アンカーテキストとは?役割とSEOに有効なポイントを解説

アンカーテキストとは?役割とSEOに有効なポイントを解説

「アンカーテキストとはなに?」や「アンカーテキストはSEOに関係あるの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

さまざまなSEO施策の中でもアンカーテキストは軽視されがちですが、実は、決して無視できるものではありません。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がアンカーテキストについて以下のことを説明します。

  • アンカーテキストの概要
  • アンカーテキストとSEOの関係性
  • アンカーテキストを記述する際に気をつけるポイント

このページを読むことでアンカーテキストが及ぼすSEO効果について理解を深めることがで、より有効的なSEO施策が行えるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • アンカーテキストとは、Webページに表示されるリンクの文章のこと
  • アンカーテキストはクローラーが巡回するためSEO対策に繋がる
  • SEO対策はウェブサイトを運営する上で最も大切と言っても過言ではないほど重要
  • SEO対策を今よりさらに効率よく効果的に行うなら無料ツールのsmartASPがおすすめ
  • なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれる
  • SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能
  • 競合分析も効率化してくれるため、非常に便利
  • 無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

アンカーテキストとは?

アンカーテキストとは?

アンカーテキストとは、Webページに表示されるリンクの文章のことを指します。

以下のような黒以外の色で装飾された文章で、クリックするとページ遷移やページのトップや要所にスクロールする要素に触れたことがあるはずです。

web Reach

(クリックするとwebリーチのトップページに遷移するので注意してください。)

ちなみにhtmlでは以下のように書きます。

<a href=”https://mediafox.jp/”>Web Reach</a>

非常に簡単に書けてしまうコードですね。

自分のサイト内に貼ってあるリンクは、あなたのコンテンツをユーザーに閲覧してもらうための導線です。

アンカーテキストはあなたのWebサイトが具体的にどのようなコンテンツを扱っているのかユーザーに知らせるために必要な要素であり、ユーザーにわかりやすく、かつ興味を持ってもらえるようなテキストにしてクリック率を向上させる努力を行えば、アクセス数を増やすことが可能になります。

また、アンカーテキストはリンクに表示されるテキストであることから、リンクテキストとも呼ばれています。

人によってはリンクテキストのほうがしっくりくるかもしれませんね。

アンカーテキストについて詳しく知りたい方は「内部リンクとは?」の記事をご覧下さい。

アンカーテキストとSEOの関係は?

アンカーテキストとSEOの関係は?

アンカーテキストは、ユーザーがページ遷移やページスクロールを行うためだけに存在しているわけではなく、SEOと密接に結びついており、あなたの作ったコンテンツをGoogle検索上位に表示するために必要な要素です。

ここではアンカーテキストとSEOの関係性について説明します。

他にもSEO対策について詳しく知りたい方は「SEO対策とは?」の記事をご覧下さい。

アンカーテキストはクローラーも利用する

Googleは世界中で公開されているコンテンツの検索順位を決めるために、クローラーと呼ばれるプログラムを使用してWebサイトがどのようなコンテンツを扱っているのか調査しています。

アンカーテキストはユーザーだけではなくクローラーも利用しており、サイトの扱っているコンテンツや階層構造の把握に使用されます。

クローラーはアンカーテキストとリンク先のコンテンツが一致しているかを確認しており、一致していると判断した場合はWebサイトの情報が正当であるとして検索上位に表示するために必要になってくる評価を行います。

また、アンカーテキストに含まれているキーワードはそのページにおいて大事な要素だと判断するため、キーワードに関する検索順位で上位表示するために必要となる評価に影響を与えます。

ただし、アンカーテキストが適切に整備されているという1点のみであなたのコンテンツが劇的に検索順位を上げるということはないため注意してください。

アンカーテキストに対してのSEO施策は、あくまで検索上位に表示させるために必要となるSEO施策のひとつでしかないためです。

ほかのSEO施策と併せて実施することによってはじめて検索順位向上の効果を発揮するのです。

クローラーがなんという文字列でアンカーテキストを認識しているかは、サーチコンソールで確認できます。

サーチコンソールの使い方に関しては、「サーチコンソールとは?使い方と登録方法を解説」を読んでみてください!

アンカーテキストは回遊率向上に有効

アンカーテキストを記述することによって、ユーザーはあなたのWebサイトにあるコンテンツをくまなくスムーズに回遊することが可能になります。

そのため、アンカーテキストはユーザーの回遊率向上に有効的な施策といえるでしょう。

また、「こちら」といった抽象的なアンカーテキストよりも具体的な内容が記載されているアンカーテキストのほうが記事内容をイメージできるため、回遊しやすいという点もアンカーテキストが回遊率向上に影響を与える要素のひとつです。

また、クローラーは、ユーザーがクリックしたリンクを集中的に巡回するという性質を持っているため、アンカーテキストをユーザーがクリックしたいと思わせる内容にすることも重要です。

ユーザーのクリック率が上がれば、その分クローラーが巡回する頻度も増えるため、あなたのWebサイトに関する情報がGoogleにより多くインデックスされます。

そのため、結果的にあなたのWebサイトやコンテンツは良いほうに評価される仕組みになっています。

また、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPという無料のツールがおすすめです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能だからです。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

