グーグルアドセンスで稼げない理由と対策を解説!ジャンル選定の方法は?

Googleアドセンスで稼げない?その原因と対処法を解説

「グーグルアドセンスで全然稼げるの?」「稼ぐためにはどうすれば良いの?」とブログアフィリエイトを始めた多くの人はこのような疑問を持ちますよね。

ブログアフィリエイトの広告収入として有名なグーグルアドセンスですが、ポイントを押さえないと稼ぐことができず、挫折してしまう可能性が高くなります。

このページでは、複数のサイトを運営し、SEOやアフィリエイトについて多くの仮説検証をしてきた筆者が以下のことを解説します。

  • グーグルアドセンスで稼げない理由
  • 稼げない人に当てはまる心構え
  • 稼ぐために始めるべきこと

このページを読めば、グーグルアドセンスについての理解が深まり、収益を上げるためのより良い施策を打つことができるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleアドセンスが稼げない原因は、アクセス数が少ない、広告のクリック率が低い、クリック単価が低いの3つ
  • Googleアドセンスで稼げない人の特徴は、短期間で稼げない、作業量が足りない、SEO対策をしていないなど
  • Googleアドセンスで稼ぐには、SEO対策が最も重要
  • SEO対策に自信がない人は、サイトを自動分析してくれるsmartASPというツールを使うべき
  • 全ての機能が無料なので、一度試してみるのがおすすめ
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

グーグルアドセンスで稼げない3つの理由

Googleアドセンスで稼げない理由

ここでは、Googleアドセンスで稼げない理由について解説しますが、Googleアドセンスが何かよくわかっていないという人はまず、Googleアドセンスとは?を読んでみてください!

グーグルアドセンスの収益は、以下の3つの要素から成り立っています。

  • サイトのアクセス数
  • 広告のクリック率
  • 広告のクリック単価

そのため、収益が少ない人は、上記のいずれかに問題があると考えられます。

ここでは3つの要素について注目していき、稼げない要因を解説していきます。

ブログのアクセスが少ない

ブログへのアクセス数が少ないと、グーグルアドセンスで発生する広告収入も少なく稼げません。

その理由は、収益が発生するためには、実際にページ中の広告をクリックする人がいなければならないからです。そのため、サイトへアクセスしてくる母数の大きさはとても重要な要素となります。

このサイトへのアクセス数は、以下の3つの要素が関わってきています。

  • 記事数
  • 検索ボリューム
  • ページのクリック率

記事数

サイトのアクセス数が少ない場合は、単純にサイトの記事数が少ない場合が多いです。

記事数が多いと、例えば一つ一つの記事からの流入数は月間で10PVであったとしても、そのような記事がサイトに200記事あった場合、単純にサイトへのアクセス数は2000PVと大きくなるのです。

そのためPV数が少ないと悩んでいる人は、記事を増やしていくことがサイトへのアクセス数を上げる正攻法と言えます。

検索ボリューム

サイトのアクセス数が上がらない場合は、検索ボリュームを意識した記事作成ができていないことが多いです。

この検索ボリュームとは、その記事に関連のあるキーワードを検索する人がどれくらいの規模でいるのかを表す言葉です。

検索上位に表示されたとしても、実際に検索される数が少なかったらPV数は伸びませんよね。そうならないためにも、検索ボリュームの高いキーワードを意識して、記事を作成することがサイトへのアクセス数を上げる近道となります。

ページのクリック率

ここでのクリック率は、検索結果でページが表示された時のクリック率です。

検索ボリュームを意識して記事を作成しているが、サイトのアクセス数が伸びない場合、ページのクリック率が低いことが予想されます。

当たり前ですが検索ボリュームが多かったとしても、ページのクリック率が低かったらアクセス数は集まりません。

ページのクリック率は、検索の上位から何番目に表示されているかで大きく変わってきますし、タイトル名が読者を惹きつけられているかで大きく変化してきます。

質の良いコンテンツなのに、タイトル名のせいでクリックされないということもよくあるので、読者を惹きつけるテクニックを取り入れたタイトル名を付けると良いでしょう。

ブログのアクセスが伸びないという方は、SEO対策ができているか見直しましょう。

具体的には、SEO対策ができていない記事を割り出し、修正していくことが必要ですが、自分一人じゃ厳しいという方もいますよね。

そういった方には、ブログのデータを分析し修正すべき記事を抽出してくれるsmartASPがおすすめです。

ブログを運営していると、どうしても思い込みや、偏った見方で修正すべき記事を探してしまうため、客観的なデータをもとに割り出してくれるsmartASPには本当に助けられています。

