アフィリエイト・ブログの記事の書き方!文章のポイントは?

アフィリエイト・ブログ記事の書き方!文章のポイントは?

「アフィリエイトやブログの記事の書き方がわからない」「文章のポイントはある?」

記事作成の流れがよくわからないという方は、多いかと思います。

実は、SEOに強く、稼げるアフィリエイトやブログの記事は、ポイントを抑えればあなたも書けるようになります。
日本最大級のWebメディアであるWEBナビ責任者として、SEOで数々の仮説検証を回してきた筆者が以下のことを解説します。

  • アフィリエイト記事の書き方
  • SEOに強いアフィリエイト記事の書き方
  • アフィリエイト記事の文章を上達させる方法

このページを読めば、記事の書き方や文章が上達し、アフィリエイトやブログの収益を増やすことができるでしょう。

参考:アフィリエイトでおすすめのジャンルは?

内容を簡単にまとめると・・・

  • アフィリエイト記事の書き方で大切なのは、キーワード選定、ペルソナ作成、SEOを意識すること
  • 正しい手順でアフィリエイトの記事を作成すれば上位表示することは十分可能
  • わかりやすく、よく読まれる文章を書くことはSEO的に大切
  • アフィリエイト記事の文章を上達させるには、見直しと手を動かすことが大切
  • SEO対策を自分一人でできる自信がないという方や、これからブログを始めようと思っているという方にはsmartASPというツールがおすすめ
  • smartASPはブログを分析し、自動で修正すべき記事を抽出してくれるので、SEO知識に自信がない人でも本格的なSEO対策が可能
  • さらに全ての機能が無料なので、まだ使ったことがないという人は一度使ってみるべき
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

アフィリエイト記事・文章の書き方

アフィリエイト記事・文章の書き方

アフィリエイト記事の書き方で大切なことは、たくさんありますがここでは、本当に重要なところだけに絞って解説していきます。

アフィリエイト記事の書き方で、特に大切なことは以下の3つです。

  • キーワード選定
  • ペルソナ作成
  • SEOを意識して書く

これを抑えれば、アフィリエイトの記事で上位を取ることも難しくありません。

以下で詳しく解説していきます。

キーワード選定

キーワード選定は、アフィリエイトの記事を書く上で最も重要です。

なぜなら、このキーワード選びを間違えてしまうと、どんなに良い記事を書いたとしても報酬が発生しないことがあるからです。

例えば、良い記事を書いて1位をとったとしても、誰にも検索されないキーワードだったら、誰もページに訪れず収益も上がらないですよね。

キーワード選びのポイントは以下です。

  • たくさん検索されているキーワードを選ぶ
  • 実際に検索してキーワード難易度を確かめる
  • 収益が上がりそうなキーワードか

最低限おさえておきたいところなので、ぜひ全て読み込んでみてください。

たくさん検索されているキーワードを選ぶ

前述しましたが、誰にも検索されていないキーワードで、アフィリエイトの記事を書いたとしても意味がありません。
したがって、たくさん検索されている、つまり、多くの流入が期待できるキーワードでアフィリエイト記事を書きましょう。

たくさん検索されているキーワードかどうかは、Googleのキーワードプランナーで確認できます。

以下のように、気になるキーワードをキーワードプランナーに入力し、「開始する」をクリックしてください。

キーワードプランナーの使い方

過去の指標をクリックします。

アフィリエイト記事のためのキーワードプランナーの使い方

すると、以下のように1ヶ月に何回検索されているかがわかります。

キーワードプランナーの使い方

ちなみに、キーワードが検索されている回数を、キーワードボリュームというので覚えておきましょう。

弊社では、基本的な線引きとして、キーワードボリューム100未満のものはメインのキーワードとして設定しないようにしています。

その理由は、キーワードボリュームが100未満だと記事を書いた労力に対して、見返りが少ないと感じるからです。
ただ、上位を取る難易度が高いと感じるなら、キーワードボリューム100未満のものでアフィリエイト記事を書くのもありでしょう。

実際に検索してキーワードの難易度を確かめる

実際に検索して、キーワードの難易度を確かめることは必須です。
その理由は、上位を取れる可能性が少ないキーワードでアフィリエイト記事を書くのは、コスパが悪いからです。

上位表示が難しいキーワードの特徴は以下のようなものです。

  • 上位10記事が公的機関
  • 上位10記事が公式サイト
  • 上位10記事が大手(上場企業など)が運営するメディア

上位10記事が大手(上場企業など)が運営するメディアの場合は、まだ勝てる可能性があるので、SEO知識に自信がある方は挑戦しても良いでしょう。

しかし、上位10記事が公的機関や公式サイトの場合は、Googleのアルゴリズム的に上位を取るのはかなり難しくなるので、基本的には諦めた方が良いです。

逆に、難易度が低いキーワードには、以下の特徴が挙げられます。

  • あまり有名でない個人ブログが検索上位を占めている
  • 上位にpdfがある
  • Yahoo!知恵袋や教えて!gooなどの質問サイトが上位にある

上記のようなキーワードだった場合、検索意図をしっかり捉えた情報の量を多くすれば、上位を取れる可能性が高いです。

このように、実際にキーワードで検索してみないとわからないことがたくさんあります。
したがって、アフィリエイト記事で書くキーワードを選ぶ際には、必ず検索するようにしましょう。

収益が上がりそうなキーワードか

アフィリエイトでは、記事で収益を上げることが目的になります。
そのため、収益を直接上げられるキーワードから書いていくのが良いでしょう。

一般的に稼げるキーワードは、以下のようなものだと言われています。

  • 「おすすめ」が入っているキーワード
  • 「ランキング」が入っているキーワード
  • 「評判」が入っているキーワード
  • 商標名単体

また、収益が上がりそうなキーワードか確認するには、ユーザーの立場になって検索しましょう。

例えば、「ASP おすすめ」というキーワードが稼げそうかどうかを確認する時は、まず、そのキーワードがどういう人に検索されるのかを考えます。

「ASP おすすめ」で調べる人は、おすすめのASPを知りたい人

実際に1位の記事を見ていると、登録するだけなら無料だし、登録してもよいかなと思った

上記のように、検索する人の立場になって記事を確認した時に、商品やサービスを利用したくなったら稼げるキーワードの可能性が高いです。

ただし、収益を上げられるキーワードは限られているので、もちろん、収益を狙う記事にユーザーを流す記事も書きましょう。

キーワード選定の手順まとめ

実際にアフィリエイトの記事で書く場合、キーワードの選び方として、まず、Googleサジェスト抽出ツールでサジェストを出すことがおすすめです。

今回は、おすすめのサジェストツールである、関連キーワード取得ツールを使用します。

それでは、以下で手順を解説していきます。

まず、関連キーワード取得ツールで、ジャンルに関係ある1語のキーワードを調べます。

サジェストの取得方法

その後、出てきた関連キーワードを全てコピーし、キーワードプランナーに貼り付けて実行します。

サジェストの取得方法

キーワードボリュームが出た後、月間平均検索ボリュームを押すと、大きい順に並び替えられます。

アフィリエイトの記事のためのキーワードプランナーの使い方

キーワードボリュームが大きい記事から、実際に検索していき、上位を取れそうかを確認します。

上位が取れそうなキーワードを抽出したら、検索する人の気持ちを考えながら、上位記事の中身を見ていきます。
そして、商品を買ったりサービスを利用したくなるかを確認しましょう。

初心者の方は、上記の手順でキーワードを選ぶのがおすすめです。

ペルソナ作成

ペルソナとは、サービスや商品を作る際のターゲット像のことを指します。

商品やサービスとは、「こういう人が使うだろうなあ」というイメージがあり、それに沿って開発されます。
その「こういう人」が、ペルソナになります。

今回は、Google検索をする人がペルソナになります。

ペルソナを作成することは、SEOに強い文章を書いたり、CV(コンバージョン)までの導線を考える際に非常に重要なので、時間をかけてしまって大丈夫です。

ペルソナを考える際の手順は以下になります。

  1. 選んだキーワードの検索意図を考える
  2. 実際に検索する人について考える

ペルソナを作成する際には、具体的にその人をイメージできるまで突き詰めることが大切です。

選んだキーワードの検索意図を考える

ペルソナを作る第一歩は、キーワードを検索した人がどんなことを知りたいか考えることです。

この記事は、「アフィリエイト 記事」というキーワードで書いているのですが、検索意図を以下のように考えて記事を書いています。

  • アフィリエイトやブログの記事の書き方を知りたい
  • アフィリエイトやブログの記事の文章を改善したい

この検索意図を考える際には、上位記事を参考にしましょう。

ドメインのパワーなどにもよりますが、上位10記事はユーザーの検索意図を満たしているため、上位10位に入っていると考えられます。
したがって、上位10記事が何を解説しているか、どういうニーズに応えているのか確かめながら検索意図を考えましょう。

実際に検索する人について考える

導き出した検索意図をもとに、実際に検索する人を具体的にイメージできるようになるまで、考え抜きましょう。

この記事では、ペルソナを以下の流れで作成しました。

「アフィリエイトやブログの記事の書き方を知りたい」「アフィリエイトやブログの記事の文章を改善したい」
という検索意図を持った人は、

  • アフィリエイトをこれから始めたい
  • アフィリエイトやブログをすでにやっているが、文章をもっと良いものにしたい

と思っている人である可能性が高い。
そして、アフィリエイトをこれから始めたいという人は、

  • 時間があり、ネットビジネスへの関心が高い

こういった人は、大学生に多いと考えられる。
したがって、大学生くらいの年齢層に刺さる文章を書こう。

ここからさらに、「どういった境遇の大学生なのか」「どういう環境で育ったのか」などを深掘りしていき、ペルソナを具体的にイメージできるまで深掘りします。

SEOを意識して文章を書く

SEOに強い文章とは、読者によく読まれる文章です。
その理由は、しっかり読まれているということは、読者のニーズを満たし、疑問を解決できている可能性が高いからです。

SEOを意識した文章を書く時は、先ほど作成したペルソナを活用します。
基本的に、作成したペルソナが違和感を感じない言葉遣いの方が、文章がよく読まれます。

今回の記事でいうと、ペルソナがあまり固すぎる言葉(四字熟語など)を使わないことを意識しています。
その一方で、サイト自体がSEOやアフィリエイトを解説する記事なので、フランクすぎる言葉を使わないことも意識しています。

そのため、固すぎずフランクすぎない言葉遣いで、この記事を書いています。
ペルソナの年齢層が高齢の場合は、硬い言葉を多用しても問題ないです。

テクニック的な部分は、以下で解説します。

SEOに強いアフィリエイト記事・文章の書き方は?

SEOに強いアフィリエイト記事・文章の書き方は?

