ブログで集客する方法!より多くの人を集めるコツは?

ブログで集客する方法!より多くの人を集めるコツは?

ブログを書いてるけど全然アクセスが増えない」「アクセスは集まったけど成約に繋がらない 」とブログの集客でお悩みの方も多いと思います。

これらの悩みの原因は努力の方向が違っている可能性が高いです。

実はブログを書く前の事前準備で集客できるかがほぼ決まっています。

このページでは、複数のサイトを運営し実際にブログで継続的に集客ができている筆者が以下のことを解説します。

  • ブログ集客できるワードを選定してSEO対策
  • 成果につながる記事作成の方法
  • 公開してからがスタート!ツールで記事を改善

このページをご覧いただければ、ブログを書く時間を効率的に使いながら集客につなげることができるようなります。

内容を簡単にまとめると・・・

  • ブログで集客をするには、SEO対策が1番
  • ブログの記事を書くときは、キーワードベースで考えるべき
  • ユーザー体験を良くし、よく読まれる記事を書くことも大切
  • 自分一人でSEO対策をする自信がないという方は、SEO対策をサポートしてくれるsmartASPを活用するのがおすすめ
  • smartASPは、サイトを自動で分析し修正すべき記事を抽出してくれ、SEO対策の中でも非常に重要である内部リンクを可視化してくれる
  • さらにsmartASPは全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は今のうちに登録しておくべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ブログで集客をする方法

ブログで集客する方法

ここではブログの集客方法を中心に解説していきますが、まだブログを持っていないという人は、まずブログの始め方をみながらブログを開設してみてください!

また、hatena blogなどの無料ブログは持っているという人は、初心者におすすめの無料・有料ブログサービスをご紹介も併せて読んでみてください!

書きたいことをただブログに書いて公開しただけでは集客はできません。SEO対策をして検索順位を上げる必要があります。

自身が検索をしているときを想像してみると分かりやすいですが、約4割の人は検索結果の上位1,2位のサイトしかクリックをしないといわれています。

悩みが深いワードでは、2,3ページ目までサイトを1つづつ見ていく人もいますが、多くは上位のサイトのみで悩みが解決されてしまうことが多いのです。

最近のSEO対策はキーワードを詰め込んだだけでは、むしろ逆効果でペナルティを受けてしまうこともあります。

また、SEO対策には必ずこれをすれば間違いないというものはありません。

中にはまったくSEO対策をされていないようなブログ記事やサイトが1位を維持しているケースもあります。これは検索クエリによって順位付けの基準が異なることが要因の1つです。

これからSEO対策を紹介していきますが、あくまで施策の一例のため、実際に対策していくワードではどんな指標が重視されているのか、トライ&エラーを繰り返し最適な方法を見つけていくことが大切です。

ペルソナを作りターゲット設定を明確化しよう

SEO対策として記事を書く際、まず読者は誰になるのか考えることから始めましょう。しかし「なんとなくこういう人かな」ターゲットのイメージが曖昧なままだと、集客がうまくいかずせっかく時間かけて記事を書いても努力がムダになってしまうこともあります。

そのような事態を避けるためには、ブログで紹介したい商品やサービスを記事にするためのペルソナをつくりターゲットを明確にします。身近にペルソナに近い人物がいる場合には、実際にインタビューをして、

  • いつ
  • どんな時に
  • どんな目的で

その商品やサービスを使うのか聞いてみます。それにより、思わぬ使い方や目的を知ることができるのです。

身近にペルソナがいない場合には、Yahoo!知恵袋やTwitter、InstagramなどのSNSから、より生の声に近い情報を手に入れるようにします。TwitterやInstagramのハッシュタグ検索もおすすめです。

こうした情報を元にできるだけ具体的なペルソナ像を作っていきます。例えば、

  • 30代既婚男性、妻と1歳になる子供と3人暮らし
  • 年収400万円で小遣いは月3万円
  • 埼玉県在住で毎日1時間かけて東京の職場へ通勤
  • 年収アップを目指して最近ビジネスサロンに入会