他にも、競合分析やASP案件比較を効率化する機能がついており、全ての機能が完全無料なので登録していない人は今のうちに登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

アドセンス広告のクリック率が低い

アドセンス広告のクリック率が低いと、サイトへアクセスが集まっていても収益は上がりません。

クリック率が低い場合に考えられる要因は以下の二つです。

  • 記事の内容と広告、読者のニーズが合っていない
  • 広告の配置が悪い

記事の内容と広告、読者のニーズが合っていない

サイトの内容と広告の内容が合っていないと、広告のクリック率が低い傾向にあります。

広告をクリックするのは記事へアクセスした読者です。読者が興味のない広告ならば、クリック率も低くなります。

一方で、記事の内容が読者のニーズに合っていて、広告でそのニーズをさらに満たすことができれば、読者の広告クリック率は高くなることが予想できます。

例えば、お肌のトラブルについて悩んでいる読者に向けて、お肌のケアに特化したサイトを運営しているとします。

ビタミンAやビタミンCがお肌のケアをするのに重要な栄養素であるという内容の記事で、肌トラブルに有効な栄養素が取れるサプリメントの広告があれば、読者のニーズを満たすことにつながることがあります。

またジャンルに特化しているサイトは、似ている属性の読者がサイトへアクセスしてくるため、広告のジャンルも合わせやすくなっています。

サイト内容と、それを閲覧しにくる読者、そして広告の内容が合っていることが広告クリック率を高める秘訣となります。

広告の配置が悪い

グーグルアドセンスの広告がクリックされにくい配置となっている場合、広告クリック率は低くなります。

基本的には、グーグルが適切な位置に広告を配置してくれるため、広告の位置一つでそこまでクリック率に影響が出ることはありません。

しかし、関連記事の中に広告を配置することができる関連コンテンツユニットを設置することができるようになると、クリック率が増加したというケースは多く見られます。

関連コンテンツユニットは、PV数と記事数が増えると設置することができるようになるので、積極的に導入していきたいです。

クリック単価が低い

クリック単価が低いと、どれだけ広告がクリックされていても収入は伸びません。

広告収入に大きく直結してくるクリック単価はどのように決まるのでしょうか。

クリック単価はサイト運営者様のコントロールの及ばない要素であり、広告主様の意識の変化にも影響を受けるため、一度下がり始めると、上昇へと方向転換するのは容易なことではありません。クリック単価を引き上げるためにサイト運営者様が現状でできるベストの対策としては、ユーザーを引き付ける魅力的なオリジナル コンテンツをウェブサイトで質量ともに充実させることです。コンテンツの増強によりトラフィックを増やすことができれば、ターゲットを絞り込んだ関連性の高い広告の掲載機会が増えるはずです。その結果、ウェブサイトでのコンバージョン率が高まれば、広告の掲載先としての価値が高まり、クリック単価の上昇を見込めます。

引用:グーグルアドセンスヘルプより

クリック単価についてまとめると、要点は以下の二つです。

  • クリック単価はサイト運営者のコントロールの及ばない要素
  • 掲載先としての価値が上がればクリック単価の上昇が見込める

クリック単価はコントロールの及ばない要素

グーグルアドセンスヘルプには、クリック単価はサイト運営者のコントロールは及ばない範囲と記載されています。

そのため、クリック単価の上昇に直結するような対策は行うことができません。

ベストな対策としては、ターゲットを絞り込んだ関連性の高い広告の掲載機会を増やすために、サイトの記事を質・量ともに充実させてPV数を増やしていくことが挙げられます。

また保険や、教育、美容関連などの単価の高いジャンルの記事を書けば、単価の高い物に興味があるユーザーが訪れやすいので、アドセンスの単価も上がりやすい傾向にあります。

掲載先としての価値上昇がクリック単価の上昇につながる

クリック単価はコントロールの及ばない要素とありましたが、文末部分に掲載先としての価値上昇がクリック単価の上昇につながる旨が記載されていました。

では、掲載先としての価値とは一体何でしょうか。

以下の2点が、掲載先としての価値の上昇に関連していると考えられます。

一つ目は、ジャンルに特化されたサイトです。

広告主がターゲットを絞り込みたい場合、似ている属性の読者が集まる特化型のサイトは、掲載先としての価値が高まります。

二つ目は、コンバージョン率の高さです。

広告をクリックして、実際に商品を買う割合が高いほど、そのサイトは掲載先として魅力的なものになります。

コンバージョン率を高めるためには、記事の質を高めるとともに、適切なターゲットに対して記事を見てもらためのキーワード選定が必要となってきます。

Googleアドセンスはコツコツ続ければ稼げます!実績と稼げるまでの道のりを紹介

ここでは実際に筆者がGoogleアドセンスをはじめてからしっかりと月20万円安定的に収益を上げられるようになるまでの体験談を時系列に沿って紹介します。

Googleアドセンスで稼げるようになるまでをイメージするための役に立つはずです。

3ヶ月目:1日100円を突破!

Googleアドセンスに合格してから2か月目までは1日100円もいきませんでした。

それまではとにかく記事数が重要だと思い、ひたすら思いついたネタで書いていたのですが、思ったほどPVが集まらず「記事の中身が重要」であることを認識しました。

1月あたりの投稿記事数を増やす作戦から投稿記事数が減っても中身のある記事を投稿する作戦に変更。

具体的にはそれまで1記事あたり1000文字前後だった文字数を2000文字程度まで執筆して内容の充実を図ってから公開するよう心がけて作業しました。

文字数が増えれば1記事あたりにかかる時間は増えますし、内容の深堀りが必要になってくるため書くことが出てこず、つらいときもありましたが収益を上げるためにひたすら我慢して執筆。

すると3か月目には1日100円を達成することに成功しました。

半年目:1日1000円に到達

1日100円を達成してからは、さらに1日あたりの収益を向上させるために検索ボリュームを意識したネタ探しや記事作成を実施。だんだんと検索上位をとれる記事を生み出すことができるようになり、PV数も増加。

ブログ開設当時、書くことで精一杯だったころの記事はPVを稼げていない傾向にあったため、SEOの観点から見直してリライトするなど既存記事の改善も実施するようにしました。

検索ボリュームを意識したSEOライティングやリライト作業の施策がうまく回ってGoogleアドセンスに合格してから半年後には1日1000円の収益を達成。

1日100円だったころからさらに3か月で10倍になり、手ごたえを感じることができました。

現在:月20万円を達成

現在ではGoogleアドセンスだけで月20万円の収益を安定して出せるようになりました。

振り返ると1日100円稼ぐまでの3か月間が一番つらかったです。

PV数を稼ぐためのノウハウがなく、何が正解がわからない手探り状態で記事を書いては結果がなかなか出ない最初の3か月間はあきらめそうになりました。

しかし、続けることが重要だとさまざまなGoogleアドセンス関連の記事で書かれていたため、その言葉を信じて書き続けようと決意。

半年目で1日1000円に到達してからは、すでに書いてきた多くの記事がPVを稼いでくれるようになり、月20万円達成までスムーズにいけました。

いろんなところで言われていることだと思いますが、記事を書くのになれる最初の3ヶ月が勝負です!

正しい方法で続けられれば、いつか稼げる時がやってきます!

