GRCの使い方や機能を初心者でも分かりやすく解説

GRCの使い方や導入方法を解説

「GRCの使い方が知りたい」「使った方が良いのかな?」

GRCでできることが気になる方は多いと思います。

SEOの検索順位チェックツールとして、多くの個人や企業に愛用されている「GRC」。

一括で設定したキーワードの順位をチェックできることは勿論のこと、ライバルサイトも設定しておくと、その動向を常に確認する事も可能となっており、SEO対策には大変便利です。

今回は、そんなGRCを初めて利用される方に、分かりやすくGRC使い方と利用する際のメリットやデメリット等に関して解説しています。

ご自身のメディアの狙っているキーワードで、より上位表示させたい方は、是非とも参考にしてみて下さい。

<この記事はこんな人におすすめ>

  • GRCの使い方に関して詳しく知りたい方
  • GRCの導入方法に関して知りたい方
  • GRCがどのようなツールなのか詳しく知りたい方

参考:アフィリエイトでおすすめのジャンルは?

内容を簡単にまとめると・・・

  • GRCは登録したページの検索順位を計測できるツール
  • GRCは無料プランから1年で24,300円のプランまである
  • GRCの順位計測は新規追加をおして、キーワードとページURLを入力すれば完了
  • しかし、順位計測をしてもどうやってサイト運営に活かせば良いのかわからない人も多い
  • そんな方におすすめしたいのが検索順位をあげられそうな記事を自動で出してくれるsmartASPというツール
  • smartASPで抽出された記事をリライトし、順位が上がったかGRCで確認するというのがおすすめの使い方
  • smartASPは全ての機能が無料なので、まだ使ったことがない人は今のうちに登録しておくのがおすすめ
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

GRCの使い方

GRCの使い方とは?

GRCの使い方は至って簡単です。

一度、PCにダウンロードして使い方を把握してしまうと、キーワードの順位チェックを簡単に行えます。
さらに、どの記事がリライト(文章を書き直す事)対象記事なのか、瞬時に割り出すことができます。

GRCの公式サイトはこちら

\3分で登録/

以下から、GRCの導入方法や簡単な分析結果の見方、GRCのその他の機能と使い方に関して詳しくみて行きましょう。

そもそもGRCとは?

GRCとは?

GRCとは、SEOのキーワード順位チェックツールです。

サービス自体は2004年から開始されており、同類のSEOツールの中では、一番歴史が長いツールの一つになります。

個人及び法人企業でも、積極的に利用されているSEOツールであり、複数のサイトや複数のキーワードに関して、的確に順位変動を把握することが可能となっています。

また、以下からGRCの特徴や基本機能、利用料金プランに関して詳しくみていきましょう。

GRCの特徴と基本機能

GRCの特徴としては、自動で順位チェックを行うことができ、日々のキーワードやサイトごとの順位変動を簡単に確認することができます。

基本的な機能としては、

  • キーワードの順位チェック
  • キーワード順位チェックの自動化
  • 上位サイトの順位変動
  • メモ帳機能

などが挙げられます。

無料のSEOツールでも十分サイト分析が行えますが、GRCを活用することにより、他のツールでは把握出来なかった細部の情報まで確実に把握して、自身のサイト改善に役立てることが可能です。

GRCのプランと利用料金

GRCの料金プランとしては、以下の通りです。

プラン URLの数 検索語の数 上位100サイト追跡 期間 / 料金(税込)
無料プラン 3 20 2 永久 / 無料
ペーシック 5 500 5 1年 / 4,860円
スタンダード 50 5,000 50 1年 / 9,720円
エキスパート 500 50,000 500 1年 / 14,580円
プロ 5,000 500,000 5,000 1年 / 19,440円
アルティメット 無制限 無制限 無制限 1年 / 24,300円

無料プランでも利用できるようになっているので、気になる方は、まずは無料で活用してみて下さい。

ちなみに弊社では、CSVファイルでインポートできるアルティメットプランを利用しています。

GRCをMacPCに導入する方法

GRCを利用するには、まず、MacPCにダウンロードする必要があります。
Windowsをお使いの方も流れ的には同じなので、ここでご紹介している手順を参考にしながら、進めてみて下さい。

