Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法

「Googleアナリティクスで、自分のアクセスを除外するにはどうすればいいの?」「除外するメリットとデメリットって何なの?」とGoogleアナリティクスについて悩んでいるのではないでしょうか。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する事で、より正確なアクセスデータが取得でき、SEO施策を行なった後によりリアルな効果を測定する事ができます。

このページでは、複数のサイトを運営し、SEOについて多くの仮説検証を行ってきた筆者が以下のことを解説します。

  • Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法
  • Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する理由
  • Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するメリットとデメリット
  • Googleアナリティクス で自分のアクセスを除外する際の注意点
  • Googleアナリティクスで自分のアクセス除外を確認する方法

このページを読めば、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法を理解する事ができ、より良いのSEO施策に役立つデータが取れる様になるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法は、拡張機能を使う方法とIPアドレスを指定する方法がある
  • 簡単なので、Chromeの拡張機能である「オプトアウトアドオン」を使って除外するのがおすすめ
  • 自分のアクセスを除外すべき理由は、アクセス数が正確でないとSEO対策などの施策の方向性を間違ってしまう可能性が高いから
  • また、アナリティクスと連携して使うべきなのが、アナリティクスのデータを自動分析してくれるsmartASPというツール
  • smartASPはGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを使って自動でリライトすべき記事を抽出してくれる
  • 他にも売り上げ管理・ASP案件比較・競合分析効率化機能があり、全ての機能が無料なので使うかわからないという人でも登録しておくのが無難
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法

Googleアナリティクスで自分のアクセス除外を確認する方法

ここからは、アナリティクスで自分のアクセスを除外する方法を解説していきますが、アナリティクスの使い方がわからない人はGoogleアナリティクスの使い方をまず読んでみてください!

アナリティクス自体何かよくわからないという人はGoogleアナリティクスとは?も併せて読んでみてください!

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法としては、2つあります。

  • 拡張機能「Google Analytics オプトアウト アドオン」を使って除外する方法
  • IPアドレスを指定して除外する方法

この中でも特にサイト運営初心者の方でも比較的、簡単に取り組めるのが前者の「拡張機能「Google Analytics オプトアウト アドオン」を使って除外する方法」ですね。

まずは上記の2つの方法で試してみるのがおすすめです。

もし、何か不具合や事情があって上記2つの方法が使えないということでしたら、後述している「その他の自分のアクセスを除外する方法」の項目で紹介している方法も試してみてください。

それではまず簡単にできる方法から、一つずつ詳しくみていきましょう。

拡張機能「Google Analytics オプトアウトアドオン」を使って除外する方法

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法の中でもっともおすすめの方法が「拡張機能「Google Analytics オプトアウト アドオン」を使って除外する方法」になります。

ここでいう「Google Analytics オプトアウト アドオン」とは、Googleアナリティクスのプラグインのことをさします。

具体的な導入手順から設定方法は、以下の手順を参考にしてみてください。

  1. 最初に”Googleアナリティクスオプトアウトアドオンページ“を開く
  2. 画面が表示されたら「Googleアナリティクス  オプトアウト アドオンをダウンロード」を選択する
  3. 画面が切り替わったら「Chromeに追加」を選択する
  4. 次に「拡張機能を追加」を選択する
  5. その後「Chromeに追加済み」と表示されれば、インストールは完了となります

インストールが完了した時点で、Googleアナリティクス で自分のアクセスを除外する設定は完了となります。

この方法は他の方法と比較してもとても簡単に設定する事ができ、設定できるブラウザの数も豊富でやりやすいのが特徴です。

<対応しているブラウザの種類>

  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Apple Safari
  • Opera など

ただ注意点として、サーチコンソールの検索画面のクリックは計測されてしまうことと、PC(ブラウザのみ)以外の端末、例えばスマホやタブレットなどには対応していないことを把握しておきましょう。

サーチコンソールとは何?という方や使い方がわからないという方は、サーチコンソールとは?使い方も解説を読んでみてください!

