アフィリエイトとは?仕組みや広告、デメリットをわかりやすく解説

アフィリエイトとは?仕組みや広告、デメリット

「アフィリエイトってなに?広告?」「仕組みをわかりやすく知りたい」

という初心者の方向けのページです。

アフィリエイトという言葉を知らない人にとっては、なんだか難しい広告のように感じるかと思います。
実は、アフィリエイトの仕組み自体は非常に簡単なんですよ。

そこで、1日のうち15時間はアフィリエイトなどのビジネスに費やしている筆者が以下のことを中心に解説します。

  • アフィリエイトとは?
  • アフィリエイトの仕組み
  • アフィリエイトのメリット・デメリットと始め方

このページを読めば、アフィリエイトの仕組みや注意点などを理解でき、最高のスタートダッシュをきることができます。

アフィリエイトとは?

よくおすすめの副業として紹介されるアフィリエイト。
「名前だけ聞いたことあるけど、仕組みがよくわからない」という方が多いと思います。

アフィリエイトは、簡単にいうと、自分のサイトに広告を載せて販売できた分だけ報酬がもらえるというビジネスです。
なぜ、アフィリエイトが副業で頻繁におすすめされるかというと、在庫を抱えるリスクがないからです。

例えば、アフィリエイトと同じく、よくおすすめされる副業として転売があります。
しかし、転売の場合は、在庫を持つのでリスクが大きいです。

もしあなたが、100万円でカバンを転売しようとしているとします。
しかし、予想以上に売れず、最終的に30万円分しか販売することができませんでした。
その場合、単純に計算すると70万円の損が出てしまいますよね。

転売にかかわらず、ほとんどのビジネスは、このように赤字を掘るリスクを抱えています。

それに対して、アフィリエイトでかかる具体的な費用は、基本的にはサーバー代とドメイン代の年間数千円程度なので、非常にリスクが少ないです。
そのため、参入障壁が非常に低いことが特徴です。

アフィリエイトの仕組みは?

アフィリエイトの仕組みは、非常にシンプルです。
アフィリエイターが自分のサイトに広告を載せ、読者がその広告から商品を購入した場合、報酬が広告主からアフィリエイターに支払われる、という仕組みです。

営業と似ているなと思った方も多いのではないでしょうか。
実際、仕組みとしては、営業とほとんど同じです。

例えば、証券営業の人がお客さんを見つけ株を買ってもらえば、手数料のインセンティブとして、証券営業の給料が少し上がりますよね。

このように、ものを売って報酬をもらうというビジネスをインターネット上でできるのが、アフィリエイトなのです。

また、アフィリエイトの別の形態として、広告がクリックされた時点でお金がもらえる、アドセンスというものもあります。

具体的にいうと、ユーザーがあなたの掲載した広告をクリックしたら、商品を購入した、しなかったに関わらず、報酬が支払われるのです。
「めちゃくちゃいいじゃん!」と思うかもしれませんが、その分単価は低くなります。

具体的には、以下のようなイメージです。

  • 成果報酬型アフィリエイトの単価:3,000〜50,000円
  • アドセンスアフィリエイト:10円〜100円

単価自体はアドセンスの方が低いですが、当然クリックされる回数は多くなります。

ちなみに、このアフィリエイトというビジネスは、広告主にとっては非常に効果の高い広告になります。
その理由は、広告主にとってもほとんど損するリスクがないからです。

なぜリスクがないかというと、アフィリエイトの仕組みを考えればすぐわかりますが、通常の広告と違い、成果報酬型だからです。

例えば、1000万円を支払ってテレビCMを出したとします。
しかし、その広告がテレビを見ている人の心に響かなかった場合、ものは売れず1000万円分のそんだけが残ってしまいますよね。
しかし、アフィリエイトのように成果報酬型の場合、ものが売れなければ広告費を支払わなくて良いのです。
つまり、売上げの一部をアフィリエイターに支払えば良いので損する可能性が低いのです。

したがって、アフィリエイトは、報酬をもらう側も広告主側もリスクが少ない、win-winなビジネスだと言えるでしょう。

アフィリエイトに少しでも興味を持った方は、こちらの「アフィリエイトで月10万円稼ぐまで」という記事もぜひご覧ください!

そもそもASPとはなに?