など実際にペルソナが生活しているシーンがイメージできるようになると、悩みを検索するときの言葉も自然と思い浮かんでるくるものです。

実際にどんな悩みを抱えて生活しているか、どんな時に楽しいと思ったり、幸せを感じるかなど考えていきます。

例えば、下記のような悩みや目的をもっていると想定できます。

  • 子供も生まれたし、仕事を頑張って収入アップを目指したい
  • 副業としてブログを始めてみよう。小遣いも増えたらいいな
  • 仕事が終わって帰宅すると21時くらい。副業の時間を作るのも大変だな

このように出てきた悩みを箇条書きにし整理をすることで、集客をするに当たってどういう訴求をすればユーザーに刺さるのか理解した上で記事構成を作ることができます。

ここまで、SEO対策のためのターゲット設定などを解説してきましたが、自分一人でSEO対策をするのは難しいという人もいるでしょう。

そんな方には、smartASPというSEOを強力にサポートしてくれるツールがおすすめです。

完全無料で、万が一使わなくなっても損することがないので、1度使ってみるべきでしょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ツールでキーワードを設定

ペルソナを決めたら実際にキーワードを選んでいきます。ペルソナの悩みや目的からキーワードの候補を出しますが、関連キーワードを取得できるツールもあります。無料で使える下記などが便利です。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
OMUSUBI
keysearch Beta

例えば、「ブログ収入」などと入れると、関連するいくつかのワードが出てきます。その中から

①メインのワード「ブログ 収入」

②検索意図が同じで合わせて狙っていくワード
「ブログ 報酬」
「ブログ 収入 平均」

を決めていきます。

次に、選んだワードの検索ボリュームがどれくらいあるのかチェックするのも大切なプロセスです。関連キーワードツールで出てくるワードは検索ボリュームがそれなりにあるワードではありますが、「検索順位が1位になったのにアクセスが全然増えない…」と思ったら実は検索ボリュームが月間10しかなかったという事態を避けるためにも調査をすることをおすすめします。

検索ボリュームの調査ツールとして有名なのはキーワードプランナーです。

キーワードプランナー

Googleが提供しているツールでGoogle広告(旧GoogleAdwords)で検索ボリュームを調査する時に使われています。

実際にGoogle広告を運用していないと細かいデータを見ることができない欠点があります。

無料で利用できるツールでおすすめは「Ubersuggest」です。

Ubersuggest

検索ボリューム以外に関連キーワードも調査ができます。

注意点として、キーワードプランナーとuber suggestで検索ボリュームが違うというケースも時々あります。

ただ、ほとんどの場合正確であると言って良いので、検索ボリュームを調べるときにはubersuggestを使うことをおすすめします。

記事構成を意識したコンテンツSEO

検索順位を上げるには、この記事はユーザーの検索意図にあった記事とGoogleに認識してもらう必要があります。そのためにはキーワードを適切に設定することが大切です。

検索意図とはユーザーの悩みです。上記の「ツールでキーワードを設定」で解説した方法でリサーチした悩みと、その解決策を書き出していきます。悩みと解決法がセットで書かれているとGoogleにキーワードとの関連性を認知してもらいやすく、ユーザーにとっても読みやすい記事となるので意識するようにしましょう。

また、記事構成を意識するにあたり、競合調査を行うことも大切です。上位のサイトを複数チェックし、記事が解決しようとしているユーザーの悩みを把握した上で、上位サイトのタイトル、各見出しに設定されている要素を網羅する構成にしていきます。

上位サイトは最もユーザーの検索意図に答えている記事であるため、上位の10サイトを読み込むことで共通しているポイントが見えてきます。この共通した検索意図から外れてしまうと、どれだけ読みやすい記事を書いたとしても、狙うキーワードでの上位表示は難しくなります。上位の記事が不足していると思われる内容を補うことも意識するようにしましょう。

上位記事で検索意図を把握する具体的な流れを解説します。

まず、「ブログ 収入」で検索をした時には、上位サイトには下記のようなテーマが共通してみられます。

  • ブログ収益を上げる仕組み
  • 実際の収入例
  • 稼ぐには継続が必要

このような内容からユーザーには「ブログで稼ぐ仕組みって?稼げるまでの期間と収入の目安を知りたい」といった検索意図があると想定できます。

内部リンクを最適化したサイト構造

サイト構造を最適化することもGoogleから適切な評価を受けるためには欠かすことができません。サイト構造はとても奥が深いですが、基本的には検索意図ごとにカテゴリを分け、それを細分化していくイメージです。