スマホやタブレットからだと”Google Analytics オプトアウト アドオン”でも、自分のアクセスがカウントされてしまうのでそれが嫌な方は後述している「自分のスマホのIPアドレスを除外する方法」の項目を参考にしてみてくださいね。

しかし、Googleアナリティクスは初心者にとってはどの指標を見ればいいのかわからないことが多々あります。

そして、せっかくGoogleアナリティクスを利用していたのにも関わらず、生かし方がわからないために結局使わなくなってしまったという方が多くいます。

そういったことを防ぐために、smartASPというツールがおすすめです。

このツールを使えば、以下のように大事な指標を絞って分かりやすくアナリティクスの情報を確認することが出来ます。

smartASPでアナリティクスを分析

そして、他の指標も見たいなと思ったらアナリティクスで確認するというのをおすすめします。

また、無料でリライトすべき記事も抽出してくれるので、特にSEO対策に自信がない、作業する時間を減らしたいという方におすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

IPアドレスを指定して除外する方法

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法の中で2つ目に簡単な方法としては、自分のアクセスとなるIPアドレスを指定して除外する方法があります。

簡単にいうとフィルタを設定して、自分のアクセスを通さない様にする方法ですね。こちらのやり方も大変メジャーな方法なので、サイト運営者である人は覚えておいて損はありません。

具体的な設定方法としては、以下の様な手順となります。

  1. Googleアナリティクスにログインする
  2. メニュー欄の左下にある「管理」を選択する
  3. 画面が切り替わったら「フィルタ」を選択する
  4. 次に「フィルタを追加」を選択する
  5. フィルタの情報を入力する(フィルタ名、フィルタの種類、IPアドレス等)
  6. フィルタ情報の入力内容を再度確認して、よければ「保存」を選択する

フィルタ情報の保存まで出来たら設定は完了となります。また、⑤のフィルタの情報を入力する際には、最初に「定義済み」を選択しその下にあるカテゴリーから「除外」を選択します。

その後、右の窓口の設定を「IPアドレスからのトラフィック」にして、「等しい」を選びます。

あとは、IPアドレスの入力欄に自分のIPアドレスを入力すればOKです。

フィルタ情報の項目別の役割をまとめると以下の様になります。

項目名 項目別の役割
フィルタ名 “自分のアクセスを除外”などのファイル名にしておくと分かりやすいですね。
フィルタの種類 「定義済み」→「除外」→「IPアドレスからのトラフィック」→「等しい」を選択しましょう。その他、自由にカスタマイズ可能です。
IPアドレス アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】“のサイトにアクセスすると、直ぐに自分のIPアドレスを把握する事が出来ます。

設定の詳細に関しては以上となりますが、この方法だとGoogleアナリティクスで直ぐにでも設定できるので、サイト運営初心者の方もで比較的簡単に設定できると思います。

自分のIPアドレスの調べ方もとても簡単な上に、設定方法もそこまで複雑ではないので是非とも試してみてくださいね。

その他の自分のアクセスを除外する方法

ここまでご紹介してきたGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法は、比較的サイト運営初心者の方でもできる簡単な方法ばかりでした。除外する方法としてはこの他にも以下の様な方法もあります。

  1. Cookie保存とフィルタ機能を使う方法
  2. トラッキングコード追加とブックマークレット作成を組み合わせる方法
  3. トラッキングコード追加してWordPressログイン中のみ除外する方法

前述した方法と比較すると少し難しく感じるかもしれませんが、この様な設定方法も知っておくと後々役に立つ場合もあるので是非とも目を通しておいてくださいね。

以下からそれぞれの方法に関して、詳しく解説して行きます。

Cookie保存とフィルタ機能を使う方法

ここでいう”Cookie(クッキー)”とは、あなたがインターネットを利用している際の情報を保存する機能のことをさします。

例えばあなたがショッピングサイトで欲しいものを買い物かごに入れたまま他のサイトへ移動したとします。その後またショッピングサイトに戻ってくることで買い物かごの中には以前入れたものが残っていますよね

これはcookie機能というユーザーの行動履歴を保存してくれる機能によって可能になっています

そんなcookie機能を活用して、Googleアナリティクスのフィルタ機能で除外するのが「Cookie保存とフィルタ機能を使う方法」になります。

特徴としてはPCやスマホ、タブレット全ての端末からの自分のアクセスを除外する事ができる事ですね。

具体的な設定方法としては、cookieを保存するためのHTMLのソースコードを準備する必要性があり、サイト運営初心者の方にはかなりハードルが高いです。

その他、cookieファイルには有効期限が定められており、一定期間ごとにアクセス除外用のcookieを保存しなおす必要があります。

また、具体的な手順としては以下の様になります。

  1. Googleアナリティクスにログインして画面を開く
  2. 画面右のメニューから「管理」>「フィルタ」を選択する
  3. 画面が切り替わったら「フィルタを追加」を選択する
  4. 「フィルタ名」に任意のフィルタ名を入力する
  5. “除外”を選び「フィルタの種類」で”カスタム”を選択する
  6. 「フィルターフィールド」を”ユーザー定義”(その他の欄にあります)にする
  7. 「フィルタパターン」に任意の文字列を入力し、保存を選択する

