アドセンスがクリックされない理由は?具体的な対処法も解説

アドセンスがクリックされない理由は?具体的な対処法も解説

サイトやブログを収益化する上で、Googleのアドセンス広告がなかなかクリックされないというのは、誰もがぶつかる壁の1つです。

そのため、「なんでアドセンス広告がクリックされないの?」「クリックされるようになる方法を教えて欲しい」そう思っている方も多いのではないでしょうか?

本格的にブログやサイトを収益化する上で欠かせないGoogleのアドセンス広告ですが、その改善方法についてほとんどの人が勘違いしていることがあります。

このページでは、日本最大級のWEBメディアであるWeb Reachの編集部がGoogleのアドセンス広告がなぜクリックされないのかということについて以下のことを解説します。

  • アドセンスがクリックされない理由
  • アドセンスのクリック率(ページCTR)の平均
  • アドセンスがクリックされない場合の対処法
  • クリック率が上がる具体的な広告の導入法

このページを読めば、アドセンスがクリックされない理由ついての理解がかなり深まり、適切な改善策を打つことでアドセンス広告がクリックされるようになるでしょう。

内容を簡単にまとめると・・・

  • アドセンスのクリック率を改善するには、理由を明らかにすることが重要
  • アドセンスのクリック率の平均は2%~3%程度
  • アドセンスのクリック率が低い理由によって適切な改善方法を選択するのが大切
  • 広告の導入方法に気を付けるとアドセンスをクリック率を向上させることが可能
  • さらにアドセンスのクリック率をあげるなら、smartASPを活用するのがおすすめ
  • smartASPはサイトを分析し、アドセンス広告のクリック率が低い記事を自動で抽出してくれる
  • 抽出された記事を修正していけば自然とサイト全体のクリック率も上昇していく
  • smartASPは全ての機能が無料なので、まだ使ったことがない人は一度使ってみるべき
smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

アドセンスがクリックされない理由

アドセンスがクリックされない理由

アドセンスがなかなかクリックされないので、改善しなければいけないのは分かっているけど、具体的にどうしたらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そういった方の多くは、なぜアドセンスがクリックされないのかという理由が見えていないことが多いです。

アドセンスがクリックされない、具体的な理由は、以下の通りです。

  • アドセンス広告の設置方法が悪い
  • アドセンス広告とサイトの相性が悪い
  • サイトのアクセスが少ない

たとえ改善する方法を知っていたとしても、クリックされない理由を明確にしなければ、その施策は徒労に終わってしまうかもしれません。

あなたのサイトやブログには、どの理由が当てはまるのか確認し、後で紹介する改善策の中から適切なものを選択できるようにしておきましょう。

アドセンス広告の設置方法が悪い

アドセンス広告の設置方法が悪いと、アドセンス広告がユーザーにクリックされにくくなります。

なぜなら、そもそもユーザーの目に触れない場所に広告が貼ってあったり、広告が悪目立ちしていたりすると、ユーザーが関心のある広告であっても意味がないからです。

アドセンス広告の良くない設置方法としては、以下のようなものがあげられます。

  • ページの下の方に設置してある
  • 広告のサイズが大きすぎる
  • 広告を多く設置し過ぎている

よくありがちなのが、良かれと思ってサイドバーに広告を設置しているけど、スマホ表示になるとページの下に配置されてしまい、広告がユーザーに全く見られないということです。
現代においては、スマホからのWEBサイトへの流入がかなりの割合を占めているため、スマホユーザーの目に広告が留まらないとなると、かなりの痛手となります。

また、逆に、広告が大き過ぎたり、数が多かったりすると、ユーザーの利便性を下げてしまうため、そもそもサイトから離脱されてしまう可能性が高いです。
広告がクリックされないだけでなく、サイトの評価にも関わってくるので、早急な対応が必要だといえるでしょう。