大カテゴリ「ブログ集客」から中カテゴリ「おすすめツール」、さらに小カテゴリ「Googleアナリティクス」へと階層をユーザーが降りていける構造にしていくことで、カテゴリに同じ検索意図の記事がまとまります。

記事数が不足しているカテゴリを一目で確認できる状態になるため記事の追加、更新もしやすくなりメンテナンスという点からも優れています。

内部リンク最適化のためには、同じカテゴリ中で内部リンクを張り巡らせる構造にした上で、上位表示させたい記事に内部リンクを集めていきましょう。

また、内部リンクを設定する際には必ずテキストリンクで設定をするようにします。Googleの画像認識の精度は上がってはいますが、基本的にはテキストの方が認識がされやすくなっています。Googleからも下記のようにアナウンスされています。

“重要な名前、コンテンツ、リンクの表示には画像を使用しないでください。Google のクローラでは、画像に含まれるテキストを認識できません。ページの主要なコンテンツとキーワードを通常の HTML 形式で記述できない場合は、ALT 属性を使用してください。”
出典:Google Search Console ヘルプ

alt属性はあくまで画像の代替テキストのため、アンカーリンクなど重要な箇所にはテキストを使用することが望ましいです。

ちなみに、具体的に内部リンクをどう当てるべきか知りたいという人は、実物を見ながら勉強するのが一番です。

つまり、カテゴリー分けと内部リンクを分析する必要があり、一番おすすめの分析方法はsmartASPの内部リンク可視化ツールを使うことです。

smartASP内部リンク可視化ツールを使えば以下のように、参考になるサイトがどのように内部リンクを張っているのか一発でわかります。

smartASPの内部リンク

他にも作業効率化機能や強力なSEO機能があるにも関わらず、全ての機能が無料なのです。

万が一使わなくても損はないので、smartASPを使うかどうかわからないという方でも、とりあえず登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

ユーザー行動もSEOに与える

近年はユーザー行動もSEOに影響を与える指標の1つといわれており、その比重も高まりつつあります。

その施策として、サイトの直帰率を減らすことも重要です。読者がサイトに興味を持つと、概ね直帰率が下がり、滞在時間が伸びます。

ファーストビューとなるサムネイルや冒頭文をしっかり作り込み、有益な情報があるページとして思ってもらえるために「最後まで読まれるかどうか」「しっかり時間をかけて読み込まれるコンテンツかどうか」を考え、修正し続けることが大切です。

SNSなどの外部対策も効果的

被リンクと同様にサイテーション(引用)も重視されてきています。SNS等で言及され、アクセスが増加することで、間接的に検索順位にプラスに働くケースがあります。

2017年に改訂されたGoogleが公式に公開しているガイドライン、検索エンジン最適化スターターガイドでも下記のように解説されています。

自然発生的な紹介や口コミこそが、ユーザーとGoogle
の双方において、サイトの評価を高める要素となります。しかし、
自然発生的な紹介や口コミは、サイトに質の高いコンテンツがなけ
れば、そもそも起こりえないものなのです。

出典:Google検索エンジン最適化スターターガイド(PDF)

近年では、SNS等のシグナルをGoogleは重視してきている傾向にあります。SNSでシェアされるには、ユーザー行動を起こさせるだけのコンテンツ量も必要になるため、文字数等にも気を配る必要があります。

ブログでより多く集客するコツは?

ブログでより多く集客するコツは?

多くのユーザーをブログへ集客し、成約につなげるためには良いコンテンツも必要になります。良いコンテンツとして評価されるための要素を解説していきます。

「ブログの記事数を増やせば、その分比例して集客数も増えるのでは?」と思う人もいるかもしれません。もちろん100PVを集める記事が100記事あれば1万PVとなりますが、そううまくいくものではありません。

あくまでGoogleの基本理念に沿ってユーザーの悩みを解決する記事を増やしていく必要があります。記事数を増やすことが目的になってしまうと記事の質が担保できず、上位表示もされないので集客を増やしていくのは難しくなります。

権威性、専門性、信頼性(E-A-T)を高めて差別化

ここ最近のSEO対策やユーザー体験の向上には権威性、専門性、信頼性が必要といわれています。

特にYMYLのジャンルではこの傾向が強くなっています。YMYLはYour Money or Your Lifeの略語で人生の大きな影響を与える健康、財務等のジャンルを指します。Google検索品質評価ガイドラインでも解説されています。

