ユーザーの頭に内容が入りにくくなるといった問題が発生します。

デザインが崩れても見辛いですし、文章のようになっても理解しづらいので、30文字以内を目安に出来るだけ短くキャッチーな見出しを設定しましょう。

見出しのデザインを変更する方法

見出しのデザインは好みのデザインへ変更することが可能です。

CSSと呼ばれるデザインを表示するためのプログラミングコードを編集することで、大きく形を変えたり、色の変更までも行うことができます。

実際のデザインコードはネット上にたくさん公開されています。

CSSに慣れてくると自分での編集も行うことができますが、慣れるまでは様々なサイトで公開されているコードを使用するので十分でしょう。

また、他のブログサービスも考えている方は「おすすめ無料・有料ブログサービス」についての記事もおすすめです。

WordPressとはてなブログの場合

WordPressとはてなブログは変更方法が似ています。

WordPressの場合は、ダッシュボードメニューの外観→カスタマイズ→追加CSSを開くと専用の記述スペースが開き、そこに使用したCSSコードをペーストすれば完了です。

はてなブログの場合は、ダッシュボードメニューのデザイン→カスタマイズ→デザインCSSの順番に開いていきWordPress同様、デザインCSSに用意された記述スペースに使用したいCSSのコードをペーストすれば完了となります。

ameba blogの場合

アメーバブログの場合はブログ管理画面→デザインの設定→CSSの編集と開いていくと、記述スペースが表示されます。

こちらの一番最後の部分に使用した見出しデザインのCSSをペーストして保存すると見出しが変更されます。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まとめ:ブログの見出しの必要性と正しい作成方法

まとめ:ブログの見出しの必要性と正しい作成方法

今回はブログの見出しの必要性や正しい作成方法について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

内容を改めてまとめると

  • 見出しは6種類あり、タグで指定して使用する
  • 記事をわかりやすくしたり、見やすくできる
  • Googleの検索エンジンへ大事な内容を伝えられる
  • 目次が作成可能に
  • SEOを意識し、できるだけシンプルな見出しにする
  • ユーザーが求める情報に合わせた順番を意識する
  • タグの順番をきちんと守る
  • h1タグを文章内で使用することは避ける
  • デザインで見出しを選ばない

記事をよりわかりやすくするだけでなく、検索順位の上位表示を狙っていくためにも重要なSEO対策の一つでもあります。

正しい見出しを作成してより高いクオリティの記事を執筆できるよう、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA