おすすめのアフィリエイトツールランキングを解説!キーワード選定にはツールが便利

おすすめのアフィリエイトツールランキングを解説!キーワード選定にはツールが便利

「アフィリエイトをやる上でおすすめのツールを知りたい」「アフィリエイト必須ツールを使って生産性を上げたい!」と満足感の高くて良いツールがあるならぜひ知りたいですよね。

アフィリエイトのツールは、作業効率だけでなく、日々の作業のモチベーションも上げてくれます。

ここでは、100以上のアフィリエイトツールを使い尽くした筆者が、目的別におすすめツールを紹介します。

このページを読めば、自分が使うべきアフィリエイトツールを理解でき、さらに収益を上げることができるでしょう。

アフィリエイトの売上管理無料ツールはsmartASP一択

アフィリエイトの売上管理無料ツールはsmartASP一択

smartASPは、弊社Adfoxが提供しているアフィリエイト一括管理ツールです。

「自分の会社のツールだからおすすめしてるんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、smartASPは忖度なしにおすすめです。

今ままで個別のASPサイトで確認していた売上や、掲載中の案件をsmartASP一つで管理することができます。

これによって、作業が中断する時間・頻度が少なくなり集中力や作業効率のアップが期待できます。

そのため、集中力が下がることによるモチベーション低下に悩まされている方は改善される可能性が高いでしょう。

無料なので損することはありませんし、自分に合っているか一度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

まず最初に使って欲しいアフィリエイトツールおすすめランキング

まず最初に使って欲しいアフィリエイトツールランキング

この記事ではこれから数多くのアフィリエイトツールを紹介していきます。
しかし、その中で「多すぎて結局どれを使えばいいのか分からなくなる」ということが起こってしまう可能性があります。
そこで、100以上のアフィリエイトツールを使い尽くした筆者が「これだけは最低限利用するべき」というツールをご紹介します!

1位 smartASP

数あるアフィリエイトツールの中でも自信を持っておすすめできるのがこのsmartASPです。
smartASPは弊社Adfoxが提供するアフィリエイト一括管理ツールです。

様々な成果報酬型広告の売上と案件提携までを1つの管理画面で完結させることが可能なツールであり、そんな機能が完全無料で使えてしまいます。

複数のASPに登録していると、それぞれのサービスに売上をそれぞれのページで確認しなければいけないためアフィリエイトをやっている身としてはとても不便です。

しかし、smartASPはそれらを一括管理して大幅な時間短縮を図れます。このツール以降に紹介するものは全て有料でないと本格的な機能を利用できないものばかりですが、smartASPは無料です。このレベルのツールが無料で使用できる機会というのはほぼ無いと言ってよいでしょう。

まだ登録していない方は、ぜひ登録しておくことを強くおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

2位 GRC

 

GRCとはSEOの検索順位チェックツールです。

ボタン一つで全ての検索キーワードの順位を一発で調査することが可能です。

同じ種類のツールは今となっては多く存在しますが、このツールは2004年頃から配布が開始されており非常に多くの企業や個人に利用されています。

複数のサイト、複数の検索語に関してGoogle、Yahoo!、Bingの3つの検索エンジンの掲載順位を非常に簡単に取得・保存できます。

さらに、記事とキーワードを登録すれば、毎日順位を計測してくれます。

使用に際しては5つのプランがありますが、最上級のプランを用いたとしてもかかるのは年間24,300円です。

アクセスアップを効率的に狙ったり、ライバルサイトの強さをより鮮明に把握したりするツールとしてはGRCの右に出る者は無いと思います。

また、アップデートなどで特定のキーワードの順位が落ち込んでも対策を素早く取ることが可能です。

確かに本格的に運用するにはお金がかかりますし、そのお金もバカにはなりません。

しかし、GRCをうまく用いてアフィリエイトを行えば、今までより多くの収益をあげられることでしょう。

ぜひ登録することをおすすめします。

 

GRCの公式サイトはこちら

\月1000円以下のプランでも十分/

3位 Ahrefs

Ahrefsは、被リンクチェックや競合調査において最も役立つツールと言っても過言ではありません。

自社サイトや競合サイトをAhrefsで分析することによって、検索エンジンやソーシャルメディアからアクセス数を増加させるための貴重な情報を得ることができます。

さらに近年の画期的なアップデートにより、AhrefsはオールインワンSEOツールと呼べるほどに高機能なツールに進化しました。

ソーシャルメディア戦略に役立つ機能、キーワードリサーチ・選定機能などにも磨きがかかり、死角のないまさに必須ツールと言えます。

そんなAhrefsですが、利用に際して適用される料金プランは4つに分かれています。まずは無料トライアルを試してみましょう。

アフィリエイトをやるにあたりこのようなツールにお金をかけることを嫌う人もいますが、そんな人にさえおすすめしたいツールとなっています。

ぜひAhrefsを使ってみてはいかがでしょうか。

キーワード選定におすすめなアフィリエイトツールランキング

キーワード選定に有用なアフィリエイトツールランキング

各ツールの紹介に移りたいところですが、アフィリエイトをやるにあたり非常に重要な「キーワード」にまつわるツールを先にご紹介します!
他サイトの分析ツールなども必要ですが、やはりキーワード関連のツールがとても重要です。

1位 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

数あるキーワード系ツールの中で最も優れていると言えるのがこちらの関連キーワード取得ツール(仮名・β版)です。

「Googleサジェスト」「Yahoo!関連語API」「教えて!goo」「Yahoo!知恵袋」の情報元より関連キーワードを一括取得し、表示するツールです。

ここで注目したいのが、関連キーワード取得ツールはYahoo!知恵袋などの質問系に関するサジェストも表示してくれるというところです。

普通このような質問系サービスの検索結果は出ませんが、これによってサジェストに表立って表示されない「人々の悩み」を掴むことが可能です。

ニッチではありますが、儲かる隠れた財宝のようなキーワードを探るのにも有用です。

ぜひ使いましょう。必須級のサービスです。

2位 GRC

GRCとはSEOの検索順位チェックツールです。

同じ種類のツールは今となっては多く存在しますが、このツールは2004年頃から配布が開始されており非常に多くの企業や個人に利用されています。

複数のサイト、複数の検索語に関してGoogle、Yahoo!、Bingの3つの検索エンジンの掲載順位を非常に簡単に取得・保存できます。

具体的には、まずGRCで競合サイトの順位を調べておきます。

Googleアルゴリズムのアップデートなどで検索順位変動が起きてその競合サイトの順位が落ちた場合にはすぐさまGRCで確認します。

自分が勝てそうなキーワードであればそれに関する記事を集中的にリライトしたり、内部リンクや外部リンクを当てます。

このようにして競合サイトが順位を落とされて空いたポジションを取りに行きます。

使用に際しては5つのプランがありますが、最上級のプランを用いたとしてもかかるのは年間24,300円です。

アクセスアップを効率的に狙ったり、ライバルサイトの強さをより鮮明に把握したりするツールとしてはGRCの右に出る者は無いと思います。

また、アップデートなどで特定のキーワードの順位が落ち込んでも対策を素早く取ることが可能です。

確かに本格的に運用するにはお金がかかりますし、そのお金もバカにはなりません。

しかし、GRCをうまく用いてアフィリエイトを行えば、今までより多くの収益をあげられることでしょう。

ぜひ登録することをおすすめします。

 

GRCの公式サイトはこちら

\月1000円以下のプランでも十分/

3位 Keysearch Beta

Keysearch Betaとは、世界の主要国のGoogleサジェストを自動で取得して、キーワードマップを作成してくれるツールです。

登録などは一切不要であり、キーワード入力欄に対策キーワードを入れるだけですぐにキーワードマップを見ることができます。

しっかりと共起語や関連するキーワードごとにグルーピングをしてくれているのでとても見やすいものとなっています。

新しいサイト作成やカテゴリ追加、記事追加などに悩みや課題を感じているのであれば、とても参考になるツールだといえます。

前述のキーワードマップも非常に見やすく、これとキーワードプランナーなどのサービスで検索ボリュームを調べるという二刀流で分析を行うのもよいでしょう。

こちらは完全無料で登録不要であるため、まず一度は使ってみることをおすすめします。

アフィリエイトに便利なツールまとめ

アフィリエイトに便利なツールまとめ

キーワード系

  • 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
  • FindWord
  • Keysearch Beta

画像系

  • O-DAN
  • Canva
  • ぱくたそ
  • イラストAC
  • Shutter Stock
  • ClippingMagic
  • Pixabay
  • GIRLY DROP
  • ICOOON MONO
  • FLAT ICON DESIGN
  • バナープラス

外注用アフィリエイトツール

  • WP Writer Manager
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • タノムノ

競合分析用アフィリエイトツール

  • Ahrefs
  • MozBar
  • SEOチェキ

効率化ツール

  • Headline-Checker

順位計測ツール

  • GRC

記事執筆系

  • Note.app
  • Googleドキュメント
  • Evernote
  • 類語辞典
  • 文賢

アマゾン・楽天・アプリアフィリエイト向けツール

  • ヨメレバ
  • カエレバ
  • アプリーチ
  • Rinker

アフィリエイトのサイト管理ツールはWordPressがおすすめ

アフィリエイトのサイト管理ツールはWordPressがおすすめ

アフィリエイトやブログをこれから始めるという方は、ワードプレスで始めるべきです。

無料ブログではダメなの?という方もいらっしゃると思いますが。

しかし、削除される心配、企業が勝手に広告貼ること、デザインの自由度などを考えると、確実にワードプレスで始めた方が良いです。

アフィリエイトをワードプレスで始める方法を詳しく知りたい方は、アフィリエイトをワードプレスで始める手順をご覧ください。

それでは、ワードプレスを始めるためのサーバーは、どこで契約すべきなのでしょうか。

アフィリエイトでおすすめのサーバーはエックスサーバー

これからアフィリエイトを始める人におすすめのサーバーは、「エックスサーバー」です。

その理由は、エックスサーバーのレンタルサーバーはかなり速いからです。レンタルサーバーの速さは、ページ速度に直結します。

そして、ページ速度が速い方がSEO的に有利と言われているのです。つまり、ページ速度が速ければ速いほど自分の書いた記事が検索結果の上位に来る可能性が高いということです。

エックスサーバーと業界最安値のレンタルサーバーの料金の差は、年間5,000円程度、月間400円程度の差です。

SEO的優位性を買っていると考えれば安いものでしょう。

詳しい登録方法はアフィリエイトの始め方とやり方の記事にて説明しています!

エックスサーバーに申し込むには、以下のボタンを押してエックスサーバー のトップページにアクセスしましょう。
エックスサーバーの公式サイトはこちら

\SEO対策に有利/

アフィリエイトを始めるにはワードプレスが良くて、ドメイン・サーバーも必要なことがわかったけど、具体的にどうやってアフィリエイトを始めるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

具体的なアフィリエイトの始め方は以下になります。

  • 銀行口座を用意する
  • サイトを作成する【wordpressがおすすめ】
  • ASP(アフィリエイトの仲介サービス)に登録する
  • 掲載する商品を決める
  • 広告を掲載する

詳しくは、アフィリエイトの始め方とやり方をご覧ください。

おすすめのASPは?

ワードプレスでアフィリエイトやブログを始めようと思ったら、ASPに登録して案件を探さなければなりません。

当サイトが最もおすすめするASPは、PRESCOです。

理由は、アフィリエイターへの報酬単価が業界トップクラスに高いからです。

ASPは登録して、結果的に使わなくてもお金がかからないので、今のうちに登録しておきましょう。

他のおすすめASPも知りたいという方は、「アフィリエイトASPおすすめ53選」または、「アフィリエイトASP44社を徹底比較」をご覧ください。

キーワード系アフィリエイトツール

キーワード選定に有用なアフィリエイトツールランキング

まずは、記事作成に欠かせないキーワード分析のためのツールを2つご紹介します。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

こちらは、Googleのサジェストなどの関連キーワードを取得するためのツールです。

記事を作るときの必須ツールといってよく、どのキーワードを狙うか考える上では欠かせないツールになります。

関連キーワード以外にも、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」の関連する質問も表示され、ユーザーニーズの把握にも非常に役立ちます。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

FindWord

FindWordも、Adfoxが作成した共起語抽出ツールです。

検索結果で上位を取るためには共起語を適切に捉え、文章中で使うことが重要になります。

このツールは、その共起語を適切に捉えることをサポートしてくれる以外にも、競合ページのURLを入力すれば、そのページに足りない共起語を抽出してくれるので、弱点分析にも活用できます。

FindWord

Keysearch Beta

Keyserch Betaは無料の関連キーワードツールです。特定のキーワードの検索候補を洗い出すことが可能です。

マインドマップのようにわかりやすく表示されるため、こちらもおすすめです。

Keysearch Betaの公式サイトはこちら

画像系アフィリエイトツール

画像系アフィリエイトツール

O-DAN

O-DANは高品質フリー画像サイトです。

有名なフリー画像サイトには、「ぱくたそ」などがありますが、他のサイトと同じような雰囲気にしたくないという方や、ページに高級感を出したいという方はO-DANがおすすめです。

O-DAN

Canva

最近のグーグルの傾向として、画像を重要視するキーワードが多くなってきたと感じることがあります。

そのため、オリジナルの画像の作成は重要になってきていて、Canvaはそのオリジナル画像の作成を簡単にしてくれるWebサービスです。

5つほど有名どころの画像作成サービスを利用してみましたが、一番使いやすかったのでCanvaがおすすめです。

Canva

イラストAC

アフィリエイトをする中で「画像選定」という作業は編集者を悩ませます。無料、もしくは少額の課金で商用利用可能な画像を見つけることはとても大変です。しかし、だからといって同じ画像を使い回してしまうと記事のスペースを無駄に食ってしまうだけでなくサイト全体が安っぽくなってしまいます。そんな中、イラストACを使用すればイメージに合った画像を素早くDLすることが可能です。

イラストACには「イラストAC」「画像AC」「シルエットAC」という3つの素材サイトが存在します。

そして、どれか1つのサイトにプレミアム登録をすると3つ全てのサイトにてプレミアムのサービスを受けることができるようになります。素材選びが非常に短時間で終わり、その分を記事執筆や他サイト分析に回せるため時間の有効活用ができます。

このプレミアム会員は2019年10月現在は月額916円にてその権利を買うことができますが、イラストACが公式に「この先、遅かれ早かれ100%値上げを実施する」という声明を出しています。このプレミアム会員、元は300円程度の権利だったのですが、数回値上げをして現在では900円をオーバーしています。月額の支払代金は登録時の月額で固定されるため、もしイラストACのサービスを魅力的に感じたなら、早めの登録をおすすめします。

イラストAC

Clipping Magic

アフィリエイトサイトに掲載する画像を選ぶ/作る中で、例えば「どうしてもこの商品の本体部分だけを切り抜いて掲載したい!」と考えることはありませんか?そのお悩みはClipping Magicを使うことで解決します。

Clipping Magicは非常に簡単に画像の切り抜き加工ができるクラウド型の画像加工サービスです。例えば、背景とそこに写っているリンゴの画像があった時、Clipping Magicを使用すればいとも簡単にリンゴだけの画像を抜くことができます。使いどころとしては、例えば「これからの季節にあると嬉しいモノ10選!」という記事を作成する時に、記事のサムネイルとしてそれらの商品10個が集まっている画像があれば読者は内容をイメージしやすく、より多くの人が見てくれるでしょう。そんな時にそれぞれの商品画像をClipping Magicで抜き出し、貼り付けることで簡単に画像を作成できます。

気になる利用料金についてですが、

月15枚までの画像加工 3.99ドル
月100枚までの画像加工 7.99ドル
月500枚までの画像加工 14.99ドル

となっています。月に500枚もの画像加工を行う人は少ないことだと思うので、上2つのプランのどちらかを選んで使うのがよいでしょう。その場合であってもこのレベルのサービスが月額400~800円という破格で利用できるというのは正直に言うと最高だと思います。ここのお金をケチってフリーの切り抜きソフトで貴重な時間を使って悪戦苦闘するよりは、お金を払ってその時間をスキップするのがよいでしょう。これはこのソフトだけではなく、他のことについても言えることだと思います。

Clipping Magic

Shutter Stock

Shutter Stockは2003年にプログラマーであり、写真家でもあるJon Oringerによって設立されたストックフォトサービスです。15年近くの歴史を持ち、ストックフォト界での知名度は非常に高いです。知名度だけでなく、海外のサービスであるため利用者や写真数は非常に多く、コンテンツの数がとにかく多いというのも長所。

そんなShutter Stockの契約プランについて。全体としてはこのようになっています。

ベーシックプラン 画像5点 6000円
画像25点 30000円
プロフェッショナルプラン 画像750点 25000円/月
画像350点 22000円/月
チームプラン(1ヶ月画像750点固定) 2ユーザー 37599円/月
3ユーザー 50189円/月
4以上   62779円/月

表を少し眺め、月額を画像数で割って1枚ごとの値段を考えればすぐに分かるのですが、Shutter Stockを使う場合はプロフェッショナルプラン以外ありえないと考えて良いでしょう。ベーシックプランは画像1枚あたり1200円ですが、プロフェッショナルプランを使うと画像1枚あたり約33円。この露骨すぎる価格設定に私も驚きました。Shutter Stock側の「月額プランを使ってくれ」という声が嫌でも聞こえてきそうです。この通り、Shutter Stockは月額契約することをおすすめします。

「とはいえ、高くないか?」と感じると思います。ですが、実際にShutter Stockで画像選定を行った経験のある私からは「Shutter Stockを使うと爆速で画像が手に入るようになる」という感想です。今までの10倍のスピード感で画像が決まります。記事の更新回数などを考えると、この差は1ヶ月も経つと莫大なものになるでしょう。上のサービス紹介のところでも書きましたが、お金を払って時間を節約するという考えは非常に重要です。特に個人アフィリエイターの方などは自分でほとんどの業務をこなさなければいけない方がほとんどだと思います。そんな中、高品質かつ的確な画像を一瞬で手に入れることができるShutter Stockは魅力的です。

Shutter Stock

Pixabay

Pixabayは完全フリーの画像配布サイトです。ここまで紹介してきたサービスには有料のものが多く見受けられましたが、こちらのPixabayは完全無料で画像をダウンロードすることができます。またアフィリエイトを中心とする営利目的での使用についても、公式サイトが許可しています。

つまりPixabayは著作権のない画像や動画を共有する、活気のあるクリエイティブコミュニティです。すべてのコンテンツはクリエイティブコモンズCC0(いかなる権利も所有しない)の下で公開されています。これにより、たとえ商業目的であっても、許可を求めたりアーティストに信用を与えることなく安全に使用できます。しかし、画像には商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが含まれている場合もあります。これはどういうことなのかというと、写真に写っているメーカー名、人の顔には注意が必要ということです。テレビによくあるようにぼかしを入れるなどして対応する、もしくはそもそもそのようなものが写っていない写真を採用する、などの手段を取りましょう。

Pixabay

GIRLY DROP

GIRLY DROPはクレジット不要・商用利用可能なフリー写真サイトです。その名の通り可愛らしくてオシャレでポップ、女の子向けの写真を多数掲載しています。カテゴリの分け方も明確であり、「女の子」「ファッション」「美容」「カフェ」「イベント」「花・植物」「雑貨・インテリア」「動物」「風景」「誕生日」などの分類がなされているため自分が欲しい画像に近いものをクリックするだけで簡単に画像を選ぶことができます。また、ダウンロードできる写真の右上には「キュンボタン」と呼ばれるものがあり、「キュン」とした時に何度でも押すことができる機能になっています。

GIRLY DROP

ICOOON MONO

ICOOON MONOは「モノクロでシンプルなアイコン画像」を探している方にぴったりの無料画像配布サイトです。商用利用可能であり、リンクおよびクレジットの表記義務もありません。さらにICOOON MONOではサイト上でファイル形式を変更可能であり(PNG,JPG,SVG)、色もサイト上で変更できます。おまけにアイコンサイズも変更できます。「シンプルなアイコンが欲しい」と感じたらこのサイトを使えば全てが解決します。

ICOOON MONO

FLAT ICON DESIGN

FLAT ICON DESIGNは、昨今WEBデザインやスマートフォン向けUIなどで人気を博しているフラットデザインのアイコン素材を無料(商用利用可能)で配布しているサイトです。「PC・ビジネス」、「日用品・生物など」、「イベント・エンタメ」、「健康・料理・食品」、「交通・地図」、「ベーシック」などのカテゴリが存在します。洗練された非常に完成度の高いデザインが特徴です。画像サイズも幅広く、「16×16」「32×32」から「512×512」まで用意されています。ファイル形式もEPS、AI、SVG、JPG、PNGと同じく幅広く用意されています。

FLAT ICON DESIGN

バナープラス

バナープラスは、どんな初心者の方であっても短時間でプロのようなバナー画像を作ることができる有料画像作成ソフトです。バナー画像の出来は売上に直結します。どんなに実物がよいものであろうと、「ダサい(切り抜きが雑、背景に力を入れていない、文字の装飾が貧相など)」バナー画像ではユーザーもその広告をクリックして見てみようという気持ちにはなりません。その他にも、バナー画像の質はそのサイトの品質にも直結します。綺麗にまとまった広告を貼っているサイトと、粗雑な広告を貼っているサイトでは前者のほうが信頼できそうと感じるのは普通でしょう。バナー画像が貧相であるとスパムサイトや詐欺サイトのような雰囲気すら醸し出してしまいます。

ですが、バナープラスを使えばリッチで「イケてる」バナー画像を数分で作成することができます。また、そのようなバナー画像をプロのWebデザイナーに外注すると、打ち合わせや各サイズの制作料など諸々含め1デザイン9万円近くかかることもよくあります。しかしバナープラスは年間で14700円。お得としか言いようがありません。さらにデザイナーに外注すると製作期間ということで時間がかかるのですが、バナープラスを使うとものの数分でバナーができてしまうため時間的な節約まで可能です。

バナープラス

外注用アフィリエイトツール

外注用アフィリエイトツール

WP Writer Manager

WP Writer Managerは、Adfoxが自信を持って開発したライター管理用ツールです。

ライターさんに記事を外注してメディアを運営している方に、役立つツールになります。

ほとんどの人は、ライターさんの記事や報酬の管理をスプレッドシートで行なっていると思いますが、このツールを使えばそれらをワードプレス上で管理することができます。

料金は買い切り1,980円なので、シートを作るコストを考えると投資した方が良いという方は多そうです。

WP Writer Manager

クラウドワークス

外注全般でおすすめなのは、クラウドワークスです。

記事作成から画像の作成、プログラミングを使う案件まで様々な仕事を外注することができます。

有名な外注サービスであるランサーズよりも、メッセージ画面がわかりやすく、仕事が進みやすいという感覚があります。

そのため、自分で記事を作るのが疲れた、自分ではできないがプログラミングを使ってやりたいことがあるという方におすすめです。

クラウドワークス

タノムノ

タノムノは、「イラストレーターが制作活動を続けられるように適正価格でイラストを描ける」「イラストをブログなどに使いたい人が好きなイラストレーターに出会える」ように作られた、イラストを描きたい人と描いて欲しいを繋げるメディアです。依頼の流れとしては「タノムノで好みのイラストレーター・絵描きさんを選ぶ」、「タノムノに掲載されているTwitter・ブログから連絡を取る」、「希望を伝え、後日納品」というものになっています。

タノムノではイラストレーターがそれぞれ得意とする絵柄がカテゴリ分けされています(ほんわか系、キレイ系など)。自分が求める絵柄を選び、そこからイラストレーター選びをします。そこからイラストレーターを選んだら、Twitterやブログから本人にコンタクトを取ります。タノムノではなくイラストレーター本人のTwitterやブログを通すことで、「この人は信頼できるか」といった人となりをある程度知ることができます。そこからは希望のイメージを主に「文章」で伝えなければなりません。説明不足が起こらないように丁寧に説明しましょう。

このように、「自分で画像作成を頼むことができる」ということが非常に大きな強みです。タノムノは、上で紹介した画像収集用のサイトとは一線を画しています。

タノムノ

競合分析用アフィリエイトツールはAhrefsで十分

競合分析用アフィリエイトツールはAhrefsで十分

Ahrefsは、smartASPの次におすすめのツールです。

サイトを始めて1~3ヶ月の、超初心者の方には必要ないかもしれませんが、売上を本気であげたいという方にとっては必須のツールといっても過言ではありません。

実際に何ができるかというと、競合サイトがどのページでどんなキーワードをとっているのか、どんなリンクを当てているのかを、確認することができます。

SEOでは、競合の情報を把握し、競合以上の施策やコンテンツを実現するというのが大切になっています。

したがって、競合サイトを丸裸にできるAhrefsは、アフィリエイトで収益を上げたいと思っている方におすすめです。

Ahrefs

MozBar

Ahrefsがいくら優秀とはいえ他の分析ツールを一切紹介しない、というのはこれを読んで頂いている方に有益ではないため、他にも分析用ツールを紹介していきます。まずはこのMozBar。

Google Chromeの拡張機能なのですが、これを使うことによってライバルサイトのドメインパワーを視覚的に判断できます。PAと呼ばれる「ページの権威性」を可視化することができ、その数字を見ると競合サイトの強さがひと目で分かります。ぜひ導入することをおすすめします。

MozBar

SEOチェキ

SEOチェキは、WebサイトのSEO状況をチェックするためのものでは最も有名な無料ツールです。永らく運営されているメディアであり、信頼の置けるものと言えます。SEOチェキでは「サイトSEOチェック」「検索順位チェック」「キーワード出現頻度チェック」「発リンクチェック」「Whois情報チェック」の5つの機能があり、これらの機能を駆使することでSEO対策に役立てます。

「サイトSEOチェック」では、自分のSEO状況を総合的に確認することができます。どこが他サイトに劣っているのか、もしくは勝っているのかを分析することができます。

「検索順位チェック」では、上位表示したいキーワードで自分のWebページが検索結果で何位に表示されてるか?簡単にチェックして、確認できます。SEOにおいては、自サイトが上位表示したいキーワード(対策キーワード)で実際に何位に表示されているか?ということを逐一確認することが重要です。

「キーワード出現頻度チェック」では、Webページ内に頻出するキーワードの回数や出現率、総単語数を確認することができます。自分が狙っているキーワードの出現頻度が低くなっては意味がないので、その場合は重要なキーワードの出現頻度を上げ、かつユーザーの検索意図を考慮しながら、Webページと検索キーワードとの関連性を高めるようにSEO対策を行いましょう。

「発リンクチェック」では、対象のWebページから外部サイト、内部サイトへどの程度のリンクがなされているか?それらの発リンクにnofollow属性がどの程度設定されてるか?(nofollow発リンク数)、それらの発リンクのリンク先URLアンカーテキストを確認することができます。SEO対策においては発リンクの質がサイトの評価に影響するため、「自分のサイトに悪質なサイトからのリンクがされていないか」などを確認しましょう。

「Whois情報チェック」においては、ドメイン登録者の情報を取得して確認できます。ドメイン登録者名はもちろんのこと、いつドメインを登録したのか?、そのドメインの有効期限やドメインの状態などのドメイン所有者の情報をチェックして確認することができます。

完全無料ツールとは思えないほどの完成度を誇るSEOチェキ。ぜひ一度使ってみることをオススメします。

アフィリエイトにおすすめな効率化ツール「Headline-Checker」

アフィリエイトにおすすめな効率化ツール「Headline-Checker」

Headline-Checkerは、記事を作成するときのリサーチに役立つツールです。

具体的には、キーワードを検索すると、上位記事のタイトルと見出し(h1,h2,h3)を抽出し、共起語を赤で示してくれます。

上位の記事がどんな内容を書いているのか、大まかに知りたいというときに、Headline-Checkerを使えば一目で把握することができます。

筆者は、1記事1記事確認していたとき、記事内容を大体確認するのに5分程度かかっていましたが、Headline-Checkerを活用すれば、大体1分で把握できるようになりました。

また、ボタン1つで記事の本文に飛ぶことができるのも非常に便利です。

Headline-Checker

アフィリエイトの順位計測ツールはGRCがおすすめ

アフィリエイトの順位計測ツールはGRCがおすすめ

自分のサイトやブログが伸びているかどうかは、狙ったキーワードで順位が上がっているかで判断することができます。

したがって、記事の順位を毎日確認するというのは、非常に重要な作業になります。
だからと言って、各記事ごとに検索して検索順位を数えていたら、それだけで1日が終わってしまいますよね。

そこで便利なのがGRCです。

GRCは、記事とキーワードを登録すれば、毎日順位を計測してくれます。

順位の確認は、キーワードの一覧画面から見ることができます。
順位の推移もわかるので、どんな記事内容が良いのか、なぜ記事が伸びたのか考えやすくなるのです。

GRCについて詳しく知りたい方は、GRCの使い方や導入方法をご覧ください。

GRC

アフィリエイトのための記事執筆用ツール

アフィリエイトのための記事執筆用ツール

Note.app

Macの方限定になりますが、記事を執筆する際は、標準で搭載されているメモ帳がおすすめです。

「そんな最初から付いてるやつでいいの?」と思う方もいるかと思います。

有料の記事執筆アプリには、様々な機能がついています。

しかし、実際に使ってみると、「その様々な機能が集中力を散らしてしまう」という感想を持ちました。

今このページも、このNote.appで執筆しています。

実際に有料アプリを試してみるとわかりますが、結局のところ、シンプルで使いやすいことが重要だと実感できると思います。

グーグルドキュメント

こちらもNote.appと同じく、シンプルさが魅力です。

グーグルドキュメントで記事を作成すれば、インターネット上で複数人と記事を共有できるため、記事の確認や添削が非常に簡単になります。

1つのメディアを複数人で運営しているという方は、グーグルドキュメントがおすすめです。

Evernote

言わずと知れた有名サービスであるEvernote。このサービスで記事執筆をしてもよいのですが、Evernoteはクラウドを利用したメモ帳であるという機能を利用し、出先などでふと思いついたアイデアをスマホのEvernoteにてメモ、それをPCの方で記事という形にしていくのがおすすめです。

Evernote

類語辞典

類語辞典は、自分が今狙っている検索キーワードを別の表現に言い換えることで、新たな検索キーワードを探そうという場合に活用できます。自分では分かっているつもりでも、実際に類語を見てみると「こんなワードもあったんだ」と感じることでしょう。思わぬキーワード発見があるため、おすすめです。

類語辞典

文賢

文賢は、推敲・校閲支援ツールです。ブラウザ上で使えるツールである文賢。チェック可能な項目は多々ありますが、大きく分けると「校閲支援」「推敲支援」です。また、「たとえ表現」「アドバイス」も存在します。

「校閲支援」では誤った言葉、敬語、気をつけるべき商標・固有名詞、差別語・不快語….などを見つけ自動的に一覧表示してくれます。「推敲支援」では接続詞のハイライト、同じ助詞の連続使用、同じ文末表現の連続使用、二重否定使用…など。自分では気づきづらい日本語の間違いを自動的に教えてくれるというのは本当に大きな機能です。

文賢

 

アマゾン・楽天・アプリのアフィリエイトをしている人向けツール

アマゾン・楽天・アプリのアフィリエイトをしている人向けツール

「アマゾン、楽天、アプリのアフィリエイトで稼ごうと思っている」「実際に今やっている」

という方は、ヨメレバ、カエレバ、アプリーチを利用しましょう。

ヨメレバは、アマゾンや楽天の書籍購入リンクの作成。
カエレバは、アマゾンや楽天の商品購入リンクの作成。
アプリーチは、iPhoneやAndroidのアプリDLリンクの作成を行えます。

Rinkerでもそのようなリンクを簡単に作成できます。

例えば、ユーザーが商品を購入する気になったとしても、購入リンクがアマゾンしかなかったとします。
その時、楽天ポイントがたまっている方は、リンクから購入せず楽天から購入するでしょう。

アマゾンと楽天のどちらかのリンクしかない状態だと、こういったことが起こりがちなので、売上を最大化するためにも活用した方が良いでしょう。

まとめ:アフィリエイト必須ツールを活用しよう

まとめ:アフィリエイト必須ツールを活用しよう

便利なアフィリエイト・ブログのツールについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

ツールを使って、作業を効率化したりコンテンツ自体を改善すると、モチベーションも高くなってきます。

ぜひもう一度、ツールをまとめた表を見て、気になるツールをチェックしてみてください。

特に本格的なSEO対策をサポートしてくれるsmartASPはおすすめです!

今なら完全無料ですので、まだ使ったことがない人は一度試してみてください!

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す