「一般人だから権威なんてない…」と思う人でもこれらを高くする方法はあります。

まず第一に特化型のサイトを作ることです。特定のテーマに特化し、あらゆる角度からの考察を入れた記事を書くことで、より専門的なサイトを作ることができます。

テーマのブレをなくすコツとして、記事を書く際にあらかじめキーワードを出しておくことで、途中で思い詰まったり、テーマに偏りが出にくくなります。

目安として、ブログを立ち上げる際に100〜200キーワード程出せば良いでしょう。

データを用いて説明する際には厚労省などの権威性のあるサイトの文献からデータを引用し、発リンクを設置することで「信憑性の高いサイトのデータを引用して説明している信頼できる記事」と評価がされ権威性の裏付けとなります。

また、サイト名で検索し流入を集める「指名検索」が増えることもSEOにプラスに働きます。指名検索が増えることでユーザーに認知がされており、権威性が高いサイトとして評価がされます。指名検索を増やすには、良いコンテンツを作り、認知をしてもらう必要があるため、近道はないですが、

  • 運営者情報をしっかり書く
  • SNSで露出を増やす
  • オフラインでの関わりを増やす

などの地道な取り組みを続けていくことが大切です。

独自のコンテンツを作るコツ

独自性が高い記事を書くには、どこかで見た聞いた内容よりも、自らが体験し感じたことを言葉にすることで、ユニークな単語を含む専門性の高い記事としてGoogleに評価されやすくなります。

未経験の内容を記事にするために、実際にその商品、サービスを購入し、体験してみることをおすすめします。コストはかかりますが、お試しコースやサンプルであったとしても実際に使った人とネットで検索しただけの人とでは説得力が大きく異なり、他のブログとの差別化をすることができます。

また、オリジナルの写真や図があると良いとされています。自らが体験しているのであれば、写真を撮っておくと、記事を書く際に役立ちます。画像検索で表示されることを考慮してaltタグも忘れずに設定しましょう。

一時期、altタグにもキーワードを詰め込むSEO対策が行われていたことがありましたが、あくまでaltタグは画像が表示されない場合や視覚障害の方の音声読み上げテキスト用に使用されるものです。無理にキーワードを詰め込むことはペナルティを受ける可能性もあるのでNGです。

狙っているキーワードとの関連性を強くする

関連キーワードを抽出するツールで関連ワードを記事内に含めていくことが大切です。ツールはキーワードプランナーや関連キーワード取得ツールなど使いやすいもので構いません。

先ほど紹介した関連キーワード取得ツールを例に解説していきます。ツール内にキーワードを入力すると関連キーワードの一覧が表示されます。その中でもサジェストに含まれるワードが検索数の多いワードになります。

検索意図が同じサジェストワードを網羅する形で記事を書いていくことで、ターゲットワードとの関連性を強め、キーワードに対する評価向上につながります。

膨大な数のサジェストキーワードが出てきますが、これをグルーピングした上で記事を書いていきます。

例えば、「ブログ収入」の関連ワードとして下記のようなグループに分けることができます。

①ブログを始めたい
「ブログ収入 始め方」
「ブログ収入 初心者」

②副業として始めたいけど税金が心配
「ブログ収入 会社」
「ブログ収入 確定申告 副業」

③ブログを書く時間と収入の目安が知りたい
「ブログ収入 月20万」
「ブログ収入 月5万」
「ブログ収入 月10万」

このようにグルーピングしたテーマを各見出しに割り当て、キーワードに関連したワードを網羅した記事を書くことでメインキーワードとの関連性を強めることができるのです。

ユーザー体験(UX)を向上させよう

実際にページへアクセスしてもらっても、ページが読みにくい、何が書いてあるのか分からない状態では、すぐにサイトを離脱してしまいます。直帰率が上がると成約に繋がらないばかりかGoogleの評価を落とすことにもなるのです。

そのためにも、まずは導入文に力を入れることが大切です。導入文とはページをアクセスした際にタイトルのすぐ下にある説明文です。ユーザーはここを見て「自分の探している情報がこの記事にあるのか」を判断します。