ASPとは、アフィリエイターと広告主の間に立ち、報酬のやりとりや広告掲載を仲介する業者です。

具体的には、アフィリエイターが掲載したい広告をスムーズに選択できるように、案件を一覧化し、アフィリエイト広告を出したい企業とのマッチングを請け負っています。
また、広告主から支払われる報酬を預かり、金額を確認後、アフィリエイターに振り込むということもしています。

ASPは、この報酬支払いの際に手数料を取って、収益を出しているのです。
このASPのおかげで、アフィリエイター自身が企業に広告掲載の営業をかけ、報酬の交渉をするというステップを省略できているのです。

詳しくアフィリエイトのASPについて知りたい方は、アフィリエイトのASPとは?をご覧ください。

ちなみに、当サイトがもっともおすすめしているアフィリエイトASPは、プレスコです。

その理由は、報酬単価が業界トップクラスに高いからです。アフィリエイトを始める方や、まだプレスコに登録していない方は、まず登録してみることをおすすめします。

プレスコの案件を見て、自分のサイトのジャンルにあったものがなかったら、他のASPを見てみるという流れで良いでしょう。

PRESCOの公式サイトはこちら

\ASPで1番おすすめ/

PRESCOの口コミが気になる方はPRESCOの口コミ・評判を読んでみてください!

また、PRESCOの他にも業界最大手のA8.netの登録もおすすめします。

案件がたくさんあるため、アフィリエイトにどんな案件があるのか把握したいときに役立つからです!

A8.netの公式サイトはこちら

\業界最大手!無料で登録/

また、A8.netの評判が知りたいという方はA8.netの評判・口コミは?を読んでみてください!

アフィリエイトでどのくらい稼げるの?

ここで気になるのは、「アフィリエイトって本当に稼げるの?」ということですよね。

実際のデータと、100人以上のアフィリエイターさんとお話ししてきた筆者の経験をもとに、解説していきます。

アフィリエイトマーケティング協会の調査によれば、アフィリエイターの月収は以下のようになります。

出典:アフィリエイトマーケティング協会「アフィリエイトプログラムに関する意識調査」

この調査では、半分以上の人が、月に3万円以下の収入しか得られていません。

その一方で、上位6.7%の方は月100万円以上稼ぐことができています。

しかし、筆者の経験からすると、アフィリエイト人口の上位約7%が、月100万円の報酬を得られているというのは疑問です。
感覚的には、アフィリエイトで月100万円以上出ているのは上位1%にも満たないと思います。

おそらく、この調査は、ある程度継続してアフィリエイトに取り組んでいる人に対しての調査なのでしょう。
アフィリエイトを1年以上続けている人限定でアンケートを取ると、このような結果になると思います。
なぜそう言えるのかというと、アフィリエイトを始めた人のほとんどは1年間も続けることができないからです。

しかし、今からアフィリエイトを始める方でも、月100万円以上稼げるチャンスは十分にあります。

そのためには、正しい情報を学び、正しい施策を打ち続けていくことが必要です。
実際、筆者の友達には、未経験から1年で月150万円稼いだ大学生もいます。

また、同じくアフィリエイトマーケティング協会が調査した1日あたりの作業時間は以下のようになります。

出典:アフィリエイトマーケティング協会「アフィリエイトプログラムに関する意識調査」

アフィリエイターがサイト運営にかけている時間は、1日3時間以上が25%となっています。

アフィリエイトで稼げる報酬金額は、手を動かした作業量に比例するという感覚があるので、3時間以上作業している層と収入の上位層は被っていると考えられます。

結論としては、アフィリエイトは、時間を使って本気で取り組めば稼ぐことができるし、中途半端にやると稼げる可能性が低いということになります。

また、アフィリエイトで稼ぎたいと思っている方は、アフィリエイトで稼ぐ方法は最低限読んでおくことをおすすめします。

アフィリエイトのメリット

ここでは、アフィリエイトのメリットを、アフィリエイターと企業側(広告主)で分けて解説します。

アフィリエイターのメリット

アフィリエイターからみたアフィリエイトのメリットは、以下のようなものがあります。

  • どこでも仕事ができる
  • 初期投資がかなり安い
  • 大きく稼げる可能性が高い

具体的に言うと、

  • サイトがある程度大きくなったら、自動で収益を生み出してくれること
  • 初期投資が安く在庫を持たないため、リスクがほぼないこと
  • Webマーケティングに詳しくなれるので、コンサルをすることもできること

以上の3点が大きな魅力です。

また、 Webマーケティングの知識がかなりつくため、人によってはキャリアアップにつなげることができます。

企業側(広告主)のメリット

広告主からみたアフィリエイトのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 売れた分だけ報酬を払えば良いので、損をする可能性が少ない
  • たくさんのアフィリエイターに宣伝してもらえる