Googleアドセンスブログで稼げないジャンル・テーマは?選定方法も解説

Googleアドセンスブログで稼ぐためには、ジャンルやテーマ選びが重要です。

難易度が高いものやニッチすぎて検索ボリュームが小さいジャンル・テーマは避けるべきです。

具体的には以下のジャンルやテーマはGoogleアドセンスブログには不向きでしょう。

  • FX
  • 投資
  • 保険
  • 病気
  • 健康食品
  • 税金

リストアップした項目はどれも専門性の高いものであり、執筆者・監修者が専門家ではなければ検索上位を獲得することが難しく、なかなか収益に結び付きません。

逆に稼ぎやすいジャンルやテーマは女性の悩みなど検索ボリュームが巨大であり、クリック単価も大きい広告が表示されやすいものになります。

Googleアドセンスブログで取り扱うジャンルやテーマの選定は以下2つの観点から行うとよいでしょう。

該当するジャンルやテーマに関連するキーワードの月間検索数の大きさ

該当するジャンルやテーマに興味のあるユーザーはクリック単価の高いジャンルに関心があるか

キーワードの月間検索数とクリック単価に関してはGoogleが提供している「キーワードプランナー」を使用することで簡単に確認できます。

キーワードで検索すると画面左側に関連キーワードが表示され、画面右側にキーワード単価が表示されます。

稼げるGoogleアドセンスブログを作るには、キーワードプランナーを使用して取り扱うテーマ・ジャンルの選定が重要になりますのでしっかり行いましょう。

グーグルアドセンスで稼げない人に当てはまる6つの心構え

Googleアドセンスで稼げない人の特徴

ここまでグーグルアドセンスの稼げない理由について解説してきました。

しかし稼げない理由は、上記の3つだけではありません。

記事の執筆活動を継続することや、質の高い記事を書き続けていくためにはサイト運営者の心構えが重要となってきます。

そこで、ここではグーグルアドセンスで稼げない人に当てはまる5つの心構えについて解説していきます。

作業時間を時給換算してしまう

サイト構築や、記事の執筆活動といった作業時間を時給換算して計算するのはやめましょう。

なぜなら、始めたばかりの頃はアドセンスによる収益が少ないため、低い時給を見つめてしまうとモチベーションが低下してしまうからです。

バイトや会社員を経験をしていると、時給の概念でお金について考えることが一般的です。これは労働力という価値を提供して、雇用主から給料をもらっているためです。

しかしサイト運営は違います。

グーグルアドセンス等のアフィリエイトで収入を生み出していくことは、労働力を雇用主に提供するのではなく、労働力を使って稼げる仕組みや資産を作っていく活動です。

そのため、始めたばかりの頃に収益を時給で換算してしまうのはあまり意味のないことだと言えます。

とはいっても、無駄な作業は出来るだけ削って執筆の時間にあてるべきです。

そのため、売り上げ管理やブログの分析などツールで簡略化できるところは簡略化するのがおすすめです。

作業を効率化させるには、smartASPがおすすめです。ブログの売り上げ管理ツールは世の中にたくさんあるのですが、Googleアドセンスを管理できるのは、samrtASPだけです。

全ての機能が無料なので、まだ登録していない人は登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

アドセンス収益を短期間で稼げると思ってしまう

アドセンス収益は短期間で稼げるものではありません。

まとまった収益を手に入れるためには、数万以上のアクセス数が必要となってきます。

例えば、月10万ほど稼ぐようになるためには、クリック単価30円とすると月間3000回のクリック数が必要となります。広告クリック率の相場が1%程度であることを考慮すると、30万PVが必要になってくる計算となります。