具体的なGRCの導入から利用までの手順としては、

  1. ツールをダウンロードする
  2. 分析したいサイトを登録する
  3. 検索語を登録する
  4. 検索順位の確認をする
  5. 自動順位チェックを活用する

となります。

MacPCの方は、基本的にアプリケーションでの利用となりますので、最初に以下の『SEOツールラボ』の記事を参考にしてから、ダウンロードを行なってみて下さい。

「MacPCにGRCをダウンロードする方法」

また、WindowsPCにダウンロードする際には、「SEOツール ラボ」のサイトからご自身のPCに、直接ダウンロードする様にして下さいね。

GRCの公式サイトはこちら

\3分で登録/

順位計測するページの追加

ダウンロードが完了したら、早速ツールを起動して下さい。

次に、以下の手順で、ご自身が順位分析したいサイトのURLを登録してみましょう。

  1. メニュー「編集」
  2. 項目新規追加
  3. 項目追加(サイト名、 URL 、検索語)

「項目追加」という画面が表示されたら、サイト名、 URL 、検索語の3つを入力します。

GRCの使い方「サイト名、ページURLの追加」

検索語とは、あなたが分析したいキーワードの事を指します。
入力する際には、キーワード毎に改行区切りして下さい。

複数単語で構成される語句を知りたい方は、「サッカースパイク おすすめ」のようにそのまま入力します。

GRCの使い方「検索語の追加」

また、この際GRCの無料版をお使いの方は、検索語は20個までと決まっているので、それ以上追加したい場合は、有料版を利用するようにしましょう。

ここまでで一通り導入から分析する準備が、完了したことになります。

検索語の追加が完了すると、以下のように表示されます。

手動での順位チェック方法

最初にGRCの分析結果の表示の仕方としては、

  1. メニュー「実行」
  2. 順位チェック実行

の手順で操作すると順位チェックが始まります。
なお、一つの項目の順位を確認するのは一日一回までとなっているので、注意が必要です。

GRCの使い方「手動での順位計測」

以下のように、順位チェック完了画面が表示されれば、正常に作動しています。

順位チェックが完了すると

  • Google
  • Yahoo!
  • Bing

の各検索エンジンの順位を確認できるようになります。
前日のデータがある人は、順位の変動幅なども、グラフで確認する事ができるようになっています。

この際、特定の項目を指定することで、左下のグラフでは検索順位の変動が、右下の表ではキーワードの変動履歴が、日付順で確認できます。
是非とも、それぞのキーワードで確認してみましょう。

なお、GRCで表示されるキーワードの順位に関しては、「範囲」が指定できるようになっています。
キーワード順位の範囲を指定したい方は、

  1. メニュー「検索設定」
  2. 順位チェック範囲

から変更を行ってみて下さい。

自動で順位チェックを行う

個々のキーワード順位を毎回手動で確認するのが面倒な方は、GRCには「自動順位チェック」機能があるので、そちらを活用しましょう。

具体的な設定方法は、以下になります。

1.メニュー「実行」

2.起動時に順位チェック実行を選択

3.GRC起動時に、順位チェックを開始するにチェック

4.起動してから順位実行までの待機時間を入力

起動時に順位チェックの設定をすれば、次回から、GRCの起動時に自動で順位チェックが行われるようになります。

または

1.メニュー「実行」

2.指定時刻に、順位チェック実行を選択

GRCの使い方「指定時刻に順位チェック実行」

3.指定時刻に、順位チェック実行にチェック

4.順位計測してほしい時間を入力

で指定した時間に、毎日順位計測をしてくれます。

GRCの使い方「指定時刻に順位チェック実行のチェック」

個人的には、「指定時刻に順位チェック」を設定するのがおすすめです。

その理由は、起動時に順位チェックだと、起動しなかった日に順位計測が行われないからです。

それに対して、指定時刻に順位チェックの場合は、GRCを起動しなくても毎日順位計測が行われます。
そのため、SEO対策をするのに情報不足になる、という可能性を少なくできます。