この上記のメリットは、アフィリエイトのような成果報酬型特有のメリットです。

アフィリエイトのデメリット

こちらも同じく、アフィリエイトのデメリットをアフィリエイターと企業側(広告主)で分けて解説します。

アフィリエイター側のデメリット

  • 広告終了やアップデートで収益が大きく下がる可能性がある
  • 初めて報酬が入るまで時間がかかる
  • 作業が辛い

広告主の都合や、Googleのアップデートなどといった、自分では如何しようも無い要因で収入が不安定になることが、アフィリエイターの不安の種になります。

また、初めて報酬が入るまで時間がかかることや、ほとんどの人にとっては作業が辛いことが、アフィリエイトを辞める原因となっています。

企業側(広告主)のデメリット

  • 報酬額を高く設定する必要がある
  • 初期費用や月々のシステム費用がかかる

基本的に、アフィリエイトは報酬額が高いため、利益率の低いものには合っていません。
逆に、利益率が高い商品なら、アフィリエイト広告は非常に相性が良いでしょう。

アフィリエイトの始め方は?

「アフィリエイトを本気でやれば稼げそうだけど、始めるのに手間がかかりそう」
「パソコンはそんなに得意じゃなくて不安」

という方もいらっしゃると思います。

しかし、アフィリエイトの始め方はとても簡単です。

具体的には、以下の6つの手順を踏めばすぐにでも始めることができます。

  • 銀行口座の用意
  • 自分のサイト・ブログを作成(wordpressなど)
  • wordpressのインストール
  • ASPに登録
  • 掲載する商品の決定
  • 広告の決定

もっと詳しく知りたい!という方は、アフィリエイトの始め方をご覧ください。

アフィリエイトで稼げる商品・稼げない商材はなに?

アフィリエイトで稼げるか稼げないかは、最初の商品・商材選びで決まります。

まず前提として、あなたがいくら稼ぎたいのかによって、選ぶべき商材変わります。
稼げるの定義は人によって違うと思いますが、月10万円程度までなら、どの商材を選んでも大丈夫でしょう。

商品の単価が高ければ高いほど、効率よく稼ぐことができるので、企業などの強豪サイトがひしめいています。
それに対して、単価が安ければ安いほど、競合のレベルは低くなりますが、稼げる上限自体は低くなってしまうのです。

しかし、単価が安い領域を選んだとしても、アドセンスと組み合わせれば月10万円は達成できると思います。

そのため、以下のような難易度の高い商材は、初心者には向いていません。
基本的にはもう少し難易度の低い、サーバーなどのジャンルがおすすめです。

単価の高い商材

  • カードローン
  • キャッシング
  • FX
  • 全身脱毛
  • ウォーターサーバー

などです。

詳細はこちらの「アフィリエイトにおけるおすすめジャンル」という記事にてご紹介しています!ぜひご覧ください!

具体的にどうやったら稼げるの?

まず大前提として、アフィリエイトをするなら、無料ブログではなく独自ドメインをとってサイトを作りましょう。
理由は、無料ブログだと、企業に勝手に広告を貼られたり、ブログ自体が削除される可能性があるからです。

アフィリエイトで稼げるかは、どれだけわかりやすい記事を書けるか、どれだけSEO的に正しい施策を打てるかにかかっています。

わかりやすい記事を書くためのリサーチや、SEOの勉強は面倒くさいかもしれません。
しかし、手間をかければかけるほど、検索順位が上がり、稼ぐ可能性が高くなります。
稼ぐには、毎日精一杯記事を書き続け、それと並行してSEOの勉強もしていきましょう。

また、どう頑張っても3ヶ月間は結果が出ません。

辛抱強く地味な作業を続けていくことが重要です。

大体の目安を知りたい方は、アフィリエイトで月10万稼ぐまでにどのくらいかかる?を読んでみてください!

まとめ:アフィリエイトとは?広告の仕組みを簡単に解説

アフィリエイトとは何かや、仕組みや広告について解説しましたが、いかがだったでしょうか。
このページのポイントは、以下になります。

  • アフィリエイトは成果報酬型の広告ビジネスで、リスクが極端に少ない
  • ASPがあることでアフィリエイトは成り立っている
  • アフィリエイトは本気でやれば稼げる
  • 地味な作業を続けることが稼ぐために大切

初心者の方は、アフィリエイトの仕組みを理解することができたでしょうか。
ビジネスを始めるなら、その仕組みを理解しておくことは必須です。

まだよく理解できていないという方は、もう一度アフィリエイトの始め方を見返してみてください。

コメントを残す