30万PVを稼ぐためには、まずは記事数を充実させていく必要がありますので、アドセンス収益は長期的な視野で考えていくことが必要です。

読者に役立つ記事を書けていない

読者に役立つもの提供する意識を持って記事を書くことが大切です。

記事数は多く書いているがアクセス数が伸びず、なかなか稼げない人は、読者の悩みやニーズを解決するような記事をかけていない可能性があります。

検索して記事へアクセスしてくる読者は、何か知りたいことや、解決したい問題を抱えていることがほとんどです。

そういったニーズを把握して、価値を提供することができる記事が魅力的なコンテンツになります。

執筆の作業量が足りていない

コンテンツが充実していなければ、アクセス数が増えることはありません。

文字数が少ない記事が多かったり、そもそも記事数がまだ少ないと感じるならば、執筆の作業量が足りていない証拠です。

執筆の作業量を増やすことは、アドセンス広告で稼ぐための必須条件となりますので、稼げないと思う前に、十分執筆したと思えるレベルまで作業していくことが大事です。

一時的にアクセスが集まるような記事しか書かない

芸能系や、流行のニュースといった記事を書いてしまうのはやめましょう。

一時的にアクセスは増えるかもしれませんが、長期的に見るとその記事の価値は低いです。

もちろんトレンドブログで稼いでいる人もいますが、流行へアンテナを張り、いち早く記事にすることを続けなければ、継続してアクセス数を稼ぐことは難しい分野となります。

せっかくの時間を執筆作業に当てるのならば、今後資産としてアクセスされ続ける記事を書くするのが良いでしょう。

SEOを意識していない

質の良いコンテンツを書いても、SEO対策を行わなければページへのアクセス数は伸びません。

なぜなら、検索上位に表示されなければ、読者はあなたの記事を見つけることが難しいからです。

この記事では何のキーワードで検索表示されたいのかを決め、そのキーワードをタイトルや見出しに盛り込むといった基本的なSEO対策は欠かせません。

SEOを意識していない人は、アドセンス広告で収益を上げることは難しいです。

グーグルアドセンスで稼げない人が始めるべき5つのこと

Googleアドセンスで稼げない人が始めるべきこと

ここまで、グーグルアドセンスで稼げない理由稼げない人の特徴について解説してきました。

おそらくここまで読み進めてくださった方は「ではグーグルアドセンスで稼ぐためにはどうすれば良いの?」と思っているかもしれません。

そこでここからは、グーグルアドセンスで稼げない人が始めるべきことについて紹介していきます。

グーグルアドセンス初心者が抑えておくべきことを5つに厳選して解説していきますので、最後までご覧ください。

キーワード選定をする

記事を執筆する際にキーワードを設定しましょう。

このキーワード選定は本当に大切です。

なぜならキーワードは、サイトのアクセス増加に重要なSEO対策に大きく関係してくるからです。

キーワード選定の仕方は大きく分けて二つあります。

  • コンテンツを作成する前にキーワードを決める
  • コンテンツを作成した後にキーワードを決める

それぞれについて説明していきます。

コンテンツ作成前のキーワード選定

戦略的な人は、コンテンツを作成する前にキーワード選定を行なっている人が多いです。

このやり方は、記事を読んでくれるターゲットをあらかじめ想定できるだけではなく、どのような記事の内容が検索上位に表示されるのかを調べることができるからです。

実際に特化型サイトの場合だと、サイトの中でメインとなるキーワードから関連するキーワードを洗い出して、そのキーワードの記事を書いていきます。

これは検索ボリュームは少ないが、メインキーワードに関連のあるロングテールキーワード(複数単語での検索結果)で上位表示を狙っていく戦略です。

戦略的なサイト運営を行う上で、キーワード選定は非常に重要となってきます。

コンテンツ作成後のキーワード選定

面白い経験談や書きたい記事がある場合は、コンテンツ作成後のキーワード選定となってくる場合が多いです。

戦略的なキーワード選定とは違って、経験談ベースや独自の解釈による記事は、SNSでの拡散力が強いことがあります。その際に、最初からキーワードを意識していると枠にはまった記事になってしまうこともあるので注意が必要です。

キーワード選定のやり方としては、コンテンツをある程度形にした後に、検索ボリュームを加味しながら記事に該当しそうなキーワードを選定していきます。その後、タイトルや見出しの名前にキーワードを挿入していく方法があります。

一般的にはキーワードを決めてから記事を作成しますが、自分の経験談などの独自のコンテンツを発信したい場合は、キーワードありきの記事でなくても良いということも覚えておいてください。

タイトルと記事の内容を合わせる

SEOや広告収入を高めるためには、タイトルと記事の内容を合わせることは必須です。

なぜなら、タイトルと本文の中身が違うとせっかく記事へ来てくれた読者がすぐに離脱してしまうケースが増えてしまうからです。

このようなケースは初心者の方に多く見られます。記事全体で何を伝えたいのかがはっきりしていない記事は、タイトルと本文の内容があまり噛み合わなくなる傾向があります。

タイトルと文章が噛み合わない記事を書いてしまう人は、以下を実践してみてください。

  • 目次を先に構成する
  • タイトルは後につける

それぞれ解説していきます。

目次を先に構成する

タイトルや文章を書き出す前に、まずは目次を構成しましょう。

目次を作ることは記事を構成する骨組みを作るようなものなので、この記事を通してどのようなことを伝えるかについて俯瞰的に考えることができます。

タイトルや文章から書き始めると、書きたいことが多くなってしまって結果的に何を伝えたかったのかが分からなくなってしまうことも少なくありません。

大項目・中項目といった形で、記事全体の骨組みを作ってから記事の執筆に取り掛かりましょう。

タイトルは後につける

タイトルは目次を構成した後につけましょう。

どのような記事を書くかを決める中で先にタイトルをつけたくなるかもしれません。

しかし、記事を執筆していくうちに、付けたタイトルの内容とは少し違った内容を書く必要が出てくる場合もあります。

そのため、まずは目次を構成して全体の骨組みを形にした後でタイトルをつけることをお勧めします。

このような順序で行うと、全体の内容に沿ったタイトルをつけることができるのです。

読者に役立つ記事を書く

ページに流入してきた読者の課題を解決できる記事を書きましょう。

なぜなら中身が無く、読者の課題を解決しない記事は、SEOのためのテクニックを使っても、滞在時間や回遊率に結果として現れてくるため、結果的にアドセンスで稼ぐことは難しくなります。

読者の悩みを解決しない記事は検索上位に来ることは難しく、万が一順位が上がったとしても、ユーザーの滞在率や直帰率が悪化するため、長期にわたって上位にいることはできません。

読者に役立つ記事を書くためには、以下を実践してみてください。

  • 読者の課題を把握
  • 課題に合わせた解決策を把握

それぞれ解説していきます。

読者の検索意図を把握する

キーワードを検索してくる読者が、何を求めてきているのかを把握しましょう。

これを把握しなければ表面的な内容になってしまい、読者の抱えるニーズを満たすことができる解決策を示すことも難しいです。

ではどのように読者の検索意図を把握すれば良いのでしょうか。

基本的には以下を利用することが多いです。

  • Yahoo!知恵袋
  • 発言小町
  • 上位に表示される記事
  • サジェストキーワード
  • TwitterなどのSNS

質問サービスやSNSで目的のキーワードを検索すると、実際に抱えている悩みについて具体的に把握することができます。

またサジェストキーワードや上位に表示される記事のタイトルや見出しを見ると、読者の検索意図や、それに対してGoogleはどのようなコンテンツを評価しているのかが分かります。

課題に合わせた解決策を把握

読者の抱える課題を把握したら、それに適した解決策を把握しましょう。

読者に役立つコンテンツとは、読者が納得できるような解決策を提示できている記事です。

記事を書く前に入念なリサーチを行なうことで、読者が記事を読み終えて満足できるコンテンツの作成を心がけましょう。

解決策を把握するためには、以下を参考にしましょう。

  • 実体験に基づいた解決策の把握
  • 検索上位の記事に書かれている解決策の把握
  • データをもとに専門的な解決策の把握

実体験がある場合や、そのトピックの専門家であれば過去の経験やデータを基に具体的な解決策を提示することができます。

一方で経験や専門性がない場合は、検索上位の記事に書かれている解決策や関連キーワードで表示される記事の内容を参考にして、説得力のある解決策を提示していきましょう。

文字数は最低でも2,000字以上

記事の文字数は2,000字以上を心がけましょう。

なぜなら、記事の文章量が多いとコンテンツ内容の質が高いとGoogleに評価される傾向にあるからです。

しかしながら、Googleの社員は「文字数と検索順位は直接的に関係はしない」と公言しているため、文字数ではない何かがコンテンツの質として評価される要因となっています。

具体的には以下の理由が、コンテンツ内容の質が高いと評価される要因と考えられています。

  • 共起語を多く含む
  • 網羅的な内容である
  • 広い見解を持った文章か

これらを意識してコンテンツを作成すると、文章量は2,000字を超えてくるでしょう。

それぞれ解説していきます。

共起語を多く含む

共起語を多く含む文章は、検索ニーズと関連が強いコンテンツであると評価します。

共起語とは、あるキーワードが出てきた際に、一緒に利用されやすいキーワードのことを指します。

例えば、「アドセンス」というキーワードが出現する際には、「クリック」や「ブログ」といったキーワードが共起語となります。

文章量が多い記事の場合や、専門的な知識を持った人が執筆する場合は、この共起語が多く含まれる傾向にあります。

コンテンツの情報量を増やす

検索意図を把握できたら、検索意図に対応するコンテンツの情報量を増やしていきましょう。

具体的には検索意図をもとに、見出しh2で読者が知りたい内容の大枠を作ります。そして見出しh3で、複数の項目に分けることで様々な切り口から詳しく説明していきます。

見出しh3で説明する切り口が多いほど、読者に納得感を持たすことができる記事になりますし、それに伴って文章量が増えていきます。

広い見解を持った文章か

見出しごとの主張や情報は偏りすぎず、幅広く展開していく文章であると好ましいです。

あまりにも偏りすぎていたり、文章の展開の仕方が散乱していると読み終わっても読者に疑問が残ってしまいます。

実際に「サプリAを摂取するとこれだけメリットがある」と言われるより、「サプリAを摂取するとこのようなメリットがある一方で、このデメリットもあるので注意が必要です」という記事の方が信頼できる記事と感じます。