また、GRCの利用プランの中には、全ての機能が無制限で利用できる「アルティメットプラン」があります。
加入すると、CSVファイルに抽出でき、エクセルやスプレッドシートに一覧が抽出できるようになります。

そのエクエルやスプレットシートは、データベースのように活用することもでき、関数を使えば、好きな記事だけの順位一覧も作成可能です。

順位チェックするキーワードの削除方法

「このキーワードは順位チェックする必要がないな」と感じたら、削除して整理しましょう。

順位チェックするキーワードの削除手順は、以下になります。

1.順位チェック一覧から、削除したいキーワードを選択

2.編集、項目削除を選択

3.削除の確認画面ではいを選択

以下の画面が出てきたら、削除完了です。

GRCのその他の機能と使い方

GRCのキーワード順位チェック以外のその他の機能としては、

  • メモ帳機能が使える
  • 上位100サイトの検索順位チェックが出来る

などが挙げられます。

GRCのメモ帳機能の使い方

まず最初に「メモ帳機能」ですが、利用目的としては、

  • 順位変動の理由を記録
  • 施策の効果検証を記録

することが挙げられます。

上記の利用目的を果たすため、GRCには、以下の3つのメモ帳機能が備え付けられているので、是非とも有効活用しましょう。

  • 項目メモ:項目ごとに記録できるメモ帳
  • サイトメモ:URLやページ修正履歴などを記録できるメモ帳
  • 共通メモ:全ての項目に共通するメモ帳

メモを追加したい場合は、特定の項目を選択し一行目に[年/月/日]を入力した後に、詳細を書いて保存するだけです。

その後、メモの確認方法としては、順位履歴グラフの該当日付にマウスを持ってくると、保存したメモ帳が表示されるようになります。

それでは、実際の使用手順を見ていきましょう。

まず、使いたいメモの「閲覧/編集」を選択します。

選択したら、追加したいメモの内容を書き込み、OKをクリックしてメモの追加は完了です。

検索履歴のグラフの上にマウスを持ってくると、メモを確認できます。

上位100サイトの検索順位チェックの使い方

二つ目のその他の機能として、「上位100サイトの検索順位チェック」がありますが、こちらは、検索結果の上位100サイト全ての順位履歴を記録する機能になります。

用途としては、例えば自社のサイトに順位変動があった時に、

  • 自社だけの変動なのか
  • Googleアルゴリズム変更によるものなのか

を見分けることができます。

Googleアルゴリズムとは、Googleが定めている検索表示に関するルールのようなものを指します。

つまり、「上位100サイトの検索順位チェック」によって、SEOのルール自体の変更で悪影響が出ているのか、それとも自社サイトのSEO対策に問題があるのか、ということを見分けることができます。

また、「上位100サイトの検索順位チェック」の設定方法としては、

  1. メニュー「編集」
  2. 調査項目の追加
  3. 上位100追跡項目

の順に行います。

設定完了後は、上位100サイトの

  • 最新順位
  • タイトル
  • URL
  • スニペット
  • 10位以内に入った回数
  • 100位以内に入った回数

が一目で確認できるようになりますので、是非とも試してみてください。

GRCを実際に使ってみた感想

GRCを実際に使ってみた感想は?

筆者は、GRCを使ってSEO対策をしていますが、実際に使ってみて感じたことを解説します。

順位をCVSファイルとして抽出できるのが便利

前述した通り、GRCでは、計測した順位をCSVファイルで抽出し、スプレッドシートやエクセルで管理することができます。

1万を超えるキーワードをGRCに登録していると、一覧で確認したいキーワードを、コマンド+Fで毎回確認するのが非常に面倒です。

※macの方はcommand+F、windowsの方はcontrol+Fで順位を確認したいキーワードを検索できます。

そのため、CSVファイルで記事の順位一覧を抽出し、VLOOKUP関数などで順位確認したいキーワードを一覧化するのがおすすめです。

これにより、確認したいキーワードの順位が一目でわかるようになります。
他のキーワードは、確認する頻度が少ないと思うので、その都度検索して確認すれば良いでしょう。

たまに取れていないこともある

GRCの履歴を実際に見てみるとわかるのですが、たまに順位が抜けている日があります。

つまり、順位を計測できないことがあるということです。

これは、Googleが検索順位の確認をブロックしているからだと思われます。

検索順位の確認がブロックされる理由は、Googleがマーケターにアルゴリズムを攻略されたくないからです。
どういうことかというと、Googleは、マーケターにアルゴリズムを攻略されると適切な検索順位を表示できない、と考えているのです。

したがって、近年Googleは、アルゴリズムを攻略するのに役立つ順位計測ツールをブロックするようになったのです。

しかし、現状のGRCでは、一部の順位が取れていないだけで、ほとんどの順位はしっかり計測できるので、そこまで大きな問題ではないでしょう。

GRCの公式サイトはこちら

\3分で登録/

GRCを利用するメリットとデメリット

GRCのメリット・デメリット

ここでは、GRCを活用するメリットとデメリットに関して、詳しくみていきましょう。

初めて利用される方は、メリットだけではなくデメリットに関してもしっかりと把握して、利用するか検討してみて下さい。

GRCを利用する3つのメリット

GRCを利用するメリットとしては、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  • 登録したサイトでKWの順位が測定できる
  • 検索順位が付いているページが分かる
  • 登録したKWの上位100サイトが追える

一番のメリットは、やはり、登録したサイトのキーワードの順位が瞬時に把握できることでしょう。

順位の変動が把握できることで、上位のライバル記事と比較し、自身の記事にどのような要素が足りないのか把握することができます。
その後に、しっかりとリライトやSEO対策を行うことが可能となります。

その他にも、登録した上位100サイトの順位変動も把握できるので、Googleアルゴリズムの変動やライバルサイトの施策などを、瞬時に把握することも可能です。

GRCを利用する2つのデメリット

逆にGRCのデメリットに関しては、2つあります。

  • 完全無料のSEOツールではない
  • 初心者には使い方が若干難しい

GRCは、サイト運営初心者には少し扱いが難しいと感じるかも知れません。

何故なら、SEOに関してある程度の知識がないとSEOツールは扱いが難しく、いくら数値が把握できても、それに対して的確な対策が打てないと、意味がないからです。

また、GRCは、無料で使えるプランもありますが、基本的にはテストとして利用する枠(検索語の数)程度しか用意されていません。
本格的に利用したい方は、有料プランを使用するのがおすすめです。

GRCの導入はこんな人におすすめ

GRCがおすすめな人

  • ライバルサイトの順位変動に関して把握しておきたい方
  • SEO対策としてより具体的な対策が行えるようにしたい方
  • 個人や法人でサイト運営を行われている方
  • キーワードごとに順位の確認を行いたい方
  • アフィリエイターの方

GRCは、あくまでもSEOツールの一つなので、自身のサイトのSEO対策に対してより積極的に取り組みたい方におすすめのツールです。

趣味程度でブログを行われている方なら、SEO対策など気にすることはないと思います。
しかし、よりサイトへの集客力を上げたり、サイトからの収益を拡大させたりしたい方には、GRCはとてもおすすめのツールとなります。

特にアフィリエイターの多くが活用しているSEOツールの一つなので、アフィリエイトで報酬を得たい方にはうってつけのツールだと言えますね。

GRCの導入はこんな人にはおすすめできない

    • 趣味でサイトを運営されている方
    • SEO対策にそこまで力を入れていない方

個人の趣味程度でサイトを運営されている方は、GRCは活用しなくても良いでしょう。

あくまでも、GRCは前述したようにSEOツールの一つなので、SEO対策等を全く意識して行なっていない方は、利用しても意味がないかもしれません。

アフィリエイトの始め方とやり方

GRCの使い方やおすすめな人について解説してきました。

ここでは、サイトやブログを運営しているけど、アドセンスだけでアフィリエイトはやったことがないという人向けに解説します。

アフィリエイトを始めるとなると少し難しく感じるかもしれませんが、実際は以下の6ステップで簡単に始められます。

  • 銀行口座を用意する
  • サイトを作成する【wordpressがおすすめ】
  • ASP(アフィリエイトの仲介サービス)に登録する
  • 掲載する商品を決める
  • 広告を掲載する

詳しく知りたい方は、アフィリエイトの始め方とやり方をみてみてください。

GRCの使い方に関するよくあるQ&A

GRCの使い方に関するよくある質問

ここではGRCの使い方に関する、よくある質問をまとめてみました。

  1. GRCはPC版とモバイル版どちらがおすすめですか?
  2. GRCのプランはどれがおすすめですか?
  3. GRCの無料版と有料版の違いを教えてください!
  4. 初心者はGRC無料版でも良いと思いますか?
  5. GRC以外におすすめのツールはありますか?

これから利用を検討されている方には、関連性が高い質問内容となっているので、是非とも参考程度に目を通してみてくださいね。

Q1:GRCはPC版とモバイル版どちらがおすすめですか?

PC版とモバイル版でどちらを利用するか悩んだ際には、以下を参考にしてみてください。

  • PCからの訪問者を重要視する場合=PC版がおすすめ
  • モバイルからの訪問者を重要視する場合=モバイル版がおすすめ

結論を言うと、どちらの訪問者を重要視しているか、もしくは、どちらからより訪問者が自身のサイトに多いのかで、判断すると良いでしょう。

Q2:GRCのプランはどれがおすすめですか?

最初は無料プランから初めてみて、検索語の数が足りないと感じたら、ベーシックプランを活用すると良いでしょう。

とはいっても、複数サイト運営されている方や法人でサイトを運営されている方は、検索語が多いと思います。
ですので、枠が足りないと感じたら、その都度にプラン変更を検討してみてくださいね。

基本的にはベーシックもしくは、スタンダードを利用している方が大半です。

Q3:GRCの無料版と有料版の違いを教えてください!

GRCの無料版と有料版の違いは、登録できるサイトの数や検索語の数、上位100サイトの追跡の数が違うことが大きな違いになります。

詳しくは、「GRCとは?」の章で分かりやすく解説していますので、是非とも参考にしてみてください。

Q4:初心者はGRC無料版でも良いと思いますか?

初心者だけではなくGRCを初めて利用される方全て、まずは無料版から利用してみて、その使用感を体験してみてください。

その後に有料版を検討しても遅くはありません。

いきなり有料版から試して、(やっぱり必要ない…)と感じても遅いので、まずは無料版から試してみましょう。

Q5:GRC以外におすすめのツールはありますか?

SEOツールには、無料で使えるものと有料で使えるものがあります。

無料で使えるSEOツールで絶対に使うべきなのは、以下の2つです。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

これらのツールを使って、自分のサイトにどれくらいアクセスがあるか、どんなキーワードからユーザーが流入しているかは、把握しておきましょう。

有料のSEOツールだと、GRCを含めて以下のツールもおすすめです。

Ahrefsを使えば、競合サイトが順位を取っているキーワードや検索からの流入の増減がどのようになっているのか、確認アフィリエイトすることができます。

弊社でも領域選定・キーワード選定や、SEO施策を考える際、欠かせないツールになっています。
本格的にアフィリエイトやブログをやろうと思っている人にとっては、必須ツールです。

他にもSEOに役立つツールはたくさんありますので、詳しくは、アフィリエイト・ブログの必須ツールをご覧ください。

まとめ:GRCの使い方をしっかり把握しよう

GRCの使い方のまとめ

ここまで、GRCの使い方やそのメリットとデメリット等に関して、詳しく解説してきました。

GRCの使い方は、サイト運営初心者の方には少し難しく感じるかもしれません。

しかし、SEOに対する知識が増え操作に慣れてくると、大変便利なSEOツールです。

万が一、GRCの使い方が分からなくなった場合は、今一度この記事を参考にして頂き、今後のサイト運営に役立ててみて下さいね。

GRCの公式サイトはこちら

\3分で登録/

コメントを残す