アドセンス広告とサイトの相性が悪い

表示されているアドセンス広告とあなたのサイトの相性が悪い場合も、広告がクリックされにくくなります。

例えば、ジャンルによっては中心的なユーザーのITリテラシーが高く、Googleアドセンス広告を読み飛ばしてしまう人が多い場合です。

具体的には、Webマーケティング系や、IT系のサイトはクリック率が低い傾向にある、といえます。

あなたのサイトに表示されやすい広告は、サイトのジャンルと相性が良いのかどうか、一度確認しておきましょう。

サイトのアクセスが少ない

そもそもの問題として、あなたのサイトへのアクセス数が少ない場合、当然アクセス数に比例してクリック数も少なくなります

どれだけクリック率が高くても、100のアクセスのあるサイトと、1万のアクセスがあるサイトでは、クリック数に差が出るのは当たり前です。

具体的には、再訪門者は広告をクリックする可能性が下がる傾向があるので、新規訪問者のアクセス(ユニークアクセス)が多くなければいけません。

PV数が高いのに、なかなかアドセンスがクリックされないという方は、ユニークユーザー数が少ない可能性があるので、一度確認しておきましょう。

アドセンスのクリック率(ページCTR)の平均

単純に「アドセンスがクリックされない」と一言でいっても、そもそもサイトに訪れるユーザーの母数が少ないのか、アクセスは多いけど広告がクリックされないのかで、大きな違いがあります。

そこで、アドセンスがクリックされない理由と、適切な改善策を見極めるために、平均的なアドセンス広告のクリック率(ページCTR)を確認しておくことが大切です。

アドセンスのクリック率(ページCTRの平均)は、おおよそ以下の通りです。

  • 雑記ブログ:約2%
  • 特化ブログ:約3%

アドセンス広告のクリック率(ページCTR)は、[Googleアドセンス]→[レポート]→[カスタム]と進んで、[ページCTR]にチェックを入れると確認できます。

あなたのサイトのクリック率が、平均の数値を下回っている場合は、アドセンスがクリックされるように改善をする必要があります。
一方で、特に問題のない場合は、単純にアクセスを増やすことを優先しましょう。

リライトをして改善したり、アクセスを増やしたりするのにお勧めのツールがあります。

それは、SmartASPです。

SmartASPには、リライトすべき記事を自分一人で絞れる自信がないという人のための、リライトサポート機能があります。

smartASPはGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを分析し、客観的なデータからリライトすべき記事を抽出してくれます。

さらに、全ての機能が完全無料なので、まだ登録していないという方は登録しておきましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

アドセンスがクリックされない場合の対処法

アドセンスがクリックされない場合の対処法

ここまで読んでいただいて、あなたのサイトやブログのアドセンスがクリックされない理由が見えてきたのではないでしょうか?

以下では、アドセンス広告がクリックされない場合の対処法を、具体的に紹介していきます。
あなたのサイトやブログの現状を踏まえた上で、参考にして取り入れてみてください。