そのため読者が納得できるような広い見解と、文章の展開を意識して書くことが重要です。

以下のような文章の構成であると、読者も納得感を持って読み進めることができます。

  • 結論
  • 理由
  • 例示
  • まとめ
  • 逆説

一方で、文章量を増やすために見出し内容と異なった文章を書いてしまうと、かえって評価は下がってしまいます。

あくまでも読者が納得感を持って読み進めるためのコンテンツを作成するという意識が重要です。

トレンド記事を書き過ぎない

芸能ニュースや事件といったトレンド記事を中心に書くのはやめましょう。

アドセンスで稼ぐためにトレンド記事を中心に書き続けると、以下のリスクがあります。

  • アドセンスからペナルティを受けやすい
  • 記事の作成が滞るとPV数が大きく下落する

アドセンスからペナルティを受けやすい

トレンド記事はグーグルアドセンスからペナルティを受けやすいとされています。

アドセンス収益が10万となっていても、突如ペナルティ通告を受けて0円になってしまうケースも報告されています。

この理由として考えられるのは、コンテンツの質が低いということです。

トレンド記事は事件やニュースが起こってからの鮮度がとても重要であるため、作成にかかる時間を優先して質の悪い記事を量産してしまうケースも多く見られます。

これが続くこと、トレンド記事を作成しているサイトに対してGoogle側がペナルティを与える可能性があります。

トレンド記事を書く際は、鮮度も大事ですがコンテンツの質高めるため、後ほどコンテンツ内容を追加するといったリライト作業をすると良いでしょう。

記事の作成が滞るとPV数が大きく下落する

トレンド記事を中心とするブログは、記事の作成が滞るとPV数が大きく下落します。

なぜなら、トレンド記事のキーワードで検索する読者は一時的であり、1年後に検索されることはほとんどないからです。

実際に、芸能人の不祥事といったトレンド記事は、メディアに取り上げられている最中は検索流入が多く見込めますが、1年後にその記事に流入してくる読者はほとんどいません。

そのためトレンド記事を中心に書いたサイトは流入数が不安定であるケースが多いので、長期的な資産となる記事を中心に書いていくことをお勧めします。

一方で、トレンド記事は爆発的な流入につながるので、ある程度資産記事が溜まってきたらサイトへの流入を見込んで、試してみるのも一つの手です。

どうしてもGoogleアドセンスで稼げない人はアドセンスなしでサイトを運営してみよう

もし、多くの記事を執筆する余裕がないためにGoogleアドセンスだと稼げないという場合は、Googleアドセンスを使用しない方法もあります。
Googleアドセンスを採用せずに少ない記事数でも収益化が成り立つアフィリエイトのみでブログを運営するのです。

Googleアドセンスは多くの記事数を公開しないとPVが稼げません。

収益はPVに反映されるため、たとえノウハウがあっても記事を生み出すための作業量が必要になります。

しかし、アフィリエイトは1割の記事から9割の収益が発生する仕組みになっているため、ノウハウを持っていて最短距離で進むことができればPV収益型のモデルよりも少ない記事数で稼げます。

つまり作業用が少なくすむのです。

アフィリエイトはネットに記事や教材が多く存在するため、ノウハウをつけやすく上級者に追いつきやすいという点もアフィリエイトの見逃せないメリットです。

アフィリエイトのノウハウについては、Web Reachの運営者であるSEOのきつねが教材を出していますので、ぜひ読んでみてください!

まとめ:グーグルアドセンスで稼げない理由は?

まとめ:Googleアドセンスで稼げない理由

グーグルアドセンスで稼げない理由や、稼げるためにするべきことについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

このページの要点は、以下になります。

  • グーグルアドセンスは、PV数だけではなくクリック率やクリック単価も考慮する必要がある
  • アドセンス収益は短期的ではなく、長期的に増やしていく心構えが重要
  • 読者に役立つ記事を書くという意識が、結果的に収益につながる
  • キーワード選定から文章構成までSEO対策を意識することが重要

グーグルアドセンスで稼ぐためには、読者に役立つコンテンツ作成と、Googleに評価されるコンテンツ作成の両方を考えていく必要があります。

まだグーグルアドセンスで稼げていないという方は、最後に紹介した「グーグルアドセンスで稼げない人が始めるべきこと5選」を実践してみてください。

また、Googleアドセンスのクリック率を上げることも稼ぐためには重要です。

Googleアドセンスのクリック率を上げる方法についてはGoogleアドセンス広告がクリックされない理由Googleアドセンスのクリック率を上げる方法を読んでみてください!

コメントを残す