離脱をさせないためにも記事の要約をここに盛り込むようにします。答えを引っ張るよりも導入文で答えを「ネタバレ」させた方が読了率が高い傾向にあります。よくテレビで見かける「続きはCMの後で!」は視聴者の心象を悪くするというデータもありますので、ブログでもより親切に結論から書いていくことでユーザーの信頼を得ることにつながります。

ブログ集客に役立つツールで改善

ブログを集客につなげるためには、公開してから改善を繰り返していく必要があります。いわゆる「質の低い記事」を見つけ、リライトをしていくことが集客をさらに伸ばしていくためには大切です。判断は実際のデータを見ながら行うようにします。以下のツールをおすすめします。

アナリティクスでブログのアクセス状況を確認

アナリティクスでは、サイトへ流入後のユーザーの動きを見ることができます。成果につなげるためには、目標設定をした上で、どのページから流入し、どのページへ遷移したかを見ることで、正しくユーザーを誘導できているかがわかります。

また、アナリティクスではページごとに滞在時間、直帰率を見ることができます。[行動]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]へと進んでいくと確認ができます。これらの数値が悪い記事はすべてリライトしていくのが望ましいですが、時間に限りがある中で現実的ではありません。

そんな場合には、「検索順位が良い&クリック率(CTR)が高いが滞在時間、直帰率が悪い」記事から優先して行っていくようにします。サイトへは流入しているが求められていたコンテンツと違う、あるいは違うと思われている可能性があるためです。サーチコンソールを併用して、流入ワードから検索意図を推測した上で、コンテンツの見直し、リライトを行います。

しかし、リライトを行うといっても、どの記事をどんな風にリライトすれば良いのか判断できないという方も多いでしょう。

そういった方は、smartASPというツールを使いましょう。

smartASPは完全無料のツールでありながらも、GoogleアナリティクスとGoogleコンソールを分析して自動でリライトすべき記事を抽出してくれます。

さらに、順位を上げるリライトとページ内のコンバージョン率(案件成約率)を上げるリライトも分けてくれるので、非常に便利です。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

サーチコンソールでSEOの状態をチェック

サーチコンソールでは、検索エンジンから見たサイトの様々な状態をチェックできます。最も多く使用する機会があるのが検索アナリティクスです。

これは、「どんなキーワードで」「どのページに」流入したかを見ることができます。

例えば、1つのページに検索意図の異なる2つのワードから流入がある場合には、ページの評価が分かれている可能性があります。そのような場合にはページを2つに分け、キーワードの検索意図にあったコンテンツが提供できるよう見直しを行うことが望ましいです。

カバレッジではインデックスの状態を確認できます。コピー率が高かったり、コンテンツが薄い場合にはクロールはされたが、インデックスがされていない場合もあります。その他にも

  • URLの最適化
  • コンテンツの重複
  • リダイレクトエラー
  • モバイルユーザビリティエラー

などサイトに起きている様々なトラブルをサーチコンソールでは知らせてくれます。これらのエラーの中には検索順位に関わる重大なエラーもあります。

細かなエラーを改善していくことで、本来の適切な評価をGoogleから得ることができます。

GRCで順位変動をチェック

GRCで登録した各ワードの順位をチェックし、日々の変化を見ていくことで、成果の出ているワード、テコ入れすべき記事が明確になります。

記事ごとに狙っているキーワード、合わせて狙っていきたいキーワードを登録し、ページ単位で順位の変化を見ていきます。記事の方向性が合っているかも分かります。無料版と有償版がありますが、無料版では登録できるキーワード数に制限があります。有償版ではそうした制限がありません。GRCには思いつく限りのワードを登録し、後から削っていく運用方法が漏れがなく効率的です。

スタンダードプランでは5,000個までキーワードを登録でき、年額9,720円です。月払いができないのは難点ですが、ひと月あたり1000円以内でこれだけの機能を使えるとあってかなりコスパが高いです。登録しておいて損はありません。

また、競合サイトも登録をしておくことで、変動時に評価されているサイトを認識しやすくなります。GRCには100位検索という機能では特定のワードで100位以内のサイトがどのように変動しているかデータを取得してくれます。

大きな順位の入れ変わりがあった時に、上位表示されているサイト、下がったサイトの特徴をいち早く知ることができます。

最適な更新頻度、タイトル、見出し設定は?