アドセンス広告の配置を変える

アドセンス広告を適切な配置に配置するだけで、広告はクリックされやすくなります。
なぜなら、ユーザーが広告をクリックしやすい位置は、おおよそ決まっているからです。

ページ内で、広告がクリックされやすい位置は、以下に示す通りです。

  • 記事の冒頭文下
  • 記事の真ん中辺り
  • 記事直下

記事中間の広告に関しては、記事の文字数や見出しの数によって変わってきますが、広告数全体として5000文字で4箇所程度、1万文字で5箇所程度で良いでしょう。

クリックしてもらおうとして広告を増やし過ぎてしまうと、広告に嫌悪感を示すユーザーがページから離脱しやすくなってしまいます

欲張って広告数を増やし過ぎず、クリックされやすい適切な数だけ配置するようにしましょう。

サイトのコンテンツを見直す

サイトへのアクセスがそれなりにあって、広告の配置も適切である場合、サイトのコンテンツを見直す必要があります。

特に、上で説明したような「Webマーケティング系や」「IT系」のコンテンツを発信している場合は、抜本的な軌道修正を考えてもいいでしょう

多くの広告が揃っており、クリックもされやすいコンテンツのジャンルは以下の通りです。

  • 美容系
  • 就職・転職系

「美容系」や「就職・転職系」といったジャンルは、広告の出稿数が多く、また、高単価でもあるので、Googleアドセンスで本格的に稼ぎたいという方にはおすすめです。

また、雑記ブログを運営している方であれば、なるべくジャンルを絞るなどして、サイトに訪問するユーザーの興味と、広告が一致するようにしましょう。

まずはアクセス数を増やす

広告の配置や、サイトのジャンルなどに特に問題がない、原因がよく分からないという方は、まずはサイトへのアクセスを伸ばしましょう。

なぜなら、アクセスを集めることでそれに比例してクリック数が上がりますし、また、ある程度のアクセスがないと適切なデータを取ることが出来ないからです。

例えば、アンケートを取る場合でも、母数が少ないと結果が偏ってしまうので、公平なデータにはなりません。

クリックされない理由を明確にし、適切な改善策を講じるためにも、一定のアクセス数を集めるようにしましょう。

サイトへのアクセスを増やすための、具体的な施策は以下の通りです。

  • 記事数を増やす
  • SEO対策をする

まずは記事を増やすことが最優先ですが、記事を増やしてもアクセスが少ない場合、そもそもキーワード選定を間違っていたり、記事がほとんど上位表示できていない可能性があります

記事数を増やしつつ、SEO対策を適切に行うことで、アクセスを増やしていきましょう。

関連記事:SEO対策とは?知っておくべきSEO対策の方法とその基本を解説

また、効果的にSEO対策を行う上でおすすめしたいのがSmartASPです。

smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能です。

また、競合分析も効率化してくれるため、非常に便利です。

無料なので、万が一使わなかったとしても損をすることはないので、まだ使っていない人は1度使ってみることをおすすめします。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

クリック率が上がる具体的な広告の導入法

上では、クリックされない理由を明確にし、それに対する改善策を紹介してきました。

ここでは、「広告をクリックされてはいるけどさらにクリック率を上げたい」という方や、「上の改善策を講じた後、他にすることはないの?」という方向けに、クリック率の上がる広告の導入法を紹介します。

実は、どんな広告を差し込むかによっても、アドセンス広告のクリック率はかなり変わってくるのです。
まずは、上で紹介した方法でしっかり改善した上で、さらに広告収益を伸ばしたいという方は、こちらを参考にしてください。

記事内広告を導入する

ページに設置する広告には様々な種類のものがありますが、結局、一番シンプルな「記事内広告」が効果を発揮することが多いです。

なぜなら、他の広告を作成する場合、その中でどの広告が一番自分のサイトに合っているかや、どのサイズが適切なのかということが、はっきり分からないからです。

その点、記事内広告は、特別に設定を変えることなく、作成して貼り付ければ、記事内に設置するのに適切な広告となります。

記事内広告を設置する場所に悩んでいる方は、とりあえず「大見出し(H2)」の直前に入れるようにしてみてください。

記事を読むのにも邪魔にならず、ユーザーの利便性を下げないので、広告を設置する位置として無難でおすすめです。

不要な広告をブロックする

サイトのジャンルをしっかり選定していても、そのジャンルと関係のない広告が勝手に表示されてしまうことがあります。
そういった広告は、いくらたくさん表示していてもクリックされない可能性が高いので、表示し続けるメリットが薄いです。

そこで、あなたのサイトのジャンルに関係のない広告は、ブロックして表示されないようにしておきましょう。

不要な広告をブロックする手順は、以下の通りです。

  1. [Googleアドセンス]にアクセスする
  2. [ブロックのコントロール]→[コンテンツ]と進みサイトURLを選択
  3. 広告のジャンルの一覧が表示されるので[許可]or [ブロック]にチェックを入れる

あまり関係のない広告を表示していると、あなたのサイトのデザインを壊したり、ユーザーの利便性を下げたりするので、関係のない広告は上記の手順でブロックしておくと良いでしょう。

まとめ:アドセンスがクリックされない理由と改善方法

まとめ:アドセンスがクリックされない理由と改善方法

このページでは、ブログ記事をリライトする効果と方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。
このページの要点は以下になります。

  • アドセンスのクリック率を改善するには、理由を明らかにすることが重要
  • アドセンスのクリック率の平均は2%~3%程度
  • アドセンスのクリック率が低い理由によって適切な改善方法を選択するのが大切
  • 広告の導入方法に気を付けるとアドセンスをクリック率を向上させることが可能

Googleアドセンスのクリック率を改善する上で、クリックされない理由を明確にし、適切な改善策を打っていくことはかなり重要です。

Googleアドセンスがクリックされない場合の理由と改善方法について、まだよくわからないところがあるという方は、もう一度解説部分を見返してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できるsmartASPを活用するのがおすすめです。

smartASPの公式サイトはこちら

\3分で登録/

コメントを残す