Googleアナリティクスでの設定は以上となりますが、設定がしっかりと保存できていれば管理画面でフィルタの内容が確認できる様になっているので、必ずチェックする様にしてください。

あとは、前述した様にcookieを登録するHTMLファイルを準備して、ページをサーバーにアップロードするだけです。

トラッキングコード追加とブックマークレット作成を組み合わせる方法

こちらは自分のアクセスを除外する条件を定めて、アクセス解析されない様にGoogleアナリティクスのトラッキングコードに手を加えて、その条件に対してブックマークレットを作成する方法になります。

ここでいう”トラッキングコード”とは、サイトに訪れるユーザの情報を取得するために各ページに埋め込んでおくコードのことをさします。

また、”ブックマークレット“とは、ユーザーがブラウザのブックマークなどから起動し、何らかの処理を行うためのプログラムになりますね。

こちらの方法の特徴としては、PCやスマホ、タブレット全ての端末からの自身のアクセスを除外する事ができる他、ブラウザ自体に条件が残り続けるため、自動IPアドレスの様に途中でアクセス除外できなくなることもありません。

ただ注意点としては、トラッキングコードの追加が除外したい全てのサイトに必要だということですね。

普段からプログラミングコードを使い慣れている方であれば設定に関してはとても簡単だと思いますが、初心者の方がいきなりコードをいじると思わぬトラブルになりかねないので、その点で自信がない方にはおすすめしない方法です。

トラッキングコード追加してWordPressログイン中のみ除外する方法

こちらの方法はWordPressログイン中はアクセス解析されない様に、Googleアナリティクスのトラッキングコードに工夫する方法になります。

先ほどご紹介した「トラッキングコード追加とブックマークレット作成を組み合わせる方法」と比べてブックマークレットの作成がないので、比較的簡単にできる方法でもあります。

特徴としてはWordPressログイン中のみ、自分のアクセスを除外できる事ですね。こちらもGoogleアナリティクスの元々のコードに少し手を加える方法になるので、コードを普段から扱い慣れてない方にはあまりおすすめしません。

また、具体的な手順に関しては以下の様になります。

①Googleアナリティクスのトラッキングコードを、以下の様に条件分岐タグで囲む

<?php if( !is_user_logged_in() ) : ?>
ここにGoogleアナリティクスのトラッキングコード
<?php endif; ?>

②WordPressの設定画面にある「外観」を選択し、テーマを編集を選択する

③テーマヘッダーの(header.php)のタグを選択し、ヘッダーの(<head></head>)の中に①のトラッキングコードを挿入する

設定に関しては以上となります。また、ここでいう”条件分岐タグ”とは、ページ内に含まれるデータに応じて条件を確認し、処理する内容を分けるためのものになります。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する理由

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する理由としては、大きく分けて2つあります。

  • 自分はサイトの”見込み客”ではないから
  • アクセス数が正確でないと、サイトの施策の方向性を間違ってしまいかねないから

まず、自分自身はサイトの見込み客ではありませんので、その数字が含まれてもサイトにとっては意味がありません。また、会社ぐるみでサイトを運営しているところは、社員がなんどもアクセスしている場合もあるので注意が必要です。

あくまでもサイトの分析データは、第三者であるユーザーのみに絞って数値化して分析する必要があり、自分のアクセスに関しては除外しておく方がより正しいデータに基づいた施策が打てる様になるのです。

例えばサイトの一日のアクセス数が100から200増えていて、もし仮にそのアクセスの内半分が会社の社員のものであるのならば、サイト運営者は間違った成功体験をしてしまう可能性があります。