「ブログは毎日更新した方がいいの?」といった疑問を聞くことも多いです。

例えば、ゲームの攻略サイトなど日々情報が更新されるジャンルでない限りは、更新頻度を重視する必要はありません。記事の量よりも質を優先して、更新をしていくことをおすすめします。

しかしながら、ある程度の記事数がないと評価がされにくいのも事実です。公開直後で記事数が少ない場合には、毎日更新を習慣化し一定の記事数を確保するようにしましょう。

予算面で余裕がある人は、ディレクションのスキルも多少必要にはなりますが、クラウドソーシングで記事を外注し、時間の短縮をするのも選択肢の1つです。業種にもよりますが、文字単価が1円をきると質が下がり、2円以上になるとそれなりに良質な記事が集まる傾向にあります。

タイトル、見出し設定時にキーワードを入れていく優先度はタイトル→見出し→本文です。Googleのクローラーはタイトル、見出しから優先して回っていくため、ここにキーワードを含むことで記事のテーマを認識してもらいやすくなります。

そのため、タイトルと見出しにはキーワードを含むようにしましょう。本文にもキーワードを入れていきますが、無理に含めようすると不自然な文章になることもあります。検索意図に答えようとすると自然と関連ワードが入ってくるため、キーワードの含有率などは意識する必要はありません。

ドメインパワーを改善

ドメインパワーを強めることは安定した検索上位表示につながりますが、ドメインパワーを上げることは簡単ではありません。今日でも影響が大きいのは被リンクで、良質なリンクを多くもらうことで上位表示がされやすくなります。被リンクをもらうためにはオンライン、オフラインを始め地道な努力が必要になります。

例えば、膨大な商品の比較検証を行った上でレビューをすることで有名な「mybest」では、商品のレビューを載せることで、大手企業のサイトから「mybestに紹介されました」といった形で被リンクをもらうことに成功しています。

ここまでの規模になると一朝一夕では難しいものですが、狭いジャンル、エリアで有名になり、被リンクをもらう動きをするなら実践できるケースもあります。泥臭く足で稼ぐことも被リンク獲得には大切な要素です。

また、サイトへ流入数、滞在時間もドメインパワーを高める一因となります。これらを高めるためには、コンテンツの質を上げることが一番の近道です。被リンク獲得にも共通しますが、引用をしたくなる記事、最後まで読みたくなる記事を作ることで、自然と増えていきます。

ブログ集客から成約までの導線作り

ブログ記事から成約につなげるためには、サイトの構造もしっかり作る必要があります。基本的にブログには「集客ページ」と「成約ページ」が存在します。

集客ページでは、クエリワードをはじめ、幅広いワードから流入を集めます。この時点では実際に商品やサービスを使う意欲は低い状態の場合が多いです。ユーザーの悩みに答え、「この商品、サービスを使うことで悩みが解決される」という認識が高まった状態で、成約ページに遷移してもらいます。集客ページでは、ユーザーが似たような商品を比べて迷ったりする時間を減らすために助けてあげるイメージです。

その後の成約ページでは、この商品で本当に間違いないのか、口コミはどうなの?といった情報を提供したうえで、メーカーの広告ページ(ランディングページ)へ進んでもらいます。

ここまでブログで集客するためのSEO対策について解説してきましたが、本格的なSEO対策について知りたい方はブログのSEO対策について解説を読んでみてください!

まとめ:ブログで集客する方法とコツについて

まとめ:ブログで集客する方法とコツについて

ブログで多くの人を集客する方法とコツについて解説しましたがいかがだったでしょうか?
このページのポイントは以下です。

  • ブログで集客するためのSEO対策は事前準備が重要
  • コンテンツSEOで記事の質を高めて集客の質を上げる
  • 効率的に記事の質を改善するコツはツールの活用

ブログで集客するためには、まずはサイトを見てもらう必要があります。事前準備をしっかりした上でSEO対策を行うことで効果的な対策ができます。

ブログは公開をしてからが本当のスタートです。日々のデータを見ながら改善をしていくことで、より多くの人の集客につながっていきます。

また、ブログで稼ぐにはSEO対策から作業効率化までサポートしてくれるsmartASPというツールの活用が必須ですので、まだ登録していない人は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す