ここでは、SEOに強いアフィリエイト記事の書き方を解説します。
一般的に言われている重要なコンテンツ対策は網羅していますので、ぜひ最後までご覧ください。

タイトルを最適化する

タイトルに狙うキーワードを入れた方が順位を取りやすい、というのはみなさん知っているかもしれません。

そこで、タイトルのつけ方のポイントは以下のようになります。

  • シンプルで読みやすいものにする
  • 左側に引きのある文面または、キーワードを入れる
  • 32文字程度にする

ユーザーは、タイトルの左側の2、3語を見て、どの記事を読むか決めています。
そのため、左側に【初心者必見】などの引きのあるワードを入れましょう。

しかし、思いつかなかったり不自然になってしまう場合は、無理に入れる必要はありません。
その場合は、狙っているキーワードを左側に入れましょう。

ユーザーは、自分が検索したキーワードがタイトルに入っていると、自分に合った記事だと思い、クリックする可能性が高くなります。

キーワードを適切な部分に入れる

少しテクニック的な話になりますが、タイトル、H2、冒頭文などには、キーワードを入れるようにしましょう。

キーワードを入れる優先順位の具体的なイメージは、以下のような感じです。

アフィリエイト記事におけるキーワードの優先度

注意して欲しいことは、H3(中見出し)に無理にキーワードを詰め込まないことです。

例えば、

  • H2:〜のメリットは?
  • H3:〜のメリット①〜
  • H3:〜のメリット②〜
  • H3:〜のメリット③〜

のような見出し構成は良くありません。
その理由としては、スパムのような書き方に近く、グーグルの評価があまり良くないと考えられるからです。

実際、SEOに強いサイトでも、こういった書き方をしていません。

読まれる記事を書く

読まれる記事を書き、SEOに強くするには以下のことが大切です。

  • コンテンツの情報量を多くする
  • 検索意図を意識する
  • 読みやすい文章を書く

ユーザーは、自分に役立つ記事でないと感じた時点で離脱してしまうので、特に、検索意図を意識することは重要になります。

ツールを活用しよう

SEOに強いアフィリエイト記事を書くために、前述した関連キーワード取得ツールなどのツールを活用するのはおすすめです。

リライトや内部リンクをする時には、smartASPに登録すると使える、リライトツール、内部リンク可視化ツールがおすすめです。

弊社が開発したsmartASPは、忖度なしで本当におすすめです。
アフィリエイトをしていると、非常に面倒くさくなりがちな売上管理を効率化できます。

アフィリエイトをすでにやっているという人も、これから始めるという人もぜひ登録しましょう。

また、Ahrefsは、ある程度本気でメディアをやろうと思っている人には必須のツールだと言えます。

他サイトがとっているキーワードや、検索からの流入数をはっきり示してくれます。
このツールを使えば、競合サイトやSEOの分析がかなり容易になります。

他にもおすすめのアフィリエイトツールはたくさんありますので、詳しくは、アフィリエイトのおすすめツールをご覧ください。

アフィリエイトの始め方とやり方

ここまで、アフィリエイトの記事について解説してきました。

ブログや自分のサイトを持っているけど、アフィリエイトはまだやっていない、という人もいるのではないでしょうか。

実は、アフィリエイトの始め方は簡単で、以下の6ステップで始めることができます。

  • 銀行口座を用意する
  • サイトを作成する【wordpressがおすすめ】
  • ASP(アフィリエイトの仲介サービス)に登録する
  • 掲載する商品を決める
  • 広告を掲載する

さらに詳しく知りたい方は、アフィリエイトの始め方とやり方をご覧ください。

アフィリエイト記事の文章を上達させる方法

アフィリエイト記事を上達させる方法は、以下の2つです。

  • 毎日記事を書く
  • リライト

アフィリエイト記事の文章を上達させるには、とにかく手を動かすことが重要です。

毎日記事を書く

アフィリエイト記事の文章をより良いものにするためには、とにかく新しい記事を書き続けることです。

目安として、1日1記事は書くと良いでしょう。

筆者自身、本当に感じているのですが、ライティングはサボるとすぐに腕が鈍ります。
その一方で、毎日記事を書き続ければ、文章自体が上達するのに加え、執筆スピードも速くなっていきます。

文章を書くスピードが速くなれば、

ライティングが楽しくなり、さらに多くの文章を書く

さらにスピードが速くなり、もっとライティングが楽しくなる

という良いループにはまります。

その時に、文章を上達させるポイントは、本当にこの文章で読者は読み進めるのか、を考えながら書くことです。

筆者の経験では、読み直した時に、スラスラ読める文章は順位が上がりやすく、所々読みにくい文章は順位が上がりにくい、という傾向があります。

リライト

リライトも、アフィリエイト記事の文章を上達させるのに良い手段です。

自分が昔書いた文章を読者目線で見直すので、どこが悪いのかがわかりやすく、自分の弱点を把握しやくなります。

新規記事を書いた直後に自分の文章を見直すと思いますが、執筆した直後だと、執筆者側の目線になってしまっています。
そのため、客観的な目線で自分の書いた文章を添削し、実際に手を動かして直すことで、文章自体も上達していきます。

まとめ:アフィリエイト・ブログの記事の書き方

まとめ:アフィリエイト・ブログ記事の書き方

アフィリエイト・ブログ記事の書き方や文章のポイントを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このページのポイントは、以下になります。

  • 正しい手順でアフィリエイトの記事を作成すれば上位表示することは十分可能
  • わかりやすく、よく読まれる文章を書くことはSEO的に大切
  • アフィリエイト記事の文章を上達させるには、見直しと手を動かすことが大切

アフィリエイトの記事で大切なのは、自分が読者だった時に読み続けるか自問自答することです。

定期的に見直し、文章のクオリティを高めていくと良いでしょう。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す