間違った成功体験によって、意味がないSEO対策を意味があると思い込み、無駄な仕事を増やしてしまうのです。

その様なことがない様に、自分を含めた社員全員のサイトへのアクセスの除外がとても大事になってきます。

また、Googleアナリティクスの分析結果がしっかりと理解できなかったら、効果的なSEO対策を打つことが出来ませんよね。

そこでsmartASPというツールがおすすめです。

分析ツールの代表格である「Google Analytics」や「Google Search Console」と連携しているので、サイトの分析から掲載順位の監視、管理、確認までの多くの機能を簡単に利用することが可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するメリットとデメリット

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するメリットとデメリットに関して、ここではそれぞれ詳しく見て行きましょう。

運営サイトの設定を行う際にはメリットだけではなく、そのデメリットに関してもしっかりと把握した上で操作を行わないと思わぬトラブルを引き起こしかねないので注意が必要です。

必ず行う前にどの様な注意点があるのかなど、詳しく目を通しておいてくださいね。

メリット

  • 自分のアクセスを除外する事で、正しい分析データが取得できる
  • より良いサイトの施策が打てる様になる
  • 比較的設定は簡単なので、サイト運営初心者の方でも気軽に取り組める

ユーザーデータを正確に取るためにも、Googleアナリティクスの自分のアクセスを除外するのは必須です。

より正確な数値が分かる事でより良いサイトの施策が打てる様にもなりますし、その設定方法に関しても前述した通り簡単にできる方法もあるので初心者の方でも気軽に取り組めますね。

デメリット

デメリットに関してはこれといってないというのが正直なところですが、強いて挙げるなら「設定を間違えると思わぬトラブルになりかねない」という事でしょうか。

Googleアナリティクスの自分のアクセスを除外する方法の中には、Webサイトのコードをいじって設定する方法もあるので、その点で間違った設定をしてしまうとエラーが発生し、元に戻すのが困難になってしまうケースもありますので注意が必要です。

Googleアナリティクス で自分のアクセスを除外する際の注意点

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する際の注意点としては、IPアドレスで除外を行うとスマホの場合はIPアドレスがPCとは違うので除外できない場合があります。

前述した方法の中でもスマホのIPアドレスには対応していない方法が何件かあるので、その様な方法を選んで設定をする方は是非ともこの項目でご紹介している方法を参考にしてもらい設定を行ってみてくださいね。

それでは以下から詳しく解説して行きます。

自分のスマホはIPアドレスが変わるので除外出来ない

前述したGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法の中で、スマホやタブレットに対応していない方法は以下の通りです。

  • 拡張機能「Google Analytics オプトアウト アドオン」を使って除外する方法
  • IPアドレスを指定して除外する方法
  • Cookie保存とフィルタ機能を使う方法

これら3つの方法で設定を行っている方は、追加でスマホやタブレットの設定も行う必要があります。その理由としては、前述した様にIPアドレスがPCとは違うからですね。

自分のスマホのIPアドレスを除外する方法

自分のスマホのIPアドレスを除外する方法としては、お使いの端末がiOSかAndroidで別れてきます。

この様にアプリケーションをインストールする事で、それぞれ簡単に設定できる様になっているので、是非とも試してみてくださいね。

Googleアナリティクスで自分のアクセス除外を確認する方法

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法

設定はできたけどその確認方法に関しては分からないという方は、以下の方法を参考にしてみてください。

  1. 自身のサイトにテストページを用意する
  2. そのテストページにも予めGoogleアナリティクスのトラッキングコードを設定しておく
  3. Googleアナリティクスを開き、左のメニューから「リアルタイム」>「コンテンツ」を選択します
  4. 画面が切り替わると、現在どのページをユーザーが訪問しているか確認できます
  5. ④の画面に自身のサイトにテストページとして、作成したページタイトルがなければ確認完了です

確認方法はとても簡単なので、是非とも設定がお済みの方は一度しっかりと動作しているか確認してみてくださいね。

まとめ:Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法

まとめ:Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページの要点は以下になります。

<Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法 >

  • 拡張機能「Google Analytics オプトアウト アドオン」を使って除外する方法
  • IPアドレスを指定して除外する方法

<Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する理由 >

  • 自分はサイトの”見込み客”ではないから
  • アクセス数が正確でないと、サイトの施策の方向性を間違ってしまいかねないから

サイトの正確なユーザーデータを分析する上で、自身のアクセスは除外しておくことがとても大事なので、是非とも今回ご紹介した方法を参考にして取り組んでみてくださいね。

また、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

SEO対策について体系的に学びたい方は【2019年最新】SEO対策とは?基本と具体的な方法を解説を読んでみてください!

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す