302リダイレクトとは?301リダイレクトとの違いも解説

302リダイレクトとは?301リダイレクトとの違いも解説

サイトを運営するとなると、状況に応じて302リダイレクトというものが必要になることがあります。

簡単にいえば、記事から記事へリンクを転送するような役割を持つもので、一時的なページの移転等を行う際に用いられる方法です。

ですが、リダイレクトには301や302といった種類が存在しており、イマイチ区別がついていない方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、様々なメディアを運営している著者が、302リダイレクトとはどんなものかを紹介していきます。

  • 302リダイレクトがどのようなものか
  • 301リダイレクトとの違い
  • 302リダイレクトの設定方法

この記事を通して、302リダイレクトの内容だけでなく301リダイレクトとの相違についてもしっかりと理解できますので、是非最後まで読んで参考にしてみてください。

内容を簡単にまとめると・・・

  • 302リダイレクトは、リンク間の転送を行う時に用いる方法
  • 301リダイレクトは半永久的なものであるのに対し、302リダイレクトは一時的なもの
  • 302リダイレクトをしてもSEO的な問題は起こらない
  • SEO対策を更に効率的に行いたい方にはsmartASPがおすすめ
  • smartASPには沢山の効率化に適した機能がある
  • smartASPを使えば今より効果的にSEO対策を行うことができる
  • 無料なので今すぐ登録しましょう
smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

302リダイレクトとは?

302リダイレクトとは?

302リダイレクトは、リンク間の転送を行う時に用いる方法です。

長期的にリンクを移転する際に用いるのではなく、短期的なリンク移転の際に用いられる方法となります。

リダイレクトはそもそも、元となるページのリンクをクリックした際に、別で用意したページのリンクに飛ぶよう転送させるためのシステムです。

その転送を行なっている期間が短期間である時に、この302リダイレクトが用いられます。

もう少しイメージをわかりやすくるべく、実際のケースから見ていきましょう。

302リダイレクトはいつ使われる?

先述の通り、302リダイレクトの特徴は短期的なページ転送時のリダイレクト方法であるという点にあります。

そのため

  • サイトページをリニューアルしたい場合
  • 一部のページで不具合が発生している場合
  • システムメンテナンスを行いたい場合

などなど、自サイト内のコンテンツを改良したい場合や、表記の変更やサイト内システムの大幅な修正を行いたい場合など、一時的な避難ページへの誘導のために、リダイレクトが用いられます。

そのため、302リダイレクトを利用する場合、リンク転送を必要とする期間が1ヶ月以内であることがほとんどです。

数日間の簡単なリニューアル期間であったり、数週間のメンテナンスのためにリダイレクトを行うなら、302リダイレクトを用いると良いでしょう。

SEO的な問題は?

サイトを実際にお持ちの方なら、リダイレクトによるSEO面での問題も気になってくるところかと思います。

基本的にリダイレクトを行なったとしても、SEOに大きな問題はありません

リダイレクトされる別ページにも、リダイレクト元のページが集積していたページの評価がそのまま受け継がれるため、流動が大きく目減りするといった心配は特にないといえます。

ですが、302リダイレクトの場合インデックス(検索エンジンにページが登録されること)されるのは、リダイレクト元のページとなります。

そのため、転送先のページがインデックスされない分、検索対象となるのはリダイレクト元のページとなるのです。

こういったことからも、短期的なリダイレクトには302リダイレクトが用いられていることも、結びついてくるポイントといえるでしょう。

また、本格的なSEO対策をしたいという方にはsmartASPという無料のツールがおすすめです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料ツールです。

smartASPを用いればウェブサイト運営は今より更に効率化されることでしょう。

なぜなら、smartASPは客観的な数字を元に修正すべき記事を抽出してくれるため、SEO知識に自信がないという人でも本格的なSEO対策が可能になるからです。

また、競合分析も効率化してくれるため非常に便利です。

無料なのでまだ使っていない人は1度使ってみましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

302リダイレクトと混同されがちなのが、301リダイレクトの存在です。

先ほどまでの302リダイレクトが短期的な転送に用いる方法だったのに対して、こちらの301リダイレクトは半永久的にページを転送する際に用いられます。

この部分が大きなリダイレクトに関する違いといえるでしょう。

また、302リダイレクトの場合は元ページがインデックスされていたのに対して、301リダイレクトは転送先ページがインデックスされるという細かな違いもあります。

インデックスについて知りたい方は「インデックスとは?」の記事をご覧ください。

301リダイレクトはいつ使われるのか?

新規にサイトを立ち上げた際サイトのhttps化を行なった際に用いられることが多いです。

301リダイレクトに関してももちろん、これまで得ていたページとしての評価をしっかりと受けつぐため、仮にサイトを移転すべく新しく立ち上げた際にも、以前と変わらない流入を維持させることが可能となります。

httpsについては「httpsとは?」の記事をご覧ください。

また、SEO対策に関心のある方も多いと思います。

そんな方におすすめなのがsmartASPです。

smartASPはウェブサイト運営者のために開発された無料の便利ツールです。

smartASPを使えば、あなたのサイトは以前より更に魅力的なものになるでしょう。

なぜなら、自動でサイト分析をし、修正すべき記事を抽出してくれるだけでなく、SEOで最重要と言っても過言ではない内部リンクを可視化できるからです。

無料なので今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

302リダイレクト設定方法

302リダイレクト設定方法

それでは、実際にリダイレクトを設定する方法についてみていきましょう。

ここでは、一般的な方法ともされる「.htaccess」というファイルを利用した方法をご紹介します。

ファイルへの記述

まずはファイルへ、転送を指定するための記述を行なっていきます。

「メモ帳」などのテキストエディッタを開き、新規ファイルを用意して記述を行なっていきましょう。

サイト自体をリダイレクト

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^元のサイトURL
RewriteRule ^(.*) http://移転先サイトのURL/$1 [R=302,L]

こちらは、サイト全体をメンテナンスする際などに、一括して転送させるために使用します。

ページを指定して転送

RewriteEngine on
RewriteRule ^元のページURL$ /転送先のページURL [R=302,L]

ページ単体で転送を行いたい時には、こちらを記述します。

それぞれ、記述を行なったら「〇〇.txt」のテキスト形式で、どのような名前でも良いので保存してください。

ファイルアップロード

保存が完了したらFTPソフトを起動し、サーバー上の任意のフォルダへアップロードします。

アップロードが行われたら、ファイル名を「.htaccess」へ変更することで、設定完了です。

まとめ:302リダイレクトとは

まとめ:302リダイレクトとは

今回は302リダイレクトに関しての解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

改めて内容をまとめると

  • 302は短期的な転送向け
  • 301は半永久的に転送可能
  • ページランク、評価は受け継がれる
  • 「.htaccess」へ記載することで設定可能

今回の内容は、サイトを今後大きく運営していきたい方にとっては知っておくべき内容といえます。

サイトの規模が小さい方でも、本来301リダイレクトをすべきところを302で指定していると、SEO的にもマイナス評価を受けることがありますので、注意が必要です。

その様なことにならないためにも、今一度それぞれの違いを確認しながら、適切なリダイレクトを設定してみてください。

また、本格的なSEO対策をしたい方はサイト分析・競合分析などを効率化できる無料ツールsmartASPを活用するのがおすすめです。

無料なので、今すぐ登録しましょう。

smartASPの公式サイトはこちら

\今なら完全無料!/

コメントを残す


CAPTCHA