アンカーテキストのポイント

アンカーテキストのポイント

アンカーテキストを記述するときにユーザビリティ面とSEO面から気をつけるべきポイントは4点存在します。

ここで説明する各ポイントは、ユーザーが快適にあなたのコンテンツを閲覧し、Googleから評価されるために必要となる重要な要素ですので、しっかり理解するようにしましょう。

キーワードを入れる

アンカーテキストには、必ず検索上位を狙いたいキーワードを入れるようにしましょう。

アンカーテキストにキーワードを含めることによって、情報が濃くなり検索エンジンから評価されやすくなります。

具体例を挙げると、SEOライティングに関するコンテンツを作成したい場合は、関係するキーワードである「SEO ライティング」をアンカーテキストに含めることによってSEO面で評価され、さらにユーザーからのリンククリック率が向上して回遊性を上げることができます。

また、先に説明したようにクローラーの特性からGoogleに多くのコンテンツ情報をインデックスさせることが可能です。

ただし、キーワードの入れすぎは逆効果になってしまうため注意してください。

キーワードを詰め込みすぎるとユーザーからわかりにくい印象を持たれてしまってクリック率が下がるばかりか、SEOの観点では悪い施策にあたります。

そのため、Googleから「ユーザーのことを考えてアンカーテキストを記述されておらず、検索上位に表示することしか考えていない」と捉えられてしまい、検索順位が下がるなどのペナルティを受けてしまいます。

キーワードについて詳しく知りたい方は「ロングテールキーワードとは?」の記事をご覧ください。

リンク先の内容がわかる具体的なテキストにする

アンカーテキストは一目でわかるよう具体的に書くようにしましょう。

今ではあまり見なくなりましたが、ひと昔前まではよく目にした「詳細はこちらをクリック」などはSEOとして適切ではありません。

「こちら、あちら、ここ、戻る、トップ、ホーム」といった抽象的な言葉は、人間には意味が通じますが検索エンジンだと理解できないため、SEOの観点からしても重要であるアンカーテキストには不向きの単語です。

アンカーテキストには「詳細は「アンカーテキストとは?役割とSEOに有効なポイントを解説」を参照ください」など、リンク先のコンテンツが容易に想像できるよう具体的なテキストを記述するようにしましょう。

テキストは簡潔に書く

ユーザーにリンク先のコンテンツについてよく理解してもらいたいときは、ついアンカーテキストを長く書いてしまいがちですが、テキストは可能な限り簡潔に書くようにしましょう。

テキストが長くなるとユーザーも読みづらくなりますし、検索エンジンが理解するのに時間がかかってしまうというデメリットが存在するためです。

具体例を挙げると「ユーザーと検索エンジンに最適なSEOライティングの方法について」と書くよりも「最適なSEOライティングの方法」の方が簡潔でわかりやすく、これくらいの内容でもリンク先のコンテンツについて十分に把握することができますよね。

アンカーテキストは長くてもおおよそ3つ程度の単語で構成されるくらいに留めておきましょう。

画像リンクの場合はalt属性を書く

リンクは文章だけではなく画像にもつけることが可能です。

リンク画像を使う場合、必ず行うべきなのがalt属性の記述。

alt属性の特徴や役割について知らないと「画像は表示されるわけだし、不要なのでは」と考えてしまうかもしれません。

alt属性は画像が読み込めないときに画像に変わって表示されるテキストです。

alt属性は画像の代替要素としてユーザービリティの向上に役立っているだけではなく、SEOで重要となるクローラーも利用しています。

サイトを回遊しているクローラーは画像を認識できないため、対象になる画像がどういう内容なのかalt属性を参照して、リンク先のコンテンツに適しているものか把握するように作られています。

そのため、alt属性はユーザーだけではなく、クローラーのためにも存在している必要不可欠な要素なのです。

また、alt属性のテキストは「テキストは簡潔に書く」の節でも紹介しているように長くなりすぎないよう、簡潔に書くようにしましょう。

これらの内容すべてはSEO内部対策に含まれます。

さらにSEO内部対策について知りたい方は「SEO内部対策とは」の記事をご覧ください。

また、それに加えて更に高度なSEO対策を行いたい場合はこちらのnoteを参考にしてください。

まとめ:アンカーテキストとは

まとめアンカーテキストとは?

アンカーテキストはユーザーにWebサイトを回遊してもらうために必須となる導線としての役割だけではなく、コンテンツを狙ったキーワードで検索上位に表示させるためにも重要な要素です。

Googleが検索順位を決めるために使用しているクローラーは、アンカーテキストを利用してコンテンツの調査やWebサイトの階層構造などを解析しているため、検索上位に表示させるためには適切なアンカーテキストを記述する必要があります。

アンカーテキストを記述するポイントは以下の4つ。

  • キーワードを入れること
  • 具体的なテキストにすること
  • 簡潔に書くこと
  • 画像リンクの場合はalt属性にもテキストを記述すること

この4つのポイントを心がけてアンカーテキストを記述することにより、SEO評価を上げることが可能になります。

アンカーテキストのみのSEO施策では、検索上位に表示されるまでには至りませんが、ほかのSEO施策と合わせることによって効果を発揮します。

ユーザーが閲覧しやすく、Googleから評価されるコンテンツを目指すためにもしっかりとアンカーテキストは整備